ターボは実燃費との差が小さい?フレアワゴンの燃費性能をチェック

ターボは実燃費との差が小さい?フレアワゴンの燃費性能をチェック

出典:マツダ「フレアワゴン」エクステリア

車の維持費として欠かせないもののひとつに、燃料費が挙げられます。特に軽自動車のように日常的に使用する車では、わずかな燃費性能の差が長い目で見ると大きな差につながることになるため、車選びの際には燃費性能をチェックしておく必要があります。

ここでは、マツダ「フレアワゴン」の燃費性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔エンジン・駆動法式別WLTCモードカタログ燃費・実燃費はこちら

エンジン駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
NAエンジン2WD21.2~22.215.6~18.6
4WD20.2データなし
ターボエンジン2WD19.817.9
4WD19.217.2

 

✔ライバル車「N-BOX」や「タント」の燃費を上回る
✔ターボ車はカタログ燃費と実燃費の差が少ない

安く手に入れる

フレアワゴンの燃費性能の特徴

フレアワゴンでは、減速時のエネルギーを利用して発電し、その電力を専用のバッテリーに充電しておき、状況に応じてモーターによるクリープ走行やエンジンアシストを行うことで燃料の消費量を減らして燃費向上に貢献するマイルドハイブリッドシステムを全車に標準装備しています。

さらに軽量高剛性のプラットフォームやボディ、サスペンション、新開発されたCVTを組み合わせることでより優れた燃費性能を実現しているのが特徴です。

フレアワゴンのカタログ燃費

フレアワゴンにはノーマルタイプとクロスオーバーSUVスタイルのタフスタイル、メッキグリルを使用した押し出しの強いエクステリアのカスタムスタイルの3種類のスタイルが用意されています

フレアワゴンはスタイルを問わず全車にマイルドハイブリッドシステムを採用。ノーマルタイプはノンターボのみですが、タフスタイルとカスタムスタイルにはターボの設定があります。

フレアワゴンのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

フレアワゴン(ノーマル)

グレード駆動方式燃費(km/L)
HYBRID XG2WD22.2
4WD20.2
HYBRID XS2WD21.2
4WD20.2

 

フレアワゴンタフスタイル

グレード駆動方式燃費(km/L)
HYBRID XS2WD21.2
4WD20.2
HYBRID XT(ターボ)2WD19.8
4WD19.2

 

フレアワゴンカスタムスタイル

グレード駆動方式燃費(km/L)
HYBRID XG2WD21.2
4WD20.2
HYBRID XS2WD21.2
4WD20.2
HYBRID XT(ターボ)2WD19.8
4WD19.2

 

一本化用フレアワゴン

フレアワゴンの実燃費

現在、フレアワゴンに乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e燃費」によると、フレアワゴンの実燃費は以下のとおりです。

フレアワゴン

グレード駆動方式燃費(km/L)
HYBRID XG/HYBRID XS2WD18.6
4WDデータなし

 

フレアワゴンタフスタイル/フレアワゴンカスタムスタイル

グレード駆動方式燃費(km/L)
HYBRID XG/HYBRID XS2WD15.6
HYBRID XG/HYBRID XS4WDデータなし
HYBRID XT(ターボ)2WD17.9
4WD17.2

 

WLTCモード燃費は、信号や渋滞などの影響を受ける市街地モード、信号や渋滞などの影響を受けにくい郊外モード、高速道路での走行を想定した高速道路モードの3つのモードでの計測値を平均的使用時間配分で構成したもので、国際的に使用されている燃費の計測方法です。カタログスペックとしては日本でこれまで使用されてきたJC08モード燃費よりも低くなる傾向があります。

WLTCモード燃費は実際の車の使用環境により近い方法で計測されていますが、実燃費とまったく差がないというわけではなく、1割~1.5割程度の差が出ることが多いようです。その点を考慮すると、フレアワゴンのカタログ燃費と実燃費の差はノーマルタイプのフレアワゴンでは平均値の範囲内といえますが、タフスタイル・カスタムスタイルの2WD車では差が大きく広がっています。なお、ターボ車はいずれの駆動方式でも差が少なく、優秀な数値となっているのがわかります。

フレアワゴンとライバル車のカタログ燃費を比較!

フレアワゴンのライバル車としては、ホンダ「N-BOX」ダイハツ「タント」が挙げられるでしょう。ここではこの2車種とフレアワゴンのカタログ燃費を比較してみます。

ホンダ「N-BOX」

ホンダ「N-BOX」出典:ホンダ「N-BOX」トップページ

軽スーパーハイトワゴンを代表するモデルといえるホンダ「N-BOX」。広い室内空間と使い勝手の良さ、安全性能の高さなどバランスが取れたモデルで、幅広い層に高い人気を誇るモデルです。

N-BOXのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
G2WD21.2
4WD19.8
L/カスタムL 2WD21.2
4WD19.8
Lターボ/カスタムLターボ2WD20.2
4WD19
EX /カスタムEX2WD21.2
4WD19.8
EX ターボ/カスタムEXターボ2WD20.2
4WD19

 

フレアワゴンとN-BOXの比較では、フレアワゴンにメリットがあることがわかります。

ダイハツ「タント」

ダイハツ「タント」出典:ダイハツ「タント」外観・カラー

ダイハツ「タント」はピラーレスのミラクルオープンドアや運転席のロングスライド機能など、利便性を高めるための画期的な技術が多数採用されているのが魅力。特にファミリー層の絶大な支持を得ています。

タントのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
L/L(スマートアシスト非装着車)2WD21.2
4WD20.2
X“スペシャル”2WD21.2
4WD20.2
X/カスタムX/カスタムX“スタイルセレクション”2WD21.2
4WD20.2
Xターボ/カスタムRS/カスタムRS”スタイルセレクション“2WD20
4WD18.8

 

フレアワゴンとタントの比較では、グレードにもよりますがほぼ同等~わずかながらフレアワゴンの数値がタントを上回っています

フレアワゴンの走行性能&乗り心地

フレアワゴンはISGと呼ばれるモーター機能付きの発電機を搭載し、減速時のエネルギーを利用して発電。その電力を加速時のモーターアシストに使用します。パワーモードを選択すれば、エンジンやCVTの制御を変更するとともに、モーターによってトルクアップさせるため、軽自動車であっても力強い加速が可能になり、高速道路での合流などをスムーズに行えます。

フレアワゴンの走行性能&乗り心地出典:マツダ「フレアワゴン」走行・環境性能

また、ターボ車にはステアリングシフトスイッチを採用しているため、ターボエンジンのパワーを活かしたスポーティーな走りも楽しめるでしょう。

通常記事_コミコミ1万円バナー

カーリースならより燃費を気にせず車に乗れる!

フレアワゴンに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。また、維持する上でも、税金や車検費用、メンテンナンス費用などが都度発生します。

一方カーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、月額料金だけで新車に乗ることができます。月々の支払い額もカーローンより抑えられ、メンテナンスプランをつければ維持費も定額にできるので、購入よりもお得に新車に乗ることが可能です。
購入なら取得の費用と別に必要になるガソリン代も、カーリースなら差額で補うことができて安心です。

カーリースで燃費を気にしなくてよくなるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。
それにより、カーローンの返済額よりも月々の出費を抑えられて、浮いたお金をガソリン代に回せるようになることから、燃費やガソリン代を気にせず安心してカーライフを送れるようになるのです。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでフレアワゴンに月額18,260円から乗れる

一本化用定額カルモくん

カーリースの定額カルモくんでは、オンライン営業でコストを削減したことによる大幅なネット割引により、頭金ナシ・ボーナス払いナシでは日本最安値(2020年3月、定額カルモくん調べ)で、フレアワゴンに月額18,260円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくフレアワゴンに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額18,260円からフレアワゴンに乗れるため、予算内で燃費性能や走行性能を追求することも可能になります。

一本化用キャンペーンバナー

フレアワゴンは優れた燃費性能を持つモデル

フレアワゴンは全車にマイルドハイブリッドシステムを搭載し、ライバル車を超える燃費性能の良さを持つモデルです。ターボ車や4WD車の燃費も優秀なので、どのパワートレインを選んでも安心して毎日のカーライフが楽しめるでしょう。

よくある質問

Q1:フレアワゴンのカタログ燃費はどのくらい?

A:フレアワゴンにはノーマルタイプとタフスタイル、カスタムスタイルの3種類のタイプの設定があり、全車にマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。タフスタイルとカスタムスタイルにはノンターボとターボの設定がありますが、ノーマルタイプはノンターボのみです。WLTCモードカタログ燃費はノンターボの2WD車が21.2~22.2km/L、4WD車が20.2km/L、ターボ2WD車が19.8km/L、4WD車が19.2km/Lとなっています。

Q2:フレアワゴンの実燃費はカタログ燃費とどのくらいの差があるの?

A:フレアワゴンの実燃費はノンターボの2WD車が15.6~18.6km/L、ターボ2WD車が17.9km/L、4WD車が17.2km/Lです。WLTCモードカタログ燃費は日本で従来使用されているJC08モード燃費よりも実燃費に近い数値が出る燃費の計側方法ですが、それでも1~1.5割程度の差が生じるのが普通です。その点を考えると、ターボ車は優秀な実燃費の数値といえるでしょう。

Q3:フレアワゴンの走行性能は?

A:フレアワゴンではISGと呼ばれるモーター機能付きの発電機を利用して、加速時にモーターアシストを行います。さらにパワーモードを使用すればエンジンやCVTの制御変更に加えてトルクアップさせ、力強くスムーズな加速を実現します。

※記事の内容は2021年4月の情報で執筆しています。

マツダフレアワゴンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダフレアワゴンの記事

マツダフレアワゴンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダフレアワゴンの記事

マツダフレアワゴンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダフレアワゴンの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr