ミラ トコットの安全性能を徹底解説!

ミラ トコットの安全性能を徹底解説!

出典:ダイハツ「ミラ トコット」ナビ・その他装備

ミラトコット

企画・開発時点から女性が参加し、ユーザー目線で使いやすさを追求したというダイハツ「ミラ トコット」。軽い力で開け閉めができる電気スイッチ式オープナーを備えた樹脂製のバックドアや、運転席から手の届きやすいポケッテリアなど、女性や高齢者をはじめ誰もが利用しやすいようにさまざまな工夫が凝らされている一台です。

生活に寄り添う車には実用性はもちろん、安心して使用できる安全性能も重要です。ここではミラ トコットの安全性能について紹介します。

一本化用ミラトコット

ミラ トコットの安全性能

シートベルトやエアバッグなどの衝突安全性に加えて、近年の新型車には被害軽減(自動)ブレーキをはじめとする予防安全技術が欠かせない時代となってきています。

2018年6月に登場したミラ トコットにはダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を採用し、時代に合わせた安全性能を持たせています。さらに運転席・助手席のエアバッグに加えサイドエアバッグ、カーテンシールドエアバッグを全車に標準装備しました。サイドエアバッグ・カーテンシールドエアバッグの全車標準装備は軽自動車初(※2018年6月、ダイハツ調べ)になります。

また、ミラ トコットでは車の運転に不慣れなエントリーユーザーにも配慮し、車両感覚をつかみやすく死角ができるだけ少なくなるように設計されているのもポイント。誰もが安心して運転できるように工夫されたモデルであるといえるでしょう。

ミラ トコットの「スマートアシストⅢ」の内容

ここでは、ミラ トコットの「スマートアシストⅢ」にはどのような先進安全機能が含まれているのか、見ていきましょう。

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対歩行者・対車両)

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対歩行者・対車両)出典:ダイハツ「ミラ トコット」安全性能

前方の歩行者や車両を検知し、衝突の危険があるとシステムが判断するとまず音や表示でドライバーに危険を知らせます。

その状態よりさらに衝突の危険が高まった場合、弱い事前ブレーキを自動で作動させて減速し、衝突事故の回避に努めます。事前ブレーキが作動している間にドライバーがブレーキ操作を行うとシステムがブレーキ踏力をアシストして制動力をアップ。

それでも衝突を回避できないとシステムが判断すると、強力な自動ブレーキを作動させて衝突被害の軽減をサポートする機能です。

自動ブレーキは対車両で約4~80km/hで走行時、対歩行者の場合は約4~50km/hで走行時に作動します。検知対象は前方約60m以内の車両と約30m以内の歩行者ですが、夜間の歩行者検知機能はありません。

車線逸脱警報

車線逸脱警報出典:ダイハツ「ミラ トコット」安全性能

約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知し、ウィンカー操作なしに車線をはみ出しそうになると音と表示で警報を発し、ドライバーに注意喚起する機能です。

誤発進抑制機能(前方・後方)

誤発進抑制機能(前方・後方)出典:ダイハツ「ミラ トコット」安全性能

前方では約4m、後方では約2~3m以内の障害物を検知している状態でアクセルペダルを必要以上の力で踏み込んだ場合、エンジン出力を制御してペダルの踏み間違いやシフト操作ミスによる急発進・急加速を防ぐ機能です。

自車の速度が約10km/h以下で、障害物を検知している場合に作動します。

オートハイビーム

オートハイビーム出典:ダイハツ「ミラ トコット」安全性能

約25km/h以上で走行中に車両前方の明るさを検知し、周囲の明るさや対向車の有無によって状況に応じてハイビームとロービームを自動で切り替えます。

手動で切り替えるわずらわしさを減少し、安全運転に貢献するとともに切り替え忘れも防ぐ機能です。

最上級グレードである「G“SA Ⅲ”」には、周囲の明るさに合わせて自動でヘッドランプを点灯・消灯するオートライト機能も付属します。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能出典:ダイハツ「ミラ トコット」安全性能

ブレーキペダルを踏んで停止中に、自車の前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも発進しない際に、音と表示でドライバーに先行車の発進を知らせます。

信号待ちや渋滞時での出遅れを防ぐ機能です。

以上がミラ トコットの「スマートアシストⅢ」に含まれる先進安全機能です。

安く手に入れる

コーナーセンサー(接近お知らせ表示つき)

コーナーセンサー(接近お知らせ表示つき)出典:ダイハツ「ミラ トコット」ナビ・その他装備

ミラ トコットの「スマートアシストⅢ」搭載車には、フロント4個、リヤの2個のコーナーセンサーが装備されています。

コーナーセンサーは車両の前後の障害物を検知して、車両と障害物の距離に応じて警報音を変化させることでドライバーに障害物までの距離を知らせます。

縦列駐車や駐車場、狭い路地などでの取り回しをサポートしてくれる機能です。

純正ナビ装着用アップグレードパック

純正ナビ装着用アップグレードパックには、バックカメラが含まれています。見えにくい車両後方の映像をナビ画面に映し出して、後方の安全確認をサポートする運転支援機能があるので、車庫入れが苦手な方には特におすすめです。

「X“SA Ⅲ”」に標準装備されるほか、「L”SA Ⅲ“」にオプションで追加が可能です。

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック出典:ダイハツ「ミラ トコット」ナビ・その他装備

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックにはフロントカメラ・バックカメラ・サイドカメラが含まれ、車両の前後左右の映像はもちろん、車を真上から見下ろしたような画像を合成してナビ画面に映し出すことで、ドライバーの死角になりやすい場所の安全確認をアシストします。

車庫入れはもちろん、幅寄せや狭い路地から出る際など、さまざまな場面でサポートしてくれる運転支援機能です。

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックは最上級グレードの「G“SA Ⅲ”」に標準装備されるほか、「X“SA Ⅲ”」にパノラマモニター対応カメラがオプションで設定されています。

グレードによる先進安全機能の充実度の差に注意しよう

ミラ トコットでは「スマートアシストⅢ」は全車標準装備にはなっておらず、エントリーグレード「L」には「スマートアシストⅢ」が搭載されていません。

そのため、ミラ トコットの「スマートアシストⅢ」を搭載するグレードは「サポカーSワイド」に認定されていますが、「スマートアシストⅢ」を搭載しない「L」はサポカーではないので注意が必要です。

また上級グレードになるにつれて運転支援機能が充実するので、どの程度の先進安全機能が自分には必要かを見極めて、安心できる一台を手に入れてください。

よくある質問

Q1:ミラ トコットには先進安全機能は全車標準装備されているの?

A:いいえ、ミラ トコットではダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」が採用されていますが、エントリーグレードの「L」には搭載されていないので、全車標準装備ではありません。

Q2:ミラ トコットに搭載される先進安全機能にはどんなものがあるの?

A:車両と昼間の歩行者の検知が可能な「衝突回避支援ブレーキ機能」、ペダルの踏み間違いやシフト操作ミス時の飛び出しを防ぐ「誤発進抑制制御機能」、車線からはみ出す危険を知らせる「車線逸脱警報」、自動でハイビームとロービームを切り替える「オートハイビーム」などがあります。

Q3:ミラ トコットの衝突安全性は?

A:ミラ トコットでは運転席と助手席のエアバッグに加え、全車にサイドエアバッグとカーテンシールドエアバッグを標準装備しており、衝突安全性にも配慮されています。

Q4:ミラ トコットはどのサポカーに該当するの?

A:ミラ トコットの「スマートアシストⅢ」搭載車はサポカーの中でも最も上位の「サポカーSワイド」に該当します。「スマートアシストⅢ」を搭載しない「L」はサポカーではありません。

※記事の内容は2020年5月時点の情報で執筆しています。

ダイハツミラトコットの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のダイハツミラトコットの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー