フォレスターの安全性能を徹底解説!

【安全性能】フォレスターの安全性能を徹底解説!78016

出典:スバル「フォレスター」エクステリア デザイン 

フォレスター

車の先進安全機能は各自動車メーカーが競い合って開発を進めています。ヒューマンエラーによる事故などの可能性を少しでも減らし、もしもの事故の際の被害を軽減してくれる先進安全機能は車種によって搭載されている内容が大きく異なるので、あらかじめしっかりと確認しておきたいポイントといえるでしょう。
ここではスバル「フォレスター」の安全性能についてご紹介します。

停止中バナー

フォレスターの安全性能の特徴

2018年に登場した現行型のフォレスターには全グレードにスバルの予防安全パッケージ「アイサイト コアテクノロジー」が標準装備になっています。

アイサイトは人の目のように距離を測る2つのステレオカメラによって障害物などを認識するシステムを採用しています。このステレオカメラは距離の認識はもちろん、車や歩行者、車線などの識別やカラー画像によるブレーキランプの認識が可能なほか、広い視野角や視認距離を持つのが特徴です。

このステレオカメラにさまざまなセンサーを組み合わせて車両の周囲の状況を把握し、ソフトウェアによって車を適切に制御し高度な運転支援を実現しています。

ここからはフォレスターの全グレードに搭載されているアイサイト コアテクノロジーに含まれる先進安全機能を見ていきましょう。

プリクラッシュブレーキ

プリクラッシュブレーキ出典:スバル「フォレスター」アイサイト・安全 予防安全

システムが危険を判断して自動ブレーキを作動させ、衝突回避や被害軽減を目指す機能です。衝突の可能性があるとシステムが判断した場合にはまずドライバーに注意喚起を行い、ブレーキ操作を促します。

ドライバーがブレーキ操作を行った場合は「プリクラッシュブレーキアシスト」を作動させブレーキ踏力をアシスト。ブレーキ操作がない場合、もしくはさらに衝突の危険性が高まった場合は自動でブレーキ制御を行い衝突回避、衝突被害の軽減をサポートします。

前方の車両、昼間の歩行者を認識しますが夜間には対応していません。約1~160km/hの速度域で作動します。

AT誤発進抑制制御(AT誤後進抑制制御)

AT誤発進抑制制御(AT誤後進抑制制御)出典:スバル「フォレスター」アイサイト・安全 予防安全

障害物を認識している状態でアクセルペダルが必要以上に踏み込まれると、エンジン出力やハイブリッドシステムの出力を制限して急発進や急加速を防止します。

前方だけでなく後方にも対応しています。また後退時に必要以上加速することがないようにあらかじめ制限速度が設定できる後退速度リミッターを搭載しているのは特筆すべきポイントでしょう。

低速(約10km/h)、中速(約15km/h)、高速(約20km/h)の3パターンで設定でき、設定速度を超過しそうになるとリミッターが作動し、後退時の安全運転をサポートします。

後退時ブレーキアシスト

後退時ブレーキアシスト出典:スバル「フォレスター」アイサイト・安全 予防安全

後退時にソナーセンサーで後方の障害物を検知し、衝突の可能性があるとシステムが判断した場合は障害物との距離に応じた警告表示と警報音でドライバーに危険を知らせます。それでも衝突が回避できないとシステムが判断すると自動でブレーキ制御を行い、衝突回避もしくは衝突被害の軽減をサポートします。

車線逸脱抑制

車線逸脱抑制出典:スバル「フォレスター」アイサイト・安全 予防安全

ステレオカメラが左右の車線を認識し、車線を逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合には警報音とディスプレイ表示で逸脱の可能性をドライバーに知らせるとともに、ステアリング操作をアシストして車線内走行を維持するようにサポートする機能です。

約60km/h以上で走行中に作動します。

全車速追従機能付きクルーズコントロール

全車速追従機能付きクルーズコントロール出典:スバル「フォレスター」アイサイト・安全 予防安全

停止時から約120km/hまでの幅広い車速域で安全な車間距離を確保しながら先行車に追従走行したり、あらかじめセットした車速で定速走行したりするシステムです。

全車速追従機能付きなので渋滞時にも対応し、高速道路や自動車専用道路でのドライバーの運転負荷を軽減し安全運転に貢献します。

ツーリングアシスト

ツーリングアシスト出典:スバル「フォレスター」アイサイト・安全 予防安全

車線逸脱抑制の機能と全車速追従機能付きクルーズコントロールの機能を利用して単調な高速巡航やストレスのかかる渋滞などの多い高速道路や自動車専用道路においてアクセル・ブレーキ操作とステアリング操作を総合的に自動制御し、ドライバーの疲労やストレスを大幅に軽減するようサポートする機能です。0~120km/hの幅広い速度域でおもな運転操作をアシストします。

警報&お知らせ機能

警報&お知らせ機能出典:スバル「フォレスター」アイサイト・安全 予防安全

約60km/h以上で走行時にシステムが車の走行パターンをふらつきであると判断した場合や、約40km/h以上で走行時に車線を逸脱しそうになるとディスプレイ表示と警告音でドライバーに注意喚起します。

また、ブレーキペダルを踏んで停止したまま先行車が約3m以上進んでも自車が発進しない場合にも同様に、警告音とディスプレイ表示でドライバーに知らせます。

以上が全グレードに搭載されているアイサイト コアテクノジーの先進安全機能です。ステアリング操作まで自動制御するツーリングアシストや後方の自動ブレーキ、後方誤発進抑制制御なども含まれ非常に充実した内容です。

上級グレードに搭載されるアイサイトセイフティプラス(運転支援)

ガソリン車の上級グレードである「Premium」とハイブリッドシステムのe-BOXERを搭載する「Advance」では、上記の安全性能に加えてアイサイトセイフティプラスが標準装備されます。以下がアイサイトセイフティプラスの内容です。

スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)

スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)出典:スバル「フォレスター」アイサイト・安全 予防安全

ドライバーの死角になりやすい後側方をセンサーによってモニタリングし、衝突の危険が伴う範囲に車両が接近するとドアミラーの内側のLEDインジケーターを点灯させ、安全な車線変更や駐車場などからの後退をサポートします。

アダプティブドライビングビーム

アダプティブドライビングビーム出典:スバル「フォレスター」アイサイト・安全 予防安全

ステレオカメラで先行車や対向車を認識し、LEDヘッドランプの前方車両にあたる部分のみを部分的に遮光する機能です。そのほかの部分はハイビームのままなので、眩惑を防ぎながらも夜間の視認性をしっかりと確保します。

アイサイトセイフティプラスは「Touring」と「X-BREAK」にもオプションで追加が可能です。

安く手に入れる

「Advance」にのみ装備される最新機能「ドライバーモニタリングシステム」

「Advance」にのみ装備される最新機能「ドライバーモニタリングシステム」出典:スバル「フォレスター」アイサイト・安全 予防安全

「Advance」にはスバル初となる乗員認識技術、ドライバーモニタリングシステムが装備されています。これはインパネセンターバイザーに内蔵されたカメラがドライバーの顔を認識し、あらかじめ登録されたシートの位置やドアミラー角度を自動で再現したり、そのドライバーが前回イグニッションOFFした際のメーター内表示やエアコン設定も再現したりする「おもてなし機能」を備えています。ドライバーは最大5人までの登録が可能で、ドライバーごとの平均燃費の表示なども行います。

「Advance」にはスバル初となる乗員認識技術、ドライバーモニタリングシステムが装備されています。出典:スバル「フォレスター」アイサイト・安全 予防安全

またドライバーが一定時間以上目を閉じていたり視線を大きく外したりすると、居眠りやわき見の可能性があるとシステムが判断し警告音やディスプレイ表示で注意喚起するなど、ドライバーの挙動を見守り安全運転に貢献する警報機能も備えています。

高い安全性能を持つフォレスター

このほかにもフォレスターには助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像をディスプレイに表示し、死角になりやすい位置の安全確認をサポートするサイドビューモニターや運転席・助手席のエアバッグ以外にも、ニーエアバッグやサイドエアバッグ、カーテンエアバッグや歩行者保護エアバッグを全車標準装備しています。

予防安全はもちろんのこと、衝突安全にも配慮されたフォレスターは高い安全性を持ったモデルであるといえるでしょう。

※記事の内容は2019年7月時点の情報で執筆しています。

スバルフォレスターの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のスバルフォレスターの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー