ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
フリーエディター・ライター
高橋満たかはしみつる

中古車の日産「ルークス」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖

中古車の日産「ルークス」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖
中古車の日産「ルークス」モデル別相場と正しい買い方徹底解剖

あなたの欲しい中古車が、見つかる。“納車後トラブル0%”の認定中古車はこちら!

軽自動車ながら全高を高くすることで室内空間を広げた軽スーパーハイトワゴンの日産「ルークス」。
旧型は軽トールワゴンであるデイズの派生モデルという位置付けで、車名もデイズルークスでした。そして2020年3月に発売された3代目となる現行型からデイズという名前が取れてルークスという車名になっています。人気車種だけに中古車の流通量も多く、自分に合った1台を選ぶのはなかなか大変です。この記事では中古車のルークスなら、どのモデル、グレード、年式のものを買えば一番お得なのか、間違いがないのかという正しい買い方に加えて、気になる最新の中古車相場の状況などを専門家の目線で徹底解説します。ぜひ参考にしてください。

  • 一番推したい中古車の日産「デイズ」は2020年式ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション
  • 高速道路を楽に運転できるプロパイロット&ターボの組み合わせをチョイス

中古車のルークス、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら「2020年式ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション」を170万円で買う!

中古車のルークス、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら「2020年式ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション」を170万円で買う!

中古市場にあるルークスは現行型と旧型のデイズルークスに分かれます。現行型は相場が100万~220万円、旧型は相場が30万円~170万円です。中古市場の数あるルークスから選ぶとすれば、高速道路での運転支援を行うプロパイロットが備わるプロパイロットエディションになります。

ルークスのような車内が広い軽スーパーハイトワゴンの場合、家族旅行で遠出を考えている人も多いはず。その際は荷物をたくさん積む可能性も出てきます。

ルークスは大型のグリルでワイド感を高めた人気のハイウェイスターシリーズに高速道路の同一車線でアクセル、ブレーキ、ステアリング操作支援を行うプロパイロットを搭載するグレードを設定。ロングドライブを楽しむ機会が多いなら、特に遊び疲れた帰り道の運転ではプロパイロットがとても重宝します。

中古車のルークス、おすすめモデルはズバリこれ。自分なら「2020年式ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション」を170万円で買う!2

また、4人フル乗車で荷物もたくさん積んで高速道路を走るとなると、パワーのあるターボの方が楽。

ルークスはデビューからまだ1年程度しか経っていませんが、ハイウェイスターGターボプロパイロットエディションは、新車価格より20万円以上安い届出済み未使用車や走行数千kmの中古車が見つかります。

あえて新しい中古車を探すのもお得感が高いと思います。

乗り出し0円で話題!
ラクラク車を持てる方法とは


今、乗り出し0円、税金も車検代もコミコミの月々定額で手軽に車を持つ方法が人気です。
サービス開始から5年で15万人以上が申し込んだ「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、お得に新車に乗れる可能性も。まずはどのくらい楽なのかチェックしてみましょう。

乗り出し0円でマイカー持てる_申込者数15万人以上_人気の方法を詳しく見る

資料請求はこちら

ほかにもこんなに!お買い得で魅力的な中古車のルークス

イチオシモデルとして紹介した現⾏型ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション以外にも、ルークスはさまざまな視点から魅⼒的な中古⾞を探すことができます。筆者はターボモデルを選びましたが、NAで十分という考え方もありますし、割安な旧型で先進安全装備が備わったものを選ぶことだってできます。予算も考えながら、自分にぴったりのルークスを探してみてください。

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧2

日産は長く登録車のみを製造する自動車メーカーで、軽自動車は扱っていませんでした。販売店に来店するお客さんから「軽自動車はないの?」と聞かれたときは「ありません」というしかないですが、たとえば「セカンドカーで軽自動車が欲しい」「子供が免許を取ったので軽自動車を買ってあげたい」というお客さんを逃すのは結構な損失です。

そのため、2000年代になって他社からOEM供給を受ける形で軽自動車を扱うようになります。初代ルークスはスズキからパレットのOEM供給を受けて2009年に発売されました。

その後日産は三菱自動車と共同出資して設立したNMKVという会社が企画する形でオリジナルの軽自動車開発に乗り出します。そして、2013年にトールワゴンのデイズが登場。2014年2月にスーパーハイトワゴンのデイズルークスが登場しました。

デザインは親しみやすい標準モデルと高級感のあるハイウェイスターの2種類を用意。上のピンク色の写真が標準モデルで、茶色いモデルがハイウェイスター。ハイウェイスターは大きなグリルで煌びやかな印象が与えられているのがわかります。

また、発表と同時にオーテックジャパンが開発したカスタムモデル「ライダー」も発売されています。

スズキやダイハツなど老舗軽自動車メーカーのモデルとの違いを出すため、日産は軽自動車でも装備に妥協をせずさまざまな技術を投入します。

デイズルークスでは自車を真上から見下ろしたような映像をモニターに表示し、駐車時に車両周辺の状況をつかみやすくするアラウンドビューモニターをエントリーグレード以外で標準装備に。エアコン操作部はタッチパネル式にしてインテリアの高級感を出しました。

スライドドアは、インテリジェントキー(スマートキー)のリモコンやドアのボタンを押すだけで開閉できる機能を上級グレードに装備。

室内が広いスーパーハイトワゴンは夏場にエアコンをつけても前と後ろで温度差が大きくなり、前に座る人は快適でも後ろの人は暑いということも少なくありません。デイズルークスは天井に車内の空気を循環させるシーリングファンをエントリーグレード以外に装備。後ろの人も快適に過ごせるようにしています。

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧3

2014年12月には約5〜30km/hで走行中に前方車両などへの衝突の危険性があるとシステムが判断すると自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害を軽減するエマージェンシーブレーキと、停車から約10km/h以下の低速走行時に前方の障害物への衝突の危険がある場合にエンジン出力を抑制する踏み間違い衝突防止アシストをエントリーグレード以外でオプション設定しました。この二つの装備は2015年4月には全グレード標準装備に変更されています。

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧4

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧5

2016年、デイズルークスはマイナーチェンジを実施。標準モデル、ハイウェイスターともに、デザインはグリル周りを中心に前期型より迫力あるスタイルに変更されました。

安全装備は先行車や対向車を検知して自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシストを採用。ハイウェイスターGターボにはクルーズコントロールが備わりました。

快適装備はエントリーグレードを除く全グレードのシーリングファンをナノイー搭載タイプに変更。そして炎天下での室温上昇を抑える断熱ルーフやIRカットガラスもエントリーグレード以外に標準装備されています。

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧6

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧7

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧8

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧9

2018年5月の一部改良では軽自動車初となる前進時に歩行者も検知する踏み間違い衝突防止アシストを搭載。踏み間違い衝突防止アシストは後退時の障害物にも作動します。エマージェンシーブレーキはレーザーレーダー式からカメラ式に変更され、約10~60km/hの車速域で歩行者に対しても作動するように。対車両では作動範囲が約10~80km/hに拡大されました。

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧10

そして2020年2月にはフルモデルチェンジを実施。車名から「デイズ」がとれ、独立したモデルになります。

フルモデルチェンジ最大のトピックは高速道路同一車線運転支援技術のプロパイロット搭載グレードを設定したこと。さらに2台前の車の動きを検知して危険があるとドライバーに警告するインテリジェントFCW、対向車に眩しい光が当たらないようにハイビーム照射を調整するアダプティブLEDヘッドライトシステム、標識検知機能、ふらつき警報なども備わりました。

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧11

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧12

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧13

ルークスのモデルチェンジ、マイナーチェンジ一覧14

先進安全装備の陰に隠れていますが、デイズとともにプラットフォームが新しくなっていて、これが走りの質感を大きく向上させています。

また、事故の際の自動通報、あおり運転や急病などの緊急事態に手動で通報できるコネクテッドシステム「SOSコール」も搭載しました。

スライドドアには足をかざしただけで開閉可能な機能を採用。後席は最大320mmの前後スライドができるように。一番前までスライドすると運転席に座ったまま後席のお子さんに手が届きます。そしてスライドの調整により後席スペースを広げたり、荷物をたくさん積めるようにしたり、使い方に合わせて自由に調整できます。

こちらもおすすめ!タイプ別にルークスの中古車を選ぶなら

走行距離が少ないものをなるべく安く買いたい人は「2014年式X」 中古市場の相場50万〜100万円

走行距離が少ないものをなるべく安く買いたい人は「2014年式X」 中古市場の相場50万〜100万円

予算を抑えたいけれど走行距離は少なめのものが欲しい。それならデイズルークスの標準モデル狙いで。上級グレードのXは走行5万km以内の中古車が50万円から見つかります。距離にこだわらないのであれば30万円から買うことも可能。

合わせて安全装備にもこだわるなら後期型狙いで。できればエマージェンシーブレーキが歩行者にも対応した2018年5月以降のものがおすすめです。2018年式のXは走行距離にこだわらなければ80万円から探すことができます。

街乗り中心で安全装備にこだわる人に「2020式X」 中古市場の相場100万〜180万円

街乗り中心で安全装備にこだわる人に「2020式X」 中古市場の相場100万〜180万円

安全にこだわるならおすすめは現行型。先進安全装備が充実しているのはもちろん、新しいプラットフォームによる剛性の高さで普段の運転も安心感が持てるはずです。高速道路を走る機会があまりないならプロパイロットは必要ないので、標準モデルのNAエンジンで十分!

上級グレードのXは570台ほどの中古車が流通しています。まだ走行距離が少ないものがほとんどで、届出済み未使用車もたくさん。これだけあれば好きなボディカラーもきっとみつかるはず!

スーパーハイトワゴンでもスポーティな雰囲気が好きな人に「2020式AUTECH」 中古市場の相場160万〜180万円

スーパーハイトワゴンでもスポーティな雰囲気が好きな人に「2020式AUTECH」 中古市場の相場160万〜180万円

日産の特装車部門でさまざまなカスタムカーを手がけるオーテックがつくったルークスは、分厚いフロントフェイスがスポーティな雰囲気。現行型ルークスは街ですれ違うことも多いですが、これなら同じ車と出会うことはあまりないはず。その分優越感も高まります。

インテリアは茶色とベージュを基調としたレザー調の素材でまとめられていて、軽自動車とは思えない高級感が漂います。

プロパイロットが搭載されているものとされていないものが用意されるので、好みで探してみましょう。

中古車のルークスならではのチェックポイントはココ

中古車のルークスならではのチェックポイントはココ

旧型デイズルークスは年式による安全装備の違いに注意

旧型デイズルークスは、これから先進安全装備がさまざまな車に搭載されていくというタイミングで登場しました。そのため、年式により安全装備の有無、搭載されるグレードとされていないグレードなどが変わってきます。

先進安全装備が初搭載されたのは2014年12月から。ただしこのタイミングではXとハイウェイスターXには先進安全装備が搭載されていません。全グレード標準装備になったのは2015年4月からになります。

エアコンは季節を問わず暖房と冷房、両方を動かしてみる

軽スーパーハイトワゴンのような車は小さなお子さんがいるファミリーが買うケースが多いもの。そうなると気になるのは車内のニオイです。店頭に並んだ中古車はルームクリーニングなどが施されているので車内に乗り込んでもニオイは気にならないはず。でもエアコンをつけたらカビ臭やタバコ臭が出てくるというケースもあります。

購入後に気づくと消臭・清掃のための費用がかかるので、購入前にエアコンを動かしてニオイを確認しましょう。エアコンを動かすときは暖房と冷房、両方を全開にするのを忘れずに。

荷室の状態を忘れずにチェック

軽スーパーハイトワゴンはベビーカーをはじめ、大きな荷物を積む機会が多いモデル。そのため、走行中の振動で荷物が崩れたりして荷室にキズがついていることも。

車の機能的には何の問題もありませんが車の使用感が出る部分でもあるので、気になる人はお店の人に修復可能か聞いてみましょう。修復は有料になるケースもあります。

乗り出し0円!月々払いでお得に乗れる方法を見る

ルークスの中古車と比べたいライバル車種はコレだ!

日本で最も売れているキング・オブ・スーパーハイトワゴン「現行型ホンダN-BOX」

日本で最も売れているキング・オブ・スーパーハイトワゴン「現行型ホンダN-BOX」

軽スーパーハイトワゴンの代名詞的存在であるN-BOX。普通車に引けを取らない上質な室内空間により、ハッチバックやミニバンと比較して「これがいい!」と選ぶ人も少なくありません。

2017年8月に登場した現行型は先進安全装備をパッケージにしたHonda SENSINGを全グレード標準装備に。室内は前席がベンチシートのタイプと、助手席に570mmの前後スライド機構を持たせたタイプが用意されます。

デザインは標準モデルとカスタムを用意。人気モデルだけに6,500台以上の中古車が流通しています。中古車相場は60万〜220万円で、100万円以下の中古車もたくさんあります。

3つのデザインからお気に入りを選べる「現行型スズキスペーシア」

3つのデザインからお気に入りを選べる「現行型スズキスペーシア」

2017年12月にデビューした2代目スペーシアは、旧型から大きくイメージを変えて、旅行カバンをイメージしたファンシーなデザインに。インテリアもスーツケースのような収納を用意して、全体のイメージを統一しています。

もちろん軽自動車の定番であるカスタム系も用意。さらにアウトドアを意識したスペーシアギアもラインナップ。これは他の軽スーパーハイトワゴンにはないデザインです。

スズキの軽量プラットフォーム「ハーテクト」を採用し、パワートレインにモーターアシスト機能付きのISGを装着したマイルドハイブリッドを採用。現行型の中古車は6,000台弱流通していて、価格帯は80万〜230万円となっています。

助手席側の大開口部で乗り降りが楽々「旧型ダイハツタント」

助手席側の大開口部で乗り降りが楽々「旧型ダイハツタント」

タントは助手席側にある中央の柱(Bピラー)をスライドドアに内蔵。スライドドアと助手席ドアを同時に開けると、巨大な開口部が出現します。

助手席を一番前までスライドさせれば横から畳んでいないベビーカーをそのまま車内に積むことだってできます。また、助手席後ろにグリップがついているので、小さなお子さんや年配の方も楽に乗り降りできるようになっています。

デザインは愛嬌のある標準モデルと押し出しを強くしたカスタムを用意。中古車は4,500台以上流通していて、価格帯は30万〜180万円となっています。

中古車のルークスはここで探せ!

中古車のルークスはここで探せ!

では、中古車のルークスをどこでどのように探したらよいでしょうか。カーライフを賢くスムーズに始めるのに、おすすめのサービスや販売店をご紹介します。

カーセンサーnet

カーセンサーnetは中古車情報誌時代から数えて40年近い歴史と実績を誇る検索サイトで、サイト上には約50万台の情報が掲載されています(※)。車の状態を示す評価について独自の認定システムを導入しているので、こうした評価を車選びの目安にすれば、車に詳しくない方でも安心して車選びができるでしょう。

また、「カーセンサーアフター保証」に加入すれば、業界最多水準の350項目の部品について修理が保証され、保証料金は車に合わせて細かく設定できるので、無駄なく予算に合わせた保証を付けることができます。

カーセンサーnetの現行型ルークスの掲載件数は1,740件、価格帯は100万~220万円、デイズルークスの掲載台数は4,799件、価格帯は30万〜180万円となっています(※)。
※いずれも2021年6月17日時点の情報です。

グーネット中古車

先述のカーセンサーnetと同じような中古車情報サイトで、こちらも約50万台が登録されています(※)。グーネット中古車にも、検査協会などが車の状態を評価する「ID車両」という制度や、最長3年まで走行距離無制限でさまざまな保証が付く「Goo保証」などの制度があります。

グーネット中古車の現行型ルークスの掲載件数は1,883件、価格帯は100万~220万円、デイズルークスの掲載台数は4,945件、価格帯は30万〜200万円となっています(※)。
※いずれも2021年6月17日時点の情報です。

定額カルモくんもおすすめ!


中古車を探すなら、購入以外のもっとお得な方法も検討してみましょう。

おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」は、頭金・ボーナス払い0円、月々10,000円台から利用できる人気カーリースです。掲載されている5,000台以上の中古車は全車、大手中古車販売店の品質評価基準で4点以上、車検2年と故障保証1年付き。乗ってすぐに修理費用がかかる心配がありません。

また、毎日入れ替わる中古車在庫の中から希望の1台を見つけるのは難しいものです。中古車探しを楽に進めたい方は、下の「お試し審査」から希望や条件を伝えておくのがおすすめです。通過後にぴったりの車を案内してもらい、無駄なく車種やプランを検討できます。お気軽にどうぞ。

車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

まずは気になる中古車の料金をチェックする

定額カルモくんの資料を見る

デイズルークスは先進安全装備の内容をしっかり確認

現行型ルークスはまだデビューして日が浅いこともあり、中古車は届出済み未使用車が中心。なので、車両状態を細かくチェックする必要はそこまでありません。装備内容やボディカラーなどを考えて選びましょう。

デイズルークスは先進安全装備の搭載状況に注目してチョイスを。性能にこだわるならエマージェンシーブレーキが人にも対応した2018年5月以降のものを選びましょう。

よくある質問

Q1:中古車のルークス、どれを買うべき?

A:現行型ハイウェイスターGターボプロパイロットエディションなら高速道路を使ったトングドライブも楽!

Q2:中古車のルークスを買うときに気を付けたいポイントは?

A:旧型は先進安全装備の搭載内容が年式によりかなり違うのでしっかりチェック

Q3:中古車のルークスはどこで手に入れればいい?

A:購入するなら全国の販売店の窓口となっているカーセンサーnet、グーネットなどの中古車情報検索サイトを活用するとよいでしょう。頭金や初期費用の一括払いが必要ない方法を探しているなら、定額カルモくんがおすすめです。支払いは毎月定額の利用料金だけなので、すぐにお好みの中古車のルークスに乗ることができます。

※記事の内容は2021年6月17日時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

あなたの欲しい中古車が、見つかる。“納車後トラブル0%”の認定中古車はこちら!