ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

クラウンの安全性能を徹底解説!最新鋭の機能を多数搭載

クラウンの安全性能を徹底解説!最新鋭の機能を多数搭載

出典:トヨタ「クラウン」ギャラリー

近年の新型車には欠かせなくなってきている先進安全技術。車を使用していく上で誰にでも起こりうる万一の事故の危険に備えるためにも、車選びの際には先進安全技術をはじめとする車の安全性能についてよく確認する必要があります。

ここではトヨタ「クラウン」の安全性能について、詳しく紹介します。

  • 全車に最新鋭の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備
  • 「Toyota Safety Sense」以外にもさまざまな先進安全技術が採用されている
  • クラウンは全車が「サポカーSワイド」に該当

クラウンの安全性能の特徴とは

国産高級セダンを代表する存在といえるクラウンは、全グレードに最新鋭の充実した内容のトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備し、高い安全性を誇るモデルとなっています。「Toyota Safety Sense」は単眼カメラとミリ波レーダーを使用して周囲の状況を把握し、状況に応じてブレーキやステアリングの制御などを行うことによって衝突事故の回避や衝突被害軽減、運転支援などを行う次世代の予防安全システムです。

また、政府が普及を推進する安全運転サポート車「サポカー」の中でも最も充実した安全装備を搭載している最上位の区分である「サポカーSワイド」の認定を受けています。

クラウンに搭載される予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の内容

ここからは、クラウンに搭載されている「Toyota Safety Sense」にはどのような機能が含まれているのか、見ていきましょう。

プリクラッシュセーフティ

プリクラッシュセーフティ出典:トヨタ「クラウン」特長

自車の速度が約10km/h以上(歩行者、自転車運転者が検知対象の場合は10~80km/h)の速度で作動し、システムが先行車や歩行者などとの衝突の危険を察知すると警告、ブレーキアシスト、緊急ブレーキと段階を踏んで作動します。

クラウンに搭載されている最新のプリクラッシュセーフティでは、交差点右折時の対向直進車や交差点での右左折時の対向方向から横断してきた歩行者の検知も可能

さらに、車両や歩行者、自転車運転者とぶつかる危険があり、ドライバーが回避操作を行った場合にシステムがステアリング操作をアシストする「緊急時操舵回避支援機能」、低速時に自車の直前にいる車両や歩行者、自転車運転者を検知している状態で必要以上のアクセルが踏み込まれた場合にエンジンの出力抑制もしくは弱いブレーキを作動させる「低速時加速抑制機能」も搭載されている優れものです。

なお、検知対象は車両と昼夜の歩行者、昼間の自転車運転者です。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)出典:トヨタ「クラウン」特長

システムが先行車を認識し、適正な車間距離を保って追従走行する機能です。クラウンには最新式の全車速追従機能が搭載されているため、先行車が停止した際には自車も停止し、先行車が発進するとアクセル操作もしくはボタン操作で発進、追従走行を再開するもので、渋滞時にも対応できるのが特徴です。

自動車専用道路や高速道路で活躍する機能で、ドライバーの疲労軽減を支援し安全運転に貢献します。

レーントレーシングアシスト

レーントレーシングアシスト出典:トヨタ「クラウン」特長

システムがステアリング操作を支援し、車線中央付近の走行を維持するようにサポートする機能です。車線が検知できない場合でも先行車を追従してステアリング支援を行います。

自動で車線や縁石を認識し、車が車線からはみ出しそうになると警告音とディスプレイ表示でドライバーに注意喚起するとともにステアリングを制御してはみだしを防止します。

ドライバー異常時対応システム

高速道路や自動車専用道路においてレーントレーシングアシストが作動している状態で、一定時間ドライバーの無操作状態が続くとシステムが音や表示で警告を発するとともに、緩やかに減速してドライバーに操作を促します

また、ホーンとハザードによって周囲に異常を知らせながら自車線内に減速・停車し、事故の回避や被害軽減をサポート。停車後はコネクティッド機能のひとつ「ヘルプネット®」に自動で接続し、警察や消防への通報などでオペレーターによる緊急対応を受けることができます。

ロードサインアシスト

単眼カメラが標識を認識し、ディスプレイに表示して標識の見逃しを防ぐ機能です。ただし、すべての標識が認識できるわけではなく、対応している標識は最高速度、はみ出し通行禁止、車両侵入禁止、一時停止の4つです。

また、標識の速度を超えた場合はブザーやディスプレイの表示によってドライバーに注意を促す機能もあります。

オートマチックハイビーム/アダプティブハイビームシステム

自動でハイビームとロービームを切り替え、対向車や先行車に対する眩惑を防ぐとともにハイビームの仕様頻度を高めて夜間の視認性を確保する機能(オートマチックハイビーム)です。

3眼LEDヘッドライドが搭載されている上位グレードにおいては、光検出用カメラで周囲の明るさを判別し、先行車や対向車に直接光が当たる部分のみ光線をさえぎるアダプティブハイビームシステムが装備されています。いずれのシステムにおいてもヘッドライトの手動切り替えの手間をなくし切り替え忘れを防ぎます。

クラウンの「Toyota Safety Sense」には以上の先進安全技術が含まれています。

このほか、「Toyota Safety Sense」に付帯する機能として「先行車発進告知機能」も装備されています。これは自車が停止している状態で先行車との距離が4m以上開いても自車が発進しない場合、ブザー音とディスプレイ表示でドライバーに知らせるシステムです。渋滞時や信号待ちでの出遅れを防ぎます。

クラウンに装備されているそのほかの安全装備

クラウンには「Toyota Safety Sense」以外にも事故を事前に防ぐための予防安全技術が搭載されています。おもなものをご紹介しましょう。

インテリジェントクリアランスソナー/パーキングサポートブレーキ(静止物)

インテリジェントクリアランスソナー/パーキングサポートブレーキ(静止物)出典:トヨタ「クラウン」特長

ペダル踏み間違え誤発進抑制装置にあたる機能です。フロントとリアに設置された8個のソナーが障害物を検知し、発進時にエンジンもしくはハイブリッドシステムの出力を抑制して急発進・急加速を回避するようサポートします。

それでもさらに障害物との距離が縮まった場合には、ブレーキも作動させて衝突被害の回避・軽減を図るシステムです。

クラウンでは、前方だけではなく後方にも対応しています。

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]/リヤクロストラフィックアラート(「B」「RS-B」を除くグレードに標準装備、「B」「RS-B」にメーカーセットオプション)

バックで駐車場から出る際、レーダーで自車の後ろに接近してくる車両を検知すると、ドアミラーのインジケーターとブザー音でドライバーに注意喚起し、衝突の危険が生じればブレーキ制御を行うシステムです。事故の起こりやすい駐車場での衝突の回避、被害軽減をサポートします。

なお、オプションで車両後方の歩行者検知が可能なパーキングサポートブレーキ(後方歩行者)/リヤカメラディテクションを追加することも可能です。

ブラインドスポットモニター

レーダーで隣の車線を最大後方60mまでモニターし、死角になりやすい位置にいる車両の存在をドアミラーのインジケーターによって知らせてくれます。急接近する車両も検知してくれるので、巻き込み事故防止や安全な車線変更に貢献する機能です。

このほか、車両の周囲の映像を合成し、真上から見下ろしたような画像をディスプレイに映し出して安全確認をサポートする「パノラミックビューモニター」や、車両に搭載したセンサーでは把握しきれない情報を道路やほかの車と通信することで取得し、ドライバーに知らせることによって安全運転支援を行う最新鋭の機能「ITS Connect」の追加も可能です。

メルマガ登録

先進安全性能が充実したクラウンでカーライフを楽しもう

「Toyota Safety Sense」以外にもたくさんの先進安全技術を搭載し、これからの車のあるべき姿の見本のようなクラウンの安全性能。楽しく快適なカーライフはまず安全があって成り立つものです。
いざというときの乗員の命はもちろん、歩行者などの命も守ったり被害を軽減したりしてくれる安全性能は必ずしっかりとチェックしておくようにしましょう。

よくある質問

Q1:クラウンには先進安全技術は全車標準装備されているの?

A:はい、全車に予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備されています。

Q2:クラウンに搭載される先進安全技術にはどんなものがあるの?

A:車両や昼夜の歩行者、昼間の自転車運転者の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティ」や、システムが加減速をサポートしてドラバーの負担を減らす「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」、車線中央付近を走るようにステアリング操作の支援を行う「レーントレーシングアシスト」など、多彩な先進安全技術が搭載されています。

Q3:クラウンはどの「サポカー」に該当するの?

A:クラウンは、「サポカー」の中でも最も装備内容が充実した「サポカーSワイド」に該当します。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で執筆しています。

トヨタクラウンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタクラウンの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード