ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

低燃費が魅力のピクシスエポック!実燃費はどのくらい?

低燃費が魅力のピクシスエポック!実燃費はどのくらい?
低燃費が魅力のピクシスエポック!実燃費はどのくらい?

出典:トヨタ「ピクシスエポック」ギャラリー

燃費性能の良い車は燃料費が節約できるだけではなく、一定の基準をクリアしていれば税金が軽減されることもあります。そのため燃費性能は車選びの重要ポイントのひとつといえるでしょう。

ここでは、トヨタの軽自動車「ピクシスエポック」の燃費性能について詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔駆動方式別カタログ燃費・実燃費はこちら

駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
2WD2524.1
4WD23.218.1

✔ピクシスエポックの2WD車の実燃費はカタログ燃費との差が小さい
✔最小回転半径4.4mのため、狭い路地などでも取り回ししやすい

ピクシスエポックの燃費性能の特徴

ピクシスエポックでは、エンジンやCVTの効率を高めたことに加え、車体の軽量化、空気抵抗の低減、消費電力低減などさまざまな低燃費技術を採用しています。

さらに、停止前の減速時に約11km/h以下になると自動でエンジンを停止させる停車前アイドリングストップ機構である「エコアイドル」を全車に標準装備し、いつもどおりに運転するだけで自然とエコドライブができるように工夫されているのもピクシスエポックの特徴です。

ピクシスエポックのカタログ燃費

ピクシスエポックのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)
B/B“SA III”2WD25
4WD23.2
L/L“SA III”2WD25
4WD23.2
X“SA III”2WD25
4WD23.2
G“SA III”2WD25
4WD23.2

 

ピクシスエポックの実燃費

ピクシスエポックに乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e燃費」によると、ピクシスエポックの実燃費(2021年12月21日時点)は、以下のとおりです。

駆動方式実燃費(km/L)
2WD24.1
4WD18.1

 

実燃費は走り方や走行環境、荷物の重さなどさまざまな要因によって変わるためカタログ燃費よりは悪化するのが一般的で、WLTCモードにおいては1~1.5割程度の差は許容範囲といわれています。

その点を考慮すると、ピクシスエポックの2WD車は、カタログ燃費と実燃費の差は非常に小さいといえるでしょう。4WD車においては許容範囲よりも差が大きい状態です。

ピクシスエポックとライバル車のカタログ燃費を比較

ピクシスエポックのライバル車としては、スズキ「アルト」ダイハツ「ミライース」などが挙げられます。ここではこの2車種とピクシスエポックの燃費を比較してみましょう。

スズキ「アルト」

スズキ「アルト」出典:スズキ「アルト」外観

軽自動車のスタンダードモデルといえるスズキ「アルト」は、軽自動車に求められる経済性を維持し、幅広い層から人気を得ているロングセラーモデルです。

アルトのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)
A2WD25.2
4WD23.5
L2WD25.2
4WD23.5
HYBRID S2WD27.7
4WD25.7
HYBRID X2WD27.7
4WD25.7

 

ピクシスエポックとアルトの比較では、ピクシスエポックがアルトに後れを取っています。

ダイハツ「ミライース」

ダイハツ「ミライース」出典:ダイハツ「ミライース」外観・カラー

買いやすい価格設定、低燃費で定評があるのがダイハツの「ミライース」です。ピクシスエポックはダイハツからトヨタへOEM供給されたモデルで、兄弟車にあたります。

ミライースのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)
B/B“SA III”2WD25
4WD23.2
L/L“SA III”2WD25
4WD23.2
X“SA III”2WD25
4WD23.2
G“SA III”2WD25
4WD23.2

 

ピクシスエポックはミライースのOEM車両で、パワートレインなどの基本コンポーネントを共有しているため燃費性能に差はありません。

メルマガ登録

ピクシスエポックの走行性能や乗り心地

ピクシスエポックの走行性能や乗り心地出典:トヨタ「ピクシスエポック」特長

ピクシスエポックの最小回転半径は4.4mなので、道幅の狭い路地での取り回しや縦列駐車、Uターンなどが楽にできる小回り性能の高さが自慢です。

また、軽量高剛性のボディや樹脂パーツを採用し、軽量化したことによって発進性能や加速性能を高めているため、ターボエンジンを搭載していなくても高速道路での合流もスムーズに行えます。

日常生活に使用する車として安心できる燃費性能を備えたピクシスエポック

車が生活に欠かせない地域に住む方にとって、燃料費は決して小さな負担ではありません。ピクシスエポックは十分な燃費性能を備えているため、毎日安心して利用できるでしょう。

燃料費をできるだけ節約するにはエコドライブを心掛けることも大切ですが、車選びの段階から燃費性能を意識し、低燃費の車を選ぶことをおすすめします。

よくある質問

Q1:ピクシスエポックのカタログ燃費はどのくらい?

A:ピクシスエポックのカタログ燃費は、2WD車が25.0km/L、4WD車が23.2km/Lで、グレードによる燃費の差はありません。

Q2:ピクシスエポックの実燃費は?

A:ピクシスエポックの実燃費は2WD車が24.1km/L、4WD車が18.1km/Lです。実燃費は運転の仕方や走行環境などによって変わるためカタログ燃費よりはある程度悪化するのが一般的で、WLTCモードにおいては1~1.5割程度の差は許容範囲とされています。その点を考えると、2WD車はほとんど差がないといえますが、4WD車では許容範囲より差が大きいといえます。

Q3:ピクシスエポックの走行性能は?

A:ピクシスエポックの最小回転半径は4.4mのため、狭い路地や駐車場でも取り回ししやすく、縦列駐車やUターンも楽にできる小回り性能の高さが魅力です。また、軽量高剛性ボディや樹脂パーツの採用により軽量化しているため、発進・加速性能も向上しており高速道路での合流もスムーズです。

※この記事は2021年12月時点の情報で制作しています

トヨタピクシスエポックの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタピクシスエポックの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード