ライズの安全性能は?「スマートアシスト」の内容を徹底解説

【安全性能】ライズの安全性能は?「スマートアシスト」の内容を徹底解説

出典:トヨタ「ライズ」特長

安全運転はすべてのドライバーに課せられた義務ではありますが、どれだけ注意していても100%交通事故を避けられるわけではありません。そのため車の安全性能にはこだわりたいところです。現在では衝突被害軽減ブレーキをはじめとする先進安全装備が車の安全性能の中心になりつつありますが、先進安全装備は車種によって大きく差があるので、必ず確認するようにしましょう。

ここでは、トヨタ「ライズ」の安全性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔ライズは「Toyota Safety Sense」ではなく「スマートアシスト」を採用
✔「スマートアシスト」は全車標準装備ではない
✔サイドエアバッグやカーテンシールドエアバッグを標準装

一本化用ライズ

ライズの安全性能の特徴

2019年11月に登場したライズは、ダイハツ「ロッキー」のOEM車両であるため、先進安全技術はトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」ではなく、ダイハツの予防安全機能「スマートアシスト」を採用しているのが特徴です。

ライズでは「スマートアシスト」は全車標準装備ではなく、エントリーグレードの「X」には搭載されていないので注意が必要です。「X」には「スマートアシスト」はオプション設定もされていませんが、「X」の装備内容はそのままに「スマートアシスト」を搭載した「X”S”」というグレードが存在しているので、「X」に先進安全装備を追加したいのであれば「X”S”」を選ぶといいでしょう。

ライズの「スマートアシスト」装着車は政府が普及を推進する「サポカー」の中でも最も上位の分類の「サポカーSワイド」に適合しています。

ライズの「スマートアシスト」の内容

ここでは、ライズの「スマートアシスト」にはどのような先進安全技術が含まれているのかを見ていきましょう。

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能

衝突警報機能:衝突回避支援ブレーキ機能出典:トヨタ「ライズ」特長

危険を察して警告

車両前方の歩行者や車両を検知し、衝突の危険があるとシステムが判断した場合にはブザー音とメーター表示でドライバーに注意喚起します。

事前ブレーキを作動、さらにブレーキアシスト

警告を発した状態からさらに衝突の危険が高まった場合、システムが弱いブレーキ(事前ブレーキ)をかけます。事前ブレーキが作動している状態でドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動して制動力を高めます。

強力なブレーキで衝突回避・被害軽減をサポート

それでも衝突が不可避な場合は強力な自動ブレーキを作動させ、衝突回避や被害軽減をサポートする機能です。前方車両と歩行者の検知が可能で、対車両の場合は前方約60m以内、対歩行者の場合は前方約30m以内で検知します。

ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)

ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)出典:トヨタ「ライズ」特長

壁などの障害物を検知

進行方向に壁などの障害物を検知した状態で、必要以上にアクセルペダルが踏み込まれた場合には警告を発してドライバーに危険を知らせます。

ブレーキ制御で急発進を抑制

さらに衝突の可能性があるとシステムが判断すると、自動でブレーキを制御して急発進を抑制する機能です。前方だけではなく後方にも対応していることに加え、ブレーキ制御が入るのは評価できるポイントでしょう。

車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制制御機能

車線逸脱警報機能:車線逸脱抑制制御機能出典:トヨタ「ライズ」WEBカタログ

車線逸脱の危険を検知、さらにステアリング操作をサポート

約60km/hで走行中に、車両が車線からはみ出す可能性があるとシステムが判断した場合には、警報を発してドライバーに車線逸脱の危険を知らせるとともに、ステアリング操作を支援して車線内走行を維持するようにサポートする機能です。

全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール/停止保持機能なし)(「Z」に標準装備)

全車速追従機能付きACC出典:トヨタ「ライズ」WEBカタログ

ドライバーの運転負荷を軽減

先行車を検知して、適切な車間距離を維持しながら追従走行を行い、ドライバーの運転負荷を軽減する機能です。

渋滞時にも対応

全車速追従機能付きなので渋滞時にも対応しており、先行車が減速・停止する際には自車も減速・停止します。再発進する場合はスイッチ操作で発進し、その後、追従走行を再開します。

停止保持機能はなく、先行車に続いて停止してもその2秒後には停止保持状態は解除されるため、停止し続ける際にはドライバーがブレーキを踏む必要があります。

LKC(レーンキープコントロール)(「Z」に標準装備)

LKC(レーンキープコントロール)(「Z」に標準装備)出典:トヨタ「ライズ」WEBカタログ

車線中央の走行を維持

全車速追従機能付きACCの作動中、約60km/h以上で走行中にシステムがステアリング操作をサポートし、車線中央の走行を維持するようにアシストする機能です。

オートハイビーム(「G」「X”S“」に標準装備)

オートハイビーム(「G」「X”S“」に標準装備)出典:トヨタ「ライズ」WEBカタログ

自動でヘッドランプを切り替え

対向車のランプなどを検知し、状況に応じて自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。ハイビームの使用頻度を上げて歩行者などの早期発見に貢献したり、切り替え忘れを防いだりするメリットがあります。

ADB(アダプティブドライビングビーム)(「Z」に標準装備)

ADB(アダプティブドライビングビーム)(「Z」に標準装備)出典:トヨタ「ライズ」WEBカタログ

部分的に遮光

システムが対向車などの明るさを検知し、LEDライトを部分的に遮光することによってハイビームの視認性を確保したまま対向車への眩惑を防ぐ機能です。

標識認識機能(進入禁止)(「G」「Z」に標準装備、「X”S”」にメーカーセットオプション)

標識認識機能(進入禁止)(「G」「Z」に標準装備、「X”S”」にメーカーセットオプション)出典:トヨタ「ライズ」WEBカタログ

約60km/h以上で走行時に、システムが進入禁止の標識を認識。ディスプレイに表示することでドライバーの標識見落とし防止に貢献します。

このほか、先行車の発進を知らせて出遅れを防ぐ機能や、車両の周囲の障害物を検知して駐車場などでの取り回しをサポートする「コーナーセンサー」が「スマートアシスト」装着車には装備されます。また最上級グレードの「Z」にはウィンカー操作やステアリング操作と連動して点灯する「サイドビューランプ」が搭載されています。

さらに、「G」「Z」には安全な車線変更をサポートする「BSM(ブラインドスポットモニター)」や後方左右から接近する車両を検知して危険を知らせる「RTA(リヤクロストラフィックアラート)」、車両の周囲の映像を映し出して安全確認をサポートする「パノラミックビュー」や駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」がオプションで追加可能です。

コンシェルジュに相談

充実したエアバッグ

ライズでは、運転席と助手席のエアバッグのほかに運転席・助手席のサイドエアバッグや前後席のカーテンシールドエアバッグが全車に標準装備されています。予防安全性だけではなく、衝突安全性にも配慮されているのはうれしいポイントでしょう。

ライズリース

多くの先進安全装備を搭載するライズで、カーライフを楽しもう!

先進安全装備は今どきの車には欠かせないといえます。ライズには先進安全装備が搭載されないグレードもありますが、可能であれば充実した内容の「スマートアシスト」が搭載されるグレードを選ぶことをおすすめします。

先進安全装備は心強いお守りのような存在ではありますが、先進安全装備が作動するような状態にならないよう安全運転を心掛け、カーライフを楽しみましょう!

よくある質問

Q1:ライズには先進安全技術は全車標準装備されているの?

A:いいえ、ライズには予防安全機能「スマートアシスト」が採用されていますが全車標準装備ではなく、エントリーグレードの「X」には搭載されていません。なお、「X」にはオプションでの設定もありませんが、「X」に「スマートアシスト」を追加した「X”S“」というグレードが存在します。

Q2:ライズに搭載される先進安全技術にはどんなものがあるの?

A:車両と歩行者を検知して衝突回避や被害軽減をサポートする「衝突回避支援ブレーキ機能」やステアリング操作をアシストして車線内走行維持をサポートする「車線逸脱抑制制御機能」、ペダル踏み間違い時の急発進を抑制する「ブレーキ制御付き誤発進抑制機能」、先行車に追従走行してドライバーの負担を減らす「全車速追従機能付きACC」など、多くの先進安全技術が採用されています。

Q3:ライズはどの「サポカー」に該当するの?

A:ライズの「スマートアシスト」装着車は「サポカー」の中でも最も上位の「サポカーSワイド」に該当します。「スマートアシスト」非装着車は「サポカー」ではありません。

※記事の内容は2020年11月時点の情報で執筆しています。

ライズの利用を検討されている方へ

トヨタや日産、ホンダなどのメーカーも参入している、個人向けカーリースをご存じでしょうか?
ご利用されてる方からは「買うよりお得」という声もあるそうです。

カーリースで解消されること

おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者の多くが以下の思いを解決しています。

  • お金がないから新車を諦めて中古車に乗る
  • 車のために、お金を使うのを我慢する

もう、このような思いをする必要はありません。頭金を用意せず、維持費も安く新車に乗れるのがカーリースなのです。

カーリースの特長

おトクにマイカー 定額カルモくんを例に、カーリースのおもな特長をご紹介します。

  • 頭金なしなので、貯金を崩さず車に乗れます。
  • 税金・自賠責保険代金コミ、プランによって車検もコミなので、大きなお金が出ていくこともありません。
  • 返却の際もお金がかかりません(契約期間中の解約は違約金がかかります)。
  • 走行距離も月平均1,500キロまで(返却時に総走行距離を割って計算します)。
    ※車種によっては返却せずそのままもらえたり、走行距離制限がなかったりするものもあります。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんの資料をご覧になりたいという方はこちらをどうぞ

資料請求

トヨタライズの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタライズの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr