XVの内装はどんな感じ?本革シートは選べる?

XVの内装はどんな感じ?本革シートは選べる?XVの内装はどんな感じ?本革シートは選べる?

出典:スバル「スバルXV」ギャラリー

走行性能や燃費性能、エクステリアのデザインなど、車選びのポイントはさまざまありますが、内装デザインや収納などの内装も重要な部分です。内装はドライバーだけでなく同乗者に与える影響も大きいので、しっかりと確認しておきましょう。

ここでは、スバル「XV」の内装についてご紹介します。

【この記事のポイント】
✔SUVらしいスポーティーさを持った内装デザイン
✔新プラットフォームの採用によってゆとりのある室内空間を確保
✔後席には6:4分割可倒式シートを採用しているため、座席アレンジによる荷室の拡大が可能

XVの室内空間の特徴

都会的で洗練されたエクステリアデザインが人気のXVの内装は、スバルのデザインフィロソフィーである「Dynamic×Solid」を反映した立体的で大胆なものになっています。

ドライブの快適性に大きく影響するシートの座り心地を追求するのはもちろん、ステッチなど細かい部分まで緻密に計算された内装はSUVらしいスポーティーさとデザイン性を兼ね備え、乗る人の気分をアクティブに盛り上げるインテリアデザインがXVの持ち味です。

新プラットフォームの採用によって以前よりもゆとりのある室内空間を実現。前席のみならず後席の足元にもゆとりを持たせ、長時間のドライブでも窮屈さを感じることなくゆったりとくつろげるようになっています。

XVのグレードごとの内装

ここからはスバルXVのグレード別の内装について見ていきましょう。

シンプルを極めた「1.6i EyeSight」

シンプルを極めた「1.6i EyeSight」出典:スバル「スバルXV」グレード・価格

ベースグレードにあたる「1.6i EyeSight」では扱いやすいトリコット素材のシートを採用。ブラックを基調にすっきりとまとめられたインテリアですが、インパネ加飾パネルやフロントのインナードアハンドル加飾パネルにカーボン調素材が使用され、SUVらしいスポーティーさを感じさせます。

メーターバイザーリングやパワーウィンドウスイッチにはピアノブラック調、ベンチレーショングリルのセンター部分やシフトパネルにはシルバー塗装が施されていますが、それ以外に余分な加飾はなく、実用性を重視したシンプルな内装がこのグレードの持ち味といえるでしょう。

本革シートが選択可能な「1.6i-L EyeSight」

レザーシートが選択可能な「1.6i-L EyeSight」出典:スバル「スバルXV」グレード・価格

「1.6i-L EyeSight」の標準装備のシート素材は「1.6i EyeSight」と同じトリコット素材ですが、オプションでブラックの本革シートが選択可能です。

本革シートが選択できる車種は数多くあってもそのほとんどが最上級クラスもしくはそれに次ぐ高級グレードのみに設定されていることが多いですが、XVではベースグレードの「1.6i EyeSight」以外で選択可能であるのは特筆すべきポイントでしょう。

シート以外にもステアリングホイールやシフトレバーもオプションで本革巻を選択することが可能です。

また、フロアコンソールリッドやフロント&リアのドアアームレストなど、よく手がふれる部分にソフトパッドをあしらい、質感を向上。さらにオレンジステッチを随所にあしらい、SUVらしいアクティブさとスタイリッシュさをプラスしています。

なお、このグレード以上ではインパネ加飾パネルにはダークシルバー金属調が組み合わされます。

本革が使用され、質感がアップする「2.0e-L EyeSight」

オレンジステッチが随所に施され、質感がアップする「2.0e-L EyeSight」出典:スバル「スバルXV」グレード・価格

2.0L直噴水平対向ガソリンエンジンを搭載する「2.0e-L EyeSight」では、本革巻のステアリングホイールとピアノブラック調加飾付き本革巻シフトレバーが標準装備になります。

このほか、パワーウィンドウスイッチの加飾パネルがメッキになるほかは、ほぼ「1.6i-L EyeSight」と変わりありません。

スポーツペダルが装備される「2.0e-S EyeSight」

スポーツペダルが装備される「2.0e-S EyeSight」出典:スバル「スバルXV」グレード・価格

「2.0e-S EyeSight」ではアクセル、ブレーキ、フットレストがアルミパッド付きのスポーツペダルになります。

標準シートはオレンジステッチが施されたトリコットと合成皮革のコンビシートになり、スポーティーさと上質さを演出しています。

スタイリッシュな内装が魅力の最上級グレード「Advance」

スタイリッシュな内装が魅力の最上級グレード「Advance」_01出典:スバル「スバルXV」グレード・価格

最上級グレード「Advance」では、ステッチがブルーになり、先進性を感じさせるのが特徴です。また、シート素材はトリコットと合成皮革で「2.0e-S EyeSight」と変わりありませんが、カラーがネイビーとチャコールになります。

スタイリッシュな内装が魅力の最上級グレード「Advance」_02出典:スバル「スバルXV」グレード・価格

なお、「Advance」で本革シートを選択した場合、カラーリングはネイビー×ブラックになり、ほかのグレードとは一線を画したスタイリッシュさと上質さを演出します。

XVの座席周りの収納

ドライブ中の快適性を左右する収納もしっかりと確認しておきましょう。

センタートレイ

センタートレイ出典:スバル「スバルXV」ユーティリティ 便利な装備

ハンドタオルやスマートフォンなどの小さな物の収納に最適なトレイです。電源ソケットが全車に標準装備されるほか、「1.6i-EyeSight」以外のグレードには、スマートフォンなどの充電に便利なUSB電源が2個付属しています。

フロアコンソールボックス

フロントシートのメインの収納となるフロアコンソールボックスは深さもあり収納力は抜群。2.0Lモデルにおいてはソフトパッドトリムを備えたコンソールリッドを採用し、アームレストとしての快適性にもこだわっている印象です。

前席カップホルダー

前席カップホルダー出典:スバル「スバルXV」ユーティリティ パッケージング&カーゴルーム

カップホルダーは運転席・助手席のどちらからでも使いやすい横置きレイアウトを採用。

前席カップホルダー出典:スバル「スバルXV」ユーティリティ パッケージング&カーゴルーム

「e-BOXER」搭載グレードでは、カップホルダーにシルバーリングが追加され、質感を高めています。

グローブボックス

車検証や自賠責保険証の収納場所として使用されるグローブボックスは照明付きです。暗い車内でも保管しているものを探しやすいよう工夫されています。

フロント&リア大型ドアポケット(ボトルホルダー付き)

左右のフロント&リアドアにはペットボトルのほかにも地図や手帳などが収納できるポケットが装備されています。

リアシートセンターアームレスト(「1.6i EyeSight」を除くグレードに標準装備)

リヤシートセンターアームレスト出典:スバル「スバルXV」ユーティリティ パッケージング&カーゴルーム

後席のアームレストには、カップホルダーが2個装備されています。

XVの荷室&座席アレンジ

XVの荷室&座席アレンジ_01出典:スバル「スバルXV」ユーティリティ パッケージング&カーゴルーム

スバルXVの荷室は開口部の幅を広くして、大型の荷物でも楽に積み降ろしできるように工夫されています。荷室容量は「e-BOXER」モデルが340L、1.6Lモデルは385Lを確保しているので、ゴルフバック3個を積み込むことが可能です。

汚れものなどの収納などに便利なサブトランクも装備されています。

XVの荷室&座席アレンジ_02出典:スバル「スバルXV」ユーティリティ パッケージング&カーゴルーム

XVの荷室&座席アレンジ_03出典:スバル「スバルXV」ユーティリティ パッケージング&カーゴルーム

また、後席には6:4分割式のシートを採用しているので、荷物の大きさに合わせてさまざまな座席アレンジも可能です。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならXVのインテリアも予算内で想いのまま

XVに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードや、インテリアをより快適にするオプションなどをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、望みどおりの快適なインテリアを実現することが可能になります。

カーリースで望みどおりのインテリアを実現できるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで新車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、車両本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでXVに月30,630円から乗れる

カルモくん_new

「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、XVの新車に月額30,630から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な自動車重量税や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくXVに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の延長保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額30,630円からXVに乗れるため、予算内でインテリアにこだわることも可能になります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々30,630円から乗れるスバルXVのお試し審査をチェック!

スバルXV

スバルXV 月額30,630円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

お試し審査ボタン

審査は契約にはなりません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
スバルXVは月額30,630円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくスバルXVのプランを知りたい方はこちら

SUVらしいインテリアと収納力を兼ね備えたスバルXV

スポーティーさを感じさせる内装や座席アレンジによる拡大が可能な荷室、平均的な座席周りの収納も備えたXVですが、USB電源やリアシートセンターアームレストが「1.6i-EyeSight」には装備されないなど、グレードによって収納が異なる部分があります。

車選びの際には内装の質感はもちろん、収納の充実度や使い勝手もよく確認して自身に最適なものを選ぶようにしましょう。

よくある質問

Q1:スバルXVの室内空間の特徴は?

A:新プラットフォームの採用により、後席の足元に余裕を持たせたゆとりのある室内空間を確保しているため、長時間のドライブでも窮屈さを感じることなくくつろげます。また、ドライブの快適性に大きく影響するシートの座り心地や、ステッチなど細かい部分までこだわった質の高い内装が持ち味です。

Q2:XVでは本革シートの設定がある?

A:はい、本革シートを標準装備するグレードはありませんが、オプションでの設定があります。最も値段の安いエントリーグレード「1.6i EyeSight」を除くグレードで選択可能です。なお、最上級グレードを除くグレードにはブラックの本革にオレンジステッチのシート、最上級グレード「Advance」はネイビーブラックにブルーのステッチが組み合わされます。

Q3: XVには荷物がたくさん積める?

A:マイルドハイブリッド「e-BOXER」搭載モデルは340L、1.6Lモデルは385Lの荷室容量を確保しており、ゴルフバッグを3個積み込むことができます。また、後席には6:4分割可倒式のシートを全車標準装備しているため、乗車人数や荷物の大きさ・量に合わせてフレキシブルな座席アレンジが可能です。

※記事の内容は2021年5月時点の情報で執筆しています。

スバルスバルXVの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のスバルスバルXVの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー