ブーンの安全性能を解説!グレードによって差はあるの?

ブーンの安全性能を徹底解説!

出典:ダイハツ「ブーン」安全性能

政府が衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置などの先進安全技術を搭載した車の普及を推進していることもあり、近年の新型車には何らかの先進安全技術が搭載されている時代になってきています。しかし、先進安全技術の充実度はメーカーや車種によって大きく異なるのが現状です。

そのため車選びの際には安全性能に関してしっかりと確認しておくことが大切だといえるでしょう。ここでは、ダイハツ「ブーン」の安全性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を全車に標準装備
✔オプションで「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」の追加も可能
✔ブーンは全車が「サポカーSワイド」の認定を受けている

ブーンの安全性能の特徴

ブーンは、ダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を採用しています。ブーンに搭載される「スマートアシストIII」は、ソナーセンサーとステレオカメラで先行車や歩行者を認識し、必要に応じて車を制御するシステムです。

こうした予防安全パッケージはグレードによって含まれる機能の数やレベルに差がつけられているケースも少なくありませんが、ブーンではエントリーグレードにあたる「X“SA III“」を含む全グレードに同じ内容の「スマートアシストIII」が搭載されており、全車が「サポカー」の中でも最上級の区分である「サポカーSワイド」に認定されています。

また、「スマートアシストIII」以外にも駐車時などの取り回しをサポートする「コーナーセンサー」を標準装備しているのも注目すべきポイントといえるでしょう。

ブーンの「スマートアシストIII」の内容

ここからは、ブーンに搭載される「スマートアシストIII」にはどのような機能が含まれているのかを見ていきましょう。

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者 )

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者 )出典:ダイハツ「ブーン」安全性能

システムが先行車や歩行者を検知し、衝突の危険があると判断するとまず警告を発してドライバーに注意喚起します。この衝突警報機能は自車の速度が対車両で約4~100km/h、対歩行者の場合は約4~50km/hで走行時に作動します。

衝突警報を発した状態でさらに衝突の危険が高まった場合、自動的に弱いブレーキ(事前ブレーキ)を作動させます。事前ブレーキの作動条件は対車両で自車の速度が4~80km/h、対歩行者で約4~50km/hで走行時です。

事前ブレーキが作動している状態でドライバーがブレーキ操作を行うと、システムがブレーキアシストを行い、制動力を高めます。それでも衝突を避けられないとシステムが判断すると、強力な緊急ブレーキを作動させて衝突の回避・被害軽減を図ります。緊急ブレーキの作動条件は事前ブレーキと同じです。

車両と歩行者を検知しますが、夜間歩行者の検知機能はありません。

誤発進抑制制御機能(前方・後方)

誤発進抑制制御機能(前方・後方)出典:ダイハツ「ブーン」安全性能

約10km/h以下での徐行時、進行方向の障害物を検知している状態でアクセルペダルを必要以上の力で踏み込んだ場合、エンジン出力を自動で制御してシフト操作ミスやペダルの踏み間違いによる急発進・急加速を防ぐ機能です。

前方約4m、後方約2~3m以内の障害物を検知します。

車線逸脱警報機能

車線逸脱警報機能出典:ダイハツ「ブーン」安全性能

約60km/h以上で走行中に、ステレオカメラが左右の車線を検知します。車両がウィンカー操作なしに車線をはみ出しそうになると、音と表示でドライバーに知らせて、逸脱回避を促す機能です。

オートハイビーム

オートハイビーム出典:ダイハツ「ブーン」安全性能

夜間走行時には基本的に視認性の高いハイビームを使用して歩行者の早期発見に努めるようにする必要がありますが、対向車や先行車がいる場合には相手のドライバーの目をくらませてしまう可能性があるため、その度にロービームに切り替えなければなりません。

オートハイビームは、対向車のヘッドランプなどの前方の明るさをシステムが認識し、自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。切替え忘れを防ぐとともに切替えの手間をなくし、安全運転に貢献します。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能出典:ダイハツ「ブーン」安全性能

信号待ちなどでブレーキペダルを踏んで停止している際、先行車が約3m以上進んでも自車が発進しない場合にブザー音とメーター表示でドライバーに知らせ、出遅れを防ぎます。前方約10m以内の車の検知が可能です。

このほか、「スマートアシストIII」には含まれませんが付帯する機能としてコーナーセンサーがあります。コーナーセンサーはフロントとリアに設置され、車両と障害物までの距離を検知して距離に応じて異なる警報音を発してドライバーに障害物との距離を知らせ、駐車時などの車の取り回しをサポートします。

安全確認をアシストする「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」(全車にメーカーオプション )

安全確認をアシストする「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」(全車にメーカーオプション )出典:ダイハツ「ブーン」安全性能

ブーンには、さらに安全性を高めるためのオプションも用意されています。

フロントカメラ・サイドカメラ・バックカメラとオーディオ操作用ステアリングスイッチがパッケージになった「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」は、4つのカメラから取り込んだ画像を合成して車両を真上から見ているような画像を対応ナビに映し出します。

そのほかにもフロントワイドビュー、リアワイドビュー、トップ&フロント/リアビュー、レフトサイド&リアビュー、レフト&ライトサイドビューなどのさまざまな映像を提供してドライバーから見えにくい位置の安全確認をサポートする機能です。

縦列駐車や車庫入れ、幅寄せや見通しの悪い狭い路地から広い道に出る際など、さまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。

メルマガ登録

安全な車を手に入れてカーライフを楽しもう

車の安全はカーライフの基本ともいえるものです。万一の事故の危険性を減らしてくれる車の安全性能にはこだわって車を選びましょう。ブーンでは衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を全車に標準装備しており、安心してカーライフを楽しめる安全性能を確保しています。

家族みんなが安心してドライブを楽しめる車を手に入れて、満足のいくカーライフを送りましょう!

よくある質問

Q1:ブーンには先進安全技術は全車標準装備されているの?

A:はい、ブーンは全車にダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備しています。

Q2:ブーンに搭載される先進安全技術にはどんなものがあるの?

A:車両と歩行者を検知して衝突の危険があると注意喚起したり緊急ブレーキを作動させたりする「衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能」、ペダル踏み間違い時などの飛び出し防止をサポートする「誤発進抑制制御機能(前方・後方)」、車線逸脱を警告する「車線逸脱警報機能」やハイビームとロービームを自動で切り替える「オートハイビーム」などがあります。

Q3:ブーンには、より安全性を高めるオプションの設定はある?

A:はい、あります。対応ナビゲーションが車両に取り付けた4つのカメラから取り込んだ画像を合成して、車両を真上から見ているような画像などを映し出し、見えにくい部分の安全確認をサポートする「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」が全車にオプション設定されています。

Q4:ブーンはどのサポカーに該当するの?

A:ブーンは全車が「サポカー」の最上級の区分である「サポカーSワイド」の認定を受けています。

※記事の内容は2021年7月時点の情報で執筆しています。

ダイハツブーンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツブーンの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード