ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

セレナの安全性能を解説!「プロパイロット2.0」に注目!(2022年~現行モデル)

セレナの安全性能を解説!「プロパイロット2.0」に注目!(2022年~現行モデル)
セレナの安全性能を解説!「プロパイロット2.0」に注目!(2022年~現行モデル)

出典:日産「セレナ」走行・安全

衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置といった予防安全技術は、搭載されているのが当たり前の時代になりました。近年の新型車は予防安全技術に加えさまざまな運転支援技術を搭載し、より安全・快適にカーライフが楽しめるように進化しています。

ここでは、日産のミニバン「セレナ」の安全性能について詳しくご紹介します。

  • 全車が「サポカーSワイド」の認定を受けている
  • 運転支援技術「プロパイロット」は全車標準装備
  • 最上位グレード「e-POWER LUXION」は「プロパイロット2.0」や「プロパイロット パーキング」も搭載

セレナの安全性能の特徴

2022年11月に登場した現行型のセレナは、全車に「サポカーSワイド」の認定を受けています。さらに全方位の危険の予防や危険回避を促し、これまで以上に安全なドライブが楽しめるようにサポートする「360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)」を採用し、安全性を高めました。

また、先代モデルでも人気のあった、高速道路でドライバーの運転負荷を大幅に軽減してくれる運転支援技術「プロパイロット」は全車に標準装備となったことに加え、現行型から新設された最上位グレード「e-POWER LUXION」では、さらにワンランク上の機能を搭載した「プロパイロット2.0」を採用しました。

さらに、メモリー機能付きの駐車支援機能「プロパイロット パーキング」や「衝突回避ステアリングアシスト」といった日産初搭載となる機能もあり、安全性能の高いミニバンが欲しい方におすすめできる1台です。

セレナの先進安全技術

ここからは、セレナに採用されているおもな先進安全技術について見ていきましょう。なお、「e-POWER LUXION」に搭載される「プロパイロット2.0」や駐車支援機能については後述します。

プロパイロット/プロパイロット(ナビリンク機能付き)

プロパイロット/プロパイロット(ナビリンク機能付き)出典:日産「セレナ」走行・安全

高速道路でシステムがペダルとステアリングの操作をアシストし、長時間の巡航走行や疲労を感じやすい渋滞時などのドライバーの運転負荷を軽減してくれる機能です。

プロパイロットは全車標準装備ですが、「X」「e-POWER X」を除くグレードではオプションでワンランク上の「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」へのグレードアップが可能です。

プロパイロット(ナビリンク機能付き)は「NissanConnectナビゲーションシステム」と連動し、カーブやジャンクションなどを事前に把握することで安全にカーブを曲がりきれるように車速をカーブ前でコントロールしたり、速度標識の検知、もしくはナビの道路情報を基に設定速度を自動で変更したりすることが可能です。

衝突回避ステアリングアシスト

自車の前方にいる車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある状況でドライバーが回避操舵を行うと、トルクを発生させてステアリング操作を支援する機能です。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

車両や歩行者、人が乗って移動する自転車を検知し、衝突する可能性がある場合は音と表示で回避操作を促します。そのうえで安全に減速できなかった場合はシステムがブレーキを作動させ、衝突の回避や衝突被害の軽減をサポートします。

インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)

インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)出典:日産「セレナ」走行・安全

ドライバーから見えない2台前を走る車の相対速度や車間距離をモニタリングし、減速が必要なときにはドライバーに注意喚起することで減速遅れによる追突事故防止を支援する機能です。

インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)+LDW(車線逸脱警報)

車線からはみ出す危険があるとシステムが判断すると、警告を発するとともに車線内に車を戻すようにステアリング操作をサポートする機能です。

インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)

インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)出典:日産「セレナ」走行・安全

車線変更の際、隣車線に車がいる場合はドライバーに注意喚起。その状態でドライバーが車両のいる側の車線への車線変更を開始すると、システムが元の車線内へ戻る方向に力を発生させ、安全な車線変更をサポートします。

このほか、ペダル踏み間違い急発進抑制装置に相当する「踏み間違い衝突防止アシスト」や先進ライト、ふらついているときに警告を発する機能、「標識検知機能」や後退時に接近車両を検知して警告する「RCTA(後退時車両検知警報)」など、さまざまな機能が搭載されています。

最上位グレード「e-POWER LUXION」のみに標準装備される機能

現行型で新設定された最上位グレード「e-POWER LUXION」には、さらに最新鋭の機能が搭載されています。

プロパイロット2.0

プロパイロット2.0出典:日産「セレナ」走行・安全

「プロパイロット2.0」は、ナビで目的地を設定したうえで高速道路に合流すると、ナビ連動ルート走行を開始。分岐やカーブ、追い越しなども含め高速道路での運転をシステムがサポートする機能です。

追い越し時には車線変更のタイミングをシステムが判断し、ドライバーが承認することによって車線変更を支援。また、同一車線内でのハンズオフ運転も可能です。

プロパイロット パーキング/プロパイロット リモート パーキング

プロパイロット パーキング/プロパイロット リモート パーキング出典:日産「セレナ」走行・安全

「プロパイロット パーキング」はシステムがステアリング、ペダル、シフトに加え、パーキングブレーキまでを制御し、幅広いシーンでの駐車をサポートしてくれる機能です。白線のない場所でも一度駐車すると記憶してくれるメモリー機能も搭載。

「プロパイロット リモート パーキング」は、車外からリモコン操作でセレナを前後に移動させる機能で、狭い駐車場でも荷物の出し入れや乗り降りがしやすくなるメリットがあります。

なお「プロパイロット パーキング」は「e-POWER XV」「e-POWER ハイウェイスターV」にもオプションで追加可能です。

また、「e-POWER LUXION」には死角になる部分を可視化することで安全確認をサポートする「インテリジェント アラウンドビューモニター」も標準装備です。

誰もが安心・快適にカーライフを楽しめる安全性を備えたセレナ

現行型のセレナはファミリーカーとしての使い勝手を磨き上げていることに加え、安全性も申し分ありません。特に最上位グレード「e-POWER LUXION」は最先端の運転支援技術や駐車支援技術を採用しているので、運転や駐車が苦手な方でも安全・快適にドライブが楽しめるでしょう。

あなたと相性最高の車は?約100種の国産車からピッタリの一台が見つかる!LINEで無料診断してみる

よくある質問

Q1:セレナにはどのような先進安全技術が標準装備されているの?

A:高速道路でステアリングとペダル操作をシステムがサポートする「プロパイロット」や、2台前を走る車をモニタリングして減速の必要があれば警告し追突防止をサポートする「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」、衝突する危険が迫りドライバーが回避操舵を行った場合にトルクを発生させてステアリング操作を支援する「衝突回避ステアリングアシスト」などの多彩な機能が搭載されています。

Q2:最上位グレード「e-POWER LUXION」のみに標準装備される機能は?

A:「プロパイロット」の機能に加え、ナビと連動してルート走行し分岐やカーブ、追い越しなども含めて走行支援することに加え、同一車線内ハンズオフ機能を搭載した「プロパイロット2.0」が標準装備です。さらに、駐車支援機能「プロパイロット パーキング」、リモート操作が可能な「プロパイロット リモート パーキング」などがあります。

※記事の内容は2023年3月時点の情報で制作しています

日産セレナの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の日産セレナの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる