ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

【ライバル試乗対決】「ホンダステップワゴン vs トヨタノア/ヴォクシー」最新ミドルサイズミニバンはどちらが買いなのか!(萩原文博レポート)

【ライバル試乗対決】「ホンダステップワゴン vs トヨタノア/ヴォクシー」最新ミドルサイズミニバンはどちらが買いなのか!(萩原文博レポート)
【ライバル試乗対決】「ホンダステップワゴン vs トヨタノア/ヴォクシー」最新ミドルサイズミニバンはどちらが買いなのか!(萩原文博レポート)

2022年はファミリーカーの定番となっている売れ筋ミニバンである、トヨタノア/ヴォクシー、ホンダステップワゴンが続けてフルモデルチェンジを実施しました。2022年5月に販売開始した新型ホンダステップワゴンは発売から約1ヵ月時点での累計販売台数が2万7,000台を超えて、月間販売台数5,000台の5倍以上となる好調な立ち上がりとなっています。一方のトヨタノア/ヴォクシーは、半導体不足などにより、デリバリーは遅れ気味ですが、受注は順調。すでに納車まで1年待ちともいわれています。そんな新型ステップワゴンとノア/ヴォクシーはどちらが買いなのか?萩原文博さんが比較試乗して結論を下します。

革新のノア/ヴォクシー、深化したステップワゴン

ノア/ヴォクシーとステップワゴンは共にフルモデルチェンジをしていますが、内容は異なっています。ノア/ヴォクシーはクルマの骨格をはじめ搭載するパワートレインを一新しているのに対して、ステップワゴンは、先代のキャリーオーバーが多くなっています。一言でいうとノア/ヴォクシーが革新で、ステップワゴンは深化といえるでしょう。それでは、まずノア/ヴォクシーから解説します。

プラットフォームから刷新したノア/ヴォクシー

プラットフォームから刷新したノア/ヴォクシー

4代目となる現行型ノア/ヴォクシーは、みんなでやりたいことを詰め込んで出かけたくなる「より快適に」「より便利に」「より安心な」ミニバンとして誕生。クルマの骨格となるプラットフォームには、トヨタのクルマ構造改革であるTNGAプラットフォーム(GA-C)を採用しています。

このプラットフォームの採用によってボディサイズは全長4,695mm×全幅1,730mm×全高1,895mm(4WD車は1,925mm)と全車3ナンバーサイズとなっています。グレード構成もノアは従来どおり、標準車とエアロモデルの2種類設定していますが、ヴォクシーはエアロモデルのみとなっています。車両本体価格は、ノアは267~389万円。ヴォクシーは309~396万円と差別化を図っているのが特徴です。

全体的に押し出しが強くなったノア/ヴォクシーの外観

プラットフォームから刷新したノア/ヴォクシー

外観デザインはノアの標準車は外板色であしらった面勝ちのグリルや切れのあるランプグラフィックで堂々かつモダンなスタイル、エアロモデルはメッキグリルによって華やかかつ強い押し出し感を演出したフロントとワイド&ロースタンスのリアで王道のエアロスタイルらしいアグレッシブさを表現しています。

ヴォクシーは、薄型アッパー部と分厚くスクエアなロア部の組み合わせによってコントラストの強い立体構成と個性的なグラフィックを実現しています。怪しく光る特徴的なフロント/リアランプによって夜でもその存在感を強調しています。

インテリアは、水平基調で低くワイドに構えたインストルメントパネル、ドアトリムに加え、アシストグリップやエアコン吹き出し口など機能的に配列したルーフ周りによって、見晴らしの良い開放的空間を実現しています。

ノア/ヴォクシーはハイブリッドシステムも新世代に

ノア/ヴォクシーはハイブリッドシステムも新世代に

搭載するパワートレインは2種類。最高出力170ps、最大トルク202Nmを発生する高い熱効率を実現した2L直列4気筒ダイナミックフォースエンジン+CVT。このCVTはマニュアル感覚のシフトチェンジが楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックを設定しています。

もうひとつの1.8Lエンジン+モーターのハイブリッドシステムは、すべての電動モジュールを刷新。モーター・バッテリーの高出力化とシステムの高効率化した新世代のハイブリッドシステムとなっています。駆動方式はガソリン車に加えてハイブリッド車にも待望の4WDを設定。燃費性能は、ガソリン車が14.3~15.1km/L。ハイブリッド車は22.0~23.4km/Lとクラストップレベルです。

弱点だったノア/ヴォクシーの運転支援システムは一気に強化

弱点だったノア/ヴォクシーの運転支援システムは一気に強化

先代モデルでは、物足りなかった運転支援システムは一気に強化され、機能向上した最新の予防安全パッケージ「「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」を全車に標準装備しています。トヨタ車初搭載となる、「プロアクティブドライビングアシスト」をはじめ、高度運転支援技術「トヨタチームメイト」では、「アドバンストドライブ(渋滞時支援)」を採用。さらに、安心・便利なコネクティッドサービス、T-Connectオプションサービスも提供されます。

ノア/ヴォクシーの7人乗りの2列目にはキャプテンシート、バックドアにも工夫が

ノア/ヴォクシーの7人乗りの2列目にはキャプテンシート、バックドアにも工夫が

ノア/ヴォクシーの7人乗りの2列目にはキャプテンシート、バックドアにも工夫が

ノア/ヴォクシーの7人乗りの2列目にはキャプテンシート、バックドアにも工夫が

基本性能も充実していて、7人乗り仕様車のセカンドシートには、キャプテンシートを採用。クラス初となるオットマン機構とシートヒーターに加え、折りたたみ式大型サイドテーブルなどを装備しました。8人乗り仕様車のセカンドシートには、3人掛けベンチシートタイプの6:4分割チップアップシートを採用しています。パワースライドドア装着車に「ユニバーサルステップ」(助手席側)を設定。パワースライドドア開閉と合わせて“からくり”を使って機械的にドア下部からステップを展開・格納。ステップ高を200mmと低くすることで、子供から高齢者まで家族みんなに優しい乗降性を提供しています。

ノア/ヴォクシーの7人乗りの2列目にはキャプテンシート、バックドアにも工夫が

バックドアには開閉時、任意の角度で保持できる「フリーストップバックドア」を世界初採用。バックドアを押すことで、“からくり”を使って任意の角度で停止可能とし使い勝手を向上しています。

先代モデルでも圧倒的な販売台数を誇ったノア/ヴォクシーですが、先代モデルでは運転支援機能に物足りなさがありました。この点が大幅に改善され隙のないクルマに仕上がっています。

こちらも全車3ナンバー化、ホンダミニバンの最上級モデルとなったステップワゴン

こちらも全車3ナンバー化、ホンダミニバンの最上級モデルとなったステップワゴン

一方のステップワゴンは、オデッセイが廃止され、ホンダのミニバンラインアップで最上級モデルとなっています。それに伴い、国内で販売するホンダ車の中で史上最大の室内空間と、どの席でも快適に過ごせるリビングのような居住性を目指しています。

ステップワゴンのボディサイズは全長4,800mm(一部4,830mm)×全幅1,750mm×全高1,840~1,855mmと、こちらも全車3ナンバーサイズとなりました。グレード体系が大きく変わり、標準車に変わって設定されたAIR(エアー)、エアロモデルのスパーダ。そして、スパーダをベースに上質感をプラスしたスパーダプレミアムラインの3種類。車両本体価格は299万8,600円~384万6,700円となっています。

ボディの骨格は2,890mmのロングホイールベース化に合わせて、前後のトレッド幅を拡大することで、大きな車体でも直進・旋回時の高い安定性を実現しています。さらに、リアを中心に遮音材や吸音材を追加するとともに、フロアを高剛性化することで、1 列目から 3 列目までの全席において静粛性や乗り心地の良さを高めています。

ステップワゴンの内外装デザインはクリーンさが際立つ

ステップワゴンの内外装デザインはクリーンさが際立つ

外観デザインは、エアーはクリーンでシンプルなデザインに細めのメッキモールを施して上質感を表現。スパーダはワイドかつ重厚なフロントグリルとボディ下端全周に配置したメッキのモールによって、力強さを表現しています。そして、スパーダプレミアムラインは、スパーダをベースにプラチナ調クロームメッキ加飾を施すことで、質感を高めています。

インテリアは、水平基調なデザインによって乗る人の視野を安定させることで乗り物酔いを起こしにくくしています。エアーは、温かみのあるカラーを用いた明るい室内でリビングのような安心感。スパーダはスタイリッシュな印象を与えるダークトーンのカラーで上質な室内空間に仕上げています。スパーダプレミアムラインはスエード調表皮&プライムスムースのコンビシートなどを採用して質感をさらに高めました。

ステップワゴンのハイブリッドには4WDの設定がない

ステップワゴンのハイブリッドには4WDの設定がない

搭載するパワートレインは、最高出力150ps、最大トルク203Nmを発生する1.5L直列4気筒ターボ+CVT。そして2Lエンジンと駆動・発電を行う2つのモーターを組み合わせたe:HEVと呼ばれるハイブリッドシステムの2種類。駆動方式は2WD(FF)を中心に、1.5Lターボ車のみ4WDを設定しています。燃費性能は、1.5Lターボ車は13.1~13.9km/L。e:HEVは19.5~20.0km/Lとなっています。

運転支援システムがさらに充実したステップワゴン

運転支援システムがさらに充実したステップワゴン

運転支援システムは全モデルに最新の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全車に標準装備しています。アダプティブクルーズコントロール(ACC)は、全タイプで渋滞追従機能付きに深化したのをはじめ、後方誤発進抑制機能、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、そして渋滞運転支援機能であるトラフィックジャムアシストを追加しています。また、新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「Honda CONNECT」を通じて、より安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム」 を提供しています。

ステップワゴンのスライドドアとバックドアも工夫あり!

ステップワゴンのスライドドアとバックドアも工夫あり!

ステップワゴンのスライドドアとバックドアも工夫あり!

ステップワゴンのスライドドアとバックドアも工夫あり!

ステップワゴンのスライドドアとバックドアも工夫あり!

基本性能ではパワースライドドアは、従来のハンドル操作に加え、軽く指先を触れるだけで開閉ができる静電タッチセンサー式を世界初採用。また、パワーテールゲートは、開く角度を任意に設定可能なメモリー機能を追加し、狭いところでも使い勝手を向上させています。そして、大気中の PM2.5 などの微小粒子物質を検知し、空調制御とフィルターの組み合わせで空気を浄化する空調システム「Clean Air(クリーン エアー)」を全タイプに標準装備し、乗る人全てにクリーンな車内空調を提供します。

ノア/ヴォクシーの走りは大幅に進化したが、それでもまだステップワゴンが優位

ノア/ヴォクシーの走りは大幅に進化したが、それでもまだステップワゴンが優位

今回、ノア2.0S-G8人乗りとステップワゴンスパーダe:HEVの2台に試乗することができました。先代モデルより大幅な進化を遂げているのはノアです。運転支援機能も一気に進化しましたが、クルマの骨格にあたるプラットフォームを一新したことで乗り心地が向上しただけでなく、クルマの安定性が高まっています。元々ステップワゴンは走行性能の高さに定評がありますが、ノアはそのステップワゴンにかなり肉薄しています。

しかし、大きなボディにもかかわらずステップワゴンはねじり剛性が高く、ハンドルを切ってからのボディの動きの遅れがないのが特徴です。この点ではまだステップワゴンがリードしています。ただし同じハイブリッド同士でも燃費性能ではノアが圧倒的にリードしています。

装備の充実度はノアが上回るが、3列目シートの収納はステップワゴンが良い

先代モデルではステップワゴンに軍配が上がっていた運転支援システムも、ノアは一気に挽回し、実力は伯仲しています。インテリアでもノアはセカンドシートにオットマン機構を設定するなど、これまでフラッグシップモデルにしか設定されていなかった快適装備も装着しています。全体的にノアの進化ぶりが目立つものの、個人的には3列目シートの収納面での違いに着目しました。ステップワゴンは床下収納式、ノアは跳ね上げ式です。跳ね上げ式は後方の視界をさえぎることになるので、この点はステップワゴンがリードしているといえるでしょう。

甲乙つけがたいが進化幅の大きなノア/ヴォクシーを推したい

甲乙つけがたいが進化幅の大きなノア/ヴォクシー甲乙つけがたいが進化幅の大きなノア/ヴォクシーを推したいを推したい

ノア、ステップワゴンともに非常に良い仕上がりとなっていて甲乙つけがたいですが、先代のネガを徹底的につぶして進化してきたノア/ヴォクシーを推したいところです。ただハイブリッド車は納車まで1年以上といわれています。その点だけは早く改善してもらいたいところです。短時間のドライブでは実力が伯仲している2台ですが、ロングドライブではどうなるのか興味が尽きません。

LINEでクイズキャンペーン 第6弾

※記事の内容は2022年6月時点の情報で制作しています。

トヨタヴォクシーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタヴォクシーの記事
ホンダステップワゴンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダステップワゴンの記事
トヨタヴォクシーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタヴォクシーの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる