ロードスターの安全性能を徹底解説!

【安全性能】ロードスターの安全性能を徹底解説!

出典:マツダ安全性能

ドライバーは安全運転を行う義務があるとはいえ、車を使用している以上交通事故の可能性はゼロというわけではありません。そのため車選びの際には万一の事故の際に衝突被害を軽減してくれたり、事故の危険性を予測して回避行動をとったりしてくれる先進安全性能の内容をしっかりと確認しておきましょう。
ここではマツダ「ロードスター」の安全性能についてご紹介します。

ロードスターの安全性能の特徴

ロードスターは国産の2人乗りオープンカーの代表的な存在といっても過言ではないでしょう。マツダのデザインコンセプトである「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」を体現した流れるようなフォルムが美しいエクステリアを持ち、シンプルながらも上質さを感じさせるインテリアデザインとともにスタイリッシュさが際立つたたずまいが魅力のモデルです。

優れた走行性能を持つことでもよく知られ、ライトウェイトスポーツカーとしても存在感を放っています。ロードスターには走りの楽しみを備えた「RS」グレードのほかにも快適装備などを省いてストイックにサーキットでの走りを追求したモータースポーツベース車「NR-A」がラインナップされていることからもその走行性能の高さはうかがえるのではないでしょうか。

そんな個性を持つロードスターですが全グレードにマツダの先進安全技術パッケージ「i-ACTIVSENSE」を標準装備しています。これからの社会の高齢化によって高齢ドライバーが増加することから高齢者を含むすべてのドライバーに優しい車として一定基準の先進安全機能を搭載したモデルをセーフティ・サポートカー、通称サポカーとして国土交通省や経済産業省が普及を推進していますが、ロードスターは全グレードが最も充実した先進安全機能の搭載が求められる「サポカーSワイド」に相当します。

ロードスターの「i-ACTIVSENSE」の内容

ここではロードスターに搭載されているi-ACTIVSENSEにはどんな先進安全機能があるのかをご紹介します。

・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート

従来の約2倍の検知角度を持つフォワードセンシングカメラを搭載し、先行車と歩行者を検知します。先行車や歩行者と自車との距離、速度差などによってシステムが衝突の危険があると判断した場合、警告音とディスプレイ表示でドライバーに危険を知らせます。

ドライバーがブレーキ操作を行ったときはブレーキ踏力を強力にアシストし制動力を高めます。またドライバーが何らかの理由でブレーキ操作を行わなかった場合には強力な自動ブレーキを作動させ衝突の回避、被害軽減をサポートする機能です。

車の場合は約4~80km/h、歩行者の場合は約10~80km/hの速度域で作動します。夜間の歩行者や自転車の検知には対応していません。

また後方には約2~8km/h以下での後退時に障害物を認識し、衝突の危険性があるとブレーキを自動制御して衝突被害軽減をサポートする後退時スマート・シティ・ブレーキ・サポートも装備されています。

・AT誤発進抑制制御(先進時・後退時)

AT誤発進抑制制御(先進時・後退時)出典:マツダ「ロードスター」衝突回避支援技術

約10km/h以下での徐行時もしくは停車時にフロント・リアに設置された超音波センサーやカメラで障害物を認識した状態でアクセルが強く踏み込まれると駆動力を抑制して急発進・急加速を防ぐシステムです。

ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故防止をサポートします。

・車線逸脱警報システム

車線逸脱警報システム出典:マツダ アクティブセーフティ技術

フロントガラスに搭載されたフォワードセンシングカメラが車両前方の車線を認識し、システムが車線を逸脱すると予測すると警報音やディスプレイ表示でドライバーに注意喚起するシステムです。右側に逸脱しそうな場合は右スピーカーから、左側に逸脱しそうな場合は左スピーカーから警告音が発せられるのでドライバーは直感的に回避操作を取ることができます。

・先進ライト(ハイ・ビーム・コントロールシステム/アダプティブ・LED・ヘッドライト)

先進ライト(ハイ・ビーム・コントロールシステム/アダプティブ・LED・ヘッドライト)出典:マツダ「ロードスター」危険認知支援技術

ロードスターにはサポカーSの条件である先進ライトが全車に標準装備されていますが、グレードによってそのシステムが異なります。

「S」「S Special Package」「NR-A」では対向車のヘッドライトや先行車のテールランプなどの明るさを認識してハイビームとロービームを自動で切り替えるハイ・ビーム・コントロールシステムが装備されています。

通常はハイビームで走行するので夜間の視認性の向上やドライバーの切り替えの手間、切り替え忘れをなくし安全運転をサポートします。

通常はハイビームで走行するので夜間の視認性の向上やドライバーの切り替えの手間、切り替え忘れをなくし安全運転をサポートします。出典:マツダ「ロードスター」危険認知支援技術

「S Leather Package」「RS」ではアダプティブ・LED・ヘッドライトになり、Lヘッドライトの左右12個のLEDを個別に制御して、対向車や先行車の目を眩ませないように必要な部分だけ部分的に自動点灯・消灯を行うシステムです。

より夜間の視認性が向上し、ドライバーの危険認知に貢献します。

・ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィックアラート

ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィックアラート出典:マツダ「ロードスター」危険認知支援技術

ブラインド・スポット・モニタリングは約15km/h以上で走行時に、隣車線の後方もしくは側方の、ドライバーからの死角になりやすい位置の車両を検知し、検知した側のドアミラーのインジゲーターを点灯させてドライバーに注意喚起して安全な車線変更をサポートするシステムです。

接近車両を検知した状態でウィンカー操作を行うとインジゲーターを点滅、さらに警告音を発してドライバーに危険を知らせます。検知範囲は後方約50mです。

接近車両を検知した状態でウィンカー操作を行うとインジゲーターを点滅、さらに警告音を発してドライバーに危険を知らせます。検知範囲は後方約50mです。出典:マツダ「ロードスター」危険認知支援技術

車両の後退時にはこのブラインド・スポット・モニタリングがリア・クロス・トラフィックアラートとして機能します。駐車場からバックで出る際などにシステムが後方の車両を検知するとドライバーに警告を発して安全な出庫を支援します。

安く手に入れる

全グレードが「サポカーSワイド」に相当し、充分な安全性能を備えたロードスター

ロードスターの全グレードに標準装備されている先進安全機能をご紹介しました。後方の誤発進抑制機能・自動ブレーキなどは標準装備されているモデルもそれほど多くない中、これらの装備を全車標準装備にしていることは評価できる点だといえるでしょう。

またロードスターでは「S Leather Package」「RS」の上級グレードにはシステムがドライバーの運転と車の挙動を学習し、そのデータと実際の運転状況に差が出るとドライバーに休憩を促すドライバー・アテンション・アラートや交通標識認識システム、クルーズコントロールなどが追加で装備されます。

これらの機能は「セーフティパッケージ」としてオプションで「S Special Package」にも追加が可能。元々安全装備は充実しているロードスターですが、より高い安全性を求めるのであればセーフティパッケージの追加やセーフティパッケージが標準装備となっている「S Leather Package」「RS」などを選ぶなど、幅広い選択肢があるのもロードスターの魅力のひとつといえるのではないでしょうか。

※記事の内容は2019年7月時点の情報で執筆しています。

マツダロードスターの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダロードスターの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー