ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ワゴンRカスタムZの安全性能を確認!オプションもチェックしよう

ワゴンRカスタムZの安全性能を確認!オプションもチェックしよう
ワゴンRカスタムZの安全性能を確認!オプションもチェックしよう

出典:スズキ「ワゴンRカスタムZ」安全装備

スズキのヒットモデルの軽ハイトワゴン「ワゴンR」の派生モデルとして登場した「ワゴンRカスタムZ」。ワゴンRならではの使い勝手の良さや燃費性能の高さはそのままに、精悍なエクステリアデザインと上質で洗練された内装を持つのが特徴ですが、安全性能も高くさまざまな先進安全技術を採用しています。

ここでは、ワゴンRカスタムZの安全性能について詳しくご紹介します。

  • スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が全車標準装備
  • 衝突被害軽減ブレ―キの「デュアルカメラブレーキサポート」は夜間の歩行者の検知も可能
  • 「全方位モニター用カメラ」や「ヘッドアップディスプレイ」といったオプションもある

ワゴンRカスタムZの安全性能の特徴

ワゴンRカスタムZは、ベースモデルとなるワゴンRの2022年8月の一部改良のタイミングでワゴンRの派生モデルとして新たに設定されたハイトワゴンです。ワゴンRはその一部改良で安全性能を大きく引き上げたので、ワゴンRカスタムZにもそれが反映され最新の先進安全技術を備えているのが特徴です。

なお、ワゴンRカスタムZではスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が全車標準装備であり、「サポカーSワイド」の認定条件を満たす先進安全技術を搭載しています。

ワゴ ンRカスタムZに標準装備の先進安全技術

ここでは、ワゴンRカスタムZに標準装備されるおもな先進安全技術をご紹介します。

デュアルカメラブレーキサポート

デュアルカメラブレーキサポート出典:スズキ「ワゴンRカスタムZ」安全装備

ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知し、ぶつかる危険がある場合は警告、ブレーキアシスト、衝突被害軽減ブレ―キの作動と、段階に応じて作動させることで衝突の回避や衝突被害軽減をサポートする機能です。

ワゴンRカスタムZでは、夜間の歩行者検知にも対応しています。

誤発進抑制機能(前方・後方)

誤発進抑制機能(前方・後方)出典:スズキ「ワゴンRカスタムZ」安全装備

駐車場などで進行方向に障害物を検知しているとき、ペダルの踏み間違いやシフト操作ミスなどによって急発進や急加速するのをエンジン出力制御で抑制する機能です。

後退時ブレーキサポート

後退時ブレーキサポート出典:スズキ「ワゴンRカスタムZ」安全装備

リアバンパーのセンサーが障害物と車両との距離を計測し、距離に応じて音を変化させてドライバーに障害物への接近を知らせます。

障害物とぶつかる危険が高まった場合は自動でブレーキを作動させることで、衝突の回避や衝突被害の軽減を図る機能です。

車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制機能

車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制機能出典:スズキ「ワゴンRカスタムZ」安全装備

システムが車線を検知して進路を予測します。その上で車両が進路を外れ車線から逸脱する危険があると判断した場合は音や表示によってドライバーに警告します。

さらに逸脱の可能性が高い場合は逸脱を回避する方向にステアリング操作を促すことで、車線内走行を維持できるようにサポートします。

アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付き)

高速道路などでステレオカメラが先行車との距離を測定し、あらかじめ設定した車間距離を維持するように加速と減速をシステムがサポートしてくれる運転支援技術です。

全車速追従機能付きなので、停止まで自動追従します。高速走行時、または渋滞時のドライバーの運転負荷を軽減し、安全運転に貢献します。

ハイビームアシスト

ハイビームアシスト出典:スズキ「ワゴンRカスタムZ」安全装備

先行車・対向車のライトや周知の明るさを検知し、状況に応じてハイビームとロービームを自動で切り替える機能です。

基本的にハイビームで走行するため、ハイビームの使用頻度が増えて夜間視認性が向上するほか、切り替え忘れがなくなる、手動切り替えの手間が減るなどの利点もあります。

オプションで追加できる先進安全技術

ワゴンRカスタムZでは、オプションで追加できる安全機能も用意されています。

全方位モニター用カメラ

車両の前後左右に設置された4つのカメラによって得た情報から、車両を真上から見下ろしたような映像を合成して全方位モニター付きディスプレイオーディオや対応ナビゲーションに映し出すことで、ドライバーが目視しにくい位置の安全確認をサポートしてくれる機能です。

俯瞰映像のほかにも、助手席の側のサイドや前方・後方など、さまざまなアングルを映し出します。また、立体的に表示する「3Dビュー」や、接近する車両や歩行者を検知すると音や表示で注意喚起する「左右確認サポート機能」も搭載されています。

車庫入れ時や縦列駐車時をはじめ、狭い路地から出る際や細い道でのすれ違い時など、さまざまな状況で活躍してくれるでしょう。

ヘッドアップディスプレイ

ヘッドアップディスプレイ出典:スズキ「ワゴンRカスタムZ」安全装備

運転席前のダッシュボード上に運転に必要な情報を映し出す機能です。ドライバーの焦点調節や視線移動の機会を減らして安全運転をサポートします。

シフト位置や車速のほか、前方衝突警報表示や衝突被害軽減ブレ―キの作動表示、凍結警告表示、交差点案内表示などが可能です。

毎日の生活に寄り添う車として十分な安全性能を備えているワゴンRカスタムZ

ワゴンRカスタムZは衝突の回避や衝突被害軽減に貢献したり、車線からのはみ出しを防止したりする予防安全技術だけではなく、高速道路で加減速をサポートしてドライバーの安全運転をアシストしてくれる運転支援機能も全車に搭載されています。

さらに、オプションを追加すれば死角になるエリアを可視化して安全確認をサポートしてくれる機能なども備わるため、日常的に使用する軽自動車として十分な安全性能を備えているといえるのではないでしょうか。

あなたと相性最高の車は?約100種の国産車からピッタリの一台が見つかる!LINEで無料診断してみる

よくある質問

Q1:ワゴンRカスタムZの安全性能の特徴は?

A:ワゴンRカスタムZはスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を標準装備し、全車が「サポカーSワイド」の認定に必要な先進安全技術を搭載しています。

Q2:ワゴンRカスタムZにはどのような先進安全技術が搭載されているの?

A:夜間の歩行者検知にも対応した衝突被害軽減ブレ―キの「デュアルカメラブレーキサポート」や、車線からはみ出す危険があれば警告するとともにステアリング操作を支援して車線内の走行を維持するようにサポートする「車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制機能」、車間距離を保ちながら加減速をサポートし、ドライバーの運転負荷を減らして安全運転に貢献する「アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付き)」などがあります。

Q3:ワゴンRカスタムZにオプションで追加できる先進安全技術はある?

A:ドライバーの死角になるエリアを可視化して安全確認をサポートしてくれる「全方位モニター用カメラ」や、運転席前のダッシュボード上に車速などの運転に必要な情報を映し出す「ヘッドアップディスプレイ」があります。

※この記事は2022年11月時点の情報で制作しています

スズキワゴンRカスタムZの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキワゴンRカスタムZの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる