高い安全性が自慢!RAV4の安全性能を詳しく解説

高い安全性が自慢!RAV4の安全性能を詳しく解説

出典:トヨタ「RAV4」ギャラリー

車の安全性能は年々進化し、次々と新しい機能が登場したり、レベルアップしたりしています。先進安全性能の代表ともいえる衝突被害軽減ブレーキひとつをとっても車両のみを検知するものや昼間の歩行者の検知に対応したもの、さらに夜間の検知や自転車運転者の検知に対応するものなど、さまざまなレベルのものがあります。

そのため車選びの際にはどのような先進安全性能を備えているのかをチェックしておくことが大切だといえるでしょう。ここでは、トヨタ「RAV4」の安全性能についてご紹介します。

【この記事のポイント】
✔トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車標準装備
✔「Toyota Safety Sense」以外の先進安全装備もある
✔RAV4は全車が「サポカーSワイド」の認定を受けている

安く手に入れる

RAV4の安全性能の特徴

RAV4には新世代のトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全グレードに標準装備しています。RAV4に搭載される「Toyota Safety Sense」は天候の影響を受けにくいミリ波レーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで周囲の車両や歩行者を検知するシステムを採用し、高い認識性能と信頼性を両立させているのが特徴です。

RAV4の「Toyota Safety Sense」の内容

ここから、RAV4の「Toyota Safety Sense」に含まれる機能を紹介します。

プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付き衝突回避支援タイプ)

プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付き衝突回避支援タイプ)出典:トヨタ「RAV4」特長

危険があれば警告し、ブレーキアシストを作動

前方の車両や歩行者、自転車運転者を認識し、衝突の可能性があれば警報とディスプレイ表示でドライバーに知らせ、ドライバーがブレーキを踏めばブレーキ踏力をアシストして制動力を強めます。

自動ブレーキを作動させて衝突の回避・被害軽減をサポート

ブレーキ操作が行われなかった場合は自動ブレーキを作動させ、衝突被害の回避や軽減をサポートする機能です。

RAV4に搭載されているプリクラッシュセーフティは、昼間の歩行者や車両の検知に加えて昼間の自転車運転者や夜間の歩行者検知も可能なレベルの高いものが採用されています。

車両に対しては自車の速度が約10km/h以上、歩行者や自転車運転者に対しては約10~80km/hの速度域で作動します。

レーントレーシングアシスト

システムが車線を認識し、車線を逸脱する可能性があると判断した場合は警報とディスプレイ表示で危険をドライバーに知らせるとともにステアリング操作を支援して車線中央付近を走行するようにサポートします。

車線以外の縁石やアスファルトの境界も認識して、逸脱を検知した場合は支援を行います。また渋滞時などで車線が見えにくい場合は、先行車に追従してステアリング操作のアシストを行う優れたシステムです。
自車の速度が約50km/h以上で作動します。

レーダークルーズコントロール(全車速追従式)

高速道路や自動車専用道路において先行車を認識し、設定した車間距離を維持しながら追従走行を行ったり、先行車がいない場合には設定した車速で定速走行を行ったりすることでドライバーの負担を減らし、安全運転に寄与するシステムです。

全車速追従式なので渋滞などで先行車が停止した際には自車も停止し、先行車が発進するとドライバーの操作によって発進して追従走行を再開します。

ロードサインアシスト

単眼カメラで道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示することでドライバーの標識見落としを防ぎ、道路標識の指示に従った安全運転の確保に貢献します。

認識可能な道路標識ははみだし通行禁止、車両通行禁止、一時停止、最高速度の4種類です。

オートマチックハイビーム

約30km/h以上で走行時に対向車のヘッドライトや周囲の明るさを検知し、自動でハイビームとロービームの切替えを行う機能です。通常時はハイビームで走行するので夜間の視認性が向上します。またハイビームとロービームの切替え忘れを防ぐとともに、手動切替えの負担をなくしてドライバーの安全運転に貢献します。

以上がRAV4の「Toyota Safety Sense」の機能ですが、これらに加えて付帯機能として「先行車発進告知機能」があります。これは「Toyota Safety Sense」のセンサー技術を使用し、信号待ちや渋滞などの停車時に先行車が約4m以上進んでも自車が発進しない場合にブザー音とディスプレイ表示で発進を知らせ、出遅れ防止をサポートする機能です。

一本化用RAV4

RAV4の「Toyota Safety Sense」以外の安全性能も確認

RAV4には、「Toyota Safety Sense」以外にもさまざまな安全性能が搭載されています。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]出典:トヨタ「RAV4」特長

ペダル踏み間違い時急発進抑制装置にあたるのがこの機能です。車庫入れ時などの際に障害物(静止物)を検知して接近を音とディスプレイ表示で知らせるとともに、アクセルを一定以上踏み込むとエンジンやハイブリッドシステムの出力を抑制。さらに距離が縮まると自動ブレーキを作動させます。

前方だけでなく後方にも対応している上、自動ブレーキ制御まで行う優れたシステムです。ペダル踏み間違い時急発進抑制装置は先進安全性能の中でも注目度の高い機能であり、「サポカーSワイド」に必要な機能でもあります。現行型の登場時には一部グレードのみ標準装備されていましたが、2020年8月の一部改良時に全車に標準装備されました。

パノラミックビューモニター(「G」「HYBRID G」「G“Z package”」に標準装備、「Adventure」にメーカーオプション)

ディスプレイオーディオに車両を上から見下ろしたような映像などを表示することで、ドライバーから見えにくい場所の安全確認をサポートします。この機能も2020年8月の一部改良時に追加されました。

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)](「G」「HYBRID G」「G“Z package”」に標準装備、その他グレードにメーカーオプション)

バックで出庫する際に車両後方の左右から接近してくる車を検知し、ドアミラーインジケーターの点滅とブザーでドライバーに接近を知らせ、衝突の危険性がある場合には自動ブレーキを作動させて衝突回避・被害軽減を支援する機能です。

ブラインドスポットモニター(「G」「HYBRID G」「G“Z package”」に標準装備、その他グレードにメーカーオプション)

ドライバーの死角になる後側方の車両や隣車線をモニターし、接近車両を検知するとドアミラーインジケーターを点灯して注意喚起を行います。その状態でウィンカー操作をするとインジケーターを点滅させて危険を警告し、安全な車線変更をアシストします。

最大約60m後方の検知が可能です。

RAV4リース

カーリースならより充実した安全性能を搭載できる

RAV4に新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースもあるので、現金で用意しておかなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、オプションの安全性能をあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、充実した安全性能を装備することが可能になります。

カーリースで安全性能のフル装備も可能になるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます。

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利の負担もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでRAV4に月額36,190円から乗れる

一本化用定額カルモくん

カーリースの定額カルモくんでは、実店舗を持たないオンライン営業でコストを削減したことによる大幅なネット割引により、頭金ナシ・ボーナス払いナシでは日本最安値(2020年3月、定額カルモくん調べ)で、RAV4に月額36,190円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくRAV4に乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額36,190円からRAV4に乗れるため、欲しい安全性能がオプションであっても、予算内で必要なだけ装備することが可能になります。

一本化用キャンペーンバナー

新世代の高いレベルの先進安全性能を持つRAV4

衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い時急発進抑制装置は多くの車種に搭載されている機能ですが、RAV4では衝突被害軽減ブレーキが昼間の自転車運転者や夜間の歩行者検知に対応していたり、ペダル踏み間違い時急発進抑制装置には自動ブレーキ制御が入ったりと、一般的なものよりもレベルの高い先進安全性能を備えていることが大きな特徴といえるでしょう。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]も全車標準装備され、全車が「サポカーSワイド」の認定を受けているため、安心してカーライフが楽しめるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:RAV4には先進安全技術は全車標準装備されているの?

A:はい、RAV4には全車にトヨタの最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されています。

Q2:RAV4に搭載される先進安全技術にはどんなものがあるの?

A:車両や昼間の歩行者に加えて、夜間の歩行者や昼間の自転車運転者の検知も可能なレベルの高い衝突被害軽減ブレーキである「プリクラッシュセーフティ」、車線からのはみ出しを防止して車線中央付近の走行を維持するようサポートする「レーントレーシングアシスト」、ドライバーの負担を減らし安全運転に寄与する全車速追従式の「レーダークルーズコントロール」など、さまざまな技術が搭載されています。

Q3:「Toyota Safety Sense」に含まれない安全装備もあるの?

A:はい、RAV4にはペダル踏み間違い時急発進抑制装置にあたる「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]が全車に、また見えにくい位置の安全確認をサポートするパノラミックビューモニターが一部グレードに標準装備されています。

Q4:RAV4はどの「サポカー」に該当するの?

A:RAV4は全車が「サポカー」の中でも最も装備内容の充実した「サポカーSワイド」に認定されています。

※記事の内容は2021年2月時点の情報で執筆しています。

トヨタRAV4の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタRAV4の記事

カーリースお役立ち記事

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr