ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

ロシア制裁に関係なく中古車市場の品不足・価格高騰は続いている!(萩原文博レポート)

ロシア制裁に関係なく中古車市場の品不足・価格高騰は続いている!(萩原文博レポート)

コロナ禍によるマイカー利用者の増大に端を発し、新車の納期遅れの影響などもあって、ここ1〜2年、中古車相場の上昇が続いてきました。しかし、最近になってロシアへの輸出ストップの影響が中古車市場にも現れ始めたという報道を目にします。本当にそうなのでしょうか?長年、中古車マーケットをウォッチしてきた萩原文博さんに聞いてみました。

ロシアへの輸出ストップで中古車相場が下落したとメディアは伝えたが

2022年3月、中古車のオートオークション運営会社で最大手のUSSでの2月の1台あたりの平均落札価格が100万6,000円を記録したと多くのメディアが報じました。しかし、4月になって3月の平均落札価格が91万1,000円と下落すると、メディアはロシアのウクライナ侵攻によって輸出がストップしたことが影響していると報じています。そこで本当に中古車相場が下がっているのかを調べてみました。

そもそも2月のオークション相場は上昇する。さらに今年はスーパーハイトワゴンの未使用車が増えた

そもそも2月のオークション相場は上昇する。さらに今年はスーパーハイトワゴンの未使用車が増えた

1年を通じて、中古車が最も売れるのが3月です。一般的に中古車販売店は3月の大需要期に向けて品揃えを充実させるため、1~2月に中古車を大量に仕入れます。そもそもこの時期、オートオークションの平均落札価格は上昇してしまうのです。そもそも業者間のオークションでの「落札相場」と一般消費者向けの「中古車相場」では値動きのタイミングにズレがあることに注意が必要です。

さらに2月当時、軽自動車の新車販売台数No.1となったホンダN-BOXをはじめ、スーパーハイトワゴン系の未使用中古車が大量に発生し市場に流入していました。その一方で平均価格が100万円以下の低価格中古車が市場から無くなっています。これは、これまで輸出されていた低価格帯の中古車が、最近は国内でレンタカーやカーシェアリングの車両として使用する業者が増えていることが影響しているのでしょう。

価格の高い高年式の未使用中古車が大量に中古車オークションに流入すれば、一時的に中古車の平均価格は上昇します。2022年2月の平均落札価格最高値の要因の1つはこの軽自動車の未使用中古車の大量発生と低価格中古車の減少の影響といえます。

新車の納期遅延の影響で、中古車相場は高止まりしていると中古車販売店は話す

新車の納期遅延の影響で、中古車相場は高止まりしていると中古車販売店は話す

中古車市場における相場は、需要(中古車が欲しいユーザー)と供給(市場に流通する中古車)のバランスによって変動します。需要が供給を上回ると、中古車相場は上昇します。例えば80~90年代の国産スポーツカーの値上がりはこういった結果です。

オートオークションでクルマを仕入れたり、出品したりしている中古車販売店に聞いてみると、実際には新車の納期遅延の影響で、中古車相場は高止まりしていると話します。特に売れ筋の高年式の未使用車や高品質車を中心に値上がり傾向は続いているそうです。
オートオークションの平均落札価格は下がったと伝えられていますが、現場ではまったくそのような雰囲気がないそうです。このまま新車の納期遅延が長引けば、買い取りや下取りされる予定だった中古車の流通が滞り、さらなる上昇の可能性もあると話しています。

実は3月の成約率は上がっていた

実際、USSのデータを見てみると、平均落札価格が100万円を超えた2022年2月の出品台数は23万3,948台(前年比96.6%)、成約台数15万5,225台(前年比99.2%)となっています。

平均価格が91万1000円となった2022年3月の出品台数は28万8,270台(前年比105.8%)、成約台数は19万2,736台(前年比102.8%)と出品台数、成約台数ともに3月の方が上回っているのです。その結果、成約率は2月の63.4%から3月は65.4%へと上がりました。

ロシアへの輸出をストップしても結局は……

ロシアへの輸出をストップしても結局は……

もし、ロシアへの輸出がストップしたことで中古車相場が下落したのであれば、成約率がロシアへの輸出分の10%減にならなければ説明がつきません。このデータを見ても、ロシアへの輸出ストップが中古車相場の下落に与える影響はほとんどないといえるでしょう。

現在では、中古車のグローバル化が進み、人気の高い日本車は様々な国へ輸出されています。日本から直接ロシアに輸出できなくても、ロシアへの制裁に消極的なUAEなどを経由して、結局はロシアに渡ることになる可能性も高いと思います。

まだまだ中古車市場の品不足・価格高騰は続く

元々、3月というのは中古車が1年を通じて、最も売れる大需要期であると書きました。新卒や就職、転勤など多くの人のライフスタイルが変わるタイミング。さらに、現在はコロナ禍によりクルマを使う人が増え、お手軽な中古車の人気が高まっています。そのためその仕入れ時期にあたる2月に業者オークションの相場価格が上がることはいつものこと。今年はさらに高価格なスーパーハイトワゴンの未使用車が多かったということがコトの真相ではないでしょうか。繰り返しますが、まだまだ中古車市場の品不足・価格高騰は続く、というのが中古車販売店の現場の温度感です。

メルマガ登録

※記事の内容は2022年4月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード