ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

キャストの安全性能を徹底解説!スマートアシストIIIは標準装備?

キャストの安全性能を徹底解説!

出典:ダイハツ「キャスト」外観・カラー

燃費性能や走行性能など、車選びの際に重視する部分は人によってさまざまでしょう。しかし、車の安全性能はどんなドライバーであっても決しておろそかにはできません。そのため、車選びの際には安全性能を必ず確認するようにしましょう。

車の安全性能は、近年では被害軽減(自動)ブレーキをはじめとする先進安全技術が中心になりつつありますが、先進安全技術は車種によって充実度に大きな差があるのが現状です。ここではダイハツ「キャスト」の安全性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔全車に「スマートアシストIII」を標準装備
✔特別仕様車「G“VS SA III”」「Gターボ“VS SA III”」には「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」を搭載
✔キャストは全車が「サポカーSワイド」の認定を受けている

キャストの安全性能の特徴

キャストでは、ソナーセンサーとステレオカメラの2種類のセンサーを検知システムに使用したダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を全車に標準装備しています。最も安いエントリーグレードにもこうした先進安全技術パッケージが搭載されているのは評価できる部分です。

「スマートアシストIII」を全車に搭載するキャストは、経済産業省や国土交通省が普及を推進する先進安全技術を搭載した車「サポカー」の中でも、最上級の区分の「サポカーSワイド」に認定されているので、毎日安心して使用できる安全性能を備えたモデルといえるでしょう。

キャストに搭載される先進安全機能

「スマートアシストIII」は、採用している車にはすべて同じ内容の先進安全技術が搭載されているわけではなく、車種によってその内容・充実度は異なります。

ここでは、キャストに搭載される「スマートアシストIII」にはどのような先進安全技術が含まれているのかを見ていきましょう。

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)出典:ダイハツ「キャスト」安全性能

走行中に歩行者や前方の車両を検知し、衝突の危険がある場合にはブザー音やメーター表示で警告を発し、ドライバーに衝突の危険があることを知らせます。

さらに対象物との距離が近くなるなど、衝突の危険が高まったとシステムが判断した場合には弱い事前ブレーキを作動させて減速し、衝突の回避を図ります。事前ブレーキが作動している状態でドライバーがブレーキ操作を行うと、ブレーキ踏力をアシストして制動力をアップ。

それでも衝突は不可避だとシステムが判断した場合、強力な緊急ブレーキを作動させ、衝突の回避・被害軽減をサポートする機能です。

検知対象は車両と昼間の歩行者で、事前ブレーキ・緊急ブレーキは自車の速度が対車両で約4~80km/h、対歩行者で約4~50km/hで走行時に作動します。

誤発進抑制制御機能(前方・後方)

誤発進抑制機能(前方・後方)出典:ダイハツ「キャスト」安全性能

約10km/h以下の徐行時に進行方向に壁などの障害物を検知している状態で、必要以上にアクセルペダルを強く踏み込んだ場合にはエンジン出力を一定時間抑制し、ペダル踏み間違いやシフト操作ミス時の急発進・急加速を防ぐ機能です。

前方は約4m以内、後方は約2~3m以内の障害物の検知が可能です。ウィンカーを作動させている場合やハンドルを切った場合には作動しません。

車線逸脱警報機能

車線逸脱警報出典:ダイハツ「キャスト」安全性能

ステレオカメラで車線を検知し、車両が車線からはみ出しそうになるとブザー音とメーター表示でドライバーに注意喚起し、回避操作を促すことで車線逸脱回避をサポートする機能です。

約60km/h以上で走行中に車線検知を開始します。ウィンカーを作動させている場合はドライバーの意思による車線変更と判断し、車線逸脱警報機能は作動しません。

オートハイビーム

オートハイビーム出典:ダイハツ「キャスト」安全性能

対向車のヘッドランプなどを検知し、必要に応じてハイビームとロービームを自動で切り替える機能です。
ハイビームの使用頻度を増やして夜間の歩行者の早期発見に貢献するほか、手動切替えの手間をなくしてドライバーの安全運転をサポートします。

約25km/h以上で走行中に作動します。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能出典:ダイハツ「キャスト」安全性能

渋滞時や信号待ちなどでブレーキペダルを踏んで停止している状態で、前方10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が発進しない際に、ブザー音やメーター表示でドライバーに先行車の発進を知らせ、出遅れを防止する機能です。

キャストに搭載される「スマートアシストIII」には、以上の先進安全技術が含まれています。

特別仕様車「G“VS SA III”」「Gターボ“VS SA III”」に標準装備される「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」

特別仕様車「G“VS SA III”」「Gターボ“VS SA III”」には、「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」が標準装備になります。

パノラマモニターは車両を真上から見下ろすような映像やさまざまな角度からの映像を表示し、ドライバーの死角になりやすい車両周辺の状況の把握をサポート。車庫入れはもちろん縦列駐車や幅寄せ、見通しの悪い狭い路地など幅広いシーンでドライバーをアシストする優れものです。

パッケージにはフロント・サイド・バックカメラが含まれているので、対応ナビを装着すれば使用できます。狭い路地から出る際や駐車時など、さまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。

なお、「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」は「G“SA III”」「Gターボ“ SA III”」でもオプションで選択できます。

また、上級グレード「プライムコレクション」と、特別仕様車「X“リミテッド SA III”」には、バックカメラを含む「純正ナビ装着用アップグレードパック」が標準装備です。

見えにくい車両後方の画像をバックカメラがナビに映し出し、バックでの駐車や出庫時の安全確認をサポートします。「プライムコレクション」にはこれにプラスしてパノラマモニター対応カメラ(フロントカメラ+サイドカメラ)がオプション設定されており、追加するとパノラマモニターとして使用することができます。

メルマガ登録

先進安全技術の充実度は必ず確認しよう

キャストは全車に「スマートアシストIII」を標準装備しているため、安心して誰もが運転できるモデルといえるでしょう。

快適で楽しいカーライフを送るために、車選びの際にはその車がどのような先進安全技術を搭載しているのかを確認するようにしてください。

よくある質問

Q1:キャストには先進安全技術は全車標準装備されているの?

A:はい、キャストにはソナーセンサーとステレオカメラの2種類のセンサーを検知システムに使用したダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストIII」がエントリーグレードを含む全車に標準装備されています。

Q2:キャストに搭載される先進安全技術にはどんなものがあるの?

A:車両と歩行者の検知が可能な「衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能」や車線からはみ出す危険を警告する「車線逸脱警報機能」、ペダルやシフト操作ミス時の事故防止をサポートする「誤発進抑制制御機能(前方・後方)」、ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートハイビーム」、「先行車発進お知らせ機能」が搭載されています。

Q3:キャストはどのサポカーに該当するの?

A:キャストは、全車が衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備しているため、サポカーの中でも最上級の区分である「サポカーSワイド」に該当します。

※記事の内容は2021年7月時点の情報で執筆しています。

ダイハツキャストの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツキャストの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード