ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

レヴォーグの安全性能を徹底解説!(~2020年9月)

レヴォーグの安全性能を徹底解説!

出典:スバル「レヴォーグ」フォトギャラリー

万一の交通事故を事前に回避したり衝突被害を軽減したりする先進安全性能はもはや車にとって欠かせない存在といってもいいかもしれません。近年の新型車には被害軽減(自動)ブレーキをはじめとする先進安全性能が搭載されているものが多くなっていますがメーカーやモデルによってその充実度は大きく異なるため、車選びの際にはその車がどのような安全性能を備えているのか細かい部分までしっかりと確認することが大切です。

ここではスバル「レヴォーグ」の安全性能について解説します。

レヴォーグの安全性能の特徴

レヴォーグにはスバルの予防安全技術「アイサイト コアテクノロジー」が全車に標準装備されています。アイサイトは人間の目と同じように距離を測ることができる検知システムを利用して車や歩行者、車線などを認識します。その情報と走行状況を合わせてシステムが必要な制御を判断し、衝突の回避や被害軽減をサポートしたりさまざまな運転支援を行ったりするのが特徴です。

レヴォーグに搭載されるアイサイト コアテクノロジーには先進機能である「ツーリングアシスト」も含まれています。

ツーリングアシストとは?

ツーリングアシストとは?出典:スバル「レヴォーグ」予防安全(アイサイト)

ツーリングアシストは高速道路においてアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をシステムが支援することで大幅なドライバーの運転負荷軽減を図る機能です。

0~約120km/hの車速域で車線と先行車を認識し、作動します。高速道路の運転時に必要な操作を自動でシステムがアシストすることでドライバーの疲れやストレスを減らし、安全運転に貢献する最先端の機能です。このツーリングアシストを標準装備しているモデルはスバルの中でもわずかしかなく、レヴォーグはスバル車の中でもトップクラスの先進安全性能を備えたモデルといえるでしょう。

レヴォーグに装備されるアイサイト コアテクノロジーの内容

ここからはレヴォーグに装備されているアイサイト コアテクノロジーの内容について見ていきましょう。

プリクラッシュブレーキ

プリクラッシュブレーキ出典:スバル「レヴォーグ」予防安全(アイサイト)

システムが先行車や歩行者などを検知して、衝突の危険性があると判断した場合にはまずディスプレイ表示とブザー音でドライバーに警告を発します。その状態でブレーキ操作やハンドルを切るなどの回避操作が行われなかった場合には弱い自動ブレーキを作動させ、それでも回避操作がなくさらに衝突の危険性が高まった場合には強い自動ブレーキを作動させて衝突回避、被害軽減をサポートする機能です。

作動速度域は約1~約160km/hと非常に幅広く、対車両の場合は自車との速度差が50km/h以内、対歩行者では速度差が35km/h以内で衝突の回避もしくは被害軽減が可能です。

先行車や歩行者だけでなく、二輪車や自転車にも対応しています。

AT誤発進抑制制御(前方・後方)

AT誤発進抑制制御(前方・後方)出典:スバル「レヴォーグ」予防安全(アイサイト)

アクセルとブレーキの踏み間違えやシフト操作ミスによる急加速や急発進を抑制し、衝突回避や被害軽減に寄与する機能です。

前方の場合はステレオカメラが障害物を検知し、その状態でアクセルが必要以上に強く踏み込まれたとシステムが判断した場合にはディスプレイ表示とブザー音で警告するとともにエンジン出力を抑制します。

後方の場合はシフトが「R」の状態でアクセルの急な踏み込みを検知した場合にシステムが誤発進と認識し、ディスプレイ表示とブザー音で注意喚起、同時にエンジン出力抑制を行い急発進・急加速を防ぎます。

また、必要以上の加速を防止するため、後退時の制限速度をあらかじめ設定しておける後退速度リミッターも備えています。

後退時ブレーキアシスト

後退時ブレーキアシスト出典:スバル「レヴォーグ」予防安全(アイサイト)

車両後方に設置された4つのソナーセンサーで壁などの障害物を検知し、障害物までの距離に応じた4段階の警告音とディスプレイ表示でドライバーに障害物の接近を知らせます。

衝突の危険性が高いとシステムが判断すると加速を抑制し、衝突が避けられないと判断した場合には自動ブレーキを作動させて衝突被害の軽減をサポートする機能です。

全車速追従機能付クルーズコントロール

全車速追従機能付クルーズコントロール出典:スバル「レヴォーグ」予防安全(アイサイト)

0~約120km/hの幅広い車速域で先行車を認識し、適切な車間距離を維持しながら追従走行し、先行車がいない場合にはあらかじめセットした車速で定速走行することで高速道路や自動車専用道路においてドライバーの運転負荷を軽減し、快適で安全なドライブをサポートする機能です。

最新の全車速追従機能式なので渋滞時にも対応しており、先行車が停止すると自車も減速・停止し、先行車が発進した際にはアクセル操作もしくはスイッチ操作で追従走行を再開します。

車線逸脱抑制

車線逸脱抑制出典:スバル「レヴォーグ」予防安全(アイサイト)

ステレオカメラが車線を認識し、車線から車両がはみだす危険がある場合にはステアリング操作を支援し、車線中央を走行するようにサポートする機能です。

約60km/h以上で走行中に作動します。

警報&お知らせ機能

警報&お知らせ機能出典:スバル「レヴォーグ」予防安全(アイサイト)

ステレオカメラが車線を認識している状態で車両が車線を逸脱しそうになったりふらついたりすると、ブザー音とディスプレイ表示でドライバーに注意を促します。

また、停車中に先行車が約3m以上進んでも自車が発進しない場合にアナウンスとディスプレイ表示で先行車の発進をドライバーに知らせ、出遅れを防ぎます。

レヴォーグの全車標準装備になっている先進安全性能は以上です。

アイサイトセイフティプラス

レヴォーグではアイサイト コアテクノロジーのほかにもドライバーの認識範囲を広げて安全運転を支援する「アイサイトセイフティプラス」があります。これは一部グレードのみに標準装備されますが、標準装備されないグレードにもオプションでの追加が可能です。

ここからはアイサイトセイフティプラスの内容を紹介します。

スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)(「1.6GT EyeSight Smart Edition」「1.6GT EyeSight V-SPORT」「1.6STI Sport EyeSight」「2.0STI Sport EyeSight」に標準装備、その他グレードにメーカーオプション)

スバルリヤビークルディテクション出典:スバル「レヴォーグ」アイサイト・安全

車両後部のセンサーによってドライバーの死角になりやすい後側方の車両を検知し、ドアミラーのインジケーターを点灯させて接近車両の存在を知らせます。その状態でドライバーが車線変更をしようとした場合、インジケーターを点滅させて危険を知らせ、安全な車線変更をサポートします。

また駐車場からバックで出庫する際に自車の後方から接近する車両を認識し、インジケーターの点滅とブザー音でドライバーに注意喚起する機能もあります。

ハイビームアシスト(自動防眩ルームミラー付き)(「1.6GT EyeSight Smart Edition」「1.6GT EyeSight V-SPORT」「1.6STI Sport EyeSight」「2.0STI Sport EyeSight」に標準装備、その他グレードにメーカーオプション)

ハイビームアシスト出典:スバル「レヴォーグ」予防安全(アイサイトセイフティプラス)

前方に車両がいない場合には基本的にハイビームで走行し、先行車や対向車のヘッドライトを検知すると自動的にロービームに切り替えるシステムです。約30km/h以上で走行時に作動します。

視認性のいいハイビームの使用頻度を上げて夜間走行時の歩行者などの早期発見に貢献するとともに、切り替え忘れや手動切り替えの手間をなくして安全運転に貢献します。

後続車のライトなどの眩しさを自動的に軽減する自動防眩ルームミラーも装備されます。

フロント&サイドビューモニター

フロントと助手席側ドアミラーに設置されたカメラが周囲の状況をモニターし、映像をマルチファンクションディスプレイに表示してドライバーの死角を減らし、安全運転をサポートする機能です。

見通しの悪い交差点での衝突事故防止に貢献するとともに、狭い道でのすれ違いや道路端への幅寄せ駐車などを安全に行えるようアシストします。

スマートリヤビューミラー(「1.6STI Sport EyeSight」「2.0STI Sport EyeSight」に標準装備、「1.6GT EyeSight」「1.6GT-S EyeSight」「2.0GT-S EyeSight」にメーカーオプション)

リヤゲートガラス内に設置されたカメラの映像を自動防眩ルームミラーに表示する機能です。荷物などで後方の視界が遮られたり悪天候や夕方などで後方の視界が悪くなったりする場合でもはっきりした後方の画像を表示することでドライバーの後方視界を確保し、安全な後方確認をサポートします。

カメラの映像を反映しない通常のミラーモードとカメラの映像を表示するディスプレイモードの切り替えはレバースイッチひとつで簡単に行えるよう工夫されています。

スマートリヤビューミラーのみ「1.6GT EyeSight Smart Edition」および「1.6GT EyeSight V-SPORT」にはオプション設定されていないので注意が必要です。

メルマガ登録

最先端の先進安全性能を備えたレヴォーグ

政府が普及を推進するセーフティ・サポートカー、通称サポカーの中で最も上位のサポカーSワイドの認定には歩行者検知が可能な被害軽減(自動)ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトの4つの機能の搭載が必要です。

レヴォーグの全車に標準装備されているアイサイト コアテクノロジーには先進ライトが含まれていませんが、レヴォーグにはステアリング操作に連動して進行方向の先を照射するステアリング連動ヘッドランプが標準装備となっています。

このステアリング連動ヘッドランプが先進ライトに相当するので、レヴォーグはサポカーSワイドに該当します。

レヴォーグはサポカーSワイドに必要な安全性能のほかにもツーリングアシストなどの先進安全性能を備え、高いレベルで安全・安心で快適なカーライフを提供するモデルであるといえるでしょう。

LINEクルマ診断

※記事の内容は2019年9月時点の情報で執筆しています。

スバルレヴォーグの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスバルレヴォーグの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード