ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

スイフトの安全性能を徹底解説!

【安全性能】スズキスイフトの安全性は?自動ブレーキなど安全装備を徹底解説!

出典:スズキ「スイフト」安全性能

「セーフティ・サポートカー(サポカー)」という言葉をご存じですか?これは、政府が普及を推進する、衝突軽減ブレーキなどの先進安全技術をはじめとした運転支援機能を備えた車の愛称です。最近ではメーカー各社が事故を起こしにくくするための機能や、万一の時にその衝撃を軽減するための機能を車に搭載しています。

サポカーは「サポカー」「サポカーSベーシック」「サポカーベーシック+」「サポカーSワイド」の4つのレベルに分類されますが、スイフトは最も上位の「サポカーSワイド」に認定されています。「サポカーSワイド」は、車両と歩行者を検知する自動ブレーキやペダル踏み間違い時急発進抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載していることが条件となります。

事故を未然に防ぎ、ドライバーの安全を確保するために、スズキではどのような技術を用いているのでしょうか。ここでは、スイフトの安全性能について紹介します。

スイフトの安全性能の特徴

コンパクトカーの中でも走る楽しみに特化し、欧州でも評判の高いスイフト。走りを存分に楽しむためには、ヒヤリとする瞬間を最小限に抑える安全性能の高さが必要となります。

スイフトは、事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を全車に標準装備(一部グレードではレス仕様もあり)しています。単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知し、衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ、さまざまな技術でドライバーの安全を守ります。

この機能を搭載したスイフトは、2017年度自動車アセスメント(JNCAP)において衝突安全性能評価「ファイブスター」、そして予防安全性能評価「ASV++」の2つの最高ランクを獲得しました。

「スズキ セーフティ サポート」の内容

ここでは、スイフトの「スズキ セーフティ サポート」の内容について詳しく見ていきましょう。

デュアルセンサーブレーキサポート

デュアルセンサーブレーキサポート出典:スズキ「スイフト」安全装備

スズキスイフトでは、単眼カメラとレーザーレーダーという2種類のセンサーがフロントガラスに設置されています。この2つを使い、巧みに前方を検知する先進システムが「デュアルセンサーブレーキサポート」です。
このシステムによって、以下のような機能の搭載が可能となりました。
• 前方衝突警報機能
走行中、前方の車両や歩行者を検知し、ブザー音とメーター内の表示によって警告する。
• 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
前方の車両や歩行者と衝突する可能性が高いとシステムが判断し、ドライバーがブレーキペダルを踏むと、ブレーキ制動力が高まる。
• 自動ブレーキ機能
このままではぶつかってしまうとシステムが判断した場合、自動で強いブレーキをかける。

検知対象は前方車両と歩行者で、対車両の場合は自車の速度が約5~100km/h未満、対歩行者の場合は約5~60km/hで走行中に作動します。

誤発進抑制機能(前方・後方)

誤発進抑制機能(前方・後方)出典:スズキ「スイフト」安全装備

アクセルとブレーキを誤って踏んでしまうといったケアレスミスに対して有効なのが、誤発進抑制機能です。シフトをD、M、もしくはRの位置に入れて停車または徐行中に、前方約4m以内、後方約3m以内の障害物を認識します。

その状態でアクセルペダルを強く踏んだ場合、ブザー音とメーター表示による警報を発すると同時にエンジン出力を最長5秒間制御して、急発進や急加速を抑制してくれます。

後退時ブレーキサポート(5MT車を除く)

後退時ブレーキサポート(5MT車を除く)出典:スズキ「スイフト」安全装備

スイフトはリアバンパーに設置されたセンサーで後方の障害物を検知し、自車との距離を測定するリアパーキングセンサーを搭載しています。後退時ブレーキサポートはこのリアパーキングセンサーを利用し、障害物との距離に応じて警告音を変化させることでドライバーに障害物の接近を知らせるとともに、衝突の危険が高まると自動ブレーキを作動させて後退時の衝突回避、被害軽減をサポートする機能です。

ふらつき警報機能

ふらつき警報機能出典:スズキ「スイフト」安全装備

約60km/h以上で走行中に車線を検知して走行パターンを計測し、車両が蛇行するなどシステムがふらつきと判断した場合、ブザー音とメーター表示によってドライバーに注意を促す機能です。

車線逸脱警報機能

ふらつき警報機能出典:スズキ「スイフト」安全装備

車線逸脱警報機能は、約60km/hで走行中に車線をはみ出す危険があるとシステムが判断した場合、ブザー音とメーター表示で警報を発しドライバーに注意喚起します。

標識認識機能

標識認識機能出典:スズキ「スイフト」安全装備

走行中に単眼カメラが道路標識を認識し、標識ごとに適したタイミングでメーターに標識を表示することでドライバーの標識見落としを防ぎます。

スイフトでは最高速度、はみ出し通行禁止、車両進入禁止、補助標識の「終わり」が認識可能です。

ブラインドスポットモニター(車線変更サポート付き)

ブラインドスポットモニター(車線変更サポート付き)出典:スズキ「スイフト」安全装備

リアバンパーに設置されたミリ波レーダーがドライバーの死角になりやすい隣車線後方からの接近車両を検知し、検知した側のドアミラーインジケーターを点灯させて接近車両の存在をドライバーに知らせます。

その状態でドライバーがウィンカーを作動させるとドアミラーインジケーターを点灯させ、さらに警告音を発することによりドライバーに危険を知らせ、安全な車線変更をサポートする機能です。

リヤクロストラフィックアラート

リヤクロストラフィックアラート出典:スズキ「スイフト」安全装備

駐車時など、後退する際にミリ波レーダーが後方左右から接近する車両を検知して、その存在をマルチインフォメーションディスプレイの表示や警報音でドライバーに知らせ、後退時の安全確認をサポートします。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能出典:スズキ「スイフト」安全装備

信号待ちなどでの停車時に、前方車両が5m以上離れても自車が停止し続けた場合、ブザー音とメーター表示によって先行車の発進をドライバーに知らせ、出遅れを防止する機能です。

ハイビームアシスト

ハイビームアシスト出典:スズキ「スイフト」安全装備

ハイビームアシストは、ヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる機能です。
前方に対向車・先行車がいる場合や、街路灯の多い場所など明るいところに出たときはロービームに切り替わります。その後、対向車や先行車がいなくなったり暗い道に入ったりすると自動でハイビームに切り替わります。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)

アダプティブクルーズコントロール(ACC)出典:スズキ「スイフト」安全装備

アダプティブクルーズコントロール(ACC)は、先行車との距離をミリ波レーダーで測定し、設定した車間距離を保ちながら自動的に加速・減速することでドライバーの運転負荷を軽減し、安全運転に貢献する機能です。先行車がいない場合はあらかじめ設定した速度で低速走行を行います

スイフトでは約40km/h以下になると解除されますが、「HYBRID RS」「RS」のCVT車、「HYBRID MG」「XG」のCVT車は全車速追従機能がついているため、約40km/h未満でも追従走行を行い、停止まで継続するため渋滞時のドライバーの負担が大きく軽減されるでしょう。

安全確認をサポートする全方位モニター(全グレードにメーカーオプション)

安全確認をサポートする全方位モニター(全グレードにメーカーオプション)出典:スズキ「スイフト」安全装備

全グレードにオプションで追加できる全方位モニターは、車を真上から見ているような映像をナビ画面に映し出し、安全な駐車をサポートする機能です。車の前後左右4ヵ所にカメラが設置され、前後やサイドなど、視点を切り替えて周囲の環境を映し出すことができます。全方位モニターによって運転席から死角になりやすい位置の安全確認も画面上で確認できるため、狭い場所での駐車も楽になるのではないでしょうか。

メルマガ登録

安全性能の高いスイフトで安心・快適なドライブを

スイフトには、このほかにも、急停止を後続車に知らせる「エマージェンシーストップシグナル」や、坂道発進時に一時的にブレーキを維持して車両のずり下がりを防ぐ「ヒルホールドコントロール」など、さまざまな安全技術が搭載されているのが魅力です。加えて衝撃を効率よく吸収・分散するボディ構造や、衝突時の衝撃を軽減するエアバッグを採用するなど、衝突安全性にも配慮されています。

安心で快適なドライブを楽しみたいなら、安全性能は決しておろそかにはできません。「サポカーSワイド」に認定されているスイフトは、どなたでも安心して利用できる安全性能を持つモデルであるといえるでしょう。

※記事の内容は2020年8月時点で執筆しています。

スズキスイフトの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキスイフトの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード