使い勝手の良い収納が多数!スペーシアの内装を見てみよう

使い勝手の良い収納が多数!スペーシアの内装を見てみよう

出典:スズキ「スペーシア」室内空間

スペーシア

車に何を求めるのかは人それぞれです。目指すカーライフによって車を選ぶ際に重視するポイントは変わってきますが、誰もが必ずチェックしておくべきポイントのひとつに内装があります。車を実際に使用するとなると、最も目についたり実際にふれたりするのは内装になるため、自分の好みのデザインなのか、収納は充実しているかなどは確かめておくべきといえるでしょう。

ここでは、スズキ「スペーシア」の内装について紹介します。

【この記事のポイント】
✔新プラットフォームの採用によって広い室内空間を確保
✔グレードによるインテリアデザインの差はほとんどない
✔便利な収納を多数装備

安く手に入れる

スペーシアの室内空間の特徴

2017年12月に登場した現行型のスペーシアでは、新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用によって前後乗員間距離を拡大するとともに、乗降性の良さに関わる低床は維持しながらも全高を高く取ることによって室内空間を広げ居住性を向上させていることが特徴です。

スペーシアの室内空間の特徴出典:スズキ「スペーシア」室内空間

加えて従来型よりも前席の左右乗員間距離とショルダールーム、後席ではヘッドクリアランスを拡大したことによってどの席でもリラックスできる室内空間を実現しました。天井も両サイドも箱のようなまっすぐなデザインのため、運転中の操作も無理なく行えます。

10031_スペーシア

スぺ―シアの内装

ここからは、スペーシアの内装について見ていきましょう。スペーシアはグレードによる内装の差はほぼありません。

スーツケースをモチーフとした遊び心のあるインテリアデザイン

スーツケースをモチーフとした遊び心のあるインテリアデザイン出典:スズキ「スペーシア」室内空間

スペーシアでは近年の車に多く見られる水平基調のインパネ形状を採用し、伸びやかさや開放感を演出するとともに、運転席前の視界の良さも確保。またスーツケースをモチーフとしたカラ―パネルを設置することでエクステリアとの一体感のあるデザインとしています。

エアコンルーバー、ドアトリムなど随所にレッドのアクセントカラーをあしらうことによって、躍動感や遊び心を感じさせるのも特徴といえるでしょう。

すべてのシートに独立したシートスライド機構を採用

スペーシアでは、前席だけでなく後席も左右別々にシートをスライドさせたり、リクライニングさせたりすることが可能です。そのため、どの席に座っても自分の体格に合わせて自由に座席を調節できるのも魅力です。

インテリアカラーの選択肢はグレードによって異なる

インテリアカラーの選択肢はグレードによって異なる出典:スズキ「スペーシア」室内空間

標準グレードの「HYBRID G」ではブラックのインテリアカラーのみとなっており、インテリアカラーの選択肢はありません。シャープなブラックによってインパネのカラーパネルやレッドのアクセントカラーがより引き立ちます。

インテリアカラーの選択肢はグレードによって異なる_2出典:スズキ「スペーシア」室内空間

上級グレードの「HYBRID X」では、ブラックとベージュの2色からインテリアカラーが選択できます。なお、「HYBRID X」ではホワイト2トーンルーフの設定がありますが、ホワイト2トーンルーフを選択した場合、インテリカラーはベージュのみとなります。

通常記事_コミコミ1万円バナー

スペーシアの座席周りの収納

ドライブの際に使用する身の回りのものを収納するスペースや、ドリンクホルダーの有無などはカーライフの満足度に大きく関わります、ここでは、スペーシアの座席周りにはどのような収納が用意されているのかを見ていきましょう。

インパネアッパーボックス/インパネドリンクホルダー/インパネボックス(助手席)

インパネアッパーボックス:インパネドリンクホルダー:インパネボックス(助手席)出典:スズキ「スペーシア」室内空間

助手席前の収納はかなり充実しています。スーツケースをモチーフとしたインパネアッパーボックスは横幅があるため長財布などが余裕をもって収納できるサイズを確保。蓋付きなので収納物が外から見えることもありません。

インパネドリンクホルダーやインパネボックスは引き出し式。インパネボックスはスリムタイプのティッシュボックスが収納できるサイズです。ティッシュは車内に出したままだと雑然とした雰囲気になってしまうので、使わないときはすっきりと収納しておけるのはうれしいポイントといえるでしょう。

グローブボックス

グローブボックス出典:スズキ「スペーシア」室内空間

助手席前の定番収納、グローブボックスは平均的な容量です。車検証や自賠責保険証などの書類入れとしては十分なサイズでしょう。

ショッピングフック

ショッピングフック出典:スズキ「スペーシア」室内空間

グローブボックスの右側には、紙袋などがかけておけるショッピングフックがあります。なお、ショッピングフックはラゲッジサイド左側にも装備されています。

助手席シートアンダーボックス

助手席シートアンダーボックス出典:スズキ「スペーシア」室内空間

助手席の座面下には、収納ボックスがあります。ドライビングシューズや着替えなどを収納しておくほかにも、あまり頻繁に使用しない清掃グッズの保管場所としても役立つでしょう。人目につかせたくない汚れものの収納場所としてもいいかもしれません。

インパネセンターポケット+USB電源ソケット(2個)(「HYBRID X」に標準装備)

インパネセンターポケット+USB電源ソケット(2個)(「HYBRID X」に標準装備)出典:スズキ「スペーシア」室内空間

インパネセンターポケットにはUSB電源が2個付属しているので、スマートフォンを2台同時に充電しながら収納することも可能です。

パーソナルテーブル(折りたたみ格納式・後席右側のみ)(「HYBRID X」に標準装備)

パーソナルテーブル(折りたたみ格納式・後席右側のみ)(「HYBRID X」に標準装備)出典:スズキ「スペーシア」室内空間

「HYBRID X」の後席右側には、折りたたみ式の簡易テーブルがあります。ドリンクを置くためのスペースも用意されているので、休憩時の食事などに重宝するでしょう。小さな子供のいるファミリー層には特にうれしい装備ではないでしょうか。

助手席シートバックポケット(「HYBRID X」に標準装備)

助手席シートバックポケット(「HYBRID X」に標準装備)出典:スズキ「スペーシア」室内空間

「HYBRID X」の助手席シートバックには、地図やタブレットなどが収納できるポケットが備わります。

フロントドアミドルポケット/フロントドアポケット(ペットボトルホルダー付き)

フロントドアミドルポケット:フロントドアポケット(ペットボトルホルダー付き)出典:スズキ「スペーシア」室内空間

左右のフロントドアには、小物が収納できるミドルポケットとノートなどが収納できる横長のポケット、500mlのペットボトルが収納できるペットボトルホルダーがあります。

リアクォーターポケット+アクセサリーソケット(「HYBRID X」に標準装備)

リアクォーターポケット+アクセサリーソケット(「HYBRID X」に標準装備)出典:スズキ「スペーシア」室内空間

「HYBRID X」のリアクォーターには、アクセサリーソケット付きのポケットがあるため、後席もスマートフォンの充電が可能です。

このほか、リアドアにはグレードを問わずペットボトルホルダーが標準装備されています。

スペーシアの荷室&座席アレンジ

スペーシアの荷室&座席アレンジ出典:スズキ「スペーシア」室内空間

スペーシアの荷室は低床設計となっているため、大きな荷物や重さのある荷物も積み降ろしがしやすいのが特徴です。また、開口部には自転車の積み降ろしをサポートするガイドが設定されているため、27インチの自転車を楽に積み込めます。

後席にはスライドドア側からも荷室側からも簡単に折りたたみができるワンタッチダブルフォールディング機能の付いた分割可倒式のシートを採用。

スペーシアの荷室&座席アレンジ_2出典:スズキ「スペーシア」室内空間

後席をすべて倒せば、ほぼフラットな状態で荷室を拡大でき、自転車が積み込める広さを確保できます。

スペーシアの荷室&座席アレンジ_3出典:スズキ「スペーシア」室内空間

助手席と後席の片側を倒せば、より長さのある荷物も収納可能。

スペーシアの荷室&座席アレンジ_4出典:スズキ「スペーシア」室内空間

前席を後ろに倒せば、フルフラットになるためゆったりとくつろげるスペースが出現します。

スペーシアリース

カーリースならスペーシアのインテリアも予算内で想いのまま

スペーシアに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースもあるので、現金で用意しておかなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードや、インテリアをより快適にするオプションなどをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、望みどおりの快適なインテリアを実現することが可能になります。

カーリースで望みどおりのインテリアを実現できるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利の負担もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでスペーシアに月15,730円から乗れる

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんでは、実店舗を持たないオンライン営業でコストを削減したことによる大幅なネット割引により、頭金ナシ・ボーナス払いナシ・残価精算のないクローズドエンド方式では新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)で、スペーシアに月額15,730円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくスペーシアに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額15,730円からスペーシアに乗れるため、予算内でインテリアにこだわることも可能になります。

使い勝手の良い収納と個性あふれるインテリアデザインが魅力

スペーシアはかゆいところに手が届くようなこまごまとした収納を多数用意し、使い勝手の良さを高めています。スーツケースをモチーフとしたデザインも遊び心と個性を感じさせ、子育て世代などのファミリー層にぴったりといえるでしょう。

車の内装はカーライフの満足度を左右するだけに、しっかりとチェックして車を選ぶことをおすすめします。

よくある質問

Q1:スペーシアの室内空間の特徴は?

A:現行型のスペーシアは新プラットフォームの採用によって従来型よりも前後乗員間距離を拡大したことに加え、前席の左右乗員間距離やショルダールーム、後席のヘッドクリアランスも広く取ることで居住性を向上させています。

Q2:スペーシアのグレードごとのインテリアの違いは?

A:スペーシアでグレードによるインテリアデザインの差はほとんどありません。グレードによって異なるのはインテリアカラーのみで、「HYBRID G」はブラックのみ、上級グレードの「HYBRID X」ではブラックに加えてベージュの選択が可能です。「HYBRID X」に設定のあるホワイト2トーンルーフを選択した場合、インテリアカラーはベージュのみになります。

Q3:スペーシアの荷室の特徴は?

A:スぺ―シアは荷物の積み降ろしのしやすさを考慮した低床設計となっています。また、荷室開口部には自転車の積み降ろしをサポートするガイドが設置されているため、27インチの自転車も楽に積み込むことが可能です。後席には分割可倒式シートを採用しているので座席をアレンジすることによって荷室の拡大もできます。

※記事の内容は2021年1月時点の情報で執筆しています。

スズキスペーシアの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のスズキスペーシアの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー