進化したレヴォーグの安全性能に迫る!「アイサイトX」に注目(2020年10月~)

進化したレヴォーグの安全性能に迫る!「アイサイトX」に注目(2020年10月~)

出典:スバル「レヴォーグ」ギャラリー

レヴォーグ

衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い時急発進抑制装置などの先進安全技術の搭載は、今や当然となりつつあります。どれだけ精度の高いシステムを採用しているか、またどれだけの種類の先進安全技術や運転支援技術を搭載しているかが車選びのひとつのポイントになる時代になったといえるでしょう。

ここでは、スバル「レヴォーグ」の安全性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔「新世代アイサイト」を全車に標準装備
✔「EX」グレードには高度運転支援システム「アイサイトX」を搭載
✔レヴォーグは全車が「サポカーSワイド」に該当

安く手に入れる

レヴォーグの安全性能の特徴

2020年10月に登場した2代目となるレヴォーグの特徴として、安全性能が大幅に向上されたことが挙げられます。広角化した新開発のステレオカメラと前後4つのレーダーを組み合わせて、360度センシングを実現した「新世代アイサイト」が全車に標準装備されたことは特筆すべきポイントでしょう。さらにソフトウエアの性能向上、電動ブレーキブースターの採用によってより高度なシステムへと進化しています。

「サポカーSワイド」に該当するのはもちろんのこと、360度センシングを可能にしたことによって、これまでは対応しきれなかった幅広いシーンにおいて安全運転をサポートすることが可能になりました。

また、現行型のレヴォーグの最も大きな特徴といえるのが高度運転支援システム「アイサイトX」の採用(グレード別設定)です。「アイサイトX」はGPSや衛星から得た情報と、車線レベルの高精度地図データを組み合わせることで自車の位置を正確に把握し、運転支援機能を別次元へ引き上げました。

「新世代アイサイト」によって可能になった機能

レヴォーグには、多数の機能が搭載されています。ここでは、「新世代アイサイト」の採用によって新たに搭載された機能を中心に紹介しましょう。

前側方プリクラッシュブレーキ

前側方プリクラッシュブレーキ出典:スバル「レヴォーグ」予防安全

見通しの悪い交差点や狭い路地、駐車場などから出庫する際などに前側方レーダーが前側方から接近する車両を検知し、衝突する危険があるとシステムが判断した場合には警告を発します。その状態でドライバーがブレーキを踏むなどの回避操作を取らなかった場合、自動ブレーキを作動させて衝突の回避、または衝突被害の軽減を図ります。

自車の速度が約1~20km/h、相手車速が約5~60km/hで作動します。

前側方警戒アシスト

フロントビューモニターを作動している状態で前側方レーダーが接近する車両を検知すると、モニター内にインジケーターを表示させて接近車両の存在を知らせ、道路進入が安全に行えるようにサポートします。

緊急時プリクラッシュステアリング

緊急時プリクラッシュステアリング出典:スバル「レヴォーグ」予防安全

現行型のレヴォーグでは、車両や歩行者、自転車の検知が可能で、交差点における衝突回避のサポートも可能な衝突被害軽減ブレーキである「プリクラッシュブレーキ」が搭載されています。

「緊急時プリクラッシュステアリング」は「プリクラッシュブレーキ」のブレーキ制御のみでは衝突が不可避であり、かつ周囲に回避のためのスペースがあるとシステムが判断した場合には、ブレーキ制御に加えてステアリング制御も行い、衝突回避をサポートしてくれる機能です。

エマージェンシーレーンキープアシスト

高速道路や自動車専用道路などの走行中に、隣車線後方から車が接近しているにもかかわらず車線変更をしようとした場合や、接近車両がいる側に車線逸脱を起こす可能性がある場合、音や表示でドライバーに危険を知らせるとともにステアリング操作をアシストし、車線からの逸脱を抑制します。

約60km/h以上で走行中に作動します。

一本化用レヴォーグ

高度運転支援システム「アイサイトX」

「EX」グレードに搭載される高度運転支援システム「アイサイトX」にはどんな機能が含まれているのかも確認してみましょう。

渋滞時ハンズオフアシスト

渋滞時ハンズオフアシスト出典:スバル「レヴォーグ」予防安全 アイサイト X(エックス)

高速道路や自動車専用道路において、渋滞によって停止している際(停止~約50km/h)に一定の条件を満たすとステアリングから手を離すことができる機能です。

渋滞時発進アシスト

渋滞時発進アシスト出典:スバル「レヴォーグ」予防安全 アイサイト X(エックス)

高速道路や自動車専用道路での渋滞時、ドライバーが前を向いているなど一定の条件がそろったとシステムが判断すれは、ドライバーの操作なしで発進してくれる機能です。停止と発進を頻繁に繰り返す渋滞時のドライバーのストレスや疲労を大きく軽減してくれるでしょう。

カーブ前速度制御

カーブ前速度制御出典:スバル「レヴォーグ」予防安全 アイサイト X(エックス)

進入するカーブに合わせて適切な速度に制御し、安全なコーナリングをサポートしてくれる機能です。
高速道路や自動車専用道路で走行中に作動します。

料金所前速度制御

料金所前速度制御出典:スバル「レヴォーグ」予防安全 アイサイト X(エックス)

高速道路などの料金所の手前に差し掛かると、ETCゲートを安全に通過できる車速まで減速し、ETCゲートを通過した後はあらかじめセットした車速まで加速する機能です。

この機能の搭載によって高速道路や自動車専用道路においてアクセル・ブレーキ・ステアリング操作をサポートする運転支援機能「ツーリングアシスト」をオフにすることなく料金所が通過できるようになりました。

アクティブレーンチェンジアシスト

アクティブレーンチェンジアシスト出典:スバル「レヴォーグ」予防安全 アイサイト X(エックス)

約70~120km/hで走行時、ドライバーがウィンカーを作動させるとシステムが安全な車線変更が可能かどうかを判断し、作動可能な状態であればステアリング制御を行いスムーズな車線変更をサポートする機能です。

ドライバー異常検知システム

ドライバー異常検知システム出典:スバル「レヴォーグ」予防安全 アイサイト X(エックス)

「ツーリングアシスト」が作動しているときに、ドライバーが長時間ステアリングから手を離している、また「渋滞時ハンズオフアシスト」作動中にドライバーがわき見や居眠りをしているとシステムが判断したときには警告を発します。

それでもドライバーがステアリングから手を離した状態が続いた場合は異常が発生したと判断し、徐々に減速・停止し、ハザードランプの点滅やホーンで周囲に異常を知らせます

カーリースならより充実した安全性能を搭載できる

レヴォーグに新車で乗るには、車両本体価格のほか、各種税金や自賠責保険料、手数料などの登録諸費用が必要です。これらは本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンに含められないケースでは現金で支払わなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、オプションの安全性能をあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、充実した安全性能を装備することが可能になります。

カーリースで安全性能のフル装備も可能になるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで新車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、車両本体価格が購入するよりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでレヴォーグに月額40,590円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、レヴォーグに月額40,590円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な自動車重量税や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくレヴォーグに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の延長保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額40,590円からレヴォーグに乗れるため、欲しい安全性能がオプションであっても、予算内で必要なだけ装備することが可能になります。

一本化用キャンペーンバナー

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして日本最安値(2021年3月定額カルモくん調べ)。

最新鋭の運転支援技術が体感できるレヴォーグ

レヴォーグはスバル車ならではの低重心パッケージと水平対向エンジンがもたらす力強い走り、そして高い積載性が魅力的なモデルではありますが、先進安全技術のレベルの高さにも目を見張るものがあります。高度運転支援システム「アイサイトX」はロングドライブが多い方にはかなりうれしい装備でしょう。

最新鋭の運転支援技術を体感しながら、安全で楽しいカーライフを満喫してください。

よくある質問

Q1:レヴォーグには先進安全技術は標準装備されているの?

A:はい、レヴォーグには新開発の広角化したステレオカメラと前後4つのレーダーを組み合わせることによって360度のセンシングを可能とし、これまで以上に幅広いシーンに対応する「新世代アイサイト」を全車に標準装備しています。

Q2:「新世代アイサイト」によって追加された先進安全技術にはどんなものがあるの?

A:見通しの悪い交差点などで前側方から近づく車を検知し、衝突の危険があるとブレーキ制御を行う「前側方プリクラッシュブレーキ」、ブレーキ制御だけでは衝突回避が不可能と判断した場合にステアリングの制御も行う「緊急時プリクラッシュステアリング」、車線変更を行う際に隣車線後方から接近する車両があるとステアリングを制御する「エマージェンシーレーンキープアシスト」などがあります。

Q3:高度運転支援システム「アイサイトX」って?

A:GPSや衛星から得た情報と高度な地図情報を組み合わせ、自車の位置を正確に把握することで次世代の運転支援を実現するシステムです。一定条件を満たすと渋滞時のハンズオフ運転が可能な「渋滞時ハンズオフアシスト」や渋滞時の再発進をシステムが行う「渋滞時発進アシスト」、料金所で安全な速度まで自動減速する「料金所前速度制御」などの機能があります。

Q4:レヴォーグはどの「サポカー」に該当するの?

A:レヴォーグは全車が「サポカーSワイド」に該当します。

※記事の内容は2021年3月時点の情報で執筆しています。

スバルレヴォーグの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のスバルレヴォーグの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー