ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カムリの安全性能を徹底調査!

カムリの安全性能を徹底調査!
カムリの安全性能を徹底調査!

出典:トヨタ「カムリ」ギャラリー

安全運転をサポートする運転支援技術や予防安全技術は社会的な注目度も高く、今や車選びの重要なポイントといえる部分になっています。ただし、先進安全技術は同じ機能であってもメーカーごとに名称が異なるなどわかりにくい部分もあるので、ひとつずつ確認して必要な機能が搭載されているものを選ぶことが大切です。

ここではトヨタ「カムリ」の安全性能について、わかりやすくご紹介します。

  • 予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備している
  • 「プリクラッシュセーフティ」は交差点での衝突回避や衝突被害軽減に対応した最新タイプを採用
  • カムリは全車が「サポカーSワイド」に該当する安全性を有する

カムリの安全性能の特徴

カムリには、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車標準装備されており、「サポカーSワイド」に該当する安全性能を有しています。カムリの「Toyota Safety Sense」は速度域が高い状況に対応でき、検知できる距離が長いミリ波レーダーと車両や歩行者、車線などを検知する単眼カメラを組み合わせた検知システムを使用し、状況に合わせて車両を制御して安全運転を支援するシステムとなっています。

カムリに搭載される「Toyota Safety Sense」の内容

ここからは、カムリに搭載される「Toyota Safety Sense」にはどのような機能があるのかを見ていきましょう。

プリクラッシュセーフティ

プリクラッシュセーフティ出典:トヨタ「カムリ」特長

ミリ波レーダーと単眼カメラの2つのセンサーで昼夜の前方車両や歩行者、昼間の自転車運転者を検知して、衝突の危険があれば警報ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせます。

その状態でドライバーがブレーキを踏んだ場合はブレーキアシストを作動させ、ブレーキ踏力を強力にアシストし、制動力を高めます。何らかの理由でブレーキが踏めなかった場合にはプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突の回避や被害軽減を図ります。

プリクラッシュブレーキは自車の速度が対車両で約10km/h~、対歩行者・自転車運転者の場合は約10~80km/hの速度域で作動します。検知対象は昼夜の車両と歩行者、昼間の自転車運転者です。

なお、カムリにはさらに交差点での衝突回避・被害軽減をサポートする機能や、低速時に自車の直前に歩行者や自転車運転者、車両がいる状態でアクセルが踏み込まれた場合に加速を抑制する「低速時加速抑制」や、緊急時にドライバーの回避操舵をきっかけに操舵支援を行う「緊急時操舵支援」といった機能も搭載しています。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)出典:トヨタ「カムリ」特長

先行車を認識し、適切な車間距離を維持したまま追従走行を行い、ドライバーの運転負荷を減らし安全運転に貢献する機能です。全車速追従機能付きなので渋滞時などにも対応可能で、先行車が停止すると自車も停止し、先行車が発進した場合はドライバーの操作によって発進した後、追従走行を再開します。

さらに、カーブに差しかかる際にシステムが必要と判断した場合は、速度を抑制し安全にカーブを曲がり切れるようにサポートしてくれる「カーブ速度抑制機能」もあります。

レーントレーシングアシスト

レーントレーシングアシスト出典:トヨタ「カムリ」特長

車線中央付近の走行を維持するように、ステアリング操作の一部を支援する機能です。車線が見えない場合でも先行車を追従してステアリング操作のアシストを行います。

また、車線以外にアスファルトや縁石なども道路境界として認識し、逸脱する危険がある場合にもステアリング操作を支援して回避操作を促します。

なお、レーントレーシングアシストの作動中に無操作状態が継続した場合には音や表示で警告し、それでも操作がなければシステムが異常と判断し、ハザードやホーンで周囲に注意喚起しながら減速・停車し、事故被害低減をサポートする「ドライバー異常時対応システム」も搭載しています。

停車後はドアの解錠、コネクティッドサービスのひとつ「ヘルプネット®」に接続して救命要請を行います。

オートマチックハイビーム

対向車のヘッドランプや周囲の明るさを検知して、自動でハイビームとロービームを切り替えて歩行者の早期発見をサポートする機能です。切り替え忘れや手動切り替えの手間をなくすというメリットもあります。

ロードサインアシスト

走行中に道路標識を認識し、標識の内容に適したタイミングでマルチインフォメーションディスプレイに表示することで見落としを防ぎ、安全運転をサポートする機能です。

このほか、「Toyota Safety Sense」に付帯する機能として「先行車発進告知機能」があります。

カムリの「Toyota Safety Sense」以外の安全装備

カムリの「Toyota Safety Sense」以外の安全装備出典:トヨタ「カムリ」ギャラリー

カムリには、「Toyota Safety Sense」以外にどのような安全装備が搭載されているのでしょうか。

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)

車庫入れなどの際に音と表示で静止物の接近をドライバーに知らせます。進行方向に障害物を検知した状態でアクセルペダルを必要以上に踏み込むなど、操作ミスが発生した場合にエンジン出力を抑制して加速を抑制します。

障害物との距離がさらに近くなると、ブレーキを作動させて衝突の回避や被害軽減をサポートします。

ブラインドスポットモニター/パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)(「X」を除くグレードに標準装備)

「ブラインドスポットモニター」は、ドライバーからの死角になりやすい後側方をモニタリングし、車両が死角エリアに入るとドアミラーのインジケーターを点灯させてドライバーに知らせます。その状態でドライバーがウインカーを作動させるとドアミラーインジケーターを点滅させて注意喚起し、安全な車線変更をサポートする機能です。

隣車線最大約60cm後方までモニターし、急接近する車両も検知も可能です。

「パーキングサポートブレーキ((後方接近車両)は、駐車場から後退して出庫する際に、車両後方の左右から接近する車両を検知してドアミラー内のインジケーターの点滅とブザー音でドライバーに注意喚起します。

さらに接近車両と衝突の危険性があれば自動ブレーキを作動させ、衝突の回避や被害軽減をアシストします。

プレミアムセダンにふさわしい安全性を備えたカムリ

現行型のカムリは2017年7月に登場したモデルですが、2021年2月の一部改良時に安全性能を大幅に向上させ、プレミアムセダンにふさわしい最新鋭の先進安全技術を多数採用しています。

走りと快適性、そして安全性能も高いレベルにあり、すべてにおいて上質さを実現した1台といえるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:カムリには先進安全技術は全車標準装備されているの?

A:はい、カムリにはトヨタの予防安全技術「Toyota Safety Sense」が全車標準装備です。

Q2:カムリに搭載される先進安全機能にはどんなものがあるの?

A:交差点での衝突回避や衝突被害軽減にも対応した衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティ」や、先行車に追従走行して運転疲労を低減する全車速追従機能付きの「レーダークルーズコントロール」、車線中央付近の走行を維持するようステアリング操作の一部を支援する「レーントレーシングアシスト」などの最新鋭の先進安全技術が採用されています。

Q3:カムリはどの「サポカー」に該当するの?

A:カムリは全グレードが「サポカー」の中で最上位の区分である「サポカーSワイド」の認定を受けています。

※この記事は2022年10月時点の情報で制作しています

トヨタカムリの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカムリの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

LINEでクイズキャンペーン