N-WGNの安全性能を徹底解説!

N-WGNの安全性能を徹底解説!

出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

貯金ゼロでも

被害軽減(自動)ブレーキをはじめとする車の先進安全機能は各メーカーが競って開発していることもあり、次々と新しい機能が誕生しています。今や先進安全機能は車になくてはならない存在になりつつあり、その充実度が車選びのポイントともなる時代です。

車の先進安全性能は車種によってはもちろん、同じ車種でもグレード間で充実度が異なることもあるので、どのような機能が搭載されているのかを確認して車を選ぶようにしましょう。ここではホンダ「N-WGN」の安全性能について紹介します。

N-WGNの安全性能の特徴

N-WGNでは、ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備し、高い安全性能を持つのが特徴です。N-WGNに搭載される「Honda SENSING」では、横断中の自転車の検知が可能な衝突軽減ブレーキを軽自動車で初めて(※2019年7月、ホンダ調べ)採用しています。

また、運転席と助手席のエアバッグに加え、側面からの衝撃を和らげるサイドエアバッグやサイドカーテンエアバッグを全車に標準装備している点も特筆すべきポイントといえるでしょう。

N-WGNの「Honda SENSING」の内容

ここからは、N-WGNに搭載される「Honda SENSING」に含まれる先進安全機能には、どんなものがあるのか見ていきましょう。

衝突軽減ブレーキ

衝突軽減ブレーキ 出典:ホンダ「N-WGN」性能・安全 予防安全性能

ミリ波レーダーと単眼カメラで前方を走る車や歩行者などを検知して、衝突の危険があると警告を発してドライバーに注意喚起を行います。さらに距離が縮まるなど衝突の危険が増した場合は弱いブレーキをかけ、衝突が回避できないとシステムが判断した場合には強いブレーキを作動させて衝突被害の軽減をサポートする機能です。

検知している対象物と自車の速度差が約5km/h以上ある場合、また車両と歩行者、移動する自転車に対しては約100km/h以下で自車が走行している場合に作動します。

現行型のN-WGNでは、車両と昼間の歩行者に加えて横断する自転車の検知も可能な上、夜間歩行者の検知機能も向上させています。

誤発進抑制機能 (前方・後方)

誤発進抑制機能 (前方・後方)出典:ホンダ「N-WGN」性能・安全 予防安全性能

停車時、もしくは約10km/h以下の低速で走行している際に、近距離にある壁などの障害物を検知します。ドライバーが誤ってアクセルペダルを踏み込むとエンジン出力を抑制し、急加速を防ぐ機能です。

前方に加えて後方にも対応しています。

路外逸脱抑制機能

路外逸脱抑制機能 出典:ホンダ「N-WGN」性能・安全 予防安全性能

システムが車線を検知し、車両が車線を逸脱する危険性があると判断した場合にはディスプレーの表示とステアリングの振動でドライバーの回避操作を促す機能です。大きく車線から逸脱しそうな場合は、ステアリング操作を支援して車線逸脱を防ぐようサポートする機能も搭載しています。

車線維持システム

車線維持システム 出典:ホンダ「N-WGN」性能・安全 予防安全性能

システムが車線を認識し、車線中央の走行を維持するようにステアリング操作を支援する機能です。車線からはみ出しそうになった場合にはステアリングの振動で警告を発するとともに、車線中央の走行を維持するようステアリング操作の支援を行い、安定した走行をサポートし事故防止に貢献します。

歩行者事故低減ステアリング

歩行者事故低減ステアリング 出典:ホンダ「N-WGN」性能・安全 予防安全性能

システムが車線と歩行者を検知して、車両が歩行者側の車線を逸脱し、歩行者と衝突する危険があると判断した場合には音とディスプレー表示でドライバーに衝突の危険を知らせます。

加えて車道方向へのステアリング操作の支援を行い、歩行者との衝突事故の回避をサポートする機能です。

自車の速度が、約10~40km/hで走行中に作動します。

渋滞追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール

渋滞追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール 出典:ホンダ「N-WGN」性能・安全 予防安全性能

事前に設定した速度で低速走行を行ったり、適切な車間距離を確保しながら先行車に追従走行したりして高速道路でのドライバーの運転負荷を減らし、安全運転に貢献する機能です。

N-WGNのアダプティブ・クルーズ・コントロールは渋滞追従機能付きなので、先行車が停止したら自車も自動的に停止します。先行車が走り始めればスイッチまたはアクセル操作で発進した後、追従走行を再開するので渋滞時のドライバー疲労やストレスを軽減します。

渋滞追従機能の搭載はホンダの軽自動車初(※2019年7月、ホンダ調べ)となります。

標識認識機能

標識認識機能 出典:ホンダ「N-WGN」性能・安全 予防安全性能

システムが道路標識を認識し、最適なタイミングでマルチインフォメーションディスプレイに表示することでドライバーの標識見落としを防ぐ機能です。

最高速度、はみだし通行禁止、一時停止、車両進入禁止の4種類の標識の認識が可能です。

オートハイビーム

オートハイビーム 出典:ホンダ「N-WGN」性能・安全 予防安全性能

周囲の明るさや先行車・対向車を検知して、自動でロービームとハイビームを切り替える機能です。ハイビームの使用頻度を増やすことで夜間の歩行者の早期発見に貢献するほか、手動切り替えの手間や切り替え忘れをなくすメリットもあります。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能 出典:ホンダ「N-WGN」性能・安全 予防安全性能

前方約10m以内の先行車を検知し、先行車が発進しても自車が停止し続けた際に音とディスプレー表示でドライバーに先行車の発進を知らせる機能です。

信号待ちなどでの出遅れ防止をサポートします。

N-WGNでは、全車にこれだけの先進安全機能を標準装備(一部グレードにレスオプションあり)しており、サポカーの中でも最も上位の分類の「サポカーSワイド」の認定を受けています。軽自動車初となる技術も複数搭載し、非常に高い安全性能を有したモデルであるといえるでしょう。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

月々17,320円から乗れるN-WGNのお試し審査をチェック!

N-WGN

N-WGN 月額17,320円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

審査は契約にはなりません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
N-WGNは月額17,320円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくN-WGNのプランを知りたい方はこちら

優れた安全性能を持つN-WGNで安全なカーライフを

車の安全はカーライフの基本ともいえるものです。すべてのドライバーには安全運転を行う義務がありますが、それでも避けられないヒューマンエラーなどは存在します。

そのため、事故の危険性を減らしたり、万一の事故の際には被害を軽減したりしてくれる車の先進安全機能にはこだわって車を選びましょう。N-WGNは軽自動車の中でもトップクラスの安全性能を持つモデルです。グレード間で差をつけず、全車が同じ充実した先進安全機能を搭載しているのも評価できるポイントだといえるでしょう。

よくある質問

Q1:N-WGNには先進安全機能は全車標準装備されているの?

A:はい、N-WGNにはホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」が全車標準装備されています。ただし、最もお手軽なグレードである「G・Honda SENSING」は「Honda SENSING」レス仕様の選択も可能です。

Q2:N-WGNに搭載される先進安全機能にはどんなものがあるの?

A:車両と歩行者、横断中の自転車を検知する「衝突軽減ブレーキ」やペダル踏み間違い時の急発進を防ぐ「誤発進抑制機能」、車線からのはみだしを抑制する「路外逸脱抑制機能」や車線の中央を走行するように支援する「車線維持システム」、自動でハイビームとロービームを切り替える「オートハイビーム」や道路標識を認識して見落としを防止する「標識認識機能」などがあります。

Q3:N-WGNに搭載される軽自動車初の安全技術って?

A:N-WGNに搭載される「衝突軽減ブレーキ」は車両と歩行者に加えて横断中の自転車の検知が可能です。軽自動車で横断中の自転車の検知に対応したのはN-WGNが初となります。

Q4:N-WGNはどのサポカーに該当するの?

A:N-WGNは政府が推奨を普及するサポカーの中で、最も装備内容が充実した「サポカーSワイド」に認定されています。「Honda SENSING」レス仕様車を選択した場合はサポカーではありません。

※記事の内容は2020年3月時点の情報で執筆しています。

ホンダN-WGNの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のホンダN-WGNの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー