ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カローラの安全性能は?カローラに搭載される「Toyota Safety Sense」を徹底解説!(2019年~現行モデル)

カローラの安全性能は?カローラに搭載される「Toyota Safety Sense」を徹底解説!(2019年~現行モデル)
カローラの安全性能は?カローラに搭載される「Toyota Safety Sense」を徹底解説!(2019年~現行モデル)

出典:トヨタ「カローラ」デザイン

衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術は、今や車になくてはならないものとなりました。しかし、車種によって先進安全技術のレベルは大きく異なるため、しっかりとその車の安全性能を確認して車を選ぶ必要があります。

ここでは、トヨタ「カローラ」の安全性能についてご紹介します。

  • カローラはトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備
  • グレードによって安全性能に差がある
  • ペダル踏み間違い急発進抑制装置は「Toyota Safety Sense」に含まれない

カローラの安全性能の特徴

2019年9月に登場した13代目となる現行型のカローラは、トヨタの次世代の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備しています。カロ―ラの「Toyota Safety Sense」は単眼カメラとミリ波レーダーの2種類のセンサーを使用した高い認識性能と信頼性を両立させた検知システムを採用し、さまざまなシーンでドライバーの安全運転をサポートしてくれるのが特徴です。

なお、カローラでは「Toyota Safety Sense」が全車標準装備ではありますが、パッケージに「サポカーSワイド」の適合要件のひとつであるペダル踏み間違い急発進抑制装置に相当する機能である「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」が含まれていないこと、また、エントリーグレードの「X」ではこの「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」が標準装備ではないことには注意が必要です。

カローラの「Toyota Safety Sense」の内容

ここからは、カローラに搭載される「Toyota Safety Sense」に含まれるおもな先進安全技術について見ていきましょう。

プリクラッシュセーフティ

プリクラッシュセーフティ出典:トヨタ「カローラ」安全性能

走行中に車両や歩行者、自転車運転者、自動二輪車を検知して衝突の危険があると判断するとブザー音やディスプレイ表示でドライバーに危険を知らせます。

警告を発した状態でドライバーがブレーキペダルを踏めた場合には、システムがブレーキ踏力をアシストして制動力を高め、衝突を回避するようにサポートします。万一ドライバーが何らかの理由でブレーキを踏めなかった場合には、システムが自動でブレーキを作動させ衝突の回避・被害軽減を図ります

対車両や自動二輪車の場合は自車の速度が約5km/h以上、歩行者や自転車運転者に対しては約5~80km/hの速度域で作動します。

なお、2022年10月の一部改良で「プリクラッシュセーフティ」の性能が大幅に向上され、交差点右折時の対向直進車や右左折時に対向方向から横断してくる歩行者・自転車運転者の検知機能、また交差点での出会い頭時の車両や自動二輪車の検知機能が追加されました。

さらに、検知対象と接触する可能性が高く、かつ自車線内に回避スペースが確保できる場合はドライバーの回避操舵をきっかけに操舵支援を行う「緊急時操舵支援機能」、低速走行時に自車の直前にいる車両や歩行者・自転車運転者を検知して必要があれば減速支援を行う「低速時加速抑制機能」も搭載されています。

レーントレーシングアシスト+レーンディパーチャーアラート

レーントレーシングアシスト+レーンディパーチャーアラート出典:トヨタ「カローラ」安全性能

走行中に車線から車両がはみ出しそうになると、ブザー音とディスプレイ表示で注意喚起するとともにシステムがステアリング操作を支援し、車線逸脱防止をサポートする機能です。白線以外にもアスファルトや縁石などの境界も検知可能。さらに車線が見えない場合にも先行車を追従走行しながらステアリング操作をアシストし、車線中央の走行を維持するようサポートする機能も搭載しています。

オートマチックハイビーム

先行車のヘッドライトや対向車の有無を検知し、必要に応じてシステムが自動でハイビームとロービームを切り替えます

ヘッドライトの手動切替えの手間をなくして安全運転に貢献するとともに、ハイビームでの走行頻度を高めるように支援することで歩行者や障害物の早期発見をサポートします。

ロードサインアシスト

カメラが道路標識を認識してディスプレイに最適なタイミングで表示することで、ドライバーの標識見落としを防ぎ、安全走行をアシストします。

赤信号の認識も可能で、赤信号であるのに交差点に進入する可能性があるとシステムが判断した場合は音や表示で注意喚起します。

レーダークルーズコントロール

システムが先行車を認識して、適切な車間距離を維持しながら追従走行を行うシステムです。高速道路や自動車専用道路において、ドライバーの負担を大幅に軽減してくれます。

レーダークルーズコントロールはグレードによって機能に差があり、「X」のガソリン車以外では先行車が停止した場合は自車も停止して停止状態を保持し、再発進時はドライバー操作で発進、追従走行を再開します。

「X」のガソリン車は停止保持機能がなく、停止後にシステムが解除されます。

プロアクティブドライビングアシスト

走行中に発生する可能性のあるリスクを先読みして、減速支援や操舵支援を行って危険に近付きすぎないようにサポートすることで安全運転に貢献する機能です。

このほか、先行車が発進しても自車が停止したままの場合や、青信号を検知しているのに発進しない場合に音や表示でドライバーに知らせる「発進遅れ告知機能」や、「ドライバー異常時対応システム(「X」ガソリン車を除く)」なども採用しています。

カローラの「Toyota Safety Sense」以外の安全装備

カローラには、「Toyota Safety Sense」以外にもさまざまな安全装備があります。

バックガイドモニター(「X」を除くグレードに標準装備、「X」にメーカーオプション)

バックガイドモニター(「X」を除くグレードに標準装備、「X」にメーカーオプション)出典:トヨタ「カローラ」安全性能

車両後方の映像をディスプレイオーディオに表示し、バックでの車庫入れをサポートする機能です。「距離目安線」「車幅延長線」「駐車ガイド線」に加え、ステアリング操作連動の「予想進路線」「車両中央予想進路線」を表示する機能も搭載しています。

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物:「X」を除くグレードに標準装備、「X」にメーカーオプション)

車庫入れなどの低速での取り回しの際、周囲の静止物を検知してブザー音と表示で静止物の接近を知らせる「クリアランスソナー」を搭載。

クリアランスソナーが進行方向に静止物を検知していると、エンジンやハイブリッドシステムの出力抑制によって衝突回避を図ります。さらに静止物との距離が縮まるとブレーキ制御も行います

このほか、カローラでは隣車線後方を走る車両を検知して安全な車線変更をサポートする「ブラインドスポットモニター」や、後方からの自転車を含む接近車両を検知し、降車時の危険を知らせてくれる「安心降車アシスト」もオプションで追加可能です。

カローラはグレードによって安全性能が異なる

カローラは「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されていますが、ペダル踏み間違い急発進抑制装置にあたる「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」が全車に標準装備ではありません。

そのため、カローラの「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」装着車は政府が普及を推進している「サポカー」の中で最も上位の分類である「サポカーSワイド」の認定を受けていますが、非装着車は「サポカー」となっているため、グレード選びの際にはその点を考慮し、積極的にオプションの追加を検討することをおすすめします。

よくある質問

Q1:カローラには先進安全技術は全車標準装備されているの?

A:はい、カローラにはトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されています。また、「Toyota Safety Sense」以外にも複数の先進安全技術を採用しています。

Q2:カローラに搭載される先進安全技術にはどんなものがあるの?

A:交差点での衝突回避、衝突被害軽減にも対応した「プリクラッシュセーフティ」や、ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」、赤信号や道路標識を認識して安全走行をサポートする「ロードサインアシスト」、車間距離を維持しながら先行車に追従走行してドライバーの運転負荷を減らす「レーダークルーズコントロール」などが搭載されています。

Q3:カローラはどの「サポカー」に該当するの?

A:カローラの「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」装着車は「サポカー」の中でも最も上位の「サポカーSワイド」に認定されています。「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」非装着車は「サポカー」となります。

※この記事は2023年6月時点の情報で制作しています

トヨタカローラの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカローラの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

LINEでクイズキャンペーン