タウンボックスは「サポカーSワイド」に該当する?安全性能をチェック

タウンボックスは「サポカーSワイド」に該当する?安全性能をチェック

出典:三菱「タウンボックス」グレード/価格

タウンボックス

車の安全性能は、かつてはシートベルトやエアバッグなどの衝突安全性が中心でしたが、今では衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術による予防安全性が中心になりつつあります。先進安全技術の充実度は車種によって大きく変わるので、安全で快適なカーライフを送るためには安全性能をしっかりと確認して車を選ぶことが大切です。

ここでは、三菱「タウンボックス」の安全性能について紹介します。

【この記事のポイント】
✔タウンボックスは予防安全技術「e-Assist」を全車に標準装備している
✔2019年の一部改良で安全性能を強化
✔タウンボックスは全車が「サポカーSワイド」に該当する

安く手に入れる

タウンボックスの安全性能の特徴

2015年3月に登場した現行型のタウンボックスは、登場時から予防安全技術「e-Assist」を標準装備しています。その当時は今ほど先進安全技術が発達していなかったこともあり、低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM-City」と誤発進抑制機能のみの搭載でした。

先進安全技術は各メーカーが力を入れているため、進化の速度が速い傾向があります。タウンボックスはモデルライフが長くなるにしたがってほかの軽自動車に安全性能で見劣りするようになりつつあったといえるでしょう。

しかし、2019年7月の一部改良では、衝突被害軽減ブレーキの精度を向上させるとともに先進安全技術の追加が行われました。これによりタウンボックスは経済産業省や国土交通省が普及を推進する先進安全技術を搭載した車「セーフティ・サポートカー」、通称サポカーの中でも、装備内容が充実した最上級の分類である「サポカーSワイド」に該当する安全性能を持つ車へと進化しています。

タウンボックスに搭載される「e–Assist」の内容

ここからは、タウンボックスに搭載される「e–Assist」には、どのような先進安全技術が搭載されているのかを見ていきましょう。

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]出典:三菱「タウンボックス」安全装備

システムが自車の前方にいる車両や歩行者を検知し、ぶつかる危険があると判断すれば自動ブレーキを作動させて衝突回避・衝突被害の軽減をサポートする機能です。

従来はレーザーレーダーによって対象物を検知していましたが、2019年7月の一部改良時にレーダーの代わりにステレオカメラを採用することで、車両に加え、歩行者の検知も可能としました。また、それまでは作動車速域が約5~30km/hまでの低速域のみであったのに対し、約5~100km/hまでの幅広い速度域にまで作動域を広げているのも特筆すべきポイントでしょう。

誤発進抑制機能(前方・後方)

誤発進抑制機能(前方・後方)出典:三菱「タウンボックス」安全装備

進行方向に壁などの障害物を検知している状態でアクセルが強く踏み込まれると、システムがエンジン出力を自動制御して急発進・急加速を抑制し、ペダル操作ミスによる衝突事故の回避に貢献する機能です。

後退時ブレーキサポート

誤発進抑制機能(前方・後方)出典:三菱「タウンボックス」安全装備

タウンボックスには、リアバンパーに設置された4個のセンサーが後方の障害物を検知して自車との距離を測定し、距離に応じてブザー音を4段階に変化させることでドライバーに障害物との接近を知らせる「リアパーキングセンサー」が採用されています。

さらに、障害物との衝突が避けられないと判断した場合には自動ブレーキを作動させる「後退時ブレーキサポート」機能によって、後退時の衝突被害の軽減を図ります。

ハイビームアシスト

誤発進抑制機能(前方・後方)出典:三菱「タウンボックス」安全装備

夜間にハイビームを使用して走行している際、街灯のある明るい場所を走行したり、先行車・対向車がいたりする場合は自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。

切替え忘れをなくすほか、手動切替えの手間を減らして安全運転に貢献します。

車線逸脱警報機能

車線逸脱警報機能出典:三菱「タウンボックス」安全装備

約60~100km/hで走行中にシステムが左右の区画線を認識し、進路を予測します。その上で車両が車線をはみだす危険があるとシステムが判定した場合には警報を発してドライバーに知らせる機能です。

ふらつき警報機能

ふらつき警報機能出典:三菱「タウンボックス」安全装備

システムが車線を認識すると、自車の走行パターンを計測します。車両が蛇行するなど「ふらつき」であると判断した場合には、警報によってドライバーに注意喚起します。

作動速度域は車線逸脱警報機能と同じです。なお、車線逸脱警報機能・ふらつき警報機能ともにステアリング制御などの回避操作をサポートする機能は搭載されていません。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能出典:三菱「タウンボックス」安全装備

信号待ちや渋滞時など、ブレーキペダルを踏んで停止している際に、先行車が約4m以上離れても停止し続けると音や表示でドライバーに先行車の発進を知らせ、出遅れ防止をサポートする機能です。

「e-Assist」以外の安全をサポートする機能

タウンボックスには、「e-Assist」以外にも安全性を高める機能が採用されています。

エマージェンシーストップシグナルシステム

約55km/h以上で走行中に急ブレーキを踏んだ場合、通常のブレーキランプの点灯に加えてハザードランプを自動で点滅させることで後続車に急ブレーキを知らせる機能です。早い段階で後続車のドライバーに急ブレーキに気づいてもらうことで追突の危険を減らせるようにサポートします。

ヒルスタートアシスト

坂道発進の際、アクセルペダルからブレーキペダルに踏み替える瞬間に最大2秒間ブレーキを維持し、車両の後退を一時的に防止する機能です。

カーリースならより充実した安全性能を搭載できる

タウンボックスに新車で乗るには、車両本体価格のほか、各種税金や自賠責保険料、手数料などの登録諸費用が必要です。これらは本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンに含められないケースでは現金で支払わなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、オプションの安全性能をあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、充実した安全性能を装備することが可能になります。

カーリースで安全性能のフル装備も可能になるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで新車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、車両本体価格が購入するよりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでタウンボックスに月額21,500円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、タウンボックスに月額21,500円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な自動車重量税や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくタウンボックスに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の延長保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額21,500円からタウンボックスに乗れるため、欲しい安全性能がオプションであっても、予算内で必要なだけ装備することが可能になります。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして日本最安値(2021年3月定額カルモくん調べ)。

「サポカーSワイド」に該当するタウンボックスで、安心・快適なカーライフを楽しもう

タウンボックスには最新鋭の運転支援機能やステアリングの制御を伴う高度な機能は採用されていませんが、「サポカーSワイド」の認定に必要な先進安全技術は全車に搭載されています。

「サポカーSワイド」は今の時代に誰もが安心して運転できる車であるという、ひとつの基準です。タウンボックスは、日常的に使用する車として必要な安全性能を備えたモデルといえるでしょう。

よくある質問

Q1:タウンボックスには先進安全技術は標準装備されているの?

A:はい、タウンボックスには全車に予防安全技術「e-Assist」が標準装備されています。なお、2019年7月の一部改良では、レーザーレーダーに代わりステレオカメラを採用して衝突被害軽減ブレーキの精度を向上、さらに多数の先進安全技術を搭載するなど、安全性能を強化しました。

Q2:タウンボックスに搭載される先進安全技術にはどんなものがあるの?

A:車両と歩行者を検知して衝突の危険があれば自動ブレーキを作動させる「衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]」、エンジン出力の制御によってペダル踏み間違い時の急発進・急加速による衝突の回避、衝突被害軽減をサポートする「誤発進抑制機能(前方・後方)」、車線からはみ出しそうになるとシステムが警報を発する「車線逸脱警報機能」などの先進安全技術が搭載されています。

Q3:タウンボックスはどの「サポカー」に該当するの?

A:タウンボックスは、サポカーの中でも最も装備内容が充実した分類である「サポカーSワイド」に全車が認定されています。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で執筆しています。

三菱タウンボックスの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他の三菱タウンボックスの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー