ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

エクリプスクロスの安全性能を徹底解説!「マイパイロット」は全車標準装備?(2018年~現行モデル)

エクリプスクロスの安全性能を徹底解説!「マイパイロット」は全車標準装備?(2018年~現行モデル)
エクリプスクロスの安全性能を徹底解説!「マイパイロット」は全車標準装備?(2018年~現行モデル)

出典:三菱「エクリプスクロス」安全性能

車選びの重要ポイントのひとつである安全性能。近年の新型車の安全性能の中心は予防安全技術や運転支援技術になりつつありますが、先進安全技術は同じ機能でもメーカーによって名称が異なるなど、わかりにくい部分もあります。

ここでは、三菱「エクリプスクロス」の安全性能について、わかりやすくご紹介します。

  • 全車が「サポカーSワイド」に適合
  • サイド&カーテンエアバッグや運転席ニーエアバッグを全車に搭載している
  • 「M」を除くグレードでは高速3道路 同一車線運転支援機能 「マイパイロット」が標準装備

エクリプスクロスの安全性能の特徴

エクリプスクロスでは、三菱の予防安全技術「e-Assist」を全車に標準装備しています。エントリーグレードでは価格を抑えるために先進安全機能が搭載されなかったり、標準装備とうたっていてもレス仕様の選択が可能であったりする車種も多い中、エクリプスクロスはグレードにかかわらずこれからの時代に合わせた安全性能を持たせた車であるといえるでしょう。

なお、全車がサポカーの中でも最も上位の区分である「サポカーSワイド」に認定されています。

また、衝突安全性にも配慮されており、運転席・助手席のエアバッグに加えてサイド&カーテンエアバッグ、運転席のニーエアバッグも全車に標準装備。予防安全性、衝突安全性ともに充実した機能を備えているといえるでしょう。

エクリプスクロスの「e-Assist」の内容

ここからは、エクリプスクロスに搭載される「e-Assist」にはどのような先進安全技術が含まれているのかを見ていきましょう。

衝突被害軽減ブレーキシステム

衝突被害軽減ブレーキシステム出典:三菱「エクリプスクロス」安全性能

システムが前方の車両や歩行者を検知し、自車との相対速度や距離を計測します。衝突の危険があるとシステムが判断した場合、まず音と表示で警報を発してドライバーにブレーキ操作を促すとともに、ブレーキの応答性を向上させます。

さらに衝突の危険が高まると、ブレーキを自動で制御してやや強いブレーキをかけ、減速します。それでも衝突が不可避であるとシステムが判断した場合は強力なブレーキを作動させて衝突被害の軽減を図ります

誤発進抑制機能(前進&後退時)

誤発進抑制機能(前進&後退時)出典:三菱「エクリプスクロス」安全性能

進行方向に壁などの周夫が異物を検知している状態でアクセルを強く踏み込んだ場合、音と表示でドライバーに注意喚起するとともにエンジン出力を抑制し、シフト操作ミスやペダルの踏み間違いによる飛び出しを防ぐ機能です。

停車状態、もしくは約10km/h以下の徐行時に作動します。

車線逸脱警報システム

車線逸脱警報システム出典:三菱「エクリプスクロス」安全性能

カメラで前方の車線を検知し、車両が車線をはみ出す可能性があると音と表示でドライバーに注意喚起する機能です。

約60km/h以上で走行中に作動します。

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビーム出典:三菱「エクリプスクロス」安全性能

周囲の明るさや対向車を検知し、自動でハイビームとロービームを切り替え、夜間の遠方視認性を高めて安全運転に貢献する機能です。手動切替えの手間を軽減するメリットもあります。

後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)(M、G Limited Editionを除くグレードに標準装備、G Limited Editionにメーカーオプション)

後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)(M、G Limited Editionを除くグレードに標準装備、G Limited Editionにメーカーオプション)出典:三菱「エクリプスクロス」安全性能

ドライバーの死角になりやすい隣車線後方からの接近車両を検知すると、ドアミラーインジケーターを点灯させてドライバーに接近車両の存在を知らせます。

その状態で接近車両がいる車線方向のウィンカーを作動させると、ドアミラーインジケーターを点滅させて危険を知らせ、安全な車線変更をサポートする機能です。

約10km/h以上で走行時に作動します。

後退時車両検知警報システム(M、G Limited Editionを除くグレードに標準装備、G Limited Editionにメーカーオプション)

後退時車両検知警報システム(M、G Limited Editionを除くグレードに標準装備、G Limited Editionにメーカーオプション)出典:三菱「エクリプスクロス」安全性能

リアの電波式レーダーで斜め後方の接近車両を検知し、音やメーター表示に加えてドアミラーインジケーターの点滅でドライバーに注意を促す機能です。

後退しての出庫の際などに活躍します。

2022年11月の改良でガソリン車にも採用された高速道路 同一車線運転支援機能「マイパイロット」

 

2022年11月の改良でガソリン車にも採用された高速道路 同一車線運転支援機能「マイパイロット」出典:三菱「エクリプスクロス」安全性能

「マイパイロット」は、「レーダークルーズコントロールシステム」と「車線維持支援機能」の2つの機能で構成される運転支援技術で、高速道路などの自動車専用道路においてシステムが加減速とステアリング操作をアシストすることで、ドライバーの負担を大幅に減らして安全運転に貢献します。なお、「マイパイロット」は「M」を除くグレードに標準装備です。

レーダークルーズコントロールシステム(全車速追従機能付き)

レーダークルーズコントロールシステム(全車速追従機能付き)出典:三菱「エクリプスクロス」安全性能

あらかじめセットした車速内で先行車の加減速に合わせて車間距離を保持するようにシステムがアシストします。

先行車が渋滞などで停止した際には自車も停止。再発進時はドライバー操作で追従走行を再開します。

車線維持支援機能

車線維持支援機能出典:三菱「エクリプスクロス」安全性能

走行中に車線を検知し、車線中央付近を走行するようにステアリング操作をサポートしてくれる機能です。カーブなどでも安心して運転でき、ロングドライブがより安全・快適に楽しめます。

高い安全性を持つエクリプスクロスで安心・安全なカーライフを実現しよう

楽しいカーライフを送るためには、安全がしっかりと確保されていなければなりません。ドライバーが安全運転を心掛けるのはもちろんですが、万一の際の心強い味方である先進安全機能の充実度にはこだわって車を選ぶようにしたいものです。

エクリプスクロスは全車に三菱の予防安全技術「e-Assist」を標準装備し、高い安全性を持つモデルであるといえるでしょう。

あなたと相性最高の車は?約100種の国産車からピッタリの一台が見つかる!LINEで無料診断してみる

よくある質問

Q1:エクリプスクロスはどの「サポカー」に該当するの?

A:エクリプスクロスは三菱の予防安全技術「e-Assist」が標準装備されており、全車が「サポカーSワイド」に該当する安全性を有しています。

Q2:エクリプスクロスに搭載される先進安全技術にはどんなものがあるの?

A:歩行者と車両を検知する「衝突被害軽減ブレーキシステム」やペダル操作ミス時などの急発進を抑制する「誤発進抑制機能」、「車線逸脱警報システム」、「オートマチックハイビーム」などの機能が搭載されています。

Q3:高速道路 同一車線運転支援機能「マイパイロット」は全車標準装備?

A:いいえ、「マイパイロット」は全車標準装備ではなく、エントリーグレードである「M」を除くグレードに搭載されています。

※この記事は2023年4月時点の情報で制作しています

三菱エクリプス クロスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の三菱エクリプス クロスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

お得なクルマ情報が届く_リース&カルモの最新情報も!_LINEで受け取る