タフトのワクワク感あふれる個性的な内装を徹底チェック!

タフトのワクワク感あふれる個性的な内装を徹底チェック!

出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

タフト

スクエアなボディと大径タイヤが武骨さやSUVらしい迫力を感じさせる、ダイハツの軽SUV「タフト」。近年はSUV人気が高く、SUVスタイルの車は多く登場していますが、タフトは数あるSUVスタイルの車の中でも個性的なスタイルが持ち味のモデルです。エクステリアはもちろん、インテリアにもタフトらしさが満載。

ここでは、タフトのインテリアデザイン、収納などの内装について紹介します。

【この記事のポイント】
✔「スカイフィールトップ」を採用し圧倒的な開放感を実現
✔カモフラージュ柄のシートを採用した個性的なインテリア
✔段差や隙間のない完全フラットモードで安心して荷物が積める

タフトの室内空間の特徴

タフトの室内空間の特徴出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

タフトでは、全車に前席上の大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を採用しています。そのため明るく圧倒的な開放感のある室内空間、大きく広がる視界を確保しているのが特徴です。「スカイフィールトップ」にはスーパーUV&IRカット機能も搭載しているため、紫外線による日焼けや赤外線による室内の温度上昇も心配ありません。

またシートにはホールド性が高いものを採用し、長時間のドライブでも快適に過ごせるように工夫されています。

タフトの内装

ここからは、タフトの内装について見てきましょう。

タフトの内装出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

カモフラージュ柄のシートを標準装備

タフトではブラックを基調としたインテリアに、遊び心満載のカモフラージュ柄のファブリックシートを組み合わせています。無地やせいぜい織り模様程度のシートを採用する車種が多い中、こうした柄入りのシート表皮を採用することで、タフトならではの個性をインテリアにおいても表現しています。

オレンジのアクセントカラーを使用

またインパネ周りなどにあざやかなオレンジをアクセントカラーとして使用し、アクティブさやワクワク感を演出しているのもポイントです。タフトの開発コンセプトは「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」なので、まさにそのコンセプトを体現したインテリアデザインといえるでしょう。

グレードによる違いは少ない

タフトではどのグレードもインテリアカラーは1色で選択肢はなく、シート素材もカモフラージュ柄のファブリックで、グレードによる違いはありません。

グレードによって変わるのは、「G」と「Gターボ」では革巻きのステアリングホイールになる点、「X」ではオレンジのアクセントカラーが省かれている点でしょう。アクセントカラーが省かれているのはちょっと残念な部分です。

タフトの座席周りの収納

タフトでは、車内で快適に過ごせるように工夫された収納スペースも多数用意されています。ここでは、タフトの座席周りの収納にはどんなものがあるのかを確認してみましょう。

カップホルダー

カップホルダー出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

運転席と助手席には掘り込み式のカップホルダーが1個ずつ用意されています。紙パックドリンクや600mlの太いペットボトルの収納も可能です。

大型インパネトレイ(助手席)

大型インパネトレイ(助手席出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

助手席前のインパネトレイは奥行きがあり、ティッシュケースが収まるため使い勝手は抜群です。女性のメイクテーブルとしても活躍するでしょう。

フロントセンターアームレスト(ボックス付き)(「G」「Gターボ」に標準装備)

フロントセンターアームレスト(ボックス付き)(「G」「Gターボ」に標準装備)出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

フロントセンターアームレストに備え付けのボックスは、手帳や貴重品を収納しておくのにいいでしょう。収納物を外から見られることもありません。

センターコンソールトレイ

センターコンソールトレイ出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

センターコンソールトレイはスマートフォンの収納に最適なサイズです。運転席から手が届きやすい位置にあるので、ガムやミントタブレットの置き場所としても活用できそうです。

グローブボックス

グローブボックス出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

タフトのグローブボックスは2層式になっている上、USBソケットを備えているので使い勝手は抜群です。上段に小物を入れ、下段は車検証や自賠責保険証などの書類入れとして使用してもいいでしょう。なお、上段にはオプションのETCやドライブレコーダー、Wi-Fiルーターを収納することもできます。

助手席シートアンダートレイ(「G」「Gターボ」に標準装備)

助手席シートアンダートレイ(「G」「Gターボ」に標準装備)出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

助手席の座面下にも収納スペースが確保されています。ドライビングシューズや車内の清掃グッズ、あまり人目につかせたくない汚れたものなどを収納しておくスペースとして活躍するでしょう。

ドアポケット&ボトルホルダー

ドアポケット&ボトルホルダー出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

前席には、ボトルホルダーとタオルや観光パンフレットなどが収納できるポケットが装備されています。

ドアポケット&ボトルホルダー_2出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

後席にもボトルホルダー、ポケットともに装備されていますが、ポケットはガムやリップクリーム、ハンドクリームなどの小さなものが収納できる程度のスペースとなっています。

このほか、タフトにはバニティミラー&チケットホルダー付きのサンバイザーや、格納式のインパネフックが用意されています。

タフトの荷室&座席アレンジ

タフトの荷室&座席アレンジ出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

タフトでは、さまざまな使い方ができるフレキシブルボードを採用。さらに後席のシートバックとデッキボード表面には立体形状のパターンをあしらい、汚れを拭き取りやすい樹脂製とすることでアウトドアなど汚れることが多いレジャーシーンでも使いやすい利便性を確保しています。

完全フラットスタイル

完全フラットスタイル出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

後席を前に倒せば、完全フラットスタイルの完成。シートバックとデッキボードが段差なくつながることに加え、ドアパネルとの隙間もできないように設計されているため、大きな荷物も小物も安心して積み込めます。

下段スタイル

下段スタイル出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

フレキシブルボードを下げた下段スタイルなら、スーツケースなどの背の高い荷物も安定した状態で積載することができます。

立てかけスタイル

立てかけスタイル出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

フレキシブルボードを立てかけた状態にすると、下段スタイルよりもさらに底面が下がった状態となり、より高さのある鉢植えやイーゼルなども積載可能に。立てかけたフレキシブルボードにはフックが付いているので、紙袋などを掛けておくこともできます。

後席は分割可倒式

後席は分割可倒式出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

後席には分割可倒機構を採用しているため、両方とも倒して荷室を拡大したり、片側だけを倒して3名が乗車した状態で長さのある荷物を積み込んだりなど、さまざまなシートアレンジができるようになっています。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

月々17,650円から乗れるタフトのお試し審査をチェック!

タフト

タフト 月額17,650円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

5万円キャンペーン_お試し

審査は契約にはなりません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
タフトは月額17,650円で乗ることができます。気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくタフトのプランを知りたい方はこちら

個性的なインテリアデザインが魅力のタフト

タフトのインテリアデザインはカモフラージュ柄のシートを採用したり、オレンジをアクセントとしてあしらったりなど個性あふれるデザインとなっています。

インテリアデザインや収納の使い勝手などの車の内装は、ドライバーはもちろん同乗者に与える影響も大きいため、可能であれば家族など車を利用する人みんなで話し合い、長く愛用できると思えるものを選ぶといいでしょう。

よくある質問

Q1:タフトの室内空間の特徴は?

A:タフトでは全車に大きなガラスルーフの「スカイフィールトップ」を標準装備しています。そのため圧倒的に明るく、開放的な室内空間を実現しているのが特徴です。また、シートにはホールド性が高いものを採用し、ロングドライブも快適に楽しめるように工夫されています。

Q2:タフトのグレードごとの内装の違いは?

A:タフトではどのグレードであっても「スカイフィールトップ」やカモフラージュ柄のシートを採用し、グレードごとのインテリアの差はそれほど大きくありません。グレード間で差があるのは「G」「Gターボ」には革巻きのステアリングホイールが装備される点と、インパネ周りにオレンジのアクセントカラーがあしらわれている点です。

Q3:タフトの荷室は十分に荷物が積める?

A:タフトでは後席を両方とも前に倒すとデッキボードと段差なくつながり、ドアパネルとの隙間もなくなるように設計されているため、大きな荷物も小物も安心して積み込めます。またフレキシブルボードを活用して高さのある荷物も安定して積み込んだり、フレキシブルボードを立てかけてより高さのある荷物を収納したりすることも可能です。

※記事の内容は2020年11月時点の情報で執筆しています。

タフトの利用を検討されている方へ

トヨタや日産、ホンダなどのメーカーも参入している、個人向けカーリースをご存じでしょうか?
ご利用されてる方からは「買うよりお得」という声もあるそうです。

カーリースで解消されること

おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者の多くが以下の思いを解決しています。

  • お金がないから新車を諦めて中古車に乗る
  • 車のために、お金を使うのを我慢する

もう、このような思いをする必要はありません。頭金を用意せず、維持費も安く新車に乗れるのがカーリースなのです

カーリースの特長

おトクにマイカー 定額カルモくんを例に、カーリースのおもな特長をご紹介します。

  • 頭金なしなので、貯金を崩さず車に乗れます。
  • 税金・自賠責保険代金コミ、プランによって車検もコミなので、大きなお金が出ていくこともありません。
  • 返却の際もお金がかかりません(契約期間中の解約は違約金がかかります)。
  • 走行距離も月平均1,500キロまで(返却時に総走行距離を割って計算します)。
    ※車種によっては返却せずそのままもらえたり、走行距離制限がなかったりするものもあります。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんの資料をご覧になりたいという方はこちらをどうぞ

資料請求

ダイハツタフトの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のダイハツタフトの記事

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー