ウェイクにはどんな安全装備が搭載されている?スマートアシストⅢの機能とは?

ウェイクにはどんな安全装備が搭載されている?スマートアシストⅢの機能とは?
ウェイク

クルマの安全性能は日々進化しています。現在では各メーカーが競い合って先進安全機能を開発していますが、自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置、先進ライトなどその種類は多岐に及びます。

こうした先進安全機能を搭載しているクルマを政府が高齢者をはじめとするすべての運転者の事故防止対策の一環として普及啓発しています。「サポカー」「サポカーS」という愛称を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

10036_ウェイク

「サポカー」、「サポカーS」(セーフティサポートカー)って?

「サポカー」、「サポカーS」(セーフティサポートカー)って?

先進安全機能には統一規格が無く、同じ先進安全機能でもメーカーごとに名称が異なり消費者に分かりにくいという問題が出てきました。そこで政府は自動ブレーキペダルや踏み間違い時加速抑制装置を搭載したクルマに「サポカー」という愛称をつけ、わかりやすく分類したのです。

分類は4種類あります。

サポカー

自動ブレーキを搭載したクルマ。全ての運転者に推奨されます。

サポカーSベーシック

作業速度30km/h以下の低速自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置

サポカーSベーシック+

自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置

サポカーSワイド

自動ブレーキ(対車両、対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライト

サポカーSは自動ブレーキにペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載し、特に高齢運転者に推奨されるクルマです。

ダイハツの先進安全機能、「スマートアシストⅢ」を搭載したウェイクは、最も機能が充実したサポカーSワイドに適合します。

では早速ウェイクのスマートアシストⅢの機能をチェックしていきましょう。

ウェイクの「スマートアシストⅢ」の安全装備

ウェイクの「スマートアシストⅢ」の安全装備

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能( 対車両・対歩行者)

進路上の歩行者や車両を検知し、衝突の危険性があるとシステムが判断した場合には警報を発し、段階を踏んで自動ブレーキを作動させるシステムです。

前方約60m以内の車両、約30m以内の歩行者を検知します。

システムが危険を察知するとまずブザー音とメーター表示でドライバーに注意喚起を行います(衝突警報機能)。作動条件は自車の速度が対車両で約4~約100km/h、対歩行者で約4~約50km/hでの走行時です。

衝突警報機能を発した段階からさらに衝突の危険性が高まったとシステムが判断した場合、自動ブレーキを作動させます。 この段階ではまず弱いブレーキをかけます(事前ブレーキ)。

事前ブレーキの作動条件は対車両で約4~約80km/h走行時、対歩行者は衝突警報機能と同じです。

自転ブレーキが作動している段階でドライバーがブレーキ操作を行うと、ブレーキアシストを行いブレーキの制動力を高めます(被害軽減ブレーキアシスト)。

対車両で約30~約80km/hで走行時、対歩行者は約30~約50km/h走行時に作動します。

それでも衝突の回避は不可能だとステムが判断した場合強いブレーキを作動させ、衝突被害の軽減や衝突回避を図ります(緊急ブレーキ)。

緊急ブレーキは事前ブレーキと同じ条件で作動します。

自動ブレーキはあると安心なシステムですが、どんな状況でも絶対にぶつからないというわけではないので、過信せずに安全運転を行ってください。

車線逸脱警報機能

路面の車線をステレオカメラで検知して車両が車線からはみ出しそうになるとドライバーへ警告し注意喚起します。約60km/h以上で作動するので高速道路で活躍するシステムですね。

誤発進抑制制御機能(前方、後方)

高齢者の事故の原因として多いアクセルとブレーキペダルの踏み間違いによる誤発進を防ぐ装置です。

約10km/h以下の速度で障害物を検知して、必要以上にアクセルペダルを強く踏み込むとエンジン出力を抑制して急発進を防ぎます。

前方の場合はステレオカメラで約4メートル以内、後方はソナーセンサーで約3m先までの障害物を検知します。後方にも対応している点は高評価ですね。

先行車発進お知らせ機能

ブレーキペダルを踏んで停止している場合、前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも発進しない場合に作動します。

ブザー音とメーター内表示でドライバーに注意喚起し、うっかりを防ぎます。

オートハイビーム

夜間の走行時には視認性の良いハイビームを常時使用することが近年では警察などによって推奨されていますが、ずっとハイビームにしたままだと先行者がいる場合や対向車が来た場合に相手の目をくらましてしまうことになり危険が伴います。

そのためにロービームに切り替える必要がありましたが、オートハイビームはこのハイビームとロービームの切り替えを自動で行うシステムです。

夜間の前方視界を確保すると共に、手動切り替えの煩わしさをなくし安全運転に貢献します。約25km/h以上で走行時に作動します。

この5つの機能がウェイクに搭載されている「スマートアシストⅢ」の安全機能です。自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトと、サポカーSワイドに必要な機能がすべて装備されていますね。

ウェイクのスマートアシストⅢ搭載車はサポカーSワイドに相当することがお分かりいただけたのではないかと思います。

安く手に入れる

「スマートアシストⅢ」以外のウェイクの安全装備もチェックしてみよう

「スマートアシストⅢ」以外のウェイクの安全装備もチェックしてみよう

ウェイクにはスマートアシストⅢ以外にも安全装備が搭載されています。

エマージェンシーストップシグナル

急ブレーキを踏んだ場合ハザードランプを通常より高速で点滅させて後続車に急ブレーキを知らせます。約60km/h以上で走行中に作動します。

ヒルホールドシステム

急な上り坂で発進する際、ブレーキペダルからアクセルペダルへ踏みかえる瞬間の約2秒間、ブレーキを作動させて坂道発進をアシストします。安心して坂道発進できますね。

コーナーセンサー(Dを除く)

リヤの左右に1個ずつセンサーが設置され、ドライバーから見えにくい位置の障害物を検知してドライバーに知らせます

車速10km/h以下で作動、約65m以内の障害物を検知します。バックでの駐車時に特に役立ちそうですね。

SRSエアバッグ/サイドエアバック

運転席、助手席には通常のエアバッグにプラスしてサイドエアバッグも装備されています。

ダイハツ自慢の「スマートアシストⅢ」を搭載したウェイクで安心安全のカーライフを!

ダイハツ自慢の「スマートアシストⅢ」を搭載したウェイクで安心安全のカーライフを!

スマートアシストⅢが搭載されたウェイクは「サポカーSワイド」に適合しています。

軽自動車で先進安全機能が一番進んでいるといわれているホンダN-BOXに搭載されている「ホンダセンシング」に含まれているようなアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)やステアリング操作を伴う安全機能は搭載されていませんが、それでも十分な安全装備といえるでしょう。

頼りすぎるのは禁物ですが、ウェイクのようにこうした安全性能が付いていると気分にゆとりも出て、より運転も楽しめるのではないでしょうか。

※記事の内容は2018年11月時点の情報で執筆しています。

ダイハツウェイクの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のダイハツウェイクの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー