ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

エブリイワゴンの先進安全技術の充実度は?安全性能をチェック

エブリイワゴンの先進安全技術の充実度は?安全性能をチェック

出典:スズキ「エブリイワゴン」安全装備

軽自動車はボディサイズや排気量に制限があり、車両重量が普通車に比べて軽いことから、安全性に不安を持つ方も少なくない時代がありました。しかし近年では車の安全に関する技術が進化し、軽自動車も高い衝突安全性を持つようになったことに加え、衝突被害軽減ブレーキをはじめとする先進安全技術の登場により安全性能は飛躍的に向上しています。それでも先進安全技術は車種によって充実度が大きく変わるため、車選びの際にはよくチェックすることが大切といえるでしょう。

ここでは、スズキ「エブリイワゴン」の安全性能について詳しく紹介します。

  • エブリイワゴンは「スズキ セーフティ サポート」を全車標準装備
  • 衝突被害軽減ブレーキは夜間の歩行者の検知が可能
  • エブリイワゴンは全車が「サポカーSワイド」の認定を受けている

エブリイワゴンの安全性能の特徴

エブリイワゴンは、2015年2月の現行型の登場時からクラス初となる衝突被害軽減ブレーキを採用しており、比較的早い段階から先進安全技術を搭載しているモデルといえます。2017年には政府がサポカー制度を開始したこともあり、一気に先進安全技術が一般に浸透し、今やほとんどの新型車に何らかの先進安全技術が搭載される時代になりました。

エブリイワゴンにおいても2019年6月の仕様向上のタイミングで夜間の歩行者検知に対応するなど衝突被害軽減ブレーキの精度を向上させるとともに、車線逸脱警報などの複数の安全技術を追加し、より充実した内容のスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を全車に標準装備することによって商品力を維持しています。

エブリイワゴンに搭載される「スズキ セーフティ サポート」

スズキの予防安全技術パッケージである「スズキ セーフティ サポート」は、どの車でも同じ内容というわけでなく、車種によって含まれる先進安全技術は異なります。ここでは、エブリイワゴンに搭載される「スズキ セーフティ サポート」には、どのような先進安全技術があるのかを詳しく見ていきましょう。

デュアルカメラブレーキサポート

デュアルカメラブレーキサポート出典:スズキ「エブリイワゴン」安全装備

システムが前方の車両や歩行者を検知し、衝突する危険がある場合にはドライバーに警告し、弱いブレーキをかけます。その状態でドライバーがブレーキペダルを踏めば、ブレーキ踏力をシステムがアシスト。

それでも衝突の危険がより高まった場合には強力な自動ブレーキを作動させ、衝突の回避や衝突被害の軽減をサポートする機能です。

検知対象は前方の車両と歩行者で、昼間だけではなく夜間の検知も可能。自車の速度が約5~100km/hで走行中に作動します。

後退時ブレーキサポート

後退時ブレーキサポート出典:スズキ「エブリイワゴン」安全装備

リアバンパーに設置した4個の超音波センサーによって後方の障害物を検知して自車との距離を計測し、ブザー音を変化させてドライバーに障害物との接近を知らせます。その状態で障害物を衝突する危険が迫った場合には自動でブレーキを作動させ、衝突の回避、衝突被害の軽減を図る機能です。

後退時の衝突被害軽減ブレーキは、軽キャブワゴンではエブリイワゴンが初めて(2019年6月、スズキ調べ)の採用となります。

誤発進抑制機能(前方・後方)

誤発進抑制機能(前方・後方)出典:スズキ「エブリイワゴン」安全装備

進行方向に壁などがあるにもかかわらず、必要以上にアクセルペダルを強く踏み込んだ場合、システムが自動でエンジン出力を抑制して急発進や急加速を防止する機能です。

停車時または約10km/h以下での徐行中、前方は約4m、後方は約3m以内の障害物を検知している際に作動します。

車線逸脱警報機能

車線逸脱警報機能出典:スズキ「エブリイワゴン」安全装備

約60km/h以上での走行時に左右の区画線を検知し、自車の進路を予測します。予測した進路を外れて車線からはみ出す危険があると判断した場合には、警告を発してドライバーに危険を知らせる機能です。

ふらつき警報機能

ふらつき警報機能出典:スズキ「エブリイワゴン」安全装備

車線逸脱警報機能と同条件で区画線を認識し、走行パターンを学習します。その上で蛇行するなどシステムが「ふらつき」を認識する車両の挙動がみられた場合には、音や表示でドライバーに注意喚起する機能です。

ハイビームアシスト

ハイビームアシスト出典:スズキ「エブリイワゴン」安全装備

夜間にハイビームで走行している際、対向車や先行車のランプを検知したり、街灯のある明るい場所を通過したりすると自動でロービームに切り替える機能です。切り替え忘れを防止するとともに、ドライバーの手間を減らすことで安全運転に貢献します。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能出典:スズキ「エブリイワゴン」安全装備

ブレーキペダルを踏んで停車している際に、先行車が約4m以上離れても自車が発進しない場合には音や表示によってドライバーに先行車の発進を知らせ、出遅れを防止する機能です。

「PZターボスペシャル」にオプションで追加できる機能もある

最上級グレード「PZターボスペシャル」には、後方の安全をサポートする「バックアイカメラ」がオプションで追加可能です。

「PZターボスペシャル」にオプションで追加できる機能もある出典:スズキ「エブリイワゴン」安全装備

シフトを「R」に入れると、車両後方の画像をモニター画面に映し出すとともに、車両の後方左右から接近する車両や歩行者などの移動物の検知を開始します。

移動物を検知した場合には、モニター内の表示の点滅とブザー音によってドライバーに注意喚起。さらにバックでの駐車時には真上から車両を見下ろしたような俯瞰画像に自動で切り替えドライバーが障害物との距離感をつかみやすくすることで駐車をサポートします。

メルマガ登録

一通りの先進安全技術を備えているエブリイワゴン

エブリイワゴンは、「サポカー」の中で最上級の分類である「サポカーSワイド」の認定に必要な、車両と歩行者の検知ができる衝突被害軽減ブレ―キ、ペダル踏み間違い時急発進抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載し、全車が「サポカーSワイド」の認定を受けています。

「サポカーSワイド」は、今の時代に誰もが安心して運転できる車のひとつの基準といえます。エブリイワゴンは日常的に使用する車として問題のない安全性能を備えたモデルといえるでしょう。

LINEクルマ診断

よくある質問

Q1:エブリイワゴンの安全性能の特徴は?

A:エブリイワゴンは、2015年2月の現行型の登場時に軽キャブワゴンで初めて衝突被害軽減ブレーキを採用しており、同クラス内では比較的早い段階から先進安全技術を搭載したモデルといえます。2019年6月の仕様向上時には後退時ブレーキサポートなど複数の先進安全技術を追加するなど、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の内容を充実させました。

Q2:エブリイワゴンにはどんな先進安全技術が搭載されているの?

A:昼間に加えて夜間の車両や歩行者の検知も可能な衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」、ペダル操作ミス時などの急発進・急加速を防止する「誤発進抑制機能(前方・後方)」、車線からはみ出す危険があると警告を発する「車線逸脱警報機能」、自動でハイビームとロービームを切り替える「ハイビームアシスト」などの先進安全技術が搭載されています。

Q3:エブリイワゴンはどのサポカーに該当するの?

A:エブリイワゴンは全車にスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を標準装備しており、すべてのグレードが「サポカーSワイド」の認定を受けています。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で執筆しています。

スズキエブリイワゴンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキエブリイワゴンの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード