高い安全性を誇るアルティスの安全性能について徹底解説

高い安全性を誇るアルティスの安全性能について徹底解説

出典:ダイハツ「アルティス」安全性能

アルティス

衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い時急発進抑制装置などの先進安全技術は、今の車には欠かせない装備のひとつといえます。しかし先進安全技術は車種によって充実度に大きな差があるため、車選びの際にはその車にどんな先進安全技術が搭載されているのかを確認しておくことが重要です。

ここでは、ダイハツ「アルティス」の安全性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔アルティスは先進安全技術を標準装備
✔アルティスには「スマートアシスト」ではなく「Toyota Safety Sense」が搭載されている
✔アルティスは「サポカーSワイド」の認定を受けている

安く手に入れる

アルティスの安全性能の特徴

2017年7月に登場したダイハツのフラッグシップモデルといえる上級セダン「アルティス」は、トヨタ「カムリ」のOEM供給モデルです。そのため、搭載される先進安全技術はダイハツの「スマートアシスト」ではなく、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」であることが大きな特徴といえるでしょう。

アルティスの「Toyota Safety Sense」はミリ波レーダーと単眼カメラを併用する検知システムを採用しています。2021年2月の一部改良では衝突被害軽減ブレーキに夜間の歩行者や昼間の自転車運転者の検知機能を追加するなど、さらに安全性能を向上しているのも特筆すべきポイントでしょう。

アルティスに搭載される「Toyota Safety Sense」に含まれる先進安全技術

ここからは、アルティスの「Toyota Safety Sense」に搭載される先進安全技術について、見ていきましょう。

プリクラッシュセーフティ

プリクラッシュセーフティ出典:ダイハツ「アルティス」安全性能

先進安全技術の要といえるのが衝突被害軽減ブレーキで、「Toyota Safety Sense」では「プリクラッシュセーフティ」と名付けられています。

ミリ波レーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで自車の前方にいる車両や歩行者などを検知し、段階を踏んで自動ブレーキを作動させることによって衝突事故を回避したり、衝突被害の軽減をサポートしたりする機能です。

夜間の歩行者や自転車運転者の検知も可能

アルティスの「プリクラッシュセーフティ」は2017年7月の登場時から搭載されていましたが、2021年2月の一部改良時には車両と昼間の歩行者に加え、夜間の歩行者や昼間の自転車運転者の検知、交差点での右左折時の対歩行者検知機能が追加され、より安全性を向上させています。

車両に対しては自車の速度が約10km/h~、歩行者や自転車運転者に対しては約10~80km/hの速度域で作動します。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)出典:ダイハツ「アルティス」安全性能

システムが先行車を認識し、適切な車間距離を保ちながら追従走行を支援することでドライバーの運転負荷を減らし安全運転に貢献する運転支援機能です。アルティスのレーダークルーズコントロールは全車速追従機能付きのため、停止まで追従し、ドライバー操作による再発進後は追従走行を再開してくれます。停止と発進を頻繁に繰り返す渋滞時のストレスも大幅に軽減してくれるでしょう。

カーブ速度抑制機能

レーダークルーズコントロール作動中、カーブの入り口で速度抑制が必要とシステムが判断した場合には、ステアリングの切り始めで速度を抑制するカーブ速度抑制機能が作動して、安全なコーナリングができるようにサポートします。システムの作動中はカラーヘッドアップディスプレイ、マルチインフォメーションディスプレイでドライバーに作動を知らせます。

レーントレーシングアシスト

レーントレーシングアシスト出典:ダイハツ「アルティス」安全性能

システムが車線を認識して、車線中央付近の走行を維持するようにステアリング操作の一部を支援する機能です。車両が車線からはみ出す危険がある場合には警告を発してドライバーに注意喚起するとともに、ステアリング操作を支援して車線内走行を維持するようにサポートします。

黄線・白線のほか、アスファルトや縁石なども境界として認識可能です。また、渋滞時などで車線が見えない場合も先行車を追従してステアリング操作の支援を行います。

ドライバー異常時対応システム

2020年2月の一部改良時には、ドライバー異常時対応システムが追加されました。これはレーントレーシングアシスト作動時にドライバーの無操作状態が一定時間以上続くと異常と認識し、ハザートランプの点滅やホーンによって周囲に異常を知らせることに加え、自車線内で減速・停車することによって事故の回避や被害軽減を図る機能です。

停車後には、ドアロックも解除されます。

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビーム出典:ダイハツ「アルティス」安全性能

ハイビームとロービームを自動で切り替えることによってドライバーの手間を減らし、安全運転に貢献する機能です。また、ハイビームでの走行頻度が高まることで歩行者の早期発見に貢献するほか、切替え忘れを防ぐメリットもあります。

ロードサインアシスト

走行中に単眼カメラが道路標識を認識し、最適なタイミングでディスプレイに表示することでドライバーの標識見落としを防止し、法規に沿った運転の実施をサポートしてくれる機能です。

このほか、「Toyota Safety Sense」のシステムを利用した付帯機能として、停止中に先行車が約4m以上進んでも自車が発進しない場合に警告を発して出遅れを防止する「先行車発進告知機能」も搭載されています。

「Toyota Safety Sense」以外の先進安全技術

アルティスには、「Toyota Safety Sense」以外にも複数の先進安全技術が標準装備されています。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]出典:ダイハツ「アルティス」安全性能

クリアランスソナーが壁などの静止物を検知し、音と表示でドライバーに静止物との接近を知らせます。進行方向に静止物を検知している場合、発進時にハイブリッドシステムの出力を抑制して飛び出しを防止するようサポートすることに加え、静止物との距離が縮まると自動ブレーキを作動させて、衝突事故の回避や被害軽減に貢献します。

ブラインドスポットモニター

ブラインドスポットモニター出典:ダイハツ「アルティス」安全性能

ドライバーが気付きにくい後側方からの接近車両などを検知し、ドアミラーインジケーターを点灯させてドライバーに接近車両の存在を知らせるシステムです。その状態でドライバーが接近車両のいる側のウィンカーを作動させた場合、ドアミラーインジケーターを点滅させて注意喚起することで、安全な車線変更をアシストします。

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]

「ブラインドスポットモニター」のシステムを利用した機能で、駐車時などに自車の後方左右から接近する車両を検知して、ドアミラーインジケーターの点灯とブザーによってドライバーに注意喚起します。衝突の危険がある場合はブレーキ制御も入る優れものです。

パノラミックビューモニター

車両を真上から見下ろしたような映像など、さまざまなアングルからの車両の映像をディスプレイオーディオに映し出して、周囲の安全確認をサポートする機能です。駐車場や交差点、見通しの悪い狭い路地から広い場所に出る際など、さまざまなシーンで役立つでしょう。

アルティス_リース

カーリースならより充実した安全性能を搭載できる

アルティスに新車で乗るには、車両本体価格のほか、各種税金や自賠責保険料、手数料などの登録諸費用が必要です。これらは本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンに含められないケースでは現金で支払わなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、オプションの安全性能をあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、充実した安全性能を装備することが可能になります。

カーリースで安全性能のフル装備も可能になるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで新車に乗り始めることができます。

一本化用月々支払

リース料は、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、車両本体価格が購入するよりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでアルティスに月額45,430円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、アルティスに月額45,430円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な自動車重量税や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくアルティスに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の延長保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額45,430円からアルティスに乗れるため、欲しい安全性能がオプションであっても、予算内で必要なだけ装備することが可能になります。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

多数の先進安全技術を搭載し、「安心・安全」なカーライフを実現するアルティス

アルティスは最新鋭の先進安全技術を多数採用し、経済産業省や国土交通省が普及を推進する先進安全技術を搭載した車「セーフティ・サポートカー(通称サポカー)」の中でも最上級の分類で、誰もが安心して車を運転できるひとつの目安といえる「サポカーSワイド」の認定を受けています。

先進安全技術は心強い存在ですが、衝突被害軽減ブレーキなどが作動するような状態を生み出さないよう安全運転を心がけて、楽しいカーライフを送りましょう。

よくある質問

Q1:アルティスには先進安全技術は標準装備されているの?

A:はい、アルティスには先進安全技術が標準装備されています。アルティスはダイハツのフラッグシップモデルですが、トヨタ「カムリ」のOEM車両のため、ダイハツの予防安全技術「スマートアシスト」ではなく、トヨタの「Toyota Safety Sense」が採用されています。

Q2:アルティスに搭載される先進安全技術にはどんなものがあるの?

A:車両と昼夜の歩行者に加え、昼間の自転車運転者の検知が可能な「プリクラッシュセーフティ」、適切な車間距離を維持しながら先行車に追従走行することでドライバーの負担を減らす「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」、車線中央付近の走行を維持するようにサポートする「レーントレーシングアシスト」など、多数の先進安全技術が搭載されています。

Q3:2021年2月の一部改良で追加された「ドライバー異常時対応システム」ってどんなもの?

A:レーントレーシングアシストの作動中、一定時間ドライバーの操作がないとシステムが判断した場合にハザードやホーンで周囲に異常を知らせ、自車線内で減速・停止して事故の回避や被害軽減を図る機能です。

Q4:アルティスはどの「サポカー」に該当するの?

A:アルティスは「サポカー」の中でも最も上位の分類である「サポカーSワイド」の認定を受けています。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で執筆しています。

ダイハツアルティスの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のダイハツアルティスの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー