ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

スープラの安全性能をチェック!先進安全技術の充実度は?

スープラの安全性能をチェック!先進安全技術の充実度は?

出典:トヨタ「スープラ」ギャラリー

安全運転はすべてのドライバーに課せられた義務ですが、思わぬ車のトラブルや外的要因で引き起こされる交通事故も少なくありません。事故のリスクを100%なくすことはできないため、車選びの際には万が一の備えとなる車の安全性能にはこだわるべきといえるでしょう。

ここでは、トヨタのFRスポーツカー「スープラ」の安全性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔スープラは全車に先進安全技術を標準装備している
✔「プリクラッシュセーフティ」は昼間の歩行者や自転車運転者の検知も可能
✔スープラは全車が「サポカーSワイド」の認定を受けている

スープラの安全性能の特徴

スープラはサーキットでのタイムアタックなどを想定し、走りを極めたFRの2シーターピュアスポーツカーです。こういった本格的なスポーツモデルは、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術が搭載されないケースが少なからず見られます。実際、トヨタとスバルの共同開発車で水平対向エンジンを搭載するライトウェイトスポーツカー「86」の現行型には、先進安全技術は搭載されていません。

しかし、2019年5月に販売が開始された現行型のスープラでは、登場時よりミリ波レーダーと単眼カメラを検知システムとして使用する先進の予防安全技術が全車に標準装備されており、全車が「サポカーSワイド」の認定を受けています。スープラは今の時代に合った安全性能を有しているモデルといえるでしょう。

スープラに搭載される先進安全技術

ここからは、スープラにはどのような先進安全技術が搭載されているのかを見ていきましょう。

プリクラッシュセーフティ

プリクラッシュセーフティ出典:トヨタ「スープラ」特長

走行中にシステムが前方の車両や歩行者などを検知し、衝突するおそれがあると判断した場合には警報と表示でドライバーに危険を知らせます。その状態でドライバーがブレーキを踏んだ場合はブレーキアシストを行い、ブレーキ制動力をアップさせて減速します。

なんらかの理由でドライバーがブレーキを踏めなかった場合はシステムがブレーキ制御を行うことで、衝突事故の回避や衝突被害の軽減をサポートする機能です。

検知対象は車両と昼間の歩行者・自転車運転者で、対車両の場合は自車速が約5km/h~、対歩行者・対自転車運転者の場合は約5~65km/hで作動します。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

高速道路や自動車専用道路において、システムが先行車を認識し適切な車間距離を維持しながら追従走行を行うことでドライバーの運転負荷を軽くし、安全運転に貢献する機能です。

スープラは全車速追従機能を搭載しているので、先行車が停止した場合は自車も停止し、短時間の停車であれば再発進も自動で行うため、頻繁に停止と発進を繰り返す渋滞時のストレスも大幅に軽減してくれるでしょう。

レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付き)

レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付き)出典:トヨタ「スープラ」特長

自車速約70km/hで走行中に、システムが左右の車線を検知し、車線からウィンカー操作なしにはみ出す危険があると判断すると、ステアリングを振動させてドライバーに注意喚起するとともにステアリング操作のアシストを行い、車線逸脱防止をサポートする機能です。

ブラインドスポットモニター/後方車両への接近警報

ブラインドスポットモニター/後方車両への接近警報出典:トヨタ「スープラ」特長

ドライバーからの死角になりやすい隣車線後方からの接近車両をシステムが検知し、接近車両がいる側のドアミラーのインジケーターを点灯させてドライバーに接近車両の存在を知らせます。

その状態でドライバーが接近車両を検知している側のウィンカーを作動させると、インジケーターの点滅に加えてステアリングを振動させてドライバーに注意喚起します。さらに後方から衝突される危険が高いとシステムが判断した場合は、ハザードランプを点滅することで後方車両へ危険を知らせる機能も搭載。車線変更時の安全確認をサポートしてくれる機能です。

リヤクロストラフィックアラート

後退して出庫する際に、車両の後方左右から接近する車両を検知してドライバーに注意喚起する機能です。

クリアランスソナー(後方緊急ブレーキ付き)

車体に設置された超音波センサーで周囲の障害物を検知し、エンジン出力を制御して急発進や急加速を抑制します。また後退時に障害物との衝突の危険があるとシステムが判断した場合は警告するとともにブレーキ制御を行い、減速・停止することで衝突事故の回避や被害軽減に貢献する機能です。

アダプティブハイビームシステム

ヘッドライト点灯時は基本的にハイビームで走行し、対向車や先行車を検知すると相手方に影響を及ぼさないようLEDランプを個別に制御して部分的に遮光する機能です。ハイビームの使用頻度が上がり夜間視認性が向上することに加え、ハービームとロービームを切り替える手間をなくすメリットもあります。

また、スープラのアダプティブハイビームシステムには、交差点の右左折進入時などに旋回方向を照らし出すコーナリングランプ機能も搭載されています。

スープラの衝突安全性

スープラは、歩行者との衝突時にボンネットを自動的に持ち上げることで歩行者の頭部への衝撃をやわらげる「ポップアップフード」を採用しています。

また、運転席・助手席のエアバッグに加え、サイドエアバッグとカーテンシールドエアバック、ニーエアバッグ(運転席のみ)が標準装備されており、衝突安全性にも高い配慮が見られます。

メルマガ登録

スープラは「サポカーSワイド」の認定条件を満たす先進安全技術を搭載している

スープラは「サポカーSワイド」の認定条件を満たす先進安全技術を搭載し、誰もが安心して運転できる安全性を備えたモデルといえます。先進安全技術は心強い存在ですが、作動する環境を作り出さないよう安全運転を心掛け、カーライフを楽しみましょう。

よくある質問

Q1:スープラには先進安全技術は搭載されているの?

A:はい。2019年5月に販売が開始された現行型のスープラには、登場時から全車に衝突被害軽減ブレーキをはじめとする複数の先進安全技術が搭載されています。

Q2:スープラにはどのような先進安全技術が搭載されているの?

A:車両のほかに昼間の歩行者や自転車運転者の検知も可能な衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティ」、車線からはみ出す危険があれば警報を発するとともにステアリング操作の支援を行う「レーンディパーチャーアラート」、車線変更時の安全確認をサポートする「ブラインドスポットモニター/後方車両への接近警報」などの先進安全技術が搭載されています。

Q3:スープラの衝突安全性は?

A:スープラには、歩行者との衝突時にボンネットを自動で持ち上げて歩行者の頭部への衝撃をやわらげる「ポップアップフード」が採用されているほか、通常のエアバッグに加えサイドエアバッグ、カーテンシールドエアバッグ、運転席のニーエアバッグが標準装備されています。

Q4:スープラはどの「サポカー」に該当するの?

A:スープラは全車が「サポカーSワイド」の認定を受けています。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で執筆しています。

トヨタスープラの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタスープラの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード