タントの内装ってどんな感じ?使い勝手の良さが魅力!

タントの内装ってどんな感じ?使い勝手の良さが魅力!

出典:ダイハツ「タント」車内空間と荷室

貯金ゼロでも

走行性能や安全性能、燃費性能など車を選ぶ際に確認しておきたいポイントはたくさんあります。その中でも内装はドライブの快適さや居心地の良さに関わる大切な部分といえるでしょう。車種ごとの個性が表れる部分でもあるので、しっかりとチェックすることが大切です。

ここでは、ダイハツ「タント」の内装について紹介します。

【この記事のポイント】
✔タントは「ミラクルウォークスルーパッケージ」を採用
✔運転席ロングスライド機能や助手席イージークローザーなどの利便性を高める装備を多数搭載
✔標準モデルは明るく居心地の良い雰囲気、カスタムは上質な大人の空間とタイプによって内装の個性が異なる

タント

タントの特徴

タントは以前から広い室内空間に定評がありましたが、2019年7月に登場した現行モデルではさらなる低床化を実現しました。室内高1,370mmを確保して頭上の空間に余裕を持たせるとともに、子供や高齢者の乗り降りのしやすさにも配慮されている「ミラクルウォークスルーパッケージ」を採用しているのが特徴です。

助手席側のドア間にあるピラーをドアに内蔵し、乗降性を高めた「ミラクルオープンドア」の採用はもちろん、世界初(※2019年7月19日、ダイハツ調べ)となる運転席の540mmものロングスライド機能や軽自動車初(※2019年7月19日、ダイハツ調べ)の半ドア時に自動でドアを全閉する助手席イージークローザーなどの利便性を高める機能を搭載し、誰もが負担を感じることなく快適に車を使用できるように工夫されています。

タントのグレードごとの内装

ここでは、タントのグレードごとの内装について見ていきましょう。タントでは標準モデルと大型のフロントグリルなどを装備してエクステリアにこだわったカスタムの2種類のタイプが用意されています。

インテリアデザインは標準モデルとカスタムでは大きく異なりますが、同じタイプ内のグレードごとの違いはほとんどないので、ここでは標準モデルとカスタムに分けて紹介しましょう。

居心地の良い空間を演出した標準モデル

居心地の良い空間を演出した標準モデル出典:ダイハツ「タント」車内空間と荷室

標準モデルのタントでは、ライトグレーのシートを採用し、明るさを感じさせる居心地の良い空間を演出した内装となっています。

ドア部分や助手席前のインパネトレイにはホワイトがあしらわれているので、ファミリーカーらしい軽快さも加わります。シート素材には撥水加工のフルファブリックを採用。汚れにくく、お手入れもしやすいのが魅力です。

居心地の良い空間を演出した標準モデル出典:ダイハツ「タント」新車価格とグレード

インパネには躍動感や楽しさを表現したグリーンもしくはネイビー(ボディカラーによって異なる)のアクセントカラーを施しているのもポイント。老若男女問わず、幅広い層に受け入れられやすいインテリアデザインだといえるでしょう。

上質な大人の空間を表現した「カスタム」

上質な大人の空間を表現した「カスタム」出典:ダイハツ「タント」車内空間と荷室

「カスタム」のシートにはブラックが採用され、大人っぽいスタイリッシュさと上質さを感じさせる室内空間を演出しています。加えて随所にメッキ加飾をあしらうことでカスタムならではのラグジュアリーさを表現。インパネのアクセントカラーにはネイビーが採用されています。

また、標準モデルでは撥水加工を施したファブリックシートを採用しているのに対し、カスタムではファブリックとソフトレザー調のコンビシートを標準装備しているため、ワンランク上の上質感を感じられるのが魅力といえるでしょう。

さらに上級グレードの「カスタムRS」では、本革巻きのステアリングホイールとインパネセンターシフトが装備され、ほかのグレードとは差をつけています。

なお、カスタムに設定のある「スタイルセレクション」の内装は通常のカスタムと変わりありません。

タントの座席周りの収納

収納の充実度や使い勝手は、ドライブの快適さに関わるため重要なチェックポイントといえます。ここではタントの座席周りにはどのような収納があるのか紹介しましょう。

インパネアッパーボックス(運転席)

インパネアッパーボックス(運転席)出典:ダイハツ「タント」燃費と走行性能

ステアリングホイールの奥には蓋付きのボックスが装備されています。ドライバーの貴重品などを入れておくのに最適です。

なお、「L」「X“スペシャル”」以外のグレードには、この部分にUSBソケットが装備されます。

カップホルダー

カップホルダー出典:ダイハツ「タント」燃費と走行性能

運転席と助手席のエアコン送風口の前には掘り込み式のカップホルダーがあります。500mlの紙パックドリンクにも対応しています。

大型インパネトレイ(助手席)

大型インパネトレイ(助手席)出典:ダイハツ「タント」燃費と走行性能

助手席前のトレイは面積が大きく、ティッシュボックスも収納できるサイズです。

グローブボックス
グローブボックス出典:ダイハツ「タント」燃費と走行性能

自賠責保険証や車検証入れとして使用されることの多いグローブボックスは平均的な大きさです。書類入れとしては十分でしょう。

ドアポケット&ボトルホルダー(前席)

ドアポケット&ボトルホルダー(前席)出典:ダイハツ「タント」燃費と走行性能

フロントドアには500mlのペットボトルが収納できるホルダーと、ノートや手帳が収納できるポケットが用意されています。

プルハンドル(前席)

プルハンドル(前席)出典:ダイハツ「タント」燃費と走行性能

フロントドアのプルハンドル部分には、スマートフォンが保管できるスペースを確保。

後席クォータートレイ&ホルダー

後席クォータートレイ&ホルダー出典:ダイハツ「タント」燃費と走行性能

後席クォータートレイは幅があり、ティッシュボックスを立てて入れられるスペースが確保されています。ボトルホルダー以外にも後席の収納があるのはうれしいポイントです。

運転席シートバックポケット(「L」「X“スペシャル”」を除くグレードに標準装備)

運転席シートバックポケット(「L」「X“スペシャル”」を除くグレードに標準装備)出典:ダイハツ「タント」燃費と走行性能

タントのシートバックポケットは仕切りがあり、小物が入れられるタイプです。ハンカチやティッシュ、スマートフォンなどが保管できるスペースとして活躍しそうです。

格納式シートバックテーブル(「L」「X“スペシャル”」を除くグレードに標準装備)

格納式シートバックテーブル(「L」「X“スペシャル”」を除くグレードに標準装備)出典:ダイハツ「タント」燃費と走行性能

シートバックテーブルは、運転席・助手席両方のシートバックに用意されます。テーブルには高さのあるふちを設置することで物の落下を防止。さらにタブレットを立てかけられるようにも工夫されている点も特筆すべきポイントでしょう。食事はもちろん、休憩時にタブレットで観光情報をチェックするなど、さまざまな用途で活用できます。

タントの荷室&座席アレンジ

タントの荷室は開口幅1,007mm、開口高1,061mm、荷室フロア高580mmで、大開口かつ低床化しているので、荷物の積み降ろしも楽に行えるのが魅力です。

タントの荷室&座席アレンジ出典:ダイハツ「タント」車内空間と荷室

広い居住空間を確保しているため、4人乗車して後席を最大まで後ろに下げている状態では荷室容量はそれほど大きいわけではありませんが、「L」以外のグレードでは左右独立して最大240mmのロングスライドが可能なリアシートを採用しているため、荷物の大きさに合わせて荷室を拡大することができます。

タントの荷室&座席アレンジ出典:ダイハツ「タント」車内空間と荷室

タントの荷室&座席アレンジ出典:ダイハツ「タント」車内空間と荷室

後席をすべて格納してしまえば、26インチの自転車も積み込める広々とした空間が出現。後席はバックドアからも後席ドア側からも簡単に格納できます。さらに助手席にフルフラット機構を採用しているので、後席の片側と助手席を倒すと長さのある荷物の収納も可能です。

タントの荷室&座席アレンジ出典:ダイハツ「タント」車内空間と荷室

前席を倒し、後席をリクライニングすれば足を伸ばしてゆっくりとくつろげる空間が確保できます。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならタントのインテリアも予算内で想いのまま

タントに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードや、インテリアをより快適にするオプションなどをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、望みどおりの快適なインテリアを実現することが可能になります。

カーリースで望みどおりのインテリアを実現できるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで新車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、車両本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでタントに月16,770円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、タントの新車に月額16,770から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な自動車重量税や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくタントに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の延長保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額16,770 円からタントに乗れるため、予算内でインテリアにこだわることも可能になります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々16,770円から乗れるタントのお試し審査をチェック!

タント

タント 月額16,770円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

審査は契約にはなりません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
タントは月額16,770円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくタントのプランを知りたい方はこちら

充実した収納と使い勝手の良さが魅力のタント

タントは充実した座席周りの収納を備えていることに加え、広い室内を活かす「ミラクルオープンドア」や座席のロングスライド機能の採用による使い勝手の良さ、豊富な座席アレンジなど、魅力がたくさん詰まったモデルです。

標準モデルとカスタムで内装の質感は大きく変わるので、好みの内装のタントを選んでドライブを思う存分楽しんでください。

よくある質問

Q1:タントの室内空間の特徴は?

A:現行型のタントでは、スーパーハイトワゴンに期待される広い室内空間を確保しているのはもちろん、従来モデルよりも低床化を実現し、子供や高齢者など誰もが安全に乗り降りできるように配慮されているのが特徴です。また、広い室内空間を活かすピラーレスの「ミラクルオープンドア」の採用はもちろん、座席のロングスライド機能などさまざまな利便性向上に貢献する機能を搭載しています。

Q2:タントのグレードごとの内装の違いは?

A:タントには標準モデルとエクステリアのデザイン性を高めたカスタムの2種類のタイプがあります。標準モデルでは撥水加工のファブリックを使用したライトグレーのシートを採用し、明るく居心地の良い空間を演出しています。カスタムではブラックのファブリック×ソフトレザー調シートを採用。随所にメッキ加飾をあしらって上質な大人の空間を表現しています。

Q3:タントの荷室は十分に荷物が積める?

A:タントでは広い居住空間を確保しているため、定員乗車時の荷室はそれほど大きくありませんが、左右分割ロングスライド機能がついたリアシートを採用しているので、荷物の大きさに合わせて荷室が拡大できます。また、後席をすべて格納すれば自転車も積み込める空間が確保できますし、助手席と後席の片側を倒せば長さのある荷物も積み込めます。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で執筆しています。

ダイハツタントの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のダイハツタントの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー