ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

アルファードは高い安全性能を備えた高級ミニバン!どんな機能がある?

アルファードは高い安全性能を備えた高級ミニバン!どんな機能がある?

出典:トヨタ「アルファード」ギャラリー

トヨタ「アルファード」は、高級セダンのような上質な乗り心地や快適さを追求した上級ミニバンです。高級モデルらしく充実した快適装備をしていることはもちろんですが、これからの時代の車に欠かせない先進安全技術も多彩なものを採用しています。

ここでは、アルファードの安全性能について詳しくご紹介します。

  • 「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備
  • 「プリクラッシュセーフティ」は夜間の歩行者や昼間の自転車運転者の検知が可能
  • 上級グレードは駐車時にステアリング操作をアシストする機能も搭載

アルファードの安全性能の特徴

現行のアルファードは2015年1月に登場しており、モデルライフはすでに後半に突入しています。高級モデルらしく登場時から先進の安全技術を複数採用していましたが、2018年1月のマイナーチェンジで予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を第2世代へ刷新しました。

比較的早い段階から夜間の歩行者や昼間の自転車運転者の検知に対応するなど、時代に合わせて安全性能をアップデートし、高級ミニバンにふさわしい高い安全性を確保しています。

なお、アルファードは全車が「サポカーSワイド」に該当します。

アルファードに搭載される「Toyota Safety Sense」の内容

ここでは、アルファードに搭載される「Toyota Safety Sense」には、どのような先進安全技術が含まれているのかを見ていきましょう。

プリクラッシュセーフティ

プリクラッシュセーフティ出典:トヨタ「アルファード」特長

ミリ波レーダーと単眼カメラで車両前方の歩行者や車両などを検知し、衝突の危険がある場合は警告、ブレーキアシスト、プリクラッシュブレーキの作動によって衝突の回避や衝突被害軽減をサポートする機能です。

車両に対しては約10km/h以上、歩行者や自転車運転者に対しては約10~80km/hの速度域で作動します。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

システムが先行車を認識し、速度に応じて適切な車間距離を維持しながら加減速をサポートし追従走行します。

アルファードでは全車速に対応しているため、先行車が停車すると自車も停止して停止状態を保持し、再発進時はドライバー操作で発進した後、先行車への追従を再開します。高速走行時はもちろん、ストレスの大きい渋滞時のドライバーの運転負荷を大幅に軽減してくれる運転支援技術です。

レーントレーシングアシスト

レーントレーシングアシスト出典:トヨタ「アルファード」特長

レーントレーシングアシストは、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)作動時に、車線の中央付近を走行するようにステアリング操作を支援します。車線が検知できない状態であっても先行車の走行軌跡を利用して追従することで、車線中央付近の走行を維持します。

また、ふらつきを検知すると休憩を促すことに加え、車線からはみ出す危険がある場合には警告するとともにステアリング操作をアシストします。なお、車線だけではなく縁石やアスファルトの境界の検知も可能です。

ロードサインアシスト

単眼カメラで認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示することで、ドライバーの標識見落としを防止する機能です。アルファードでは最高速度、車両進入禁止、一時停止、はみ出し通行禁止の4種類の標識を認識します。

アダプティブハイビームシステム/オートマチックハイビーム

アダプティブハイビームシステムは、LEDを細やかに制御して先行車や対向車に影響する部分だけを自動的に遮光するシステムで、3眼LEDヘッドランプが搭載されるグレード(「X」「S」を除くグレード)に搭載されます。

「X」「S」には、自動でロービームとハイビームを切り替えるオートマチックハイビームが標準装備です。

なお、「Toyota Safety Sense」の付帯機能として先行車の発進を知らせ、出遅れを防ぐ機能もあります。

そのほかの先進安全技術

アルファードには、「Toyota Safety Sense」のほかにもさまざまな先進安全技術が採用されています。そのうちのおもなものをご紹介します。

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)出典:トヨタ「アルファード」特長

車庫入れなどの際、進行方向に障害物を検知するとエンジンやハイブリッドシステムの出力を抑制。さらに障害物との衝突の可能性が高まった場合にはブレーキ制御を行い、ペダル踏み間違い時の急発進防止をサポートします。

パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)(「Executive Lounge」「Executive Lounge S」に標準装備、そのほかの全車にメーカーオプション)

後退しての出庫時に後方左右からの接近車両を検知し、必要に応じてブレーキ制御を行い衝突被害の軽減に寄与します。

ブラインドスポットモニター(「Executive Lounge」「Executive Lounge S」に標準装備、そのほかの全車にメーカーオプション)

ドアミラーで視認しにくい隣車線後方から接近する車両を検知し、存在をドライバーに知らせます。その状態で接近車両のいる側のウィンカーを作動させると、ドアミラーのLEDインジケーターを点滅させて注意喚起することで車線変更時の安全確認をサポートします。

インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能付き)(「Executive Lounge」「Executive Lounge S」に標準装備、そのほかの全車にメーカーオプション)

システムが駐車位置を検知し、適切な後退開始位置への誘導と後退駐車時のステアリング操作を支援することで駐車を楽にしてくれる駐車サポート機能です。

このほか、「Executive Lounge」「Executive Lounge S」には車両の周囲の安全確認をサポートしてくれる「パノラミックビューモニター」、それ以外のグレードにはディスプレイに後方の視界を表示する「バックガイドモニター」も備わっています。

メルマガ登録

アルファードは全車が「サポカーSワイド」に該当

アルファードは全車が「サポカーSワイド」に該当しているのはもちろん、さらに駐車を支援してくれる機能やロングドライブを楽にしてくれる機能もあり、高い安全性能を有しています。

誰もが安心して運転できるアルファードで、安全かつ快適なカーライフを楽しんでください。

LINEクルマ診断

よくある質問

Q1:アルファードはどの「サポカー」に該当するの?

A:アルファードが全車にトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備していることはもちろん、それ以外にもさまざまな安全技術を採用しており、全車が「サポカー」の中でも最も上位の区分である「サポカーSワイド」に該当します。

Q2:アルファードにはどのような先進安全技術が搭載されているの?

A:夜間の歩行者や昼間の自転車運転者も検知して衝突の回避や衝突時の被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」をはじめ、先行車に追従してドライバーの運転負荷を減らす運転支援機能「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」や車線中央付近の走行を維持するようにステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト」などの多彩な先進安全技術を搭載しています。

Q3:上級グレードの「Executive Lounge」「Executive Lounge S」のみ標準装備の機能は?

A:隣車線後方を走る車を検知して車線変更時の安全確認をサポートする「ブラインドスポットモニター」や、ステアリング操作をアシストして駐車を楽にしてくれる「インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能付き)などがあります。

※この記事は2022年5月時点の情報で制作しています

トヨタアルファードの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタアルファードの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード