寄稿記事(上級者向け)
フリーエディター・ライター
高橋満たかはしみつる

中古車のマツダ「CX-30」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖

中古車のマツダ「CX-30」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖
5万円キャンペーン_目次上

CX-3とCX-5の中間に位置するコンパクトSUVとして2019年10月にデビューしたマツダ「CX-30」。Mazda3とプラットフォームを共有するモデルで、コンパクトサイズながら後部座席にも大人がしっかり座れるようになっています。人気車種だけに中古車の流通量も多く、自分に合った1台を選ぶのはなかなか大変です。この記事では中古車のCX-30なら、どのモデル、グレード、年式のものを買えば一番お得なのか、間違いがないのかという正しい買い方に加えて、気になる最新の中古車相場の状況などを専門家の目線で徹底解説します。ぜひ参考にしてください。

【この記事のポイント】
✔一番推したい中古車のマツダ「CX-30」は2020年式XD プロアクティブツーリングセレクション4WD
✔トルクフルなディーゼルは街中でも扱いやすい。4WDもあると安心
✔中古車のCX-30なら定額カルモくんがお得

Group 19

中古車のCX-30、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら「2020年式XD プロアクティブツーリングセレクション4WD」を290万円で買う!

中古車のCX-30、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら「2020年式XD プロアクティブツーリングセレクション4WD」を290万円で買う!

CX-30はデビューからまだ1年半ほどしか経過していませんが、すでに500台近い中古車が流通しています。価格帯は190万〜350万円。その中から筆者が選ぶとすれば、1.8Lディーゼルターボを搭載するXD プロアクティブツーリングセレクションになります。

プロアクティブツーリングセレクションは運転席パワーシート、運転席と助手席のシートヒーター、ステアリングヒーター、スーパーUVカット&IRカットガラスなどが備わるグレード。夏場に心配な運転中の日焼け、冬場の冷えに役立つ機能は、女性はもちろん男性にも嬉しい機能。

マツダのクリーンディーゼルの魅力は、日常生活での扱いやすさ。最高出力は2Lガソリンエンジンのほうが大きくスポーティなものの、トルクはディーゼルのほうが圧倒的に太く、発進などで力強い加速を味わえます。旅行でロングドライブに出る際も、トルクを活かして低回転でのんびりクルージングするのが気持ちいいエンジンです。

中古車のCX-30、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら「2020年式XD プロアクティブツーリングセレクション4WD」を290万円で買う!2

そして忘れてはいけないのがマツダ4WDの性能。マツダ車はモダンで都会的なデザインなので4WDのイメージは薄いですが、実はかなり荒れた道、雪のような滑りやすい路面でも安定感があるので、悪天候時も安心して走ることができます。

サイズ的にファミリーでたくさんの荷物を積んでキャンプを楽しんだりするのは難しいですが、カップルでアウトドアに出かけたりする人は4WDがおすすめ。また最近では都市部でも急な天候の変化が起こることも増えているので、4WDだと安心感が高くなるはずです。

CX-30_中古車ボタン

ほかにもこんなに!お買い得で魅力的な中古車のCX-30

ほかにもこんなに!お買い得で魅力的な中古車のCX-30

イチオシモデルとして紹介したXD プロアクティブツーリングセレクション4WD以外にも、CX-30はさまざまな視点から魅力的な中古車を探すことができます。筆者は4WDをチョイスしますが、価格の安いFFも魅力的ですし、ガソリンエンジンの軽快な走りを楽しむのもあり。先進技術に興味がある人はスカイアクティブXエンジンを搭載するモデルをおすすめします。

CX-30のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧

CX-30のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧

魂動(こどう)デザイン、そしてスカイアクティブ技術を全面採用した初代CX-5が登場したのは2012年2月。2016年12月にはCX-5が2代目に進化。また、コンパクトSUVのCX-3(2015年2月)、国内ラインナップの最上位に位置する3列シート搭載のSUVであるCX-8と、マツダはSUVラインナップを広げていきました。

そんな中、日本はもちろん海外でもコンパクトSUV市場が盛り上がってくると、Mazda2(デミオ)をベースに開発されたCX-3は「リアシートが狭い」という声も聞こえるようになります。

そこでマツダはCX-3とCX-5の間を埋めるSUVを開発。それがCX-30です。蛇足ですが車名がCX-4でないのは、すでに中国でCX-4という別のSUVを販売していたからです。

CX-30はMazda3をベースに開発。そのため、CX-3より後部座席や荷室のスペースを広くすることができました。一方でCX-5に比べるとボディサイズはコンパクトなので街中での取り回しがよくなっています。ボディサイズは全長4,395×全幅1,795×全高1,540mm。幅も高さも、一般的な立体駐車場に止めることが可能なサイズです。

CX-30のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧2

Mazda3、そしてCX-30はマツダの新世代ラインナップとして、新しい技術が盛り込まれました。そのひとつがSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)です。

これは人が歩行時に無意識に行っているバランス保持能力に着目し、運転姿勢も同じように自然な姿勢になるようにするというもの。シートは脊柱が自然なS字カーブを描くような形状になり、ボディは骨格を工夫して人が持つ自然な振る舞いと車の動きが一致するようにしています。

CX-30のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧3

これらを意識しながらCX-30の運転席に座ってみると、骨盤がクッと立つ感覚があることに気づきます。そして運転中もステアリングがより自然に操作できることがわかります。ただ、これはあくまで“意識をしている”からわかること。普通に運転していると、まず気づくことはありません。でもそれでいいのです。その姿勢が自然だからこそ気づかずにいられるのですから。

パワートレインは2Lガソリンと1.8Lディーゼルターボで、組み合わされるのは6速AT。さらにガソリンエンジンには6速MTも用意されました。

CX-30のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧4

2020年1月にはマツダが世界で初めて実用化に成功した圧縮着火ガソリンエンジンであるスカイアクティブXエンジンを搭載したグレードを設定。

ガソリンエンジンはプラグから火花を飛ばして燃料を燃焼させます。スカイアクティブXは着火時に火花は使いますが、ディーゼルエンジンのように高圧縮した燃料を同時多発的に素早く燃焼させることで、ガソリンエンジンとディーゼルエンジン両方のメリットを与えた次世代エンジンです。スカイアクティブXにはマツダのマイルドハイブリッドシステムであるM HYBRIDが組み合わされます(e-スカイアクティブX)。

CX-30のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧5

CX-30のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧6

CX-30のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧7

CX-30のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧8

2020年12月には一部改良を実施。e-スカイアクティブXとディーゼルでエンジンとトランスミッションの制御技術がアップデートされてエンジン出力が高められています。さらにアクセル操作に対する応答性とコントロール性を高めることで、ドライバーの意図により近い走りができるようになりました。

2021年4月の一部改良では、前後のダンパー特性を見直して快適性が高められています。この変更により荒れた路面での乗り心地も向上しました。

こちらもおすすめ!タイプ別にCX-30の中古車を選ぶなら

●パワフルな走りを楽しむなら「2021年式ディーゼルエンジン搭載車」中古市場の相場260万〜330万円

●パワフルな走りを楽しむなら「2021年式ディーゼルエンジン搭載車」中古市場の相場260万〜330万円

モデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧でも触れたように、2020年12月の一部改良でディーゼルエンジンの出力が85kW(116ps)から95kW(130ps)に高められました。

また、3000回転より高い回転域でより力強いトルクを瞬時に発揮できるようチューニング。これにより高速道路で追い越しをする際などにスムーズに加速できるようになっています。

まだ登場してから時間が経っていないこともあり流通量は28台と少なめ。でもディーゼルエンジンならではのメリットを享受したい人は探してみる価値があるモデルです。

●スポーティーな走りを存分に楽しむなら「ガソリンエンジンのMTモデル」中古市場の相場190万〜270万円

●スポーティーな走りを存分に楽しむなら「ガソリンエンジンのMTモデル」中古市場の相場190万〜270万円

マツダはスポーツモデルのロードスターだけでなく、セダンやハッチバックにもMTモデルを設定。もちろんSUVでもMTが用意されています。CX-3とCX-5ではディーゼルエンジン搭載モデルにMTを設定しているのに対し、CX-30はガソリン車とe-スカイアクティブX搭載車にMTが設定されています。

流通量は9台とかなり少なめ。でもこのサイズでMTが設定されるSUVというだけでも希少な存在なので、興味がある人はぜひ探してみてください。

先進的な車に興味があるなら「e-スカイアクティブX搭載モデル」中古市場の相場250万〜350万円

先進的な車に興味があるなら「e-スカイアクティブX搭載モデル」中古市場の相場250万〜350万円

世界ではじめて実用化に成功したスカイアクティブXエンジン。これを搭載したマイルドハイブリッド車の乗り味を多くの人に体感してもらおうとディーラーでは試乗車や展示車を多数用意しました。ちょうど今、それらが中古車として大量に出てきています。現在の流通台数は150台程度となっています。

普通のガソリンモデルの新車価格が239万2,500円〜なのに対し、e-スカイアクティブX搭載車は329万4,500円〜。同一グレードで比較すると68万2,000円の価格差があります。そのため中古車の価格帯も高めになります。

それでも最新技術を投入したモデルに乗ってみたいならぜひ積極的に選んでみましょう。

中古車のCX-30ならではのチェックポイントはココ

中古車のCX-30ならではのチェックポイントはココ

グレードによる装備差を理解した上で中古車をチョイス

CX-30はデビューから日が浅いこともあり、中古車のコンディションを心配する必要はほとんどないでしょう。走行距離も少ないものが多いので、長く乗るつもりで購入するのもありだと思います。購入時はグレードによる装備差の違いに注目してください。

CX-30にはガソリン車、ディーゼル車、e-スカイアクティブX車という3つのパワートレインが用意されています。グレード構成はどれも同じで、下からプロアクティブ、プロアクティブツーリングセレクション、Lパッケージとなります(ガソリン車はエントリーグレードとして20Sも設定)。

違いは上級グレードのLパッケージはシートがピュアホワイトとブラック/チャコールの合成皮革なのに対し、プロアクティブ系はクロス仕様に。そしてプロアクティブとツーリングセレクションではシートカラーが異なります。また、プロアクティブは運転席のパワーシートが備わりません。

他にも細かい違いがあるので、ウェブサイトでしっかり確認してください。

20Sを選ぶ際は先進安全装備に満足できるか要チェック

前後のスマートブレーキサポート、AT誤発進抑制機能、レーダークルーズコントロール、レーンキープアシストシステム、車線逸脱警報システム、ブラインドスポットモニタリング、後側方接近車両検知、ドライバーアテンションアラートが全グレード標準装備になるCX-30。これだけでも十分満足できる内容です。

ガソリン車のエントリーモデルである20S以外だとさらに前側方接近車両検知、交通標識認識システム、アダプティブLEDヘッドライトを搭載。プロアクティブツーリングセレクションとLパッケージはクルージングトラフィックサポートが備わります。

クルージングトラフィックサポートはアクセルとブレーキ操作を行ってくれるレーダークルーズコントロールに加え、車線を検知してステアリングサポートまで行ってくれる機能。ロングドライブの機会が多い人はこの機能があると移動がかなり楽になります。

アダプティブLEDヘッドライトはハイビームとロービームを切り替えるのではなく、対向車や先行車がいる部分だけライトの照射範囲を短くするもの。全体が暗くなるわけではないので、より安全に夜間走行できるようになります。

20Sを選ぼうとしている人は、上級グレードの装備が必要ないかどうかを考えながら検討してください。

e-スカイアクティブXに興味がある場合、必ず試乗を

中古車は可能な限り試乗して選びたいところ。これは1台ずつコンディションが違うので、目の前の車の状態を理解し納得した上で買うため。

ただ、CX-30のe-スカイアクティブXは別の意味で試乗をしてほしいモデル。というのもこれまでにない思想で開発されたエンジンなので、既存のガソリン車、ディーゼル車とは少し乗り味が異なるから。

超ざっくり言うとガソリン車とディーゼル車のいいとこどりをしたエンジン。低回転からトルク感を発揮し、高回転域での伸びもあります。これはエンジン以外にモーターのサポートもあるから味わえるものでしょう。

広い領域で力強さを感じられるものだけに、その感覚が好きかどうか、そして高いお金を出してでもそれを欲しいと思えるか、試乗した上でよく考えてみましょう。

CX-30の中古車と比べたいライバル車種はコレだ!

ド派手なルックスのコンパクトクロスオーバーSUV「トヨタC-HR」

ド派手なルックスのコンパクトクロスオーバーSUV「トヨタC-HR」

現行型プリウスに続くTNGA第2弾モデルとして登場したC-HR。ゴツゴツしながらもまとまり感のあるデザインは、SFアニメに出てきそうな雰囲気です。エクステリアのイメージとは異なり、インテリアはモダンなイメージです。ボディは全幅1,795mm、全高1,550mmと、街中でも扱いやすいサイズにまとめられています。

パワートレインは1.2Lガソリンターボとプリウスにも搭載される1.8Lハイブリッドの2種類。1.2Lガソリンターボモデルには6速MTも設定されました。

中古車は2,750台ほど流通していて、価格帯は140万〜390万円となっています。高価格帯はショップが製作したコンプリートカーになります。

三菱の伝統である4WD性能を電子制御で高めたモデル「三菱エクリプス クロス」

三菱の伝統である4WD性能を電子制御で高めたモデル「三菱エクリプス クロス」

三菱のデザインアイデンティティであるダイナミックシールドを採用したコンパクトSUV。4輪をバランスよくコントロールして、さまざまな路面でのコーナリング性能を高めるS-AWCが4WD車で標準装備されます。

パワートレインは1.5Lターボに加え、一時はクリーンディーゼルも設定されていました。2020年12月にはクリーンディーゼルに代わってPHEVをラインナップ。PHEVは前後輪をそれぞれ高出力モーターで駆動させるシステムでS-AWCも備わります。そして最大1500Wの電力を車から給電することが可能。災害時やアウトドアで役立つ機能です。

中古車は350台ほど流通していて、価格帯は150万〜510万円。高価格帯は発売されたばかりのPHEVで30台ほど流通しています。

次世代プラットフォームで上質な乗り味を手に入れた「スバルXV」

次世代プラットフォームで上質な乗り味を手に入れた「スバルXV」

水平対向エンジン+4WDというスバルの伝統的なパワートレインで安定感のある走りを味わえるコンパクトSUV。

現行型はスバルの新しいプラットフォームであるSGPを採用。しっとりと上質な乗り味は他のクロスオーバーSUVと一線を画します。

搭載される水平対向エンジンは1.6Lと2L。現在、2Lはマイルドハイブリッドシステムが組み合わされたe-BOXERに。

中古車は400台ほど流通していて、価格帯は120万〜330万円になります。

中古車のCX-30はここで探せ!

中古車のCX-30はここで探せ!

では、中古車のCX-30をどこでどのように探したらよいでしょうか。カーライフを賢くスムーズに始めるのに、おすすめのサービスや販売店をご紹介します。

月額で支払える「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」

中古車を探す

毎月定額の利用料を支払うだけで車に乗れる「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」というサービスがあります。定額カルモくん 中古車の月額料金には、購入時に一括で支払わなければならない税金や自賠責保険料が含まれているので、まとまったお金がなくても、数万円あればすぐCX-30に乗ることができます。

さらに、定額カルモくんでは全車に1年の故障保証と車検2年が付いている上、納車時は自宅まで車を届けてもらえるので安心してすぐに乗り始めることができます

なお、定額カルモくんで中古車のCX-30を利用した場合の月額料金は、49,800~59,200円となっています(※)。
※2021年7月2日時点の情報です。

カーセンサーnet

カーセンサーnetは中古車情報誌時代から数えて40年近い歴史と実績を誇る検索サイトで、サイト上には約50万台の情報が掲載されています(※)。車の状態を示す評価について独自の認定システムを導入しているので、こうした評価を目安にすれば、車に詳しくない方でも安心して車選びができるでしょう。

また、「カーセンサーアフター保証」に加入すれば、業界最多水準の350項目の部品について修理が保証されます。保証料金は車に合わせて細かく設定できるので、無駄なく予算に合わせた保証を付けることができます。

カーセンサーnetのCX-30の掲載件数は478件、価格帯は190万~350万円となっています(※)。
※いずれも2021年7月2日時点の情報です。

グーネット中古車

先述のカーセンサーnetと同じような中古車情報サイトで、こちらも約50万台が登録されています(※)。グーネット中古車にも、検査協会などが車の状態を評価する「ID車両」という制度や、最長3年まで走行距離無制限でさまざまな保証が付く「Goo保証」などの制度があります。

グーネット中古車のシエンタ掲載台数は485件、価格帯は190万~350万円となっています(※)。
※いずれも2021年7月2日時点の情報です。

どのパワートレインを選ぶかじっくり検討を

ガソリンとディーゼル、そして新世代エンジンとモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドと、複数のパワートレインが用意されるCX-30。まずはどれが好みかを決め、次に装備などを見てどのグレードを買うか検討しましょう。

e-スカイアクティブXは価格帯が高め。そして乗り味も普通のガソリン車とは違うので、買う前に試乗することをおすすめします。

5万円キャンペーンバナー_記事内

※対象は、こちらのバナーから審査をしていただいた方で初回引き落としが確認取れた方。また、新規申込みの方(申込み期限は2021年12月31日まで)

よくある質問

Q1:中古車のCX-30、どれを買うべき?

A:ディーゼルエンジンで装備が充実したXD プロアクティブツーリングセレクション4WD。

Q2:中古車のCX-30を買うときに気を付けたいポイントは?

A:先進安全装備は全グレード標準装備ですが、上級グレードは利便性の高い安全装備がついてきます。それらが必要かを考えながらグレードを選びましょう。

Q3:中古車のCX-30はどこで手に入れればいい?

A:購入するなら全国の販売店の窓口となっているカーセンサーnet、グーネットなどの中古車情報検索サイトを活用するとよいでしょう。頭金や初期費用の一括払いが必要ない方法を探しているなら、定額カルモくんがおすすめです。支払いは毎月定額の利用料金だけなので、すぐにお好みの中古車のCX-30に乗ることができます。

※記事の内容は2021年7月2日時点の情報で制作しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

車種×中古車_読了後