多彩な先進安全技術を搭載!シフォンの安全性能を徹底調査

多彩な先進安全技術を搭載!シフォンの安全性能を徹底調査

出典:スバル「シフォン」ギャラリー

どれだけ安全運転を心掛けていても、交通事故に遭う確率はゼロにはなりません。そのため、万が一の事故の可能性を減らしたり、事故時の被害を軽減したりしてくれる先進安全技術がどれだけ充実しているかは重要な車選びのチェックポイントといえます。

ここでは、スバル「シフォン」の安全性能について詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔全車に「スマートアシスト」を標準装備
✔ターボ車には「全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)」などの運転支援機能を搭載
✔シフォンは全車が「サポカーSワイド」の認定を受けている

シフォンの安全性能の特徴

シフォンは、ダイハツ「タント」のOEM車両です。そのため、スバルには独自の運転支援システム「アイサイト」がありますが、シフォンでは「アイサイト」ではなく、ダイハツの予防安全機能「スマートアシスト」が搭載されているという特徴があります。

「スマートアシスト」はステレオカメラやソナーセンサーから得る情報を基に、状況に応じてブレーキ制御を行ったり、ドライバーに警告を発し注意喚起したりすることで安全運転をサポートするシステムです。

シフォンには「スマートアシスト」が標準装備されており、全車が国土交通省や経済産業省が普及を啓発する先進安全技術を搭載する車「サポカー」の中でも、最上級の区分である「サポカーSワイド」の認定を受けています。

シフォンに搭載される先進安全技術の内容

ここからは、シフォンに搭載される「スマートアシスト」には、どのような先進安全技術が含まれているのかを見ていきましょう。

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能出典:スバル「シフォン」ギャラリー

歩行者や車両を検知し、必要に応じて注意喚起やブレーキ制御を行うシステムで、シフォンでは車両と二輪車、自転車、昼夜の歩行者の検知が可能です。

衝突警報機能・1次ブレーキ

走行中にステレオカメラが前方の車両や二輪車、自転車、歩行者を検知し、ぶつかる危険があると判断した場合は音と表示で注意喚起し、その状態でさらに危険性が高まった場合には弱い1次ブレーキを作動させます。

被害軽減ブレーキアシスト・緊急ブレーキ

1次ブレーキが作動している状態でドライバーがブレーキ操作を行うと、ブレーキアシストが作動してより強力な制動力を発生します。それでも衝突が不可避であるとシステムが判断すると、強力なブレーキを作動させ、衝突事故の回避や衝突被害の軽減をサポートする機能です。

被害軽減ブレーキアシストは対車両(二輪車・自転車を含む)の場合、速度差が約30~120km/h、対歩行者の場合は約30~60km/hで作動します。

ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)

ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)出典:スバル「シフォン」予防安全(スマートアシスト)

ステレオカメラやソナーセンサーで進行方向の障害物を検知している状態で、必要以上に強くアクセルペダルを踏み込んだ場合はエンジン出力を抑制するとともに音と表示でドライバーに注意喚起します。

さらに衝突の危険が迫った場合には、ブレーキ制御も作動します

コーナーセンサー

コーナーセンサー出典:スバル「シフォン」予防安全(スマートアシスト)

フロントとリアのコーナーに設置したセンサーが障害物を検知し、障害物までの距離を計測します。車両が障害物に接近すると、距離に応じて音を変化させてドライバーに障害物の接近を知らせることで駐車時などの車両の取り回しをサポートします。

車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制制御機能

 

約60km/h以上で走行中にステレオカメラが区画線を検知します。区画線からはみ出す危険がある場合は音や表示で警告を発し、同時に車線内走行を維持するようにステアリング操作をアシストする機能です。

ふらつき警報

ふらつき警報出典:スバル「シフォン」予防安全(スマートアシスト)

走行中にシステムが車両のふらつきを検知すると、音や表示でドライバーに注意喚起する機能です。

路側逸脱警報機能

路側逸脱警報機能出典:スバル「シフォン」予防安全(スマートアシスト)

約60km/h以上で走行中に車両が路側へはみ出す危険が発生した場合に、音や表示で警告する機能です。

標識認識機能

システムが道路標識を認識し、ディスプレイに表示するとともに音でドライバーに注意喚起することで標識の見落としを防止し、安全運転に貢献する機能です。シフォンでは進入禁止、最高速度、一時停止の3種類の標識の認識ができます。

サイドビューランプ

サイドビューランプ出典:スバル「シフォン」予防安全(スマートアシスト)

ヘッドランプの点灯時、ステアリング操作やウィンカー操作に応じてその方向のランプを点灯することで進行方向を明るく照らし出し、交差点などでの歩行者の早期発見に貢献する機能です。後退するときには左右のランプが点灯します。

ハイビームアシスト(標準モデルに標準装備)/アダプティブドライビングビーム(カスタムモデルに標準装備)

ハイビームアシスト(標準モデルに標準装備)/アダプティブドライビングビーム(カスタムモデルに標準装備)_01出典:スバル「シフォン」予防安全(スマートアシスト)

標準モデルに搭載される「ハイビームアシスト」は、対向車のヘッドランプなど前方の明るさに応じて自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。

ハイビームアシスト(標準モデルに標準装備)/アダプティブドライビングビーム(カスタムモデルに標準装備)_02出典:スバル「シフォン」予防安全(スマートアシスト)

カスタムモデルには、前方車両を検知すると部分的にLEDランプを遮光することで、ハイビームを維持して視認性は確保しながらも対向車・先行車への眩惑を防ぐ「アダプティブドライビングビーム」が搭載されます。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能出典:スバル「シフォン」予防安全(スマートアシスト)

前方約10m以内の先行車を検知し、先行車が約3m以上離れても自車が停止し続けた場合に音や表示でドライバーに警告し、出遅れを防止する機能です。

このほか、「Limited」には車両の周囲の映像を合成し、真上から見下ろしたような映像を表示することで死角になりやすい場所の安全確認をサポートする「パノラミックビューモニター」が標準装備されます。なお、パノラミックビューモニターは「L スマートアシスト」を除くグレードにパッケージオプションで追加が可能です。

ターボエンジン搭載車にのみ装備される運転支援機能

ターボエンジンを搭載する「GS スマートアシスト」「RS スマートアシスト」「RS Limitedスマートアシスト」には、高速道路などでのロングドライブを楽にしてくれる機能が搭載されます。

全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)

全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)出典:スバル「シフォン」予防安全(スマートアシスト)

高速道路や自動車専用道路において、適切な車間距離を維持しながら設定した車速内で先行車に追従走行したり、定速走行したりすることでドライバーの負担を軽減する機能です。

全車速追従機能付きのため、渋滞時は停止まで追従し、ドライバー操作で発進した後は追従走行を再開するので、渋滞時も快適に運転できるでしょう。

LKC(レーンキープコントロール)

LKC(レーンキープコントロール)出典:スバル「シフォン」予防安全(スマートアシスト)

全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)作動時、かつ約60km/h以上で走行している際に、車線中央付近の走行を維持するようにシステムがステアリング操作をアシストしてくれる機能です。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならより充実した安全性能を搭載できる

シフォンに新車で乗るには、車両本体価格のほか、各種税金や自賠責保険料、手数料などの登録諸費用が必要です。これらは本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンに含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、オプションの安全性能をあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、充実した安全性能を装備することが可能になります。

カーリースで安全性能のフル装備も可能になるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで新車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、車両本体価格が購入するよりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでシフォンに月額16,770円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、シフォンに月額16,770円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な自動車重量税や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくシフォンに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の延長保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額16,770円からシフォンに乗れるため、欲しい安全性能がオプションであっても、予算内で必要なだけ装備することが可能になります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々16,770円から乗れるシフォンのお試し審査をチェック!

シフォン

シフォン 月額16,770円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

5万円キャンペーン_お試し

審査は契約にはなりません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
シフォンは月額16,770円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくシフォンのプランを知りたい方はこちら

シフォンは充実した先進安全技術を搭載したモデル

シフォンは「サポカーSワイド」の認定に必要な車両と歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違い急発進抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトのほかにも多くの先進安全技術が搭載されています。

なお、一部のグレードには、オプションで駐車時にシステムがステアリング操作をアシストすることに加え、音声や画面でドライバーにペダルやシフトの操作を指示することによってスムーズな駐車をサポートする駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」などの追加も可能。

非常に充実した安全装備を誇るモデルといえるでしょう。

よくある質問

Q1:シフォンには先進安全技術は標準装備されているの?

A:はい、シフォンは全車に先進安全技術を搭載しています。なお、シフォンはダイハツ「タント」のOEM車両のため、スバルの運転支援システム「アイサイト」ではなく、ダイハツの予防安全機能「スマートアシスト」が装備されています。

Q2:シフォンにはどのような先進安全技術が搭載されているの?

A:シフォンには、二輪車や自転車を含む車両と昼夜の歩行者の検知が可能な「衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能」や車線からのはみ出しを警告し、回避操作をサポートする「車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制制御機能」、ペダル操作ミス時の事故を防止する「ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)」などのさまざまな先進安全技術が搭載されています。

Q3:ターボエンジンに搭載される運転支援機能って?

A:ターボエンジン搭載車には、高速道路や自動車専用道路で先行車に追従走行したり定速走行したりすることでドライバーの運転負荷を軽減する「全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)」や、車線中央付近の走行を維持するようサポートする「LKC(レーンキープコントロール)」が搭載されています。

Q4:シフォンはどの「サポカー」に該当するの?

A:シフォンは、全車が「サポカー」の中でも最上級の区分である「サポカーSワイド」の認定を受けています。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で執筆しています。

スバルシフォンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のスバルシフォンの記事

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー