ライバル車を超えた?RAV4の燃費を徹底調査!

ライバル車を超えた?RAV4の燃費を徹底調査!

出典:トヨタ「RAV4」ギャラリー

車に関する技術の進歩はめざましいものがあります。運転支援技術や走行性能をはじめ、燃費性能も一昔前と比べれば大きく向上しているといえるでしょう。燃費で車を選ぶという方も増えているという今、燃費は車選びに欠かせない重要なチェックポイントといえます。

ここでは、トヨタ「RAV4」の燃費についてご紹介します。

【この記事のポイント】
✔動力源別・駆動方式別WLTCモードカタログ燃費・実燃費はこちら

 駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
ガソリン車2WD15.814
4WD15.212.1
ハイブリッド車2WD21.417.4
E-Four20.616.5

 

✔RAV4のカタログ燃費はライバル車であるホンダ「CR-V」や日産「エクストレイル」を上回る
✔ダイナミックトルクベクタリングAWDや新型E-Fourなど多彩な4WDシステムを採用

安く手に入れる

RAV4の燃費の特徴

2019年4月に登場した現行型のRAV4はトヨタブランド国内初搭載(※2019年4月、トヨタ自動車調べ)となる力強く俊敏な加速と燃費向上を両立させた2.0Lのダイナミックフォースエンジンをガソリン車に採用しています。

このエンジンは吸排気バルブの開閉タイミングを最適化させる吸気側電動連続可変バルブタイミング機構(VVT-iE)を採用しレスポンスを向上させるとともにマルチホールの直噴インジェクタやロングストローク化などにより、燃焼を高速化。さらに排気・冷却・機械作動時などのエネルギーロスも低減させることで最大熱効率は40%に到達し、力強い加速と燃費向上を両立させています。

最大熱効率41%に到達した2.5Lのダイナミックフォースエンジンを搭載する新開発のハイブリッドシステムは、システムの小型・軽量化や高効率化技術の採用により、優れた動力性能とハイブリッド車ならではの高い燃費性能を実現しました。

RAV4のカタログ燃費

RAV4には先述のとおり2.0Lガソリン車と2.5Lハイブリッド車があります。

RAV4のWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
X2WD15.8
4WD15.2
G/G”Z Package”4WD15.2
Adventure4WD15.2
HYBRID X2WD21.4
E-Four(4WD)20.6
HYBRID GE-Four(4WD)20.6

 

一本化用RAV4

RAV4の実燃費

現在、RAV4に乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e 燃費」(2021年1月11日時点)によると、RAV4の実燃費は以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
X2WD14.0
X/G/ G”Z Package”/ Adventure4WD12.1
HYBRID X2WD17.4
HYBRID X/HYBRID G4WD16.5

 

RAV4で採用されているWLTCモードは平坦な道を一定の条件下で走るJC08モードと異なり、信号や渋滞の影響を考慮に入れた市街地や渋滞などの影響を受けにくい郊外、そして高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的に使用されている計測モードです。そのため、WLTCモードはJC08モードよりも実燃費に近い数値が出るとされていますが、それでも実燃費とは約1~1.5割程度の差があるのが一般的といわれています。

その点を考えると、RAV4のカタログ燃費と実燃費の差は「X」の2WD車では平均値の範囲内といえますが、それ以外のパワートレインでは平均値を若干超えてしまっています。

RAV4リース

RAV4のライバル車とカタログ燃費を比較

ミドルサイズSUVは近年人気を集めていることもあり、各自動車メーカーが力を入れているモデルがそろいます。その中でもRAV4の強力なライバルの筆頭として挙げられるのはホンダ「CR-V」でしょう。

またミドルサイズSUVの代表格ともいえる根強い人気を誇る日産「エクストレイル」、ここではこの2車種とRAV4のカタログ燃費を比較してみます。

ホンダ「CR-V」

ホンダ「CR-V」出典:ホンダ「CR-V」性能・安全

10代目シビックに採用された新世代プラットフォームを採用し、基本性能を磨き上げたCR-Vは高剛性化、かつ軽量化された低重心ボディにより幅広い速度域において軽快で安定した走りを実現しています。

2018年8月に登場した現行モデルでは専用開発されたターボチャージャーを採用した高出力の直噴1.5LVTECターボエンジンを搭載したガソリン車に加え、CR-V初となるハイブリッド車がラインナップされました。

CR-VのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
EX2WD14.2
4WD13.6
EX・Masterpiece/ EX・BLACK EDITION2WD14.2
4WD13.6
e:HEV EX2WD21.2
4WD20.2
e:HEV EX・Masterpiece/ e:HEV EX・BLACK EDITION2WD21.2
4WD20.2

 

RAV4とCR-Vのカタログ燃費の比較では、ガソリン車、ハイブリッド車のいずれでもRAV4の数値が優れていることがわかります。

日産「エクストレイル」

日産「エクストレイル」出典:日産「エクストレイル」外観・デザイン

2000年の初代のデビュー当時から根強い人気を誇るエクストレイルは、ミドルサイズSUVを代表する存在。現行モデルは2013年に登場した3代目で、オンロードを意識した都会的で洗練されたエクステリアや走破性の高さや高速道路や自動車専用道路においてアクセル・ブレーキ制御に加えてステアリング操作を支援しドライバーの運転負荷を軽減する「プロパイロット」などの先進技術が高く評価されています。

エクストレイルのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式燃費(km/L)
20S Vセレクション4WD13.2
20Xi/ 20Xi Vセレクション2WD12.8~13.2
4WD12.2~12.6
20Xi レザーエディション2WD13.2
20Xi レザーエディション Vセレクション4WD12.6
20S HYBRID4WD13.8
20Xi HYBRID /20Xi HYBRID レザーエディション2WD15.0
4WD13.8

 

RAV4とエクストレイルの比較では、RAV4に大きなメリットがあることがうかがえます。

RAV4の走行性能

RAV4の走行性能出典:トヨタ「RAV4」ギャラリー

RAV4のようなクロスオーバーSUVでは特に悪路走破性などの走行性能のチェックも欠かせません。RAV4の走行性能について見ていきましょう。

世界初(※2019年4月、トヨタ自動車調べ)となるダイナミックトルクベクタリングAWDを搭載

走行環境に応じて前後トルクを最適に配分するとともに、後輪のトルクを左右独立して制御することで安定した車両姿勢を保ち旋回時の車両安定性を向上させるトルクベクタリング機構、さらに4WD走行が不要な際には後輪で動力を伝達する駆動系を切断して動力の損失を抑制し燃費向上を図るディスコネクト機構を採用したダイナミックトルクベクタリングAWDを搭載し、燃費向上と高い走破性・操縦安定性を実現しています。

カルモマガジン編集長・馬弓良輔の試乗記でRAV4の走行性能を詳しくチェック!

ハイブリッド車には新型E-Four(電気式4WDシステム)を採用

従来よりも後輪のトルクを増大するとともに前後輪のトルク配分を100:0~最大20:80まで高めて緻密に制御する新型E-Fourをハイブリッド車に新採用し、コーナリング時の操縦安定性を向上させるとともに雪道などの滑りやすい環境における状態での坂道発進時の安心感も向上させています。

通常記事_コミコミ1万円バナー

カーリースならより燃費を気にせず車に乗れる!

RAV4に新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。また、維持する上でも、税金や車検費用、メンテンナンス費用などが都度発生します。

一方カーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、月額料金だけで新車に乗ることができます。月々の支払い額もカーローンより抑えられ、メンテナンスプランをつければ維持費も定額にできるので、購入よりもお得に新車に乗ることが可能です。
購入なら取得の費用と別に必要になるガソリン代も、カーリースなら差額で補うことができて安心です。

カーリースで燃費を気にしなくてよくなるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。
それにより、カーローンの返済額よりも月々の出費を抑えられて、浮いたお金をガソリン代に回せるようになることから、燃費やガソリン代を気にせず安心してカーライフを送れるようになるのです。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでRAV4に月額36,190円から乗れる

一本化用定額カルモくん

カーリースの定額カルモくんでは、オンライン営業でコストを削減したことによる大幅なネット割引により、頭金ナシ・ボーナス払いナシでは日本最安値(2020年3月、定額カルモくん調べ)で、RAV4に月額36,190円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくRAV4に乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額36,190円からRAV4に乗れるため、予算内で燃費性能や走行性能を追求することも可能になります。

一本化用キャンペーンバナー

優れた燃費性能と走行性能を兼ね備えたRAV4

ライバル車と比較しても遜色のない燃費性能に加えてガソリン車・ハイブリッド車ともに新しい技術を採用し優れた走行性能を手に入れたRAV4。競争の激しいミドルサイズクロスオーバーSUVの世界に一石を投じる存在となりそうです。

よくある質問

Q1:RAV4のカタログ燃費はどのくらい?

A:RAV4では力強く俊敏な加速と燃費向上を両立させた2.0Lのダイナミックフォースエンジンをガソリン車に採用。ハイブリッド車では2.5Lに軽量・小型化されたハイブリッドシステムを組み合わせ、燃費を向上させています。RAV4のWLTCモードカタログ燃費はガソリン2WD車が15.8km/L、4WD車が15.2km/L、ハイブリッド2WD車が21.4km/L、4WD車が20.6km/Lです。

Q2:RAV4の実燃費はカタログ燃費とどのくらいの差があるの?

A:RAV4の実燃費はガソリン2WD車が14.0km/L、4WD車が12.1km/L、ハイブリッド2WD車が17.4km/L、4WD車が16.5km/Lとなっています。WLTCモードではカタログ燃費と実燃費のあいだに1~1.5割程度の差があるのが一般的であることを考えると、ガソリン2WD車以外は平均の範囲を超える差が生じていることがわかります。

Q3:RAV4のカタログ燃費をライバル車と比較すると?

A:RAV4の燃費は、ライバル車であるホンダ「CR-V」や日産「エクストレイル」を上回ります。

Q4:RAV4の走行性能は?

A:RAV4では世界初となるダイナミックトルクベクタリングAWDを採用し、SUVに期待される走破性・操縦安定性を実現しています。またハイブリッド車には新型のE-Fourを採用し、旋回時の操縦安定性や安心感を向上させているのもポイントです。

※記事の内容は2021年2月時点の情報で執筆しています。

トヨタRAV4の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタRAV4の記事

カーリースお役立ち記事

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr