寄稿記事(上級者向け)
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「三菱eKクロススペース」SUVテイストの軽スーパーハイトワゴンが登場

「三菱eKクロススペース」SUVテイストの軽スーパーハイトワゴンが登場
貯金ゼロでも

ホンダN-BOXやスズキスペーシア、ダイハツタントなど、販売台数上位にランキングされる人気車種がひしめく軽自動車のスーパーハイトワゴン市場で、やや出遅れ感のあった三菱eKスペースがフルモデルチェンジを行いました。新型eKスペースは広さや利便性に加えて先進の運転支援装備で起死回生を狙います。

スーパーハイトワゴンベースのクロスモデル

現在、新車販売台数の約4割を占めているのが軽自動車です。その軽自動車の中で主力車種となっているのが、スーパーハイトワゴンと呼ばれるカテゴリーで、ホンダN-BOX、ダイハツタントなどが属しています。軽スーパーハイトワゴンは、2017年8月のホンダN-BOXを皮切りに、同年12月にスズキスペーシア、そして2019年7月にダイハツタントがフルモデルチェンジを行っています。今回、2020年3月に三菱eKスペースがフルモデルチェンジし、兄弟車の日産デイズルークスも3月に登場予定ということで、主力の軽スーパーハイトワゴンはニューモデルが各社出揃ったということになります。

従来eKスペースはスタンダードなeKスペースと、メッキパーツを多用したフロントグリルによって押し出し感を強めたeKスペースカスタムの2タイプが設定されていました。しかし、新型ではeKスペースカスタムは廃止され、クロスオーバーモデルのeKクロススペースとして独立したモデルとなりました。今回は新登場のeKクロススペースについて紹介します。

三菱のSUVらしさが強調された外観デザイン

三菱のSUVらしさが強調された外観デザイン1

eKクロススペースの外観デザインはSUVらしさを強調するためのデザイン言語が多数盛り込まれています。
アウトランダーや昨年登場した軽ハイトワゴンのeKクロスと同様に、三菱車のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」をフロントに採用。垂直に通したメッキバーと水平基調のグリルを組み合わせることにより、SUV らしい力強さと安定感を表現しています。

三菱のSUVらしさが強調された外観デザイン2

ボディサイドの彫刻的で立体感のあるキャラクターラインは前後に突き抜ける勢いある骨格の強さを強調し、タイヤを車体の四隅に配し、それを包み込むようにバンパーサイドへとつながるフェンダーによって、しっかりと路面をつかんで踏ん張るイメージを持たせています。

またフローティングルーフと、ベルトラインから繋がりリアで上部に切れ上がるジェットフィンピラー(D ピラー)の採用も、張りがある厚いボディとのコントラストにより、キビキビとした走りを想起させます。そしてサイドシルガーニッシュとホイールアーチをブラック、前後バンパー下部のスキッドプレート形状部をシルバーとすることもSUVらしさの表現に繋がっています。

安く手に入れる

軽自動車らしからぬ質感を持つ洗練されたインテリア

軽自動車らしからぬ質感を持つ洗練されたインテリア1

eKクロススペースのインテリアのテーマは上質感と細部までのこだわり。インストルメントパネルは、流行りの水平基調のすっきりとした形状を採用し、良好な前方視界と開放感を確保しています。オートエアコンの操作パネルは、上質感と高い視認性を実現したタッチパネル式を採用。風量調節スイッチと表示部をコンパクトに一体化することで操作性を向上させつつ、シンプルでスマートなデザインとしています。

軽自動車らしからぬ質感を持つ洗練されたインテリア2

コクピット内に設置されるマルチインフォメーションディスプレイは、アクセルペダルの踏み加減を表示する「エコペダルガイド」や、駐車時の前進/後退を繰り返す際にタイヤの向きや角度を表示する「タイヤアングルガイド」など、多様な情報をカラフルに表示します。

軽自動車らしからぬ質感を持つ洗練されたインテリア3

インテリアカラーはブラックを基調として、シート生地にはキルティングパターンを採用することでスタイリッシュかつ上質な空間を演出。

軽自動車らしからぬ質感を持つ洗練されたインテリア4

さらにメーカーオプションでプレミアムインテリアパッケージを設定。合成皮革とファブリックのコンビシートや、ブラウンを基調に各所にオレンジのアクセントカラーを入れることで、さらなる高級感を訴求します。インストルメントパネル周りにソフトパッドを配したことも軽自動車らしからぬ品質感に寄与しています。

自慢の広い室内空間はさらに広く、便利に

自慢の広い室内空間はさらに広く、便利に1

そんな質感の向上したeKクロススペースの室内空間は、先代モデルよりホイールベースを65mm伸ばしたことで、一段と広く快適な室内空間となっています。リアシートのスライド量はクラストップレベルを実現し、後席足元の空間を大幅に拡大しています。

自慢の広い室内空間はさらに広く、便利に2

リアに採用した両側スライドドアは、開口幅を従来車より大幅に広げるとともに、ハンズフリーオートスライドドアも設定。両手がふさがっていたりしても、キックセンサーでドアを開閉できるため、容易に乗降することが可能です。

自慢の広い室内空間はさらに広く、便利に3

さらにラゲージルームは床面長を従来車からさらに拡大し、後席スライドを最先端の状態で、48Lのスーツケースを4個積載可能となりました。

ターボとNAの2種類のエンジンはマイルドハイブリッド付き

ターボとNAの2種類のエンジンはマイルドハイブリッド付き

搭載されるエンジンは、MとGグレードの最高出力52ps、最大トルク60Nmを発生する660cc直列3気筒DOHC、そしてTグレードの最高出力64ps、最大トルク100Nmを発生する660cc直列3気筒DOHCターボの2種類。どちらのエンジンに小型モーターによるアシストを行うマイルドハイブリッドシステムを採用しています。組み合わせるトランスミッションは全車CVTのみで、力強い加速性能と優れた燃費性能を両立しています。駆動方式は全車2WDと4WDを設定し燃費性能は、実走行に近い新方式のWLTCモードでMとGグレードは18.8〜20.8km/L、Tグレードは16.4〜18.2km/Lを実現しています。またターボエンジン車には、ハンドルから手を話すことなく、シフト操作が行えるパドルシフトが装着されています。

「マイパイロット」など最先端の安全装備も充実

「マイパイロット」など最先端の安全装備も充実

eKクロススペースの安全性能は、予防安全技術「三菱e-Assist(イー・アシスト)」を搭載。従来の衝突被害軽減ブレーキシステムや踏み間違い衝突防止アシストなど9つの機能に加えて、2台前を走行する車両をミリ波レーダーでモニターし、衝突事故の回避をアシストする「前方衝突予測警報」、走行中ドライバーのハンドル操作から、注意力が低下していると判断した場合に、休息を促す「ふらつき警報」、標識の見逃しを予防する「標識検知」、信号待ちなどの停車中に先行車が発進しても停止し続けた場合に、警報ブザーや画面表示でドライバーに先行車の発進を通知する「先行車発進通知」といった4つの機能を追加し、全車「サポカーSワイド」に該当しています。

さらに、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」を設定。高速道路において、車両側がアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を支援。高速道路などでの渋滞走行や長時間の巡行走行でのドライバーの負担を軽減します。

さらに、今回から単眼カメラにミリ波レーダーを追加したことで、追い越し時にウインカーを出すと設定速度内で加速し、スムーズな追い越しをアシストするようになりました。エンジンオフ時も前回設定した車間を保持するなどマイパイロットの性能が向上しています。

スズキハスラーに真っ向から挑む

軽スーパーハイトワゴン+SUVのクロスオーバーモデルでは先行するスズキハスラーの販売が好調です。ハスラーと真っ向勝負となるekクロススペースがどれくらいシェアを奪えるのか非常に注目です。eKクロススペースの車両本体価格は165万5500円〜199万1000円となっています。

■三菱 eKクロススペース価格表

グレード駆動方式WLTCモード燃費(km/L)車両本体価格
M2WD(FF)20.81,655,500円
4WD18.21,787,500円
G2WD(FF)20.81,771,000円
4WD18.21,903,000円
T2WD(FF)18.81,859,000円
4WD16.41,991,000円

 

※記事の内容は2020年3月時点の情報で制作しています。

三菱eKクロス スペースの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他の三菱eKクロス スペースの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー