ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
ライター
福嶌弘ふくしまひろし

中古車のマツダ「Mazda3」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖

中古車のマツダ「Mazda3」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖

マツダの世界戦略車として登場したMazda3。日本では旧モデルまでアクセラという名称で販売されていました。アクセラの時代からセダンとハッチバックという2種類のボディタイプを展開し、マツダの中核モデルとして人気を集めてきた車種だけに中古車の流通量も多く、自分に合った1台を選ぶのはなかなかたいへんです。今回は中古車のMazda3ならどのモデル、グレード、年式のものを買えば一番お得なのか、間違いがないのかという正しい買い方に加えて、気になる最新の中古車相場の状況などを専門家の目線で徹底解説します。ぜひ参考にしてください。

【この記事のポイント】
✔一番推したい中古車のマツダ「Mazda3」は2019年式 XD PROACTIVE Touring Selection
✔オプション装備の内容を要チェック!

中古車のMazda3、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら2019年式 XD PROACTIVE Touring Selectionを250万円で買う!

中古車のMazda3、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら2019年式 XD PROACTIVE Touring Selectionを250万円で買う!

Mazda3のグレード設定はちょっと複雑。というのもMazda3には1.5Lと2Lのガソリン車、1.8Lのディーゼルエンジン車、そして新開発ガソリンエンジンのSKYACTIV-X+マイルドハイブリッド車と4つのパワートレインが用意されている上、ボディタイプもハッチバック型のファストバックとセダンの2種類のボディタイプが設定されています。以下がグレードの内訳です。

  • 1.5Lエンジンを搭載するグレード
    「15S」「15S Touring」
  • 2Lガソリンエンジンを搭載するグレード
    「20S PROACTIVE」「20S PROACTIVE Touring Selection」「20S L Package」
  • 1.8Lディーゼルエンジンを搭載するグレード
    「XD PROACTIVE」「XD PROACTIVE Touring Selection」「XD L Package」
  • SKYACTIV-X+マイルドハイブリッドを搭載するグレード
    「X PROACTIVE」「X PROACTIVE Touring Selection」「X L Package」

さらにファストバック限定の最上級グレードの「20S Burgundy Selection」「XD Burgundy Selection」「X Burgundy Selection」が用意されています。

これだけのグレードがあるとどれを選んだらよいか迷いますが……私のおすすめは1.8Lのディーゼルエンジン車の「XD PROACTIVE Touring Selection」。その理由は燃費と装備にあります。

ベーシックグレードの15Sの時点で先進安全装備とコネクティビティシステムを搭載するなど基本装備が充実したMazda3。ディーゼルエンジンを積むPROACTIVEなら、デイタイム・ランニング・ライト、ヘッドランプ・リアコンビネーションランプユニット内のシグネチャーLEDランプ、自動防眩ルームミラーが標準装備になるほか、運転席側のドアミラーにも自動防眩機能がつくなど、装備が一段と充実。さらにインターネットと接続できる車載通信機が標準装備されます。

そのうえでPROACTIVE Touring Selectionになると、先行する車との一定の距離を保って追従走行をするアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)に加えて、ステアリング制御をシステムが行い、高速道路や自動車専用道路での渋滞時のドライバーの運転疲労の軽減をサポートしてくれる「クルージング&トラフィック・サポート」が標準装備されるといったメリットがあります。遠出の多い方は重宝すること間違いありません。

中古車のMazda3、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら2019年式 XD PROACTIVE Touring Selectionを250万円で買う!2

さらに電動でスライドや背もたれの角度、ランバーサポートなどの調整、シートポジションのメモリーができるパワーシート(運転席のみ)や、ステアリングヒーター、運転席&助手席のシートヒーターが追加されるなど、装備内容もかなり充実してくるのもうれしいポイントです。中古車流通量もファストバック、セダン合わせて800台ほどあり、250万円以内にしぼっても半分ほどが対象に。その中から燃費の面を考慮して1.8Lクリーンディーゼル車を狙っていきたいと考えます。

中古車のMazda3、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら2019年式 XD PROACTIVE Touring Selectionを250万円で買う!3

ちなみにこのグレードの1つ上であるL Packageは装備面の大きな変更は見られず、シートがレザーに変わるだけ。ファストバック限定の最上級グレードBurgundy Selectionはそのレザーシートが名前のとおり専用のレッドカラーに変わり、さらにスーパーUVカットガラスとIRカットガラス、CD/DVDプレイヤー+地上デジタルTVチューナーが装備されますが、中古車流通量は200台程度と少なめ。

1点注意したいのが音響面。BOSEサウンドシステムと12スピーカーを備えることもできますが、これは全グレードともメーカーオプション。BOSEのサウンドシステムを求める場合は中古車購入時にしっかりチェックしましょう。

LINE買い方診断

ほかにもこんなに!お買い得で魅力的な中古車のMazda3

イチオシグレードとして紹介したPROACTIVE Touring Selection だけでなく、Mazda3はさまざまな視点から魅力的な中古車を探すことができます。

例えばエクステリアの面ではベーシックグレードと上級グレードの違いはないので、外から見たらグレードの違いはほとんどわかりません。

ベーシックグレードの15Sの時点で先進安全装備もコネクティビティシステムも搭載している上、マツダ・ハーモニック・アコースティックス(8スピーカー)が標準装備されているなど、基本装備が充実している点もうれしいポイント。予算が少ないときはベーシックグレードを検討してみるのもひとつの手です。

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧

Mazda3のルーツは日本でも長年親しまれてきたファミリア。これに代わる世界戦略車として誕生したのが2003年にデビューしたアクセラです。当時からボディタイプはセダンと「スポーツ」と名付けられたハッチバックの2タイプが用意されていました。

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧2

その後2009年のフルモデルチェンジを挟み、デザインが大幅に変わったのは2回目のフルモデルチェンジとなった2013年。マツダのデザインテーマである「魂動 -Soul of Motion」を取り入れ、ダイナミックで生命感ある動きを表現したデザインとなりました。フロントフェイスはグリルをより低く構え、金属の塊から削り出したような重厚な質感の「シグネチャーウィング」を採用しています。

インテリアにはカーコネクビティシステムの「MAZDA CONNECT」を初めて取り入れ、一部グレードを除いて標準装備。エンジンはガソリン車の1.5L、2Lにディーゼルエンジン車の2.2Lそしてアクセラハイブリッドの2Lが用意されました。グレードはセダンが15Cと15Sの2グレード、スポーツはそれに加えて、20S、20S Touring、20S Touring L Packageとディーゼルエンジン車のXDの6グレード、そしてアクセラハイブリッドという名称のハイブリッドモデルにはHYBRID-C、HYBRID-S、HYBRID-S L Packageの3グレードが設定されました。

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧3
2014年の8月には一部改良。国産メーカーの1.5L車としては初めて先進の安全装備を充実させたグレード15S Touringを新設。そのほか各グレードも安全面を強化。その2ヵ月後の10月には日本メーカーのハイブリッド車で初めて、自動ブレーキ機能のスマート・ブレーキ・サポートとAT誤発進抑制制御を全車に標準装備としました。

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧4
Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧5

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧6

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧7

2016年には全車にSKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS の第一弾となるG-ベクタリングコントロールを初採用。さらにスポーツではガソリンの2L車が廃止された代わりに1.5Lのディーゼル車が新設されました。

グレードの変更は翌2017年にも実施。この時はスポーツにしか設定のなかった1.5Lディーゼル車をセダンにも3グレード追加し、スポーツの1.5Lディーゼル車とハイブリッドにしかなかったL Packageをスポーツとセダンの1.5Lガソリン車にも追加しました。

細かな仕様変更が多かったアクセラですが、2019年に3回目のフルモデルチェンジ。この時、車名をグローバルで統一し国内モデルも「Mazda3」に変更。セダンとハッチバックの2つのボディタイプを持つのは変わりませんが、スポーツと称していたハッチバックをファストバックという名称に変えました。

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧8

魂動デザインをさらに深化させたエクステリアはキャラクターラインを極力排除した上で、ファストバックとセダンとでデザインの方向性を変えるなどそれぞれに個性を与えました。当初、日本で販売されるMazda3のパワートレインにはガソリン車の1.5Lと2L、ディーゼルエンジン車の1.8Lをラインナップしました。

2019年12月には、世界初となるガソリンの火花点火制御圧縮着火による希薄燃焼を可能にしたエンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたスカイアクティブX搭載車をラインナップに加えました。

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧9

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧11

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧12

Mazda3のモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧13

2020年3月には2Lガソリン車に4WDを追加。そして同年5月にはセダンに1.5Lガソリン車が追加されました。

2020年11月の一部改良では、スカイアクティブX搭載車の制御プログラムを変更するとともにディーゼルエンジンの出力を向上。そしてすべてのモデルでサスペンションが滑らかに動くようにコイルスプリングやダンパー特性に改良を施しています。

こちらもおすすめ! タイプ別にMazda3の中古車を選ぶなら

こちらもおすすめ! タイプ別にMazda3の中古車を選ぶなら

150万円以下で狙うなら「アクセラスポーツ2018年式 2.2XD PROACTIVE」中古市場の相場70万~190万円

こちらもおすすめ! タイプ別にMazda3の中古車を選ぶなら

現行モデルのMazda3はデビューからまだ2年程度しか経っていないため、中古車市場では廉価グレードでも150万円以上はします。もう少しお手頃価格で購入したいという方には1つ前のアクセラを狙ってみるという手もあります。

アクセラとMazda3はデザインが大きく異なるため別の車になったという印象を持つ方もいるでしょう。でも、キャビンスペースはほぼ互角。安全&運転支援機能は、全車速追従機能付きACCはないものの、アクセラも衝突被害軽減ブレーキは対歩行者までカバーするなど、ほぼ最新仕様に近いシステムが搭載されています。これで予算が100万円ほど少なくて済むのなら、こちらを選ぶというのもありでしょう。

最低限の装備でOKならば「2019年式15S」中古市場の相場180万~230万円

最低限の装備でOKならば「2019年式15S」中古市場の相場180万~230万円

とはいえ、Mazda3のエクステリアのデザインが気に入っていて、Mazda3以外は買いたくないけれど、予算が…とお悩みの方はベーシックグレードの15Sはいかがでしょうか?

ベーシックグレードとはいえ、車両に関するさまざまな情報やナビゲーションを表示したり、スマートフォンと連携し、いつも使用しているアプリで音楽を聴いたり、ハンズフリーで通話したりすることが可能な8.8インチのワイドセンターディスプレイと、運転席の手元でセンターディスプレイを操作できるコマンダーコントロールが標準装備されています。もちろん昨今欠かせない先進安全装備も標準でついています。その上でマツダこだわりのオーディオシステムであるマツダ・ハーモニック・アコースティックス(8スピーカー)も搭載とベーシックグレードとは思えないほどの充実ぶり。

ただし、キーシステムはスマートキーではなく電波式のキーレスエントリーシステムで、エアコンはマニュアルなど細かい部分を見るとベーシックグレードらしい装備もちらほらとあります。どこにポイントを置くか整理して、車を探すといいでしょう。

快適装備を求めるなら「2019年式X Burgundy Selection」中古市場の相場160万~330万円

快適装備を求めるなら「2019年式X Burgundy Selection」中古市場の相場160万~330万円

予算は関係なく、最上級グレードの車が欲しいという方にはファストバックのX Burgundy Selection一択でしょう。1つ下のグレードであるL Packageの豪華な装備内容にスーパーUVカットガラスとIRカットガラス、CD/DVDプレイヤー+地上デジタルTVチューナーも追加されるという、まさに全部乗せスタイルの豪華な装備内容です。さらに、レザーシートが専用のレッドカラーに。これだけで高級感がグッとアップします。

ただし、BOSEサウンドシステムはこのグレードになってもメーカーオプションのまま。どうしても音響にこだわりたい方は注意が必要です。

Mazda3の中古車ならではのチェックポイントはココ

Mazda3の中古車ならではのチェックポイントはココ

エクステリアの違いはほとんどなし

エクステリアの違いはほとんどなし

旧型モデルのアクセラからは大幅に変化したエクステリアですが、Mazda3だけで見るとハッチバックタイプのファストバックもセダンも、どちらもグレードによるエクステリアの違いはさほどありません。しいて言えばホイールサイズがベーシックグレードの15S以外は18インチに変わるくらいです。

ただしXになるとホイールカラーがブラックメタリックに変化して、さらに大型のマフラーカッターも標準装備に。気になる方はチェックしてみたほうがいいでしょう。

音響はメーカーオプションを要チェック!

音響はメーカーオプションを要チェック!

Mazda3はベーシックグレードの時点でマツダ・ハーモニック・アコースティックス(8スピーカー)を搭載していて、音響に関してはかなり充実していますが、よりこだわりたい方に向けてBOSEサウンドシステムを用意しています。ただしこれはPROACTIVE以上のグレードにしか設定がありませんが、たとえ最上級グレードでもメーカーオプションのまま。

中古車として購入する際はメーカーオプションをしっかり確認したほうがいいでしょう。

車載通信機はPROACTIVE以上のグレードを!

車載通信機はPROACTIVE以上のグレードを!

Mazda3はベーシックグレードの15Sにもコネクティビティシステムを搭載していますが、車載通信機は非搭載。PROACTIVE以上のグレードでないと標準装備にはなっていません。

事故や急病などの緊急時にオペレーターが対応する「マツダエマージェンシーコール」や、故障が発生した際にアドバイスを求めたり、ロードサービスの手配を行ったりしてくれる「マツダアドバイスコール」などのサービスが利用できたり、いざというときに頼れる装備なので、気になる方はPROACTIVE以上のグレードを狙うようにしましょう。

Mazda3の中古車と比べたいライバル車種はコレだ!

走りを楽しむなら「トヨタカローラスポーツ」

走りを楽しむなら「トヨタカローラスポーツ」

同じハッチバックとしてガチンコのライバルとなるのがカローラスポーツ。Mazda3がクリーンディーゼルなのに対し、こちらはハイブリッドモデルを用意し、低燃費のパワーユニットも備えている点など、まさにライバルといった雰囲気が漂います。

2台の違いの中で走りを重視する方が気になるのはリアサスペンションではないでしょうか。カローラスポーツはダブルウィッシュボーン式を全車に奢っているのに対して、Mazda3は一般的にコストが安いとされるトーションビーム式のリアサスペンションを使用しています。ただ、走りについては、どちらも評価の高い車ですので、あまり気にする必要はないでしょう。

車内空間の広さを求めるなら「スバルインプレッサスポーツ」

車内空間の広さを求めるなら「スバルインプレッサスポーツ」

こちらもMazda3にとってはライバル車の代表格であるインプレッサスポーツ。ボディタイプもスポーツとセダンの2種類を用意している点などまさにライバルといえますが、車内の広さを見るとインプレッサスポーツに軍配が上がります。

Mazda3は室内長1,820mm×室内幅1,490mm×室内高1,160mmですが、インプレッサスポーツは室内長2,085mm×室内幅1,520mm×室内高1,200mmと数値的にMazda3よりも広く設計されています。特に違いが出るのは後席で、大人が乗車した際の広さが結構異なります。

またファストバックの場合サイドウィンドウの面積が狭いため、後ろに座ると人によってはやや圧迫感を感じることも。家族そろって出かけることが多い場合はインプレッサスポーツがピッタリかもしれません。

「マツダCX-30」

「マツダCX-30」

先述した2台と比べると同じマツダ車でハッチバック・セダンのMazda3とSUVのCX-30とではライバルという感じはあまりしませんが、購入する際にこの2台で迷うオーナーが多いのもまた事実。

伝統的なハッチバックやセダンスタイルには飽きたという方がSUVモデルのCX-30に流れているようです。また、オフロードで心強い最低地上高もMazda3の140mmに対し175mmとなる点も見逃せません。しかしながら全高は1,540mmに抑えて立体駐車場にも対応。ロングドライブの相棒にはこちらのほうがふさわしいかもしれません。

中古車のMazda3を賢く探すなら

中古車のMazda3を賢く探すなら

では、中古車Mazda3をどこでどのように探したらよいでしょうか。カーライフを賢くスムーズに始めるのに、おすすめのサービスや販売店をご紹介します。

カーセンサーnet

カーセンサーnetは中古車情報誌時代から数えて40年近い歴史と実績を誇る検索サイトで、サイト上には約50万台の情報が掲載されています(※)。車の状態を示す評価について独自の認定システムを導入しているので、こうした評価を目安にすれば、車に詳しくない方でも安心して車選びができるでしょう。

また、「カーセンサーアフター保証」に加入すれば、業界最多水準の350項目の部品について修理が保証され、保証料金は車に合わせて細かく設定できるので、無駄なく予算に合った保証をつけることができます。

カーセンサーnetのMazda3(アクセラ含む)の掲載件数は1,637件、価格帯は50万~340万円となっています。
※いずれも2021年6月26日時点の情報です。

グーネット中古車

先述のカーセンサーnetと同じような中古車情報サイトで、こちらも約50万台が登録されています(※)。グーネット中古車にも、検査協会などが車の状態を評価する「ID車両」という制度や、最長3年まで走行距離無制限でさまざまな保証がつく「Goo保証」などの制度があります。

グーネット中古車のMazda3(アクセラ含む)の掲載台数は1,600件、価格帯は50万~340万円となっています(※)。
※いずれも2021年6月26日時点の情報です。

LINE買い方診断

外観の違いはさほどないものの、細かく設定されたグレードに注意

Mazda3はXグレード以外、ファストバックもセダンも外観の違いがあまり見られないので、外観の違いでグレードを悩む必要はありません。ベーシックグレードの時点で装備はそれなりに充実しているので、車載通信機の有無やシートの質感など、自身の好みに合わせてグレードを選んで中古車を検討してみるのがいいでしょう。

よくある質問

Q1:中古車のMazda3、どれを買うべき?

A:おすすめはいざというときに頼れる車載通信機と長距離運転時に助かるクルージング&トラフィック・サポートが標準装備となるPROACTIVE Touring Selection。燃費を考えるとクリーンディーゼルのXDがベターです。しかし、シートがレザーではないため、より上質な室内空間を求めるならばL Package以上のグレードを狙いましょう。

Q2:中古車のMazda3を買うときに気を付けたいポイントは?

A:外観はXを除くとそこまで大きな違いがなく、PROACTIVE Touring Selection以上のグレードは装備面でもレザーシートがつくかどうかの変わりしかないのですが、PROACTIVE以上のグレードで設定されているBOSEサウンドシステムはどのグレードになってもメーカーオプションなので、音響にこだわりたい方は中古車購入時にチェックしましょう。

Q3:中古車Mazda3はどこで手に入れればいい?

A:購入するなら全国の販売店の窓口となっているカーセンサーnet、グーネットなどの中古車情報検索サイトを活用するとよいでしょう。頭金や初期費用の一括払いが必要ない方法を探しているなら、定額カルモくんがおすすめです。支払いは毎月定額の利用料金だけなので、すぐにお好みの中古車のMazda3に乗ることができます。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード