ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

オデッセイの安全性能を解説!多数の運転支援機能を搭載

オデッセイの安全性能を解説!多数の運転支援機能を搭載

出典:ホンダ「オデッセイ」走行性能

ホンダ「オデッセイ」は後部座席でもゆったりと座れる広い室内や高級感のあるインテリア、高い燃費性能が評価され、ホンダ車の中でも高い人気を誇る上級ミニバンです。

そんなオデッセイの安全装備はどのようになっているのでしょうか。かつては車の安全装備というとシートベルトやエアバッグがおもな物でしたが、今では衝突被害軽減ブレーキをはじめとする先進安全技術が中心になりつつあります。ここでは、オデッセイの安全性能について詳しく紹介します。

  • オデッセイは全車に「Honda SENSING」を標準装備
  • 駐車をサポートする「Hondaスマートパーキングアシストシステム」を採用
  • オデッセイは全車「サポカーSワイド」ではない

オデッセイは「Honda SENSING」を全車に標準装備

ホンダにはミリ波レーダーと単眼カメラで周囲の状況を把握し、状況に応じて車両を総合制御する予防安全機能パッケージの「Honda SENSING」が標準装備されています。

「Honda SENSING」は搭載される車種によって含まれる機能の種類や内容が変わります。ここではオデッセイに搭載されている「Honda SENSING」の機能をご紹介します。

衝突軽減ブレーキ

衝突軽減ブレーキ出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

先行車や対向車、歩行者を認識して衝突回避を支援する機能で、先進安全機能の核をなすシステムです。

歩行者や先行車、対向車との距離や速度差からシステムが衝突の可能性ありと判断するとまずは警告を発してドライバーに危険を知らせます。さらに危険が高まった場合は軽いブレーキを作動、それでも衝突が回避できないと判断すると強力なブレーキを作動させて衝突回避・被害軽減を図ります

自車の速度が約80km/h以下で走行時に作動します。昼間の歩行者の検知には対応していますが、夜間検知はできません。

誤発進抑制機能(前方・後方)

誤発進抑制機能(前方・後方)出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

アクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進・急加速を防ぐ機能です。停車時や約10km/h以下の徐行時、ミリ波レーダーが近距離に車両などを検知している状態でアクセルが強く踏み込まれるとエンジンやハイブリッドシステムの出力を自動制御し、急な発進を抑制するとともにドライバーに警告を発します

2020年11月のマイナーチェンジでは、後方の誤発進抑制機能も追加されました。

路外逸脱抑制機能

路外逸脱抑制機能出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

単眼カメラが車線を認識して、車が車線からはみ出る可能性がある場合にはステアリングの振動とディスプレイ表示でドライバーに注意喚起するとともにステアリング操作をアシストします。

車線逸脱による衝突事故の回避・軽減に寄与するシステムです。

歩行者事故低減ステアリング

路外逸脱抑制機能出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

単眼カメラとミリ波レーダーが車線と路側帯の歩行者を検知している状態で、車が歩行者に向かって車線を逸脱していく可能性がある場合に警告音とディスプレイ表示で危険を知らせるとともにステアリング操作を支援してドライバーの回避操作を促し、歩行者との接触事故を防ぎます。

車線維持支援システム

車線維持支援システム出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

おもに高速道路などでの走行時、単眼カメラが車線を検知して車線の中央付近を走行するようにステアリング操作を支援するシステムです。約65km/h以上で走行時に作動します。

車線を逸脱しそうになった場合にはステアリングを振動させて警告するとともに車線中央に戻るようにステアリング操作をアシストします。

標識認識機能

標識認識機能出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

道路標識を認識して適切なタイミングでディスプレイに表示し、ドライバーに標識を再認識させるとともに見落としなどを防ぎます。

最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止、車両進入禁止の4種類の標識を認識します。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

ブレーキペダルを踏んで停車している際に、先行車が進んでも自車が発進しない際に警告音とディスプレイ表示で先行車の発進をドライバーに知らせる機能です。

渋滞時や信号待ちでの出遅れを防ぎます。

アダプティブクルーズコントロール(「e:HEV」車は渋滞追従機能付き)

アダプティブクルーズコントロール(「e:HEV」車は渋滞追従機能付き)出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

あらかじめ設定した車速で定速走行したり、先行車との適切な車間距離を維持しながら追従走行したりしてドライバーの運転負荷軽減に貢献し、安全運転をサポートする機能です。

ガソリン車では約30km/h以下でキャンセルされますが、「e:HEV」車には渋滞追従機能がついているので渋滞などで先行車が停車したら自車も停止し、先行車が走行を再開したらスイッチ操作もしくはアクセル操作で追従走行を再開します。

オデッセイの「Honda SENSING」には以上の内容が含まれています。ステアリング操作を伴うシステムや交通標識認識システムがあるなど充実した装備内容になっていますが、先進ライトが含まれていないのが残念なポイントといえるでしょう。

そのほかのオデッセイの安全機能

オデッセイの「Honda SENSING」以外の安全機能も確認してみましょう。

ブラインドスポットインフォメーション(「ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX」に標準装備)

ブラインドスポットインフォメーション(「ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX」に標準装備)出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

ドライバーの死角になる斜め後ろに接近する車両があると、その方向のドアミラーのマークを点灯させて注意喚起します。その状態で車両のいる方向にウィンカーを出すと、マークを点滅させるとともに警告音を発し危険が迫っていることをドライバーに知らせ、安全な車線変更などを支援する機能です。

マルチビューカメラシステム

マルチビューカメラシステム出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

車両に取り付けられた4つのカメラが周囲の映像を撮影し、ナビゲーション画面に映し出すことでドライバーから死角になりやすい部分を画像で確認することができるシステムです。

フロントビューと左右のサイドビュー、リアビューに加えて上空から見下ろしたようなグラウンドビューで確認できます。

Hondaスマートパーキングアシストシステム

Hondaスマートパーキングアシストシステム出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

 

システムが駐車枠を認識し、自動でハンドル操作を行ってバックでの駐車や縦列駐車をアシストする機能です。ハンドル操作以外のシフトチェンジやアクセル・ブレーキ操作はドライバーが行いますが、システムがそのタイミングを判断しナビゲートしてくれるので駐車が苦手な方でも安心して駐車できます。

パーキングセンサーシステム

パーキングセンサーシステム出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

8個のセンサーで車両の前後の障害物を検知し、障害物との距離に応じて警報音やナビゲーション表示を変化させてドライバーに障害物の接近を知らせるシステムです。

駐車時・出庫時などの安全確保をサポートします。

後退出庫サポート(「ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX」に標準装備)

後退出庫サポート(「ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX」に標準装備)出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

リアバンパー左右に設置されたレーダーで車両後方の左右から接近する車両を認識し、警告音と画面表示で知らせるシステムです。安全な後退出庫を支援します。

真後ろから接近する車両は検知できないので注意が必要です。

LEDアクティブコーナリングライト(「ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX」に標準装備)

LEDアクティブコーナリングライト(「ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX」に標準装備)出典:ホンダ「オデッセイ」予防安全機能

ヘッドライト運転中にウィンカー操作を行ったり、ステアリングを操作したりするとアクティブコーナリングライトが点灯し、夜間のコーナーの視認性を確保します。

歩行者や停止車両の早期発見をサポートして、夜間運転の安全性向上に貢献します。

メルマガ登録

駐車を支援してくれる機能など、ハイレベルな先進技術を搭載するオデッセイ

オデッセイではLEDアクティブコーナリングライト(先進ライト)が装備される「ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX」は「サポカーSワイド」に該当しますが、そのほかのグレードは先進ライトが搭載されていないので「サポカーSベーシック+」になります。

先進ライトが全車に標準装備されないのは残念ですが、駐車をサポートする機能なども搭載されており、全体的な先進安全技術はかなりレベルの高いものになっています。上級ミニバンにふさわしい安全性能を備えたモデルといえるでしょう。

LINEクルマ診断

よくある質問

Q1:オデッセイには先進安全技術は全車標準装備なの?

A:はい、オデッセイにはホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」はもちろんのこと、そのほかにも駐車を支援する「Hondaスマートパーキングアシストシステム」や視界を拡張して安全確認をサポートする「マルチビューカメラシステム」が全車に標準装備されています。

Q2:オデッセイに搭載される「Honda SENSING」にはどんな機能が含まれているの?

A:事故の危険を予測してブレーキ制御を行う「衝突軽減ブレーキ」、操作ミスによる急加速を抑制する「誤発進抑制機能(前方・後方)」、車線からはみ出さないようにステアリング操作を支援する「路外逸脱抑制機能」、車線中央付近の走行を維持するようにサポートする「車線維持支援システム」などの多彩な機能が搭載されています。

Q3:オデッセイはどの「サポカー」に該当するの?

A:LEDアクティブコーナリングライト(先進ライト)が装備される「ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX」は「サポカーSワイド」の認定を受けていますが、LEDアクティブコーナリングライトを搭載しないグレードはワンランク下の「サポカーSベーシック+」の認定にとどまります。

※記事の内容は2021年5月時点の情報で執筆しています。

ホンダオデッセイの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダオデッセイの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード