ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

タントの内装をチェック!使い勝手の良さが魅力!(2019年~現行モデル)

タントの内装をチェック!使い勝手の良さが魅力!(2019年~現行モデル)
タントの内装をチェック!使い勝手の良さが魅力!(2019年~現行モデル)

出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

カルモスリー

走行性能や安全性能、燃費性能など車を選ぶ際に確認しておきたいポイントはたくさんあります。その中でも内装はドライブの快適さや居心地の良さに関わる大切な部分といえるでしょう。車種ごとの個性が表れる部分でもあるので、しっかりとチェックすることが大切です。

ここでは、ダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント」の内装についてご紹介します。

  • 「ミラクルオープンドア」による乗降性の高さが魅力
  • 運転席・助手席のロングスライド機能などの利便性を高める装備を多数搭載
  • 標準タイプは明るく居心地の良い雰囲気、カスタムは上質な大人の空間とタイプによって内装の個性が異なる

タントの室内空間の特徴

タントは以前から広い室内空間に定評がありましたが、2019年7月に登場した現行モデルではさらなる低床化を実現しました。助手席側のセンターピラーをドアに内蔵し、大開口で乗降性を高めた、先代モデルでも人気の「ミラクルオープンドア」の採用はもちろん、室内高1,370mmを確保して頭上の空間に余裕を持たせるとともに、スライドドア開口部のステップ高は359mmに抑え、子供や高齢者の乗り降りのしやすさにも配慮されているのが特徴です。

さらに、最大スライド幅540mmの運転席ロングスライド機能、最大スライド幅380mmの助手席ロングスライド機能によって運転席と後席のウォークスルーを実現。また、運転席に座ったままで後席の子供のケアができるなど、ファミリーにうれしい仕様となっています。

タントのグレードごとの内装

ここからは、タントのグレードごとの内装について見ていきましょう。タントでは標準タイプと大型のフロントグリルなどを装備してエクステリアにこだわったカスタムの2種類のタイプが用意されています。

インテリアデザインは標準タイプとカスタムタイプで大きく異なりますが、同じタイプ内のグレードごとの違いはほとんどないので、ここでは標準タイプとカスタムタイプに分けてご紹介しましょう。

居心地の良い空間を演出した標準モデル

居心地の良い空間を演出した標準モデル出典:ダイハツ「タント」グレード・価格

標準タイプでは、ライトグレーのシートを採用し、明るさを感じさせる居心地の良い空間を演出した内装となっています。

ドア部分や助手席前のインパネトレイにはホワイトがあしらわれているので、ファミリーカーらしい軽快さも加わります。シート素材には撥水加工のファブリックを採用。汚れにくく、お手入れもしやすいのが魅力です。

居心地の良い空間を演出した標準モデル2出典:ダイハツ「タント」グレード・価格

インパネにはネイビーのアクセントカラーを施しているのもポイント。老若男女問わず、幅広い層に受け入れられやすいインテリアデザインだといえるでしょう。

上質な大人の空間を表現したカスタムタイプ

上質な大人の空間を表現したカスタムタイプ出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

カスタムタイプのインテリアはブラックにブルーを組み合わせ、クールでスタイリッシュな雰囲気を強めています。シート表皮はレザー調素材とファブリックのコンビタイプになり、上質感もアップ。また、フロントドアアームレストやインナードアハンドル、エアコンレジスターノブなどにメッキ加飾があしらわれます。

上質な大人の空間を表現したカスタムタイプ2出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

メッキオーナメントとシルバー加飾があしらわれるステアリングホイール、メッキボタンとメッキ加飾付きのインパネセンターシフトは、最上位グレードの「カスタムRS」のみ本革巻きになります。

タントのポケッテリア

収納の充実度や使い勝手は、ドライブの快適さに関わるため重要なチェックポイントといえます。ここではタントの座席周りにはどのような収納があるのか紹介しましょう。

インパネアッパーボックス(運転席)

インパネアッパーボックス(運転席)出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

ステアリングホイールの奥には蓋付きのボックスが装備されています。ドライバーの貴重品などを入れておくのに最適です。なお、「L」を除くグレードには、この部分にUSBソケットも備わります。

カップホルダー

運転席と助手席のエアコン送風口の前には掘り込み式のカップホルダーがあります。四角い紙パックドリンクにも対応しています。

大型インパネトレイ(助手席)

大型インパネトレイ(助手席)出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

助手席前のトレイは面積が大きく、ティッシュボックスも収納できるサイズです。

グローブボックス

自賠責保険証や車検証入れとして使用されることの多いグローブボックスは平均的な大きさです。書類入れとしては十分な容量を確保しています。

フロントセンターアームレスト(ボックス付き)(「L」を除くグレードに標準装備)

フロントセンターアームレスト(ボックス付き)(「L」を除くグレードに標準装備)出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

フロントのセンターアームレストには、身の回りのアイテムを収納できるボックスが付属しています。

ドアポケット&ボトルホルダー(前席)

ドアポケット&ボトルホルダー(前席)出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

フロントドアにはペットボトルが収納できるホルダーと、ノートや手帳が収納できるポケットが用意されています。

プルハンドル(前席)

プルハンドル(前席)出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

フロントドアのプルハンドル部分には、スマートフォンが保管できるスペースを確保。

後席クォータートレイ&ホルダー

後席クォータートレイ&ホルダー出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

後席クォータートレイは幅があり、ティッシュボックスを立てて入れられるスペースが確保されています。ボトルホルダー以外にも後席の収納があるのはうれしいポイントです。

運転席シートバックポケット(「L」を除くグレードに標準装備)

運転席シートバックポケット(「L」を除くグレードに標準装備)出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

タントのシートバックポケットは仕切りがあり、小物が入れられるタイプです。ハンカチやティッシュ、スマートフォンなどが保管できるスペースとして活躍しそうです。

格納式シートバックテーブル(「L」を除くグレードに標準装備)

格納式シートバックテーブル(「L」を除くグレードに標準装備)出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

シートバックテーブルは、運転席・助手席両方のシートバックに備わっています。テーブルには高さのあるふちを設置することで物の落下を防止。さらにタブレットを立てかけられるようにも工夫されている点も特筆すべきポイントでしょう。

食事はもちろん、休憩時にタブレットで観光情報をチェックするなど、さまざまな用途で活用できます。

タントの荷室&座席アレンジ

タントの荷室&座席アレンジ出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

タントの荷室は開口幅1,007mm、開口高1,061mm、荷室フロア高580mmで、大開口かつ低床化しているので、荷物の積み降ろしも楽に行えるのが魅力です。また、上下2段調節式のデッキボードを備えており、うまく活用すればより便利に荷室が使用できます

タントの荷室&座席アレンジ2出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

広い居住空間を確保しているため、4人乗車して後席を最大まで後ろに下げている状態では荷室容量はそれほど大きいわけではありませんが、左右独立して最大240mmのロングスライドが可能なリアシートを採用しているため、荷物の大きさに合わせて荷室を拡大することができます。

タントの荷室&座席アレンジ3出典:ダイハツ「タント」室内空間・荷室

助手席にフルフラット機構を採用しているので、後席の片側と助手席を倒すと長さのある荷物の収納も可能です。また、前席を倒して後席をリクライニングすれば足を伸ばしてくつろげます。

さらに、後席をすべて倒せば、27インチの自転車も積み込める広々とした空間が出現。後席はバックドアからも後席ドア側からも簡単に操作できます。

充実した収納と使い勝手の良さが魅力のタント

タントは充実した座席周りの収納を備えていることに加え、広い室内を活かす「ミラクルオープンドア」や座席のロングスライド機能の採用による使い勝手の良さ、豊富な座席アレンジなど、魅力がたくさん詰まったモデルです。

標準モデルとカスタムで内装の質感は大きく変わるので、好みの内装のタントを選んでドライブを思う存分楽しみましょう。

LINEで受け取る

よくある質問

Q1:タントの室内空間の特徴は?

A:現行型のタントでは、スーパーハイトワゴンに期待される広い室内空間を確保しているのはもちろん、従来モデルよりも低床化を実現し、子供や高齢者など誰もが安全に乗り降りできるように配慮されているのが特徴です。また、広い室内空間を活かすピラーレスの「ミラクルオープンドア」の採用はもちろん、座席のロングスライド機能などさまざまな利便性向上に貢献する機能を搭載しています。

Q2:タントのグレードごとの内装の違いは?

A:タントには標準タイプとより上質なエクステリアデザインのカスタムタイプがあります。標準タイプでは撥水加工のファブリックを使用したライトグレーのシートで、明るく居心地の良い空間を演出。カスタムタイプではブラックとブルーのスタイリッシュなカラーリングにレザー調素材とファブリックを使用したシートを組み合わせています。

Q3:タントの荷室は十分に荷物が積める?

A:タントでは左右分割ロングスライド機能がついたリアシートを採用しているので、荷物の大きさに合わせて荷室が拡大できます。また、後席をすべて格納すれば27インチの自転車も積み込める空間が確保可能。助手席と後席の片側を倒せば長さのある荷物も積み込めます。

※この記事は2023年11月時点の情報で制作しています

ダイハツタントの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツタントの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

お得なクルマ情報が届く_リース&カルモの最新情報も!_LINEで受け取る