ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
フリーエディター・ライター
高橋満たかはしみつる

中古車の日産「シーマ」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖

中古車の日産「シーマ」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖

日本を代表するプレミアムセダンのひとつである日産「シーマ」。高級モデルということも中古車の流通量は少なめ。その中から自分に合った1台を選ぶのはなかなか大変です。この記事では中古車のシーマなら、どのモデル、グレード、年式のものを買えば一番お得なのか、間違いがないのかという正しい買い方に加えて、気になる最新の中古車相場の状況などを専門家の目線で徹底解説します。ぜひ参考にしてください。

【この記事のポイント】
✔一番推したい中古車の日産「シーマ」は現行型前期モデルのベースグレード
✔高級モデルだけに距離を走っていても機関系の心配は少ない。だから価格にこだわって現行型を探す!

中古車のシーマ、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら「現行型前期モデルのベースグレード」を120万円で買う!!

中古車のシーマ、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら「現行型前期モデルのベースグレード」を120万円で買う‼

中古市場にあるシーマの中古車は一世を風靡した初代から最新モデルまで存在します。その中で多くの人が選ぶ中古車として現実的なのは現行型と旧型でしょう。現行型は相場が100万~540万円、旧型は相場が30万~140万円です。その中から筆者が選ぶとすれば、低価格帯にある現行型のベースグレードになります。

現行型シーマはベースグレードのほか、後席にパワーリクライニングシートやセンターアームレストのコントロールスイッチが備わる「VIP」、BOSE製の後席用プライベートシアターシステムが備わる「VIP G」が用意されます。

中古車でシーマを探す人の多くはショーファードリブンではなく自ら運転するドライバーズカーとして考えるはず。だとしたら後席の豪華な装備は必要ないでしょう(家族からのリクエストはあるかもしれませんが……)。

流通量もベースグレードが最も多いので中古車を探しやすくなっています。

日産のプレミアムセダンであるシーマは法人需要が多いので、一般的な車より走行距離は多めに。これは経営者が仕事の移動車として選ぶことが多いから。そのため特に低価格帯の中古車は走行距離が15万km前後とかなり多くなります。

ただ、開発時からそのような使われ方を想定しているので、機関系の状態はそこまで心配しなくても大丈夫。運転席に多少のヤレが出ているものもありますが、全体的にきれいな状態の中古車が多くあります。

新車時価格735万円のフラッグシップモデルを100万円台前半で手に入れる。夢のある選択だと思います!

LINE買い方診断

ほかにもこんなに!お買い得で魅力的な中古車のシーマ

ほかにもこんなに!お買い得で魅力的な中古車のシーマ

イチオシモデルとして紹介した現行型前期モデルのベースグレード以外にも、シーマはさまざまな視点から魅力的な中古車を探すことができます。“シーマらしさ”に惹かれる人はあえて旧型を探すのもありですし、後部座席の快適性にこだわるなら現行型の上級グレードも魅力的。2017年6月以降の後期型には先進安全装備も備わっています。

シーマのモデルチェンジ、マイナーチェンジ⼀覧

シーマのモデルチェンジ、マイナーチェンジ⼀覧

日本のバブル景気が最高潮に達した1988年1月、一台の車が世に送り出されました。日産シーマ。Y31型セドリック/グロリアの上級モデルとして贅を尽くしたハイソカーのシーマは好景気も手伝い爆発的にヒット。「シーマ現象」という言葉まで生まれました。

シーマのモデルチェンジ、マイナーチェンジ⼀覧2

通算4代目となる旧型は2001年1月にデビュー。3代目までは英国車のプレミアムサルーンのような華麗な印象がありましたが、4代目はガラリと変わり、押し出し感のあるドイツの高級セダンのような雰囲気に。大きなヘッドライトの中には小型のプロジェクターヘッドライトとその周りに6つのライトが配置された未来感あふれるデザイン(マルチプロジェクターキセノンヘッドランプ)を採用しました。

電動格納式ドアミラーには日本車で初めてウインカーを内蔵。ドアミラー下部には暗い中で乗車する際に足元を照らしてくれるライトが付けられました。

高級装備としては情報センターのオペレーターがナビの操作や検索などを行ってくれるコンパスリンク、ドライバーが急病になったときなどにボタンを押すことでオペレーションセンターにつながるヘルプネット、バックビューモニター、そして世界初のレーンキープサポートシステム、車間自動制御システムなどが搭載されました。

パワートレインは4.5L V8と3L V6を用意。2WDのトランスミッションはマニュアルモード付きの5ATになります。

シーマのモデルチェンジ、マイナーチェンジ⼀覧3

2002年9月の一部改良ではV8モデルのみに採用されていたマルチプロジェクターキセノンヘッドランプをV6モデルにも展開しました。そしてこのタイミングでスポーツチューンドサスペンション、245/45R18タイヤ&18インチアルミロードホイールを装着したスポーツグレードの300Gグランドツーリングが追加設定されました。

シーマのモデルチェンジ、マイナーチェンジ⼀覧4

2003年8月のマイナーチェンジでは先行車との追突が避けられないと判断した場合に自動的にブレーキを作動させて追突時の被害を軽減するインテリジェントブレーキアシストを採用。また、エアバッグなどの安全装備の効果を最大限に引き出して衝突時の被害を軽減させる前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルトも採用されました。

インテリアにはクッションと背もたれから暖気や冷気を出して夏場や冬場の快適さを高める前席エアコンディショニングシートが搭載されました。

2008年2月の一部改良ではボディの塗装に小傷がついた場合、時間の経過とともに傷が目立たなくなるスクラッチシールドがすべてのカラーで採用されています。

旧型シーマは2010年8月まで生産。その後、しばらくシーマは日産のラインナップから姿を消すことになります。

シーマのモデルチェンジ、マイナーチェンジ⼀覧5

日産を象徴する車の一つであるシーマが復活したのは2012年4月。現行型シーマはフーガをベースに1モーター2クラッチ式のハイブリッドモデルとして登場しました。これは1つのモーターで発電と走行を行うシステムで、発進時から高速クルージングまで幅広い領域でモーター走行が可能になっています。

モーター走行時はクラッチでエンジンとの接続を切り離してエンジンを完全に停止させるので、巡航時はとても静かに走ることが可能に。強烈な加速が欲しいときは2つのクラッチをつなぎ、エンジンとモーター両方のパワーを使えるようになっています。

足回りには路面からの入力に応じて2つのピストンで減衰力をコントロールするダブルピストンショックアブソーバーを採用。ゆっくりとした大きな揺れと小刻みな振動の両方を抑えて乗り心地を向上させています。

ボディはフーガをベースにホイールベースとリアドアを150mm拡大。後席の空間を広げることでショーファードリブンとしての需要にも対応しています。

シーマのモデルチェンジ、マイナーチェンジ⼀覧6

2017年6月のマイナーチェンジではインテリジェントエマージェンシーブレーキ、インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)、インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)、インテリジェントBUI(後退時衝突防止支援システム)が全グレード標準装備となり、全方位運転支援システムによる安全性能向上を実現しました。

シーマのモデルチェンジ、マイナーチェンジ⼀覧7

2019年12月にはインテリジェントエマージェンシーブレーキが静止した歩行者にも対応できるようになりました。

こちらもおすすめ!タイプ別にシーマの中古車を選ぶなら

後席の快適さにこだわるなら最上級グレードを「現行型前期モデルVIP G」中古市場の相場140万〜350万円

後席の快適さにこだわるなら最上級グレードを「現行型前期モデルVIP G」中古市場の相場140万〜350万円

フーガをベースに後部座席の空間を広げた現行型シーマだからこそ後部座席でゆったり過ごす時間を楽しみたい。それなら最上級グレードのVIP G狙いで!

BOSE製の5.1Chサラウンドサウンド付きのプライベートシアターシステムが備わるので、移動中も自分の世界に没頭できます。

問題はこのシステムを楽しんでいる間、誰が運転するかですね。運転手を雇える環境なら問題ないですが、ファミリーで使うとなるとこのシステムはお子さん専用品になるかもしれません……。

先進安全装備にこだわる人なら後期型を「2018年式ベースグレード」中古市場の相場380万〜390万円

先進安全装備にこだわる人なら後期型を「2018年式ベースグレード」中古市場の相場380万〜390万円

現行型前期モデルに搭載される先進安全装備は先行車との距離や速度に応じてドライバーの操作をアシストするインテリジェントペダル、インテリジェントブレーキアシスト、LDP(車線逸脱防止支援システム)、LDW(車線逸脱警報)、FCW(前方車両接近警報)など。

そして2017年のマイナーチェンジでエマージェンシーブレーキや前方衝突予測警報、後側方衝突防止支援システム、後退時衝突防止支援システム、アラウンドビューモニターなどが備わります。

先進安全装備にこだわる人は前期型だと少し物足りないので、相場は上がりますが後期型を探してみましょう。

フラッグシップらしい風格と迫力が欲しい人は旧型を「2008年式450XL」中古市場の相場30万〜100万円

フラッグシップらしい風格と迫力が欲しい人は旧型を「2008年式450XL」中古市場の相場30万〜100万円

現行型はヘッドライトなどがフーガと共通パーツになるため、フラッグシップモデルらしい威厳という観点で見るとやや弱くなります。

逆に旧型は大型のヘッドライトをはじめ、これぞシーマという押し出し感のあるデザインが魅力。見た目重視の人はあえて旧型を探すのもアリ!

旧型ならほぼ最終型に近い年式でも相場はかなり安めで推移しています。

中古車のシーマならではのチェックポイントはココ

走行距離よりも内外装の状態を優先した車選びを

シーマは法人需要も多いモデルだけに普通の車に比べるとかなり走行距離がかさんだ中古車が多くなります。ただ、メーカーもそれをわかった上で開発していること、距離を走っていても高速道路などを使う機会が多いことなどからそこまで車両にダメージはないものが多くなっています。

ただ、頻繁に手や体が触れる部分はヤレが出ている可能性もありますし、高級車だけに外装にヘタリが出ていると所有後の満足度が半減してしまう懸念も。

内外装の状態はしっかりチェックして、納得できるかよく考えてから選びましょう。

車内の電装品はすべて動かしてみる

高級車であるシーマにはさまざまな快適装備が搭載されています。電装品は何かの理由で故障する可能性がゼロではありません。もちろん機関系部位同様に耐久性は確保されているものの、ものによっては修理費が高額になる可能性もあるので、購入前にはすべてを動かしきちんと動作するか確認しておいた方が安心です。

後席周りの装備はドライバー目線だとついつい確認を忘れてしまうことも。この辺りは意識して店頭で確認してください。

VIP仕様はアリかナシか、しっかり検討する

90年代ごろから高級セダンを改造して楽しむVIPカーが一部の人の間でブームに。シーマもそのベース車両として人気がありました。旧型シーマは現在でも過激なドレスアップが施されたものが販売されています。

VIP仕様が嫌いでない人は自分好みのものが見つかればおいしい買い物になるはず。でも改造車は避けたい人は絶対手を出したくないものでしょう。

また、購入時はいいなと思っても後で嫌になったり、乗り心地がよくなくてゲンナリする可能性も。購入前に手を出すべきか否か、よく考えてから選びましょう。

シーマの中古車と比べたいライバル車種はコレだ!

セルシオなき後のトヨタのフラッグシップセダン「5代目トヨタクラウンマジェスタ」

セルシオなき後のトヨタのフラッグシップセダン「5代目トヨタクラウンマジェスタ」
トヨタを代表するセダンであるクラウンの上位モデルがマジェスタ。通算5代目となる200系は2009年3月から2013年8月まで生産されました。

先代よりホイールベースを伸ばしながら全長は5m以下に抑えられたことで、優れた居住性と運転のしやすさを両立しています。搭載エンジンは4.6L V8で8ATが組み合わされます。

中古車は80台弱流通していて、価格帯は50万〜170万円。旧型シーマを検討している人に、合わせて注目してもらいたい1台です。

日本が世界に誇るプレミアムモデル「初代レクサスLS」

日本が世界に誇るプレミアムモデル「初代レクサスLS」

2006年9月に登場したレクサスのフラッグシップモデルであるLS。多くの先進装備が盛り込まれていて、異次元の快適な時間を過ごすことができます。

運転手に運転を委ねるショーファードリブンというイメージがありますが、実はドライバーズカーとしての人気が高く、FスポーツやバージョンSZといったスポーツグレードも設定されていました。2007年にはハイブリッドも追加されています。そして2012年10月にはメジャーチェンジといわれるほどの大改良を実施。デザイン面では現在のレクサスを象徴するスピンドルグリルが採用されています。

中古車はハイブリッドを含めて1000台ほど流通していて、価格帯は40万〜600万円となっています。

憧れのプレミアムモデルも中古車なら手に入る「W221型メルセデス・ベンツSクラス」

憧れのプレミアムモデルも中古車なら手に入る「W221型メルセデス・ベンツSクラス」

2005年10月に日本に導入されたW221型メルセデス・ベンツSクラスは、シャープなエクステリアとハイクオリティなインテリアが特徴的。3.5L V6エンジン搭載のS350、5.4L V8エンジン搭載のS500、そのロングボディモデルであるS550ロングが導入されました。2006年11月には5.5L V12エンジンを搭載するS600が、同年11月には4WDのS500 4マチックも追加されています。

W221の中古車は70万〜440万円まで価格帯が下がっていて、流通台数もまだ250台ほどあります。一度はメルセデスのフラッグシップを味わいたいという人は注目してみてください。

LINE買い方診断

中古車のシーマはここで探せ!

では、中古車のシーマをどこでどのように探したらよいでしょうか。カーライフを賢くスムーズに始めるのに、おすすめのサービスや販売店をご紹介します。

カーセンサーnet

カーセンサーnetは中古車情報誌時代から数えて40年近い歴史と実績を誇る検索サイトで、サイト上には約50万台の情報が掲載されています(※)。車の状態を示す評価について独自の認定システムを導入しているので、こうした評価を車選びの目安にすれば、車に詳しくない方でも安心して車選びができるでしょう。

また、「カーセンサーアフター保証」に加入すれば、業界最多水準の350項目の部品について修理が保証され、保証料金は車に合わせて細かく設定できるので、無駄なく予算に合わせた保証を付けることができます。

カーセンサーnetでは旧型まではシーマ、そして現行型はシーマハイブリッドとして掲載されています。旧型シーマの掲載件数は88件、価格帯は30万~140万円、そして現行型シーマの掲載件数は70件、価格帯は100万~540万円となっています(※)。
※いずれも2021年6月19日時点の情報です。

グーネット中古車

先述のカーセンサーnetと同じような中古車情報サイトで、こちらも約50万台が登録されています(※)。グーネット中古車にも、検査協会などが車の状態を評価する「ID車両」という制度や、最長3年まで走行距離無制限でさまざまな保証が付く「Goo保証」などの制度があります。

グーネット中古車の現行型&旧型シーマ掲載台数は172件、価格帯は20万~540万円となっています(※)。
※いずれも2021年6月19日時点の情報です。

現行型と旧型でデザインが大きく異なるので好みのほうを選んで

シーマを中古車で選ぶ際は、押し出しの強いデザインが好みか、洗練された雰囲気が好きかで旧型か現行型を選ぶといいでしょう。また、現行型はすべてハイブリッドになります。日産のハイブリッドは巡航時にモーターのみで走る時間もあるので、モーター走行ならではの静けさを味わいたい人にもおすすめです。

旧型だと新車時価格が695万円〜、現行型の前期型は735万円〜でした。それを考えると中古車の価格帯はかなりお得。ぜひ状態のいい中古車を探してプレミアムモデルだからこそ味わえる時間を楽しんでください。

よくある質問

Q1:中古車のシーマ、どれを買うべき?

A:中古車相場の魅力が大きい現行型前期モデルのベースグレード

Q2:中古車のシーマを買うときに気を付けたいポイントは?

A:さまざまな電装品が搭載されているので、きちんと動作するかすべて動かしてみましょう。

Q3:中古車のシーマはどこで手に入れればいい?

A:購入するなら全国の販売店の窓口となっているカーセンサーnet、グーネットなどの中古車情報検索サイトを活用するとよいでしょう。頭金や初期費用の一括払いが必要ない方法を探しているなら、定額カルモくんがおすすめです。支払いは毎月定額の利用料金だけなので、すぐにお好みの中古車のシーマに乗ることができます。

※記事の内容は2021年6月19日時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード