カローラスポーツの安全性能を充実度は?オプションもチェック

カローラスポーツの安全性能を充実度は?オプションもチェック

出典:トヨタ「カローラスポーツ」ギャラリー

どんなに気を付けて運転していても、交通事故の可能性はゼロにはなりません。そのため、車にはさまざまな安全性能が搭載されています。近年では衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置などの先進安全技術が車の安全性能の中心となりつつあるといえるでしょう。

ここでは、トヨタ「カローラスポーツ」の安全性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔カローラスポーツには「Toyota Safety Sense」が標準装備されている
✔「プリクラッシュセーフティ」は昼夜の歩行者や昼間の自転車運転者の検知が可能
✔オプションで追加できる先進安全技術もある

カローラスポーツの安全性能の特徴

カローラスポーツでは、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全グレードに標準装備しています。「Toyota Safety Sense」は単眼カメラとミリ波レーダーの2種類のセンサーを使用して高い精度で車両の周囲の状況を検知し、さまざまな交通事故につながる危険を減らしたり衝突被害を軽減したりして安全なドライブをサポートするシステムです。

カローラスポーツに搭載される「Toyota Safety Sense」に含まれる先進安全技術

ここからは、カローラスポーツの「Toyota Safety Sense」に含まれる先進安全技術について見ていきましょう。

プリクラッシュセーフティ

プリクラッシュセーフティ典:トヨタ「カローラスポーツ」特長

先行車や車両前方の歩行者、自転車運転者を検知し、システムが衝突の危険があると判断した場合は段階を踏んでブレーキ制御を行い、衝突回避や衝突被害軽減をアシストする機能です。

システムが衝突の可能性ありと判断した場合にはまず警告を発してドライバーに危険を知らせ、その状態でドライバーがブレーキ操作を行うとブレーキアシストを行い、ブレーキ踏力をアップ。

それでも衝突が回避できない場合、またはブレーキ操作が行われなかった場合にはプリクラッシュブレーキを作動させます。

車両に加えて昼夜の歩行者と昼間の自転車運転者の検知も可能で、車両に対しては自車速が約10km/h以上、歩行者や自転車運転者に対しては、自車速が約10~80km/hの速度域で作動します。

レーントレーシングアシスト/レーンディパーチャーアラート

レーントレーシングアシスト/レーンディパーチャーアラート出典:トヨタ「カローラスポーツ」特長

システムが車線を認識し、車線中央付近の走行を維持できるようにステアリング操作を支援します。車線を逸脱しそうになった場合には警告を発するとともにステアリング操作を支援し、車線の逸脱を回避するようにサポートを行います。

車線だけでなく、縁石やアスファルトの境界なども認識可能です。また渋滞時などで車線を認識しにくい状況の場合は先行車を追従してステアリング操作を支援します。

高速道路や自動車専用道路などでの車線逸脱を防ぎ、車線中央を走るようにサポートして車線逸脱による衝突事故を防止する機能です。

なお、MT車の場合はレーントレーシングアシストではなく、レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付き)になり、車線逸脱の危険がある際に警告する機能、車線逸脱回避をサポートするステアリング支援機能のみが作動します。

レーダークルーズコントロール

レーダークルーズコントロール出典:トヨタ「カローラスポーツ」特長

高速道路や自動車専用道路において先行車をミリ波レーダーと単眼カメラで認識し、車速に応じて適切な車間距離をキープしながら追従走行やあらかじめ決められた車速で定速走行を行うシステムです。

CVT車は全車速追従機能付きなので、渋滞などで先行車が停止した際には自車も停止し、先行車が発進した際にはドライバー操作によって発進して追従走行を再開します。単調になりやすい高速巡航やドライバーにストレスのかかる渋滞時の運転負荷を軽減し、安全運転をサポートします。

なお、MT車は全車速追従機能付きではないため、自車速約30km/h未満になるとレーダークルーズコントロールは解除されます。

ロードサインアシスト

単眼カメラが道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに最適なタイミングで表示して標識の見落とし防止をサポートします。

認識できる道路標識は車両進入禁止とはみ出し通行禁止、最高速度、一時停止です。最高速度標識を認識している状態で速度規制値を超えた場合には、警告する機能も付帯しています。

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビーム出典:トヨタ トヨタの安全技術

近年では夜間の走行時にはハイビームを基本的に使用するように推奨されていますが、対向車や先行車がいる場合には相手の目を眩ませてしまう可能性があるため、その度にロービームに切り替える必要があります。

オートマチックハイビームは自動でハイビームとロービームを切り替えるシステムです。ハイビームでの走行頻度が高くなるので歩行者などの早期発見に貢献するほか、切り替えの手間や切り替え忘れをなくし夜間の安全運転に貢献します。

カローラスポーツの「Toyota Safety Sense」に含まれる機能は以上です。このほかに、「Toyota Safety Sense」に付帯する機能として「先行車発進告知機能」が搭載されています。これは信号や渋滞などで停車している際に先行車が4m以上進んでも自車が発進しない場合に、出遅れをドライバーに知らせる機能です。

「Toyota Safety Sense」以外の先進安全技術もチェック

カローラスポーツは、「Toyota Safety Sense」以外にも先進安全技術を採用しています。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)](「G”X”」「HYBRID G“X”」以外のCVT車に標準装備、「G”X”」「HYBRID G“X”」CVT車にメーカーオプション)

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]出典:トヨタ「カローラスポーツ」特長

クリアランスソナーが進行方向の障害物(静止物)を検知し、衝突の危険があると判断するとエンジンやハイブリッドシステムの出力を抑制します。それでもさらに障害物との距離が縮まった場合にはブレーキ制御を行い、衝突被害の軽減に貢献する機能で、「サポカーSワイド」の認定に必要な「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」にあたります。

このほか、カローラスポーツでは隣車線後方のドライバーの死角になる位置にいる車両を検知して注意喚起する「ブラインドスポットモニター」や、後退しての出庫の際に後方左右から接近する車両を検知し、状況に応じてブレーキ制御を行う「リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]」がオプションで追加可能です。

メルマガ登録

安全性能を確認する際はパッケージの内容までチェックしよう

車の先進安全技術はここ数年でかなり進化し、各自動車メーカーがさまざまな機能を開発しています。「Toyota Safety Sense」のように先進安全技術をパッケージ化しているメーカーも多いですが、パッケージの内容はメーカーによって異なるのはもちろん、同じ車種内でもグレードによって異なることもあります。

先進安全技術は現在の車選びの重要なポイントのひとつです。安全で快適なカーライフを手に入れるためには必ず先進安全技術パッケージの内容まで確認し、必要な機能が備わっているかを見極めることが大切といえるでしょう。

よくある質問

Q1:カローラスポ―ツには先進安全技術は採用されているの?

A:はい、カローラスポーツには単眼カメラとミリ波レーダーを検知システムとして使用するトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されました。

Q2:カローラスポーツにはどのような先進安全技術が搭載されているの?

A:カローラスポーツには、車両に加えて昼夜の歩行者と昼間の自転車運転者の検知が可能な「プリクラッシュセーフティ」、高速道路で先行車を追従走行してドライバーの運転負荷を軽減する「レーダークルーズコントロール」、自動でハイビームとロービームを切り替える「オートマチックハイビーム」などの先進安全技術が搭載されています。

Q3:カローラスポーツはどの「サポカー」に該当するの?

A:カローラスポーツの「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」搭載車は「サポカーSワイド」の認定を受けています。「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」非搭載車は「サポカー」です。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で執筆しています。

トヨタカローラスポーツの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカローラスポーツの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード