ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

アウトランダーの安全性能を徹底解説!

アウトランダーの安全性能を徹底解説!

出典:三菱「アウトランダー」

すべてのドライバーは安全運転を心掛ける義務がありますが、避けられないヒューマンエラーなどによる事故は存在します。そんな万一の事故の危険を減らしたり、被害を軽くしたりしてくれる車の安全性能は車種によって差があるので、車選びの際にはその車がどのような安全機能を備えているのかを確認することが大切です。

ここでは三菱「アウトランダー」の安全性能について紹介します。

アウトランダーの安全性能の特徴

アウトランダーには、レーザーレーダーとカメラの2種類のセンサーで周囲の状況をモニターし、事故の危険を知らせ、被害を回避・軽減するようにサポートする予防安全技術「e-Assist」が全車に標準装備されています。

「e-Assist」に含まれる先進安全機能の充実度はグレードによって差がありますが、全車が経済産業省や国土交通省が普及を推進しているサポカーの中でも最も上位の分類である「サポカーSワイド」に認定されているのは評価できるポイントだといえるでしょう。

アウトランダーに搭載される先進安全機能

ここからは、アウトランダーに搭載される「e-Assist」に含まれる先進安全機能について、見ていきましょう。

衝突被害軽減ブレーキシステム

衝突被害軽減ブレーキシステム出典:三菱「アウトランダー」安全性能

前方の車両や歩行者を検知して、事故の危険性があるかをシステムが判断します。事故の危険がある場合はまず警報を発してドライバーに注意喚起を行い、さらに危険が高まった場合にはブレーキを作動させて減速し、衝突の回避をサポートします。

それでも衝突が避けられないとシステムが判断した場合には強力なブレーキを作動させ、衝突被害を軽減するようアシストします。

前方車両と昼間の歩行者の検知が可能で、対車両の場合は自車の速度が約5~80km/h以上、対歩行者の場合は約5~65km/hで走行中に作動します。

誤発進抑制機能(前進時&後退時)

誤発進抑制機能(前進時&後退時)出典:三菱「アウトランダー」安全性能

車両の前後に装備している超音波センサーが進行方向に壁などの障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合に警告音とディスプレイ表示でドライバーにペダルの踏み間違いやシフト操作ミスを知らせるとともにエンジン出力を自動で抑制し、急加速や急発進による衝突の回避・被害軽減をサポートする機能です。

停車時~約10km/h以下の徐行時に作動します。

車線逸脱警報システム

車線逸脱警報システム出典:三菱「アウトランダー」安全性能

車速約60km/h以上で車線を検知し、車両が車線を外れそうになると警報音とディスプレイ表示でドライバーに注意喚起する機能です。

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビーム出典:三菱「アウトランダー」安全性能

周囲の明るさや対向車・先行車のライトを検知し、状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。

切り替え忘れを防ぐとともに手動切り替えの負担をなくして安全運転に貢献するほか、夜間の視認性を高めて歩行者の早期発見をサポートします。

レーダークルーズコントロールシステム(「G」「G Plus Package」に標準装備)

レーダークルーズコントロールシステム(「G」「G Plus Package」に標準装備)出典:三菱「アウトランダー」安全性能

システムが先行車を検知し、設定した車間距離を維持しながら追従走行を行い、ドライバーの運転負荷を減らして安全運転をサポートする機能です。アウトランダーのレーダークルーズコントロールシステムは車速約40km/h以下の低速、停止にも対応しているので、発進と停止を繰り返す渋滞時などのドライバーのストレスや負担も軽減してくれます。

オプションで追加できる先進安全機能

アウトランダーでは、ベースグレードの「M」以外にオプションで追加できる先進安全機能があります。

後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)(「G」「G Plus Package」にメーカーセットオプション)

後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)(「G」「G Plus Package」にメーカーセットオプション)出典:三菱「アウトランダー」安全性能

リヤに設置された電波式レーダーでドライバーの死角になりやすい斜め後ろからの接近車両を検知し、ドアミラーインジケーターを点灯させてドライバーに接近車両の存在を知らせます。

その状態で接近車両のいる方向のウィンカーを作動させると、ドアミラーインジケーターを点滅させて注意喚起し、安全な車線変更をサポートする機能です。

後退時車両検知警報システム(「G」「G Plus Package」にメーカーセットオプション)

後退時車両検知警報システム(「G」「G Plus Package」にメーカーセットオプション)出典:三菱「アウトランダー」安全性能

リヤの電波式レーダーで、死角になりやすい斜め後方の接近車両を検知すると警報音とディスプレイ表示、ドアミラーインジケーターの点滅でドライバーに注意喚起し、後退しての出庫時などの安全確認をサポートする機能です。

自車の車速が0~約18km/h、接近車両の車速が約7km/h以上で作動します。

7つのエアバッグを全車に標準装備

7つのエアバッグを全車に標準装備出典:三菱「アウトランダー」安全性能

アウトランダーでは、運転席・助手席のエアバッグに加えて、運転席ニーエアバッグ、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグの計7個のエアバッグを全車に標準装備し、予防安全だけでなく衝突安全にも配慮されています。

メルマガ登録

高い安全性を持つアウトランダーで安心してカーライフを楽しもう!

アウトランダーは全車が「サポカーSワイド」に認定されている上、7つものエアバッグを標準装備するなど高い安全性を持つモデルといえます。

「G」「G Plus Package」では最新鋭の運転支援技術である渋滞時にも対応するレーダークルーズコントロールが搭載されている上、オプションで視認性を高める機能も追加することが可能です。より高い安全性能を車に求める方は、「G」もしくは「G Plus Package」を選ぶといいでしょう。

安心してカーライフを送るために、車の安全性能は必ず確認して車を選ぶようにしてください。

よくある質問

Q1:アウトランダーには先進安全機能は全車標準装備されているの?

A:はい、アウトランダーには全車に三菱の予防安全技術「e-Assist」が標準装備されています。

Q2:アウトランダーに搭載される先進安全機能にはどんなものがあるの?

A:車両と歩行者が検知対象の「衝突被害軽減ブレーキシステム」、車線のはみ出しの危険を警告する「車線逸脱警報システム」、ペダルの踏み間違いによる飛び出し防止をサポートする「誤発進抑制機能」やハイビームとロービームの切り替えを自動で行う「オートマチックハイビーム」などが搭載されています。

Q3:グレードによって搭載される先進安全機能に差はある?

A:はい、あります。ベースグレード「M」以外のグレードには車間距離を保ちながら先行車に追従走行して運転負荷を軽減する「レーダークルーズコントロール」が標準装備になります。加えて、「M」以外のグレードには後側方車両検知警報システム+後退時車両検知警報システムのセットオプションの設定があります。

Q4:アウトランダーはどのサポカーに該当するの?

A:アウトランダーは全車がサポカーの中で最も先進安全機能が充実した「サポカーSワイド」に認定されています。

※記事の内容は2020年3月時点の情報で執筆しています。

三菱アウトランダーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の三菱アウトランダーの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード