寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

もうすぐ登場する「トヨタGR86&スバルBRZ」まとめ

もうすぐ登場する「トヨタGR86&スバルBRZ」まとめ

この記事は、 5 分で読めます。

2021年4月5日に2代目となるトヨタGR 86/スバルBRZの日本仕様車が公開されました。初代モデルと同じ名称のスバルBRZは今夏に発売予定。そしてもう一方の86、先代モデルはトヨタ86でしたが、新型はTOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)が展開するスポーツカーとして、GRスープラ、GRヤリスに続くGRブランドのグローバルモデル第3弾のGR86と名前を変えて日本では2021年秋頃に販売開始を予定しています。今回はそんなGR86&スバルBRZについて、現在わかっている情報をまとめて紹介します。

9年ぶりの新型の幅は変わらず、少し長く、少し低く

9年ぶりの新型の幅は変わらず、少し長く、少し低く1

9年ぶりの新型の幅は変わらず、少し長く、少し低く2

2021年開催予定だった東京モーターショーの中止が発表されました。ちょうど10年前、第42回東京モーターショー2011の会場で、見るのに最大90分という行列ができたクルマがありました。そのクルマこそ、プロトタイプとして出展された小型FRスポーツのトヨタ86です。その後2012年2月にトヨタ86/スバルBRZは正式発表、4月6日より販売開始されスポーツカーとしては大ヒットしました。そして約9年というモデルライフを経て、今年、2代目に切り替わります。

9年ぶりの新型の幅は変わらず、少し長く、少し低く3

9年ぶりの新型の幅は変わらず、少し長く、少し低く4

相変わらずワイド&ローな新型GR86/BRZのボディサイズは全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm。全幅は変更なしですが、全長が+25mm、全高が−10mmとなっています。先代で採用した超低重心FRパッケージを継承しつつ、どんな速度域でも「走る楽しさ」を感じられるハンドリング性能を目指し、ねじり剛性を従来型比約50%向上させるなどのボディ剛性引き上げで操縦安定性を高めました。さらにルーフパネルにアルミ素材を採用するなどさらなる低重心化をはじめ、フェンダーのアルミ材採用やフロントシートなどの改良によって軽量化も実現しています。

GR86の外観は「凝縮」と「機能美」

GR86の外観は「凝縮」と「機能美」1

GR86の外観は「凝縮」と「機能美」2

外観のデザインは、GR86は意のままの走りのための「凝縮」と本質を極める「機能美」を追求。外観はフロントマスクにGRブランド共通の「FUNCTIONAL MATRIX GRILL」を採用し、機能性とエモーショナルさの表現を両立しています。

BRZは走りの良さを予感させる「躍動感」

BRZは走りの良さを予感させる「躍動感」1

BRZは走りの良さを予感させる「躍動感」2

一方のBRZはひと目見ただけで高い走行性能を予感させる躍動感をもったスポーツカーを目指して仕上げています。外観ではより低く、よりワイドに設置されたヘキサゴングリルが低重心を強調するとともに、グリルから始まり後方へ連なる造形によって体幹の強さを表現しています。

モータースポーツからフィードバックされた空力アイテム

モータースポーツからフィードバックされた空力アイテム

さらに、両車ともにベルトラインから水平に通ったフェンダートップによってFR車らしい車両姿勢を表現。また水平に低く通ったアンダーボディとキャビン後部の絞り込みによってワイドなスタンスと低重心を実現しています。また、モータースポーツからフィードバックされた空力アイテムの採用もこの2台にふさわしいトピックです。

エアアウトレットやサイドシルスポイラーなど盛り込むことにより操舵応答性や操縦安定性を向上。こうしたさまざまな技術を積み重ねて、GR86/BRZに求められる回頭性の良さやキビキビとした走りをさらに追求しています。

運転に集中できるインテリア

運転に集中できるインテリア1

運転に集中できるインテリア2

運転に集中できるインテリア3

インテリアでは、水平に構成されたインストルメントパネルにスイッチなどの操作系を最適配置し、運転に集中できる空間としています。さらにメーターパネルには7インチTFTディスプレイを採用、水平対向エンジンピストンの動きをモチーフとしたオープニングアニメーションはドライバーの「やる気」を高揚させる演出です。そして高いホールド性とフィット感をもたらすスポーツシートを装備するなど疲れにくく、運転に集中できる環境が創出されています。

2.4Lとなりパワーアップ、安全装備も「アイサイト」採用

2.4Lとなりパワーアップ、安全装備も「アイサイト」採用

搭載するエンジンは、従来型の2L水平対向4気筒から、新型は2.4Lへと排気量をアップ。最高出力は235ps(+28ps)、最大トルク250Nm(+38Nm)と出力も向上。0-100km/h加速は6.3秒と従来型より0.9秒速くなっています。駆動方式はFRのみですが、組み合わされるミッションは6速MTとスポーツモードの制御が進化した6速ATを用意。

さらに6速AT車にはスバルご自慢の運転支援システム「アイサイト」を採用しました。通常走行時における安全サポートから衝突回避支援や衝突被害の軽減に貢献する総合的な安全技術を搭載しています。

先代以上に異なる2台の味付け

先代以上に異なる2台の味付け1

先代以上に異なる2台の味付け2

先代モデルと比べて、ボディサイズや車両重量は変わらないものの、パワーアップした2.4Lエンジンを搭載した新型GR 86/スバルBRZ。初代で定評のあるコーナリング性能の良さに加えて、パワフルな加速も味わえそうです。乗り味は先代モデル以上に両車の味付けが異なるということなので、今から販売開始が楽しみです。

メルマガ登録

※記事の内容は2021年5月時点の情報で制作しています。

スバルBRZの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスバルBRZの記事
トヨタ86の新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタ86の記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード