ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ヴォクシーは低燃費?カタログ燃費や実燃費を徹底調査!(2022年~現行モデル)

ヴォクシーは低燃費?カタログ燃費や実燃費を徹底調査!(2022年1月~)
ヴォクシーは低燃費?カタログ燃費や実燃費を徹底調査!(2022年1月~)

出典:トヨタ「ヴォクシー」ギャラリー

車を維持するためには税金や車検費用のほかにも、オイル交換などのメンテナンスに必要な費用や燃料費、駐車場代などが必要です。燃料費は車の使い方によって差が出る部分ではありますが、長い目で見ると維持費の多くの割合を占めるため、車選びの際にはよく確認しておくべきといえます。

ここでは、トヨタのミニバン「ヴォクシー」の燃費性能について詳しくご紹介します。

  • ヴォクシーのWLTCモードカタログ燃費・実燃費はこちら
     駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
    ガソリン車2WD15.013.7
    4WD14.3---
    ハイブリッド車2WD23.015.4
    E-Four22.0---
  • ヴォクシーはライバル車であるホンダ「ステップワゴン」や日産「セレナ」より低燃費である
  • TNGAに基づいたプラットフォームを採用し、操縦安定性や上質な乗り心地を実現

ヴォクシーの燃費性能の特徴

2022年1月に登場した4代目となる現行型のヴォクシーは、すべての電動モジュールを刷新し、モーターとバッテリーの高出力化、システムの高効率化を実現した新世代の1.8Lハイブリッドシステムを採用し、クラストップレベル(2022年1月時点、トヨタ調べ)の低燃費を実現しています。

またガソリン車には、2.0Lダイナミックフォースエンジンと「Direct Shift-CVT」と呼ばれるトランスミッションを組み合わせ、高いレベルでの低燃費と爽快な走りを両立しました。

ヴォクシーのカタログ燃費

ヴォクシーのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

 駆動方式カタログ燃費(km/L)
ガソリン車2WD15.0
4WD14.3
ハイブリッド車2WD23.0
E-Four22.0

 

ヴォクシーの実燃費

ヴォクシーに乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e燃費」によると、ヴォクシーの実燃費(2022年6月10日時点)は、以下のとおりです。

 駆動方式実燃費(km/L)
ガソリン車2WD13.7
4WD---
ハイブリッド車2WD15.4
E-Four---

 

カタログ燃費は一定の決められた条件下で計測されますが、実燃費は走行環境や運転の仕方、乗員の重量など多くの要因に左右されるため、カタログ燃費よりは悪化するのが一般的であり、ヴォクシーにおいてもガソリン車、ハイブリッド車両方でカタログ燃費と実燃費のあいだに差が出ています。現段階では、特にハイブリッド車で大きな差が見受けられます。

ヴォクシーとライバル車のカタログ燃費を比較

ヴォクシーのライバル車としては、ホンダ「ステップワゴン」日産「セレナ」などが挙げられます。ここではこの2車種と、ヴォクシーのカタログ燃費を比較してみましょう。

ホンダ「ステップワゴン」

ホンダ「ステップワゴン」出典:ホンダ「ステップワゴン」走行性能

2022年5月にフルモデルチェンジしたホンダ「ステップワゴン」は、室内空間のゆとりや快適さに磨きをかけるとともに、水平基調のデザインの採用によって乗員の視野を安定させ、乗り物酔いがしにくくなるように配慮されています。

ステップワゴンのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)
AIR2WD13.9
4WD13.3
SPADA2WD13.7
4WD13.1
PREMIUM LINE2WD13.2
4WD13.1
e:HEV AIR(ハイブリッド)2WD20.0
e:HEV SPADA(ハイブリッド)2WD19.6
e:HEV PREMIUM LINE
(ハイブリッド)
2WD19.5

 

ヴォクシーとステップワゴンのガソリン車とハイブリッド車同士を比較すると、ヴォクシーがより低燃費を実現していることがわかります。

日産「セレナ」

日産「セレナ」出典:日産「セレナ」走行・安全

日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」による優れた環境性能や滑らかな走り、前方だけでなく側方や後方もカバーする全方位運転支援システム「360°セーフティアシスト」の採用などが高い評価を受けている日産「セレナ」

セレナのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)
X2WD13.2
4WD11.8
XV2WD13.2
4WD11.8
ハイウェイスターV2WD13.2
4WD11.8
e-POWER XV
(ハイブリッド)
2WD18.0
e-POWER ハイウェイスターV
(ハイブリッド)
2WD18.0
e-POWER ハイウェイスターG
(ハイブリッド)
2WD17.2

 

ヴォクシーとセレナの比較においても、ヴォクシーの燃費に軍配が上がる結果となりました。

ヴォクシーの走行性能・乗り心地

ヴォクシーの走行性能・乗り心地出典:トヨタ「ヴォクシー」ギャラリー

現行ヴォクシーではTNGA(Toyota New Global Architecture)の考え方に基づいたプラットフォームを採用し、軽量かつ高剛性のボディとすることで上質な乗り心地と操縦安定性を両立させました。

また、高剛性のボディに合わせサスペンションジオメトリーを最適化し、ショックや振動の少ないフラットかつドライバーの意のままの走りを追求しています。

モータージャーナリスト・岡崎五朗さんの試乗記でヴォクシーの走行性能を詳しくチェック!

安心して使用できる低燃費を実現したヴォクシー

ヴォクシーはハイブリッド車だけではなく、ガソリン車も高いレベルの低燃費を実現しています。日常生活から週末のレジャーまで、燃料費を気にすることなくカーライフを楽しめる1台といえるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:ヴォクシーのカタログ燃費はどのくらい?

A:ヴォクシーは1.8Lハイブリッドシステム搭載モデルと、2.0Lダイナミックフォースエンジンを搭載するモデルがあります。ヴォクシーのWLTCモードカタログ燃費は、ハイブリッド車2WDが23.0km/L、E-Fourが22.0km/L、ガソリン2WD車が15.0km/L、4WD車が14.3km/Lを実現しています。

Q2:ヴォクシーとライバル車のカタログ燃費を比較すると?

A:ヴォクシーのライバル車であるホンダ「ステップワゴン」や日産「セレナ」と比較すると、ハイブリッド車、ガソリン車ともにヴォクシーがより低燃費を実現しています。

Q3:ヴォクシーの走行性能や乗り心地は?

A:現行型のヴォクシーではTNGAに基づいたプラットフォームを採用し、軽量かつ高剛性のボディとすることで安定した走行性能や上質な乗り心地を実現しています。

※この記事は2022年6月時点の情報で制作しています

トヨタヴォクシーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタヴォクシーの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る