ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

エクストレイルの内装の魅力とは?グレードごとの違いも解説(2022年~現行モデル)

エクストレイルの内装の魅力とは?グレードごとの違いも解説(2022年~現行モデル)
エクストレイルの内装の魅力とは?グレードごとの違いも解説(2022年~現行モデル)

出典:日産「エクストレイル」ギャラリー

日産「エクストレイル」は進化した第2世代の「e-POWER」による滑らかで静かな走り、先進性とタフさを兼ね備えたエクステリアなど、たくさんの魅力があるミドルサイズSUVです。内装も細部にまでこだわって作られており、グレードによってシート素材も異なります。

ここでは、エクストレイルの内装についてご紹介します。

  • 機能性と先進性を兼ね備えた上質な室内空間
  • 上級グレードではナッパレザーシートが選べる
  • 2列シート車の荷室容量はクラストップ(2022年月7月時点、日産調べ)を誇る

エクストレイルの室内空間の特徴

2022年7月のフルモデルチェンジによって登場した現行型のエクストレイルは、進化した第2世代の日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」専用車として、伝統的に歴代エクストレイルが培ってきた「タフギア感」は維持しつつ、先進性を感じさせるスタイルへと変貌を遂げました。

内装はSUVにありがちな機能性だけを重視した武骨さを感じさせるものではなく、機能性の高さは維持したままデザインやマテリアルにこだわり、SUVらしいギア感と上質さ、スタイリッシュさを兼ね備えたデザインとなっています。

2列目シートは4:2:4分割であり、左右それぞれ別々にリクライニングやスライドが可能。また3列シート車では3列目シートももちろん左右別々にリクライニングできます。

また、オートエアコンは全車に後席用の吹き出し口があることに加え、運転席・助手席別々に温度調整できる機能が備わっています。なお、上級グレードの「G」「G e-4ORCE」ではさらに後席にも温度調整機能が備わり、快適性も向上しています。

エクストレイルの内装

ここからは、エクストレイルのグレードごとの内装について詳しく見ていきましょう。

「S」/「S e-4ORCE」

「S」/「S e-4ORCE」出典:日産「エクストレイル」室内

エクストレイルは、グレードに関係なく標準仕様の内装はSUVの定番といえるブラックです。しかしダッシュボードなどに品のあるブラウンを使用して、上質でやわらかな雰囲気もプラスしています。

さらに、コンソール部分が宙に浮いたようブリッジ構造のセンターコンソールの採用、電制シフトなどにより未来を感じさせるような先進性を演出しました。

「S」/「S e-4ORCE」-2出典:日産「エクストレイル」室内

「S」「S e-4ORCE」のシート素材はファブリック。むらのある生地感が特徴です。

「X」/「X e-4ORCE」/「X e-4ORCE エクストリーマーX」

「X」/「X e-4ORCE」/「X e-4ORCE エクストリーマーX」出典:日産「エクストレイル」室内

「X」「X e-4ORCE」の標準仕様の内装は、「S」もしくは「S e-4ORCE」とほとんど変わりありません。後席のエアコン吹き出し口にクロームフィニッシャーが追加される程度です。

「X」/「X e-4ORCE」/「X e-4ORCE エクストリーマーX」-2出典:日産「エクストレイル」室内

ただし、オプションで防水シート(セルクロス®)の選択が可能です。水濡れを気にしなくていいので、サーフィンなどのマリンレジャーやウィンタースポーツを楽しむ方にはうれしいオプションでしょう。

なお、「X e-4ORCE」がベースの特別仕様車「エクストリーマーX」は、専用デザインの防水シート(セルクロス®になります。

「G」/「G e-4ORCE」

「G」/「G e-4ORCE」出典:日産「エクストレイル」室内

上級グレードの「G」「G e-4ORCE」では、インストロアに木目調素材、インサイドドアハンドルベゼルにマットクロームのフィニッシャーをあしらい、上質感を表現しています。また、ドアトリムや電制シフト、フロントセンタートレイにアンビエントライトが備わるので、上級グレードならではのラグジュアリーな雰囲気も味わえるでしょう。

「G」/「G e-4ORCE」-2出典:日産「エクストレイル」室内

標準仕様のシートは「テーラーフィット™」です。テーラーフィット™は日産が独自に開発したもので、タフな使い方にも耐えられる耐久性と心地よい触感を両立させ、まるでテイラーで仕立てた服のように座る人に安心感を与えるとともに高級感も得られるよう、こだわり抜いて開発された素材です。

「G」/「G e-4ORCE」-3出典:日産「エクストレイル」ギャラリー

なお、このグレードではオプションで抗菌仕様のナッパレザーシートが選択可能です。ナッパレザーシートを選択した場合、内装色はタンになります。

カスタマイズカー「AUTECH」

カスタマイズカー「AUTECH」出典:日産「エクストレイル」価格・グレード

「X」をベースにした「AUTECH」、「G」をベースにした「AUTECH Advanced Package」(それぞれe-4ORCEの設定あり)では、「AUTECH」刺繍の入ったブラックレザーシートなどが備わる専用インテリアとなります。

「AUTECH」のシグネチャーカラーであるブルーのステッチが随所にあしらわれ、特別感を演出します。

エクストレイルのポケッテリア

ドライブのお供に欠かせないドリンクを置いておくスペースなど、座席周りの収納の充実度も快適性を左右します。ここでは、エクストレイルにはどのようなポケッテリアが備わっているのかをチェックしてみましょう。

カップホルダー(フロント2個)

カップホルダー(フロント2個)出典:日産「エクストレイル」ラゲッジ・収納

フロントシートのカップホルダーは、センターコンソールに用意されています。運転席からも助手席からも手に取りやすい位置にあることに加え、深さもあるので走行中の安定感もあります。

センターコンソールロアボックス(照明付き)

センターコンソールロアボックス(照明付き)出典:日産「エクストレイル」ラゲッジ・収納

現行型のトピックのひとつであるブリッジ構造のセンターコンソールの下段には、ティッシュボックスやブランケットなどが収納できるボックスが用意されています。

センターコンソールボックス(アームレスト付き)

センターコンソールボックス(アームレスト付き)出典:日産「エクストレイル」ラゲッジ・収納

センターコンソールボックスのリッドは観音開き式で、収納したものが取り出しやすいのが魅力。収納力も十分です。

リアセンターアームレストスルー(カップホルダー付き)

リアセンターアームレストスルー(カップホルダー付き)出典:日産「エクストレイル」ラゲッジ・収納

2列目シートは4:2:4分割可倒式であり、中央部分をカップホルダー付きのアームレストとして使用できます。なお、3列シート車には3列目シートにもカップホルダーが用意されます。

このほかに、助手席シートバックポケットやコートハンガー(2列目シート左右席)などのポケッテリアも用意されています。

​エクストレイルの荷室・シートアレンジ

エクストレイルの荷室・シートアレンジ出典:日産「エクストレイル」ラゲッジ・収納

エクストレイルの2列シート車は、定員乗車時でも575Lのクラストップ(2022年7月時点、日産調べ)の荷室容量を確保しています。9.5インチのゴルフバッグであれば4個収納できるほどの収納力なので、荷物が多くなりがちなキャンプなどのアウトドアレジャーも安心でしょう。

また、2列目シートは4:2:4分割式のシートを採用しているため、フレキシブルなシートアレンジが可能。4人が乗車した状態で釣り竿などの長尺物を積載することもできます。

なお、「G」と「G e-4ORCE」の荷室には100V AC電源(1500W)が標準装備されています。電気毛布や電気ポットなどの電気製品が利用できるので、アウトドアではもちろん、停電などの非常時の心強い存在となってくれそうです。

なお、「G」「G e-4ORCE」を除くグレードの2列シート車では、オプションで追加が可能です。

エクストレイルの荷室・シートアレンジ-2出典:日産「エクストレイル」ラゲッジ・収納

さらに、上位グレードにはインテリジェントキーを携帯していれば足をリアバンパーのセンサーにかざして引くだけでバックドアが自動で開閉する「リモコンオートバックドア(ハンズフリー機能、挟み込み防止機構付き)」もあるため、荷室の使い勝手は抜群でしょう。

今時のSUVのスタイルを体現するエクストレイル

現行型のエクストレイルは先代までの「タフギア感」を前面に打ち出したスタイルから、先進性を感じさせる洗練された雰囲気をも兼ね備えたモデルへと進化しています。内装も例外ではなく、上質で現代的な魅力にあふれています。

一方で防水シートや大容量の荷室など、SUVとしての使い勝手や機能性にも配慮されているため、まさに今時のスマートな雰囲気のSUVが欲しい方の琴線にふれる1台といえるのではないでしょうか。

あなたと相性最高の車は?約100種の国産車からピッタリの一台が見つかる!LINEで無料診断してみる

よくある質問

Q1:エクストレイルの室内空間の特徴は?

A:エクストレイルは、ブリッジ構造のセンターコンソールを採用するなどSUVらしいギア感と上質さ、スタイリッシュさを兼ね備えた内装が特徴です。

Q2:エクストレイルに本革シートの設定はある?

A:はい、あります。上級グレードの「G」もしくは「G e-4ORCE」では、オプションでナッパレザーシートの選択が可能です。なお、カスタマイズカーの「AUTECH」では特別装備として「AUTECH」刺繍入りのブラックレザーシートが採用されています。

Q3:エクストレイルの荷室は荷物がたくさん積める?

A:エクストレイルの2列シート車はクラストップ(2022年7月時点、日産調べ)の575Lの荷室容量を確保しており、9.5インチのゴルフバッグであれば4個積載可能です。

※この記事は2022年11月時点の情報で制作しています

日産エクストレイルの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の日産エクストレイルの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる