シビックの安全性能を解説!先進安全技術の充実度に注目

シビックの安全性能を解説!先進安全技術の充実度に注目

出典:ホンダ「シビック」性能・安全

シビック_目次上

衝突被害軽減ブレーキをはじめとする先進安全技術は、今の時代、車に欠かせない装備となりました。さらにドライバーの疲労を軽減する運転支援技術も進化しており、今ではこうした安全装備の充実度が車を選ぶ際のひとつのポイントともいえます。

ここでは、ホンダ「シビック」の安全性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔シビックは「Honda SENSING」を標準装備
✔渋滞運転支援機能「トラフィックジャムアシスト」を採用
✔全車が「サポカーSワイド」の認定を受けている

シビックの安全性能の特徴

2021年9月に登場した11代目にあたる現行型のシビックでは、ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備し、全車が「サポカー」の中で最も上位の区分である「サポカーSワイド」の認定を受けています

シビックに搭載されるHonda SENSINGでは、広い水平画角のフロントワイドビューカメラ、さらにガラスや壁などの非金属を高い精度で検知する前後ソナーセンサーの3つの検知方法を組み合わせ、夜間の検知にも対応するなど、従来型よりも多くの状況で安全運転をサポートするのが特徴です。

シビックに搭載される「Honda SENSING」に含まれる先進安全技術

Honda SENSINGの内容は、車種によって異なります。ここでは、シビックのHonda SENSINGに含まれ
る先進安全技術について見ていきましょう。

トラフィックジャムアシスト(CVT車に標準装備)

トラフィックジャムアシスト(CVT車に標準装備)出典:ホンダ「シビック」性能・安全

高速道路での渋滞時など、低速走行時にシステムが先行車を検知して車間距離を保ちながら追従走行から停止までを支援するとともに、車線中央付近の走行を維持するようステアリング操作をアシストし、ドライバーの負担を軽減する機能で、現行型から新たに採用されました。

0km/h~約65km/hで走行時に作動します。

衝突軽減ブレーキ

衝突軽減ブレーキ出典:ホンダ「シビック」性能・安全

システムが車両や歩行者、人が乗る自転車を検知します。検知した対象物と自車との速度差が約5km/h以上あり、ぶつかる危険がある場合にはブレーキ制御を行うことで衝突事故の回避や衝突被害の軽減をサポートする機能です。

踏み間違い衝突軽減システム

踏み間違い衝突軽減システム出典:ホンダ「シビック」性能・安全

シビックの踏み間違い衝突軽減システムは、以下の機能で構成されています。

誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能(CVT車に標準装備)

進行方向に壁などの障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込むなど衝突する危険があるとシステムが判断すると、エンジン出力を制御して急発進や急加速を抑制する機能です。

約10km/h以下で前進時、もしくは後退時に作動します。

近距離衝突軽減ブレーキ

近距離衝突軽減ブレーキは、約2km/h~10km/hでの低速取り回し時に障害物を検知し、ぶつかるおそれがある場合にブレーキを作動させて減速または停止することで、衝突事故の回避・被害軽減をサポートします。

歩行者事故低減ステアリング

歩行者事故低減ステアリング出典:ホンダ「シビック」性能・安全

システムが歩行者を検知している状態で車両が歩行者側に寄るなど、衝突の危険が発生した場合はシステムがステアリング操作をサポートすることで、ドライバーの回避操作を支援する機能です。

路外逸脱抑制機能

路外逸脱抑制機能出典:ホンダ「シビック」性能・安全

走行中に車線からはみ出す危険が発生すると、システムがステアリング操作をアシストします。ウィンカーが操作されている場合は作動しません。

シビックでは車線のほか、草や砂利などの道路境界も検知可能です。

アダプティブクルーズコントロール

アダプティブクルーズコントロール出典:ホンダ「シビック」性能・安全

高速道路や自動車専用道路において、システムがペダル操作をサポートし適切な車間距離を維持しながら先行車に追従走行したり、設定した車速内で定速走行したりすることでドライバーの運転負荷を軽減し安全運転に貢献する運転支援機能です。

CVT車では渋滞追従機能が搭載されているため、先行車がいる場合は停止まで追従します。先行車がいない場合やマニュアル車は自車速が約30km/h未満になると解除されます。

車線維持支援システム

車線維持支援システム出典:ホンダ「シビック」性能・安全

約65km/h以上で走行中に、車線中央付近の走行を維持するようにシステムがステアリング操作をアシストする機能です。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能出典:ホンダ「シビック」性能・安全

信号待ちなどでブレーキペダルを踏んで停止している場合、先行車が発進しても自車が停止し続けた場合に警告を発し、出遅れを防止する機能です。

標識認識機能

標識認識機能出典:ホンダ「シビック」性能・安全

最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止、車両進入禁止の4種類の標識を認識し、マルチインフォメーション・ディスプレーに表示することでドライバーの標識見落としを防止し、標識に従った安全運転をサポートする機能です。

アダプティブドライビングビーム(「EX」に標準装備)/オートハイビーム

上級グレードの「EX」には、対向車や先行車を検知し、その状況に応じてLEDヘッドライトの照射範囲をコントロールすることで相手方へ配慮しながらハイビームのまま走行でき、夜間視認性向上に貢献する「アダプティブドライビングビーム」が標準装備されます。これはホンダ初採用の機能です。

ベーシックグレードの「LX」では、自動でハイビームとロービームを切り替える「オートハイビーム」を採用しています。

「Honda SENSING」以外にも先進安全技術を搭載

シビックにはHonda SENSINGのほかにも、隣車線後方から接近する車両の存在をドライバーに知らせる「ブラインドスポットインフォメーション」や、後退出庫の際に後方左右から接近する車を検知して注意喚起する「後退出庫サポート」などが標準装備されており、高い安全性を有しています。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならより充実した安全性能を搭載できる

シビックに新車で乗るには、車両本体価格のほか、各種税金や自賠責保険料、手数料などの登録諸費用が必要です。これらは本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンに含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、オプションの安全性能をあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、充実した安全性能を装備することが可能になります。

カーリースで安全性能のフル装備も可能になるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで新車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、車両本体価格が購入するよりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでシビックに月額41,810円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、シビックに月額41,810円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な自動車重量税や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくシビックに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の延長保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額41,810円からシビックに乗れるため、欲しい安全性能がオプションであっても、予算内で必要なだけ装備することが可能になります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々41,810円から乗れるシビックのお試し審査をチェック!

シビック

シビック 月額41,810円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
シビックは月額41,810円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくシビックのプランを知りたい方はこちら

誰もが安心して快適に利用できるシビック

車の安全性は高いに越したことはありません。万が一の事故の危険が迫った際の心強い味方である先進安全技術の充実度には、こだわるべきといえるでしょう。シビックは多数の安全装備を搭載しており、今の時代に期待される安全性能が備わったモデルです。安全性能にこだわる方も満足できる1台といえるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:シビックには先進安全技術は標準装備されているの?

A:はい、シビックには全車にホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」が標準装備されています。なお、シビックのHonda SENSINGは検知システムにフロントワイドビューカメラ、前後ソナーセンサーを採用しています。

Q2:シビックの「Honda SENSING」にはどのような先進安全技術が含まれているの?

A:渋滞時などの低速走行時にアクセル、ブレーキに加えステアリング操作をアシストしてドライバーの負担を軽減してくれる「トラフィックジャムアシスト」、車両や人が乗る自転車、歩行者の検知ができる「衝突軽減ブレーキ」、車線中央付近の走行を維持できるようにステアリング操作をサポートする「車線維持支援システム」などの多彩な機能が搭載されています。

Q3:シビックはどの「サポカー」に該当するの?

A:シビックは、全車がサポカーの中でも最上位の区分であり、最も装備内容が充実した「サポカーSワイド」の認定を受けています。

※この記事は2021年11月時点の情報で制作しています

ホンダシビックの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダシビックの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
読了後バナー