ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

デリカD:2のカタログ燃費や実燃費を徹底調査

デリカD:2のカタログ燃費や実燃費を徹底調査

出典:三菱「デリカD:2」走行性能

車のサブスクリプションサービスといえるカーリースでは、税金や自賠責保険料はもちろん、オプションプランを追加すると車検やメンテナンス費用などほとんどの車の維持費をリース料金にまとめることができます。しかし、燃料費はリース料金に含めることはできないため、燃費性能をチェックしてどの程度の燃料費が必要になるのか目安を把握しておくことが大切です。

ここでは、三菱「デリカD:2」の燃費性能について、詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔駆動方式別WLTCモードカタログ燃費・実燃費はこちら

駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
2WD19.617.5
4WD18.415.3

 

✔ライバル車であるトヨタ「ルーミー」の燃費を上回る
✔全長を拡大しながらも最小回転半径は従来と同じ4.8mを維持

 

デリカD:2の燃費性能の特徴

2020年12月に登場した現行型のデリカD:2は、モーター機能付きの発電機と専用のリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、減速時に発生するエネルギーを利用して発電・充電し加速時にモーターがエンジンをアシストすることで燃料の消費を抑えるマイルドハイブリッドシステムを全車に搭載しています。

さらに、エアコンを使用している際にアイドリングを開始するタイミングなどを「燃費優先」「快適優先」「標準」の3つのモードからドライバーが任意で選択できるシステムや、停止前の減速時、約13km/h以下になるとエンジンを自動で停止させる「オートストップ&ゴー(コーストストップ機能付き)」など、実燃費向上に貢献する機能も複数搭載されているのが特徴といえるでしょう。

デリカD:2のカタログ燃費

デリカD:2のパワートレインは、1.2L直列4気筒エンジン+モーター機能付き発電機のマイルドハイブリッドシステムのみです。

デリカD:2のWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。なお、グレードによる燃費の差はありません。

駆動方式燃費(km/L)
2WD19.6
4WD18.4

 

デリカD:2の実燃費

自社調べで、全国の現行型のデリカD:2のオーナーに調査したところ、デリカD:2の実燃費は以下のようになりました。

駆動方式燃費(km/L)
2WD17.5
4WD15.3

 

WLTCモード燃費は、信号や渋滞などの影響を受ける市街地モード、信号や渋滞などの影響を受けにくい郊外モード、高速道路での走行を想定した高速道路モードの3つのモードで計測されたもので、日本だけでなく国際的に使用されている燃費の計測方法です。カタログスペックとしては日本で従来使用されてきたJC08モード燃費よりも低くなる傾向があります。

WLTCモード燃費は実際の車の使用環境により近い方法で計測されていますが、実燃費とまったく差がないというわけではなく、運転の仕方や走行環境にもよって1~1.5割程度の差が出ることが多いようです。

その点を考えるとデリカD:2のカタログ燃費と実燃費の差は平均程度といえるのではないでしょうか。

デリカD:2とライバル車のカタログ燃費を比較

デリカD:2のライバル車としては、トヨタ「ルーミー」スズキ「ソリオ」が挙げられるでしょう。ここでは、この2車種とデリカD:2のカタログ燃費を比較してみます。

トヨタ「ルーミー」

デリカD:2とライバル車のカタログ燃費を比較出典:トヨタ「ルーミー」価格 グレード

コンパクトなボディサイズながら広い室内空間を持ち、居住性の良さや使い勝手の良さに定評のあるトヨタ「ルーミー」。買いやすい価格設定も魅力です。

ルーミーのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
X2WD18.4
4WD16.8
G2WD18.4
4WD16.8
G-T2WD16.8
カスタムG2WD18.4
4WD16.8
カスタムG-T2WD16.8

 

デリカD:2とルーミーの比較では、デリカD:2の燃費性能がより優れているといえるでしょう。

スズキ「ソリオ」

スズキ「ソリオ」出典:スズキ「ソリオ」走行 環境性能

スズキ「ソリオ」はデリカD:2の兄弟車にあたり、コンパクトハイトワゴンの元祖といえるヒットモデルです。

ソリオのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
G2WD19
4WD17.8
HYBRID MX2WD19.6
4WD18.4
HYBRID MZ2WD19.6
4WD18.4

 

ソリオはデリカD:2の兄弟車ではありますが、デリカD:2には設定のないガソリン車のグレード「G」があります。「G」の燃費はマイルドハイブリッド車よりも劣りますが、デリカD:2と同じパワートレインを採用しているマイルドハイブリッド車の燃費は同じ数値となっています。

メルマガ登録

デリカD:2の走行性能&乗り心地

デリカD:2の走行性能&乗り心地出典:三菱「デリカD:2」エクステリア

デリカD:2は低回転域をモーターがアシストすることで力強いトルクを発揮するため、スムーズな加速とパワフルな走りを実現しています。また、4気筒エンジンのため振動が少ないのも特徴です。

さらに、従来モデルよりも全長を拡大しているにもかかわらず最小回転半径は従来型と同じ4.8mを維持し、狭い路地などでも取り回しやすいのも魅力といえるでしょう。

低燃費のデリカD:2で思う存分カーライフを楽しもう

デリカD:2はライバル車と比較しても引けをとらない低燃費を実現しているモデルです。送迎や通勤などの毎日の生活の足としてはもちろんのこと、ロングドライブも安心して楽しめるのではないでしょうか。

燃料費を気にすることなくカーライフを思う存分楽しむには、燃費の良い車を選ぶことが大切です。車選びの際にはカタログ燃費や実燃費のチェックを忘れないようにしましょう。

よくある質問

Q1:デリカD:2のカタログ燃費はどのくらい?

A:デリカD:2に採用されているパワートレインは1.2L直列4気筒エンジン+モーター機能付き発電機のマイルドハイブリッドシステムのみです。デリカD:2のWLTCモードカタログ燃費は、2WD車が19.6km/L、4WD車が18.4km/Lです。

Q2:デリカD:2の実燃費とカタログ燃費の差は?

A:デリカD:2の実燃費は2WD車が17.5km/L、4WD車が15.3km/L。WLTCモードは日本で従来使用されてきたJC08モードよりも実燃費に近い数値が出る燃費の計測方法ではありますが、それでもカタログ燃費と実燃費のあいだに1~1.5割程度の差が出るのが一般的です。その点を考えると、デリカD:2のカタログ燃費と実燃費の差は平均程度といえるでしょう。

Q3:デリカD:2とライバル車の燃費を比較すると?

A:デリカD:2のライバル車としては、トヨタ「ルーミー」やスズキ「ソリオ」が挙げられます。デリカD:2のカタログ燃費はルーミーの燃費を上回っています。ソリオはデリカD:2の兄弟車ということもあり、ソリオのマイルドハイブリッドシステムを搭載するグレードの燃費はデリカD:2と同じ数値になっています。

Q4:デリカD:2の走行性能や乗り心地は?

A:デリカD:2は、低回転域をモーターがアシストすることで、滑らかな加速と力強い走りを実現しています。また、従来モデルよりも全長を拡大しているにもかかわらず最小回転半径は従来モデルと同じ4.8mを維持し、狭い路地を通行する際や縦列駐車時でも取り回しやすいのが魅力です。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で執筆しています。

三菱デリカD:2の新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の三菱デリカD:2の記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード