ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「スズキジムニー」個性と魅力に満ちあふれる軽自動車唯一のオフロード四駆

「スズキジムニー」個性と魅力に満ちあふれる軽自動車唯一のオフロード四駆

多彩なモデルが存在する軽自動車のなかでもひときわ個性が光るのがスズキジムニーです。SUVというよりもオフローダーと呼ぶべき本格的な悪路走行性能を備え、多くのファンを抱える車です。今回は2018年に発売され、いまだに長いバックオーダーを抱えるスズキジムニーを徹底レビューしましょう。

いまだに納車まで1年待ち

道なき道をも走破できる本格オフローダーとして、コアなファンが多い軽自動車のスズキジムニー。2018年7月より販売された4代目となる現行モデルは、従来のジムニーファンだけでなく、直線的で無骨なデザインが新しいファンを獲得しました。

その結果、発売開始から約1年半が経過した現在でも納車時期が1年という長期にわたるほどの人気モデルとなっています。スズキも生産ラインを増強していますが、軽自動車の中でジムニーしか使用していないパーツが多いこともあり、納車時期がなかなか短縮されません。今回は販売ランキングには現れない隠れたヒットモデル、スズキジムニーを徹底レビューしてみましょう。

メルマガ登録

SUVではなくオフローダー

SUVではなくオフローダー

ジムニーは最近流行りのSUVではなく、よりスパルタンなオフロード四駆です。4代目となる現行型ジムニーも歴代ジムニーのDNAを受け継ぎ、エンジンを縦置きしたFR(後輪駆動)のレイアウト、そして悪路走破性を高めるラダーフレーム構造とパートタイム4WDを採用しています。

ラダーフレームは新開発されたX状のメンバーとクロスメンバーを追加し、ねじり剛性を従来型の約1.5倍に向上。さらに車体とラダーフレームをつなぐボディマウントゴムを新開発し、乗り心地を改善すると同時に優れた操縦安定性を実現しているのが特徴です。

先祖返りしてワイルドさを取り戻した外観

先祖返りしてワイルドさを取り戻した外観1

先祖返りしてワイルドさを取り戻した外観2

外観はややラグジュアリー志向だった先代から、2代目のスパルタンなスタイルに先祖返りしました。直線基調を取り戻した全体の印象に加えて、無骨なバンパー周り、ドア上の雨樋の処理などのディテールもワイルドなジムニーのイメージをうまく演出しています。

道具感にあふれるインテリアは大人2名であれば趣味に使える

道具感にあふれるインテリアは大人2名であれば趣味に使える1

道具感にあふれるインテリアは大人2名であれば趣味に使える2

道具感にあふれるインテリアは大人2名であれば趣味に使える3

道具感にあふれるインテリアは大人2名であれば趣味に使える4

道具感にあふれるインテリアは大人2名であれば趣味に使える5

インテリアも同様に道具感を前面に押し出したデザインとなり、アウトドア派の期待に応えるものとなっています。決して広いとは言えない室内ですが、フロントシートにはたっぷりサイズのものが用意され、リアシートを畳めば趣味の道具たちを収容するスペースもある程度確保されます。

タフなエンジンと足回りはジムニー専用

タフなエンジンと足回りはジムニー専用1

ジムニーに搭載されるエンジンは専用チューニングが施された最高出力64ps、最大トルク96Nmを発生する660cc直列3気筒ターボ。燃費性能はWLTCモードで13.2〜16.2km/Lを確保しています。組み合わされるトランスミッションは5速MTと4速AT、エンジンやトランスミッションはほぼジムニー専用です。

タフなエンジンと足回りはジムニー専用2

ジムニーの駆動方式は悪路走破性に優れる機械式副変速機付きパートタイム4WDを採用しています。路面状況に応じて、手動で2WDと4WDを切り替えて走行します。4WDは高速用の4H、低速用の4Lに切り替え可能で、特に4Lは通常の約2倍の駆動力を発揮し、急な坂道や悪路走破性を高めています。

さらに現行型ジムニーは電子制御のブレーキLSDトラクションコントロールを全車に標準装備。4Lモード走行時にエンジントルクを落とすことなく、空転した車輪にだけブレーキをかけることで、もう一方の車輪に駆動力を確保、高い脱出性能を実現しています。

ジムニーといえども先進安全装備は欠かせない

ジムニーといえども先進安全装備は欠かせない

本格オフローダーのジムニーでもいまや安全機能は必須、スズキの予防安全技術「スズキセーフティサポート」を採用しています。

単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能、さらに標識認識機能を採用し、ドライバーをサポートしてくれます。

3種類のグレード、エントリーグレード以外は12色から選べる

3種類のグレード、エントリーグレード以外は12色から選べる1

ジムニーはエンジン・駆動方式は1種類ですが、グレードは上からXC、XL、XGの3グレードが設定され、それぞれ5速MTと4速ATが用意されています。

装備面での違いはエントリーグレードのXGがマニュアルエアコンであるのに対して、XL以上はオートエアコンとなります。ヘッドライトはXCのみがLEDヘッドライトとなり、XL以下はハロゲンヘッドランプ。

3種類のグレード、エントリーグレード以外は12色から選べる2

装着されるホイールはXCのみがアルミホイールで、そのほかはスチールホイール。XL以上には電動格納式リモコンドアミラー、携帯リモコンキーが、最上級グレードのXCはクルーズコントロールや本革巻きステアリングホイールも装備されます。

さらにグレードによって選択できるボディカラーの数にも違いがあり、エントリーグレードのXGは4色しか選べませんが、そのほかのグレードは2トーンカラーを含めて、12色から選ぶことが可能です。

ジムニーの車両本体価格XG 5MT車の148万5000円〜XC 4AT車の187万5500円となっています。ボディカラーの選択肢の多さや快適装備の充実度を考えると最上級グレードのXCがオススメです。オシャレ系ならばシフォンアイボリーメタリック。ツール系で選ぶならば、ジャングルグリーンがオススメです。

ただし、自分の欲しい仕様を手に入れるにはしばらく時間が掛かることは覚悟してください。しかし、ジムニーを手に入れた瞬間から皆さんの人生がより豊かになるのは間違いないでしょう。だからこそ、待つ価値があるモデルなのです。

長く愛される理由がある

長く愛される理由がある

高い悪路走破性をもつジムニーの乗り味はそれなりにハードです。街乗りではキビキビ動きませんし、乗り心地はお世辞にも良いとは言えません。快適さを求める人はクロスオーバーSUVのハスラーを選んだほうが後悔しないと思います。

ジムニーが本領を発揮するシーンは街乗りではなく、オフロードです。実際に急坂やオフロードを走行しましたが、こんなところ登れるの?という場所でもジムニーはグイグイと力強く登ってしまいます。

ジムニーは悪路走破性を求める「プロ」にとって替えのきかないアイテムなのです。街乗りの乗り味も最初は驚くかもしれませんが、馴れてくるとその剛性感の高さに魅了されることは間違いないでしょう。それこそジムニーが長く愛され続ける理由なのです。

■ジムニー価格表

グレード駆動方式WTLCモード燃費(km/L)車両本体価格
XG 5MTパートタイム4WD16.21,485,000円
XG 4AT13.21,584,000円
XL 5MT16.21,611,150円
XL 4AT13.21,710,500円
XC 5MT16.21,776,500円
XC 4AT13.21,875,500円

 

メルマガ登録

※記事の内容は2020年2月時点の情報で制作しています。

スズキジムニーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキジムニーの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード