ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ミラージュの先進安全技術の充実度は?安全性能について解説

ミラージュの先進安全技術の充実度は?安全性能について解説

出典:三菱「ミラージュ」性能・特徴

ドライバーの安全運転を支援したり、事故の危険性を予測して衝突回避・衝突被害軽減をサポートしたりする車の先進安全技術は各メーカーが競って開発を進めていることもあり、さまざまな機能が登場しています。

さらに政府が「サポカー」制度によって衝突被害軽減ブレーキをはじめとする先進安全技術を搭載した車の普及を推進していることもあり、近年の新型車には、何らかの先進安全技術が搭載されることがほとんどです。

普及してきたとはいえ、車種によって先進安全技術の充実度には大きな差があります。そのため、車の安全性能は車選びの重要なポイントになるといえるでしょう。ここでは三菱「ミラージュ」の安全性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔全車に予防安全技術「三菱e-Assist」を標準装備
✔ミラージュは全車が「サポカーSワイド」に該当
✔今時の新型車の先進安全技術の充実度と比較すると物足りない面もある

ミラージュの安全性能の特徴

現行のミラージュは2012年8月、12年間の空白を経て日本に再登場したモデルです。

登場時には一部先進安全技術を搭載した車種も市場には登場していましたが、まだ今ほど普及していない時代でもあり、先進安全技術を搭載すると車両価格は高額になるため「低価格」をコンセプトのひとつに掲げるミラージュには先進安全技術は搭載されませんでした。

しかし、その後軽自動車にも先進安全技術が搭載され始めるなど、先進安全技術の搭載は必須といえる時代にさしかかったことを反映して、ミラージュは2015年12月のマイナーチェンジ時に予防安全技術「三菱e-Assist」を全車に採用しました。

比較的早い時期から予防安全技術が全車に標準装備された点は評価できるでしょう。

しかし、そのままの状態でしばらくアップデートされなかったため、フルモデルチェンジなどのタイミングで最新鋭の先進安全技術を搭載する軽自動車やコンパクトカーに後れを取る状態が続いていましたが、2020年4月のマイナーチェンジで「三菱e-Assist」に手が加えられました。

衝突被害軽減ブレーキの機能を強化、さらに複数の機能が追加されたことにより、今ではミラージュは全車が「サポカーSワイド」の認定を受けるモデルへと進化しています。

ミラージュの「三菱e-Assist」に含まれる先進安全技術

ここからは、ミラージュに搭載される「三菱e-Assist」にはどのような先進安全技術が含まれているのか、見ていきましょう。

衝突被害軽減ブレーキシステム

レーザーレーダーとフロントカメラによって前方車両や歩行者を検知し、衝突の危険があるとシステムが判断するとメーター内表示とブザー音でドライバーに注意喚起を行うとともに自動でブレーキを作動させ、衝突被害の回避や被害軽減をサポートする機能です。

検知対象は前方車両と歩行者で、対車両の場合は自車の速度が約5~約80km/h、対歩行者の場合は約5~約65km/hで走行時に作動します。

誤発進抑制機能

誤発進抑制機能出典:三菱「ミラージュ」性能・特徴

前方約4m以内に壁などの障害物を検知している状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ場合に、メーター内表示とブザー音でドライバーにシステムの作動を知らせるとともに約5秒間エンジン出力を抑制し、急加速や急発進を防いで衝突被害軽減をサポートします。

停車時、もしくは約10km/h以下の徐行時に作動します。後方の誤発進抑制機能はありません。

車線逸脱警報システム

車線逸脱警報システム出典:三菱「ミラージュ」性能・特徴

車速約60km/h以上で走行時、フロントカメラが左右の車線を監視します。その状態で車両が車線から逸脱する危険が発生した場合には、メーター内表示とブザー音でドライバーに注意喚起するシステムです。

オートマチックハイビーム

約30km/h以上でヘッドライトをつけて走行中に、先行車や対向車のライトや周囲の明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。

基本的にハイビームで走行するため夜間の遠方視認性が向上することに加え、手動切替えの手間をなくしてドライバーの負担を減らすことで安全運転に貢献します。

そのほかの安全装備についても確認してみよう

ミラージュには、先進安全技術以外にはどんな安全装備が搭載されているのでしょうか。

ヒルアシストスタート

ヒルアシストスタート出典:三菱「ミラージュ」性能・特徴

坂道発進する際、ブレーキペダルからアクセルペダルに踏み換える瞬間に最大で約2秒間ブレーキを自動で維持し、車両のずり落ちを防止する機能です。

急な坂道でも安心して発進できるので、坂道発進が苦手な方にうれしい機能といえるでしょう。

エマージェンシー ストップシグナルシステム

走行中に急ブレーキを踏んだ場合やABS(アンチロックブレーキシステム:急ブレーキ時などのタイヤロックを防いで横滑りなどを防ぐ機能)が作動した場合、ハザードランプを自動で点滅させて後続車に急ブレーキを知らせ、追突防止をサポートします。

エアバッグ

運転席・助手席のエアバッグはもちろん全車標準装備です。ミラージュではそれに加えて、オプションで万一の衝突事故の際に側面からの衝撃を和らげてくれるサイドエアバッグカーテンエアバッグを追加することも可能です。

メルマガ登録

プラスアルファの先進安全装備を期待したい

政府が普及を推進している「サポカー」は、搭載される先進安全技術の充実度によって分類があり、最上級の区分である「サポカーSワイド」の認定には歩行者と車両を検知する衝突被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトの搭載が必要です。

ミラージュは2020年4月のマイナーチェンジ時の安全性能の強化により「サポカーSワイド」に認定されるようにはなりましたが、認定に必要な機能しか搭載されていません。

今の時代に求められる最低限の安全性能はクリアしているといえますが、今や軽自動車にもステアリングアシストを伴う機能や高度な運転支援機能を搭載するモデルが多いので、若干物足りなく感じてしまう方もいるのではないでしょうか。

オプション設定などでプラスアルファの機能が追加されることを期待したいところです。

よくある質問

Q1:ミラージュには先進安全技術は全車標準装備されているの?

A:はい、ミラージュには予防安全技術「三菱e-Assist」が全車に標準装備されています。なお、2020年4月のマイナーチェンジ時に安全性能が強化され、「三菱e-Assist」に含まれる衝突被害軽減ブレーキの機能を向上させたほか、複数の先進安全技術が追加されました。

Q2:ミラージュに搭載される先進安全技術にはどのようなものがあるの?

A:ミラージュには、システムが前方車両や歩行者を検知し、衝突の危険があるとブレーキを作動させて衝突の回避や衝突被害軽減をサポートする「衝突被害軽減ブレーキシステム」、ペダルの踏み間違い時などの急加速を抑制する「誤発進抑制機能」、車線からはみ出す危険があると警告を発する「車線逸脱警報システム」、ヘッドライトを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」が全車に搭載されています。

Q3:ミラージュはどの「サポカー」に該当するの?

A:現行型のミラージュは、全車が「サポカー」の中でも最上級の区分である「サポカーSワイド」に該当します。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で執筆しています。

三菱ミラージュの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の三菱ミラージュの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード