ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ムーヴキャンバスの安全性能をチェック!オプションで追加できる機能はある?(2022年~現行モデル)

ムーヴキャンバスの安全性能をチェック!オプションで追加できる機能はある?(2022年~現行モデル)
ムーヴキャンバスの安全性能をチェック!オプションで追加できる機能はある?(2022年~現行モデル)

出典:ダイハツ「ムーヴキャンバス」外観・カラー

「ストライプス」と「セオリ―」、個性の異なる2つのスタイルをラインナップするダイハツ「ムーヴキャンバス」。衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置などの「サポカーSワイド」の認定要件を満たす機能だけではなく、駐車支援や安全確認をサポートしてくれる機能なども採用し、高い安全性を有しています。

ここでは、ムーヴキャンバスの安全性能について詳しく解説します。

  • 最新のステレオカメラを採用した予防安全機能「スマートアシスト」搭載
  • 「Gターボ」は「全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)」が標準装備
  • オプションで「BSM(ブラインドスポットモニター)」や「プラスサポート」が追加できる

ムーヴキャンバスの安全性能の特徴

2022年7月に登場した現行型のムーヴキャンバスでは、最新のステレオカメラの採用によって進化した予防安全機能「スマートアシスト」を採用し、従来型よりも検知対象や検知距離を拡大、さらに対応速度を向上させています。

また、高速道路などの自動車専用道路での運転を支援する機能などを追加したほか、専用のキーでエントリーすることで障害物の有無に関係なくペダル操作ミス時の急加速を抑制する「プラスサポート」をオプションに採用しているのも特筆すべきポイントといえるでしょう。

ムーヴキャンバスの先進安全技術

ここでは、ムーヴキャンバスに採用されているおもな先進安全技術について見ていきましょう。

衝突回避支援ブレーキ機能/衝突警報機能

衝突回避支援ブレーキ機能/衝突警報機能出典:ダイハツ「ムーヴキャンバス」運転支援機能

前方にいる車両や歩行者を検知し、ぶつかる危険がある場合は警告します。その時点でドライバーがブレーキを踏めばブレーキアシストを行い、それでも衝突の回避が難しいとシステムが判断した場合は強いブレーキを作動させ、事故の回避や衝突被害の軽減をサポートします。

現行型では自転車や二輪車、夜間の歩行者検知にも対応しています。

ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)

ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)出典:ダイハツ「ムーヴキャンバス」運転支援機能

約10km/h以下で走行時に障害物を検知している状態でアクセルを強く踏み込んだ場合、システムが踏み間違いを判定して警告を発するとともにエンジン出力を抑制します。それでも障害物との衝突の危険が排除できない場合は、ブレーキ制御も作動します。

車線逸脱抑制制御機能/車線逸脱警報機能

車線逸脱抑制制御機能/車線逸脱警報機能出典:ダイハツ「ムーヴキャンバス」運転支援機能

車線からはみ出す危険が発生すると音や表示で注意喚起するとともに、ムーヴキャンバスを車線内に戻す方向にステアリング操作をアシストし、車線逸脱回避をサポートする機能です。

路側逸脱警報機能/ふらつき警報

約60km/h以上で走行中に蛇行するなどふらつきを検知した場合や、路側へはみ出す危険を検知した場合は警告を発し、ドライバーに知らせる機能です。

AHB(オートハイビーム)/ADB(アダプティブドライビングビーム)

「X」では、自動でハイビームとロービームを切り替える「AHB(オートハイビーム)」が搭載されます。フルLEDヘッドランプが備わる「G」「Gターボ」では、対向車や先行車を検知すると部分的にLEDランプを遮光し、周囲に配慮しながらも高い夜間視認性を確保できる「ADB(アダプティブドライビングビーム)」になります。

標識認識機能

標識認識機能出典:ダイハツ「ムーヴキャンバス」運転支援機能

ステレオカメラが最高速度、進入禁止、一時停止の標識を認識し、メーターに表示することでドライバーの標識見落としを防止するようにサポート。標識に従った安全運転に貢献します。

全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)(Gターボに標準装備、Gにメーカーオプション)

全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)(Gターボに標準装備、Gにメーカーオプション)出典:ダイハツ「ムーヴキャンバス」運転支援機能

先行車を検知して、設定した車速内で車間距離を維持するように加減速をサポートし、ロングドライブ時のドライバーの負担を減らしてくれる機能です。

LKC(レーンキープコントロール)(Gターボに標準装備、Gにメーカーオプション)

LKC(レーンキープコントロール)(Gターボに標準装備、Gにメーカーオプション)出典:ダイハツ「ムーヴキャンバス」運転支援機能

アダプティブクルーズコントロール作動時に、車両が車線の中央付近を走行するようにステアリング操作をサポートする機能です。

ムーヴキャンバスにはこのほかにも、先行車の発進を知らせる機能や、駐車時などに障害物を検知し、距離に応じて警告音を変えて障害物への接近を知らせる機能などもあります。

オプションで追加できる先進安全技術

先述した機能のほかに、全車にオプション設定されている先進安全技術もあります。

スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)

スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)出典:ダイハツ「ムーヴキャンバス」運転支援機能

駐車時のステアリング操作をシステムが支援。ドライバーは画面や音声案内に従ってペダル操作を行えるので、安全確認をしながらのスムーズな駐車が可能になります。

パノラマモニター

車両の前後左右に設置したカメラから得た情報を処理し、ムーヴキャンバスを真上から見下ろしたような映像を表示してドライバーが目視しにくい部分を可視化し、安全確認をサポートします。

BSM(ブラインドスポットモニター)

BSM(ブラインドスポットモニター)出典:ダイハツ「ムーヴキャンバス」ナビ・オプション

車線変更時に、後側方の死角領域にいる車両を認識してピラーに設置したインジケーターや音でドライバーに知らせます

後退時には後方を横切る接近車両を検知して警告する「RCTA(リヤクロストラフィックアラート)」に、また停車時にはドアの開閉時に後方から接近する車両を検知して注意喚起する「DOW(ドアオープンワーニング)」として機能します。

安全性能にこだわる方も納得のムーヴキャンバス

ムーヴキャンバスは全車が「サポカーSワイド」に該当し、サポカー限定免許の対象車でもあります。さらに上級グレードにはロングドライブを楽にしてくれる機能を搭載していることに加え、オプションで追加できる機能もあるので車の安全性能にはこだわりたい、という方も満足できる安全性能を備えたモデルといえるのではないでしょうか。

あなたと相性最高の車は?約100種の国産車からピッタリの一台が見つかる!LINEで無料診断してみる

よくある質問

Q1:ムーヴキャンバスはどの「サポカー」?

A:ムーヴキャンバスは、全車が「サポカーSワイド」に該当する安全性能を有しており、サポカー限定免許の対象車です。

Q2:ムーヴキャンバスにはどのような先進安全技術があるの?

A:自転車や二輪車、夜間の歩行者検知に対応した「衝突回避支援ブレーキ機能/衝突警報機能」や、エンジン出力の抑制だけではなくブレーキ制御まで行う「ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)」、車線からはみ出さないようにサポートする「車線逸脱抑制制御機能/車線逸脱警報機能」などのさまざまな先進安全技術が搭載されています。

※この記事は2022年11月時点の情報で制作しています

ダイハツムーヴキャンバスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツムーヴキャンバスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる