ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

マツダ6の燃費を確認!豊富なパワートレインからどれを選ぶ?

マツダ6の燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!
マツダ6の燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

出典:マツダ「マツダ6」走行性能

車の燃費性能や環境性能は各自動車メーカーが激しく競い合っている部分でもあり、ここ数年の新型車の多くはある程度の燃費性能を備えているとはいえ、車種によって差があるのが事実です。一般的に、長期間使用することになる車の燃費はわずかな差でも積もり積もると大きな差になるため、車選びの際にはカタログ燃費、実燃費をしっかりと確認しておくことが大切です。

ここでは、マツダのフラッグシップモデル「マツダ6」の燃費について紹介します。

  • 駆動方式別WLTCモードカタログ燃費・実燃費はこちら
    駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費
    2WD12.4~19.611.3~13.4
    4WD17.0~18.816.4~16.7
  • セダンのライバル車であるホンダ「アコード」の燃費に後れを取っている
  • マツダ6の4WD車はステーションワゴンのライバル車であるスバル「レヴォーグ」の燃費を上回る

マツダ6の燃費の特徴

マツダ6は2012年11月に誕生したアテンザを車名変更し、2019年8月に日本に登場したマツダのフラッグシップモデルです。

マツダ6には、従来から設定のあった2L直列4気筒ガソリンエンジン、2.5L直列4気筒ガソリンエンジン、2.2L直列4気筒ディーゼルターボエンジンに加えて、2.5L直列4気筒ガソリンターボエンジンが新たに追加されました。この2.5L直列4気筒ガソリンターボエンジンは4.0L V8NA(自然吸気)エンジン並みのトルクを発生し、力強い加速フィールやアクセルレスポンスの良さを持つとともに、気筒休止システムを搭載して実燃費の向上にも貢献するという特徴があります。

また、マツダ6には減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」瞬間再始動が可能なアイドリングストップシステム「i-stop(アイ・ストップ)」、運転中の無駄を省いて燃費のいい走りをサポートするインテリジェント・ドライブ・マスターなど、低燃費に貢献するさまざまなシステムが採用されています。

マツダ6のカタログ燃費

マツダ6のWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおり。なお、グレード構成・カタログ燃費はセダン・ステーションワゴン共通です。

グレード駆動方式トランスミッション燃費(km/L)
20S/20S PROACTIVE/20S Black Tone Edition2WD6AT15.0
25S L Package2WD6AT14.2
25T S Package/25T Black Tone Edition2WD6AT12.4
XD/XD PROACTIVE/XD L Package/
XD Black Tone Edition(ディーゼル)
2WD6AT17.8
6MT19.6
4WD6AT17.0
6MT18.8

 

マツダ6の実燃費

WLTCモードは、従来日本で使用されてきたJC08 モードよりも実燃費との差が少ないとされている燃費の計測方法です。

JC08 モード燃費は平坦な道を一定の条件下で走行し計測されます。それに対しWLTCモード燃費は「市街地」「郊外」「高速道路」と実際の使用環境に近い状況ごとに計測されるため、JC08 モード燃費と実燃費の差は3割程度とされているのに対して、WLTCモードと実燃費の差は1~1.5割程度だといわれています。

マツダ6に乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e 燃費」によると、マツダ6の実燃費は以下のとおりです。

グレード駆動方式トランスミッション燃費(km/L)
20S/20S PROACTIVE/20S Black Tone Edition2WD6AT---
25S L Package2WD6AT---
25T S Package/25T Black Tone Edition2WD6AT11.3
XD/XD PROACTIVE/XD L Package/
XD Black Tone Edition(ディーゼル)
2WD6AT13.4
6MT---
4WD6AT16.7
6MT16.4

 

実燃費が確認できたパワートレインでは、ディーゼル2WDの6AT以外のカタログ燃費と実燃費の差は平均程度といえるでしょう。

マツダ6とライバル車のカタログ燃費を比較

燃費性能を確認するにはライバル車と燃費を比較するのもひとつの方法です。セダンはホンダ「アコード」、ステーションワゴンはスバル「レヴォーグ」と比較してみましょう。

ホンダ「アコード」

ホンダ「アコード」出典:ホンダ「アコード」デザイン・カラー

ホンダ「アコード」はホンダの世界戦略車であり、北米市場や中国において高い人気を誇るモデルです。2020年2月に販売が開始された現行型モデルは2L直列4気筒ガソリンエンジンに2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用しています。

アコードのWLTCモードカタログ燃費は22.8km/L。駆動方式は2WDのみです。

マツダ6のカタログ燃費と比較すると、アコードの燃費がマツダ6を上回っていることがわかります。

スバル「レヴォーグ」

スバル「レヴォーグ」出典:スバル「レヴォーグ」ギャラリー

2020年10月に登場した2代目のスバル「レヴォーグ」は、高い熱効率と動力性能を両立させる最新の技術「リーン燃焼」を採用した「1.8L BOXER 直噴ターボ“DIT”」と呼ばれる水平対向エンジンを採用し、燃費性能・環境性能を向上させています。

レヴォーグのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。レヴォーグは2WD車の設定がなく、4WDのみとなっています。

グレード燃費(km/L)
GT/GT EX13.7
GT-H/GT-H EX13.6
STI Sport/STI Sport EX13.6

 

マツダ6の4WD車とレヴォーグの燃費を比較すると、マツダ6の燃費がレヴォーグよりも優れていることがわかる結果となりました。

マツダ6の乗り心地

マツダ6の乗り心地出典:マツダ「マツダ6」走行性能

マツダ6には快適な乗り心地を実現するさまざまな工夫が凝らされています。

改良したサスペンションと新開発タイヤがもたらす滑らかな乗り心地

マツダ6では、適度な硬さと柔らかさを両立させた新開発のタイヤによって路面からのさまざまな衝撃を吸収し、改良したサスペンションがその衝撃をかわすことによって不快な突き上げの少ない滑らかな乗り心地を実現しています。

G-ベクタリング コントロール プラスを全グレードに標準装備

「G-ベクタリング コントロール」はハンドル操作に応じて駆動トルクを変化させることで横方向と前後方向の加速度(G)を統合制御し、スムーズで効率的な車両挙動を実現する画期的なシステムです。

マツダ6ではこのG-ベクタリング コントロールに、旋回中からターンアウト時の安定性・収束性を向上するブレーキ制御を追加した「G-ベクタリング コントロール プラス」を全車に標準装備し、より高いレベルでの車両姿勢の安定と安心感のある動きを実現し、快適な乗り心地を提供します。

安定した快適な乗り心地と高い燃費性能が持ち味のマツダ6

エクステリアのデザインや安全性能など、車選びの際に確認しておきたいポイントはたくさんありますが、その中でも燃費や乗り心地などは特に重要な部分といえます。快適なカーライフを手に入れるためには、燃費性能や走行性能を事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

マツダ6は、優れた燃費性能と、マツダの名を背負うフラッグシップモデルにふさわしい上質な乗り心地を兼ね備えたモデルといえるでしょう。

よくある質問

Q1:マツダ6のカタログ燃費はどのくらい?

A:マツダ6はセダン・ステーションワゴン共通で2Lと2.5LのガソリンNAエンジン、2.5Lのガソリンターボエンジン、2.2Lのディーゼルターボエンジンと4種類のエンジンを採用しています。マツダ6のWLTCモードカタログ燃費は2WD車が12.4~19.6km/L、4WD車が17.0~18.8km/Lです。

Q2:マツダ6とライバル車のカタログ燃費を比較すると?

マツダ6のセダンのライバル車としてはホンダ「アコード」が挙げられます。アコードはハイブリッド専用車ということもあり、カタログ燃費はマツダ6を上回ります。ステーションワゴンのライバル車であるスバル「レヴォーグ」との比較においては、マツダ6のカタログ燃費がレヴォーグを圧倒しています。

Q3:マツダ6の走行性能や乗り心地は?

A:マツダ6は、ハンドル操作に応じて駆動トルクを変化させることで横方向と前後方向の加速度(G)を統合制御することに加え、旋回中からターンアウト時の安定性・収束性を向上するためのブレーキ制御も入る「G-ベクタリング コントロール プラス」を採用し、高いレベルでの車両姿勢の安定と安心感のある動きを実現しています。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で執筆しています。

マツダマツダ6セダンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダマツダ6セダンの記事
マツダマツダ6セダンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダマツダ6セダンの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる